朴念仁の独り言

趣味無し、特技無し、協調性無しの老いぼれの独り言

「テロ等準備罪」野党対応に疑問

2017-05-20 10:56:17 | 日記

 昨日「テロ等準備罪」が衆議院委員会で可決され、本会議に贈られる。

野党やメディアでは何で「共謀罪」と表現するのだろうか?

テロを防ぐために 準備段階で検挙できればそれにこしたことはないと思うが

他党議員は何を恐れている?

一時国会の審議中に民進党の議員が以下のとうな質問をしていた

花見の客の中に不審人物が紛れ込み、情報を得ようと「カメラ」をもっていたら

一般人とどのように区別するのか・・・・・たしかこのような質問であった

これが「テロ等準備罪」野党のいう「共謀罪」反対の真意である。

現行法である「痴漢防止法」による鉄道公安官だって、現に今現在一般人であろうと

不審人物は尾行されているだろうと思うが、この行為が「市民監視」「捜査権の拡大」

と言えるか!!

今でも国会では森友、加計と騒ぐだけで肝心の「テロ等準備罪」では揚げ足取りや重箱

の隅を突っつく質問しかできない野党、特に民進党はもっと

 国の最高機関である国会の議員である事を自覚せよ!!

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追い詰められた北朝鮮 | トップ | 「テロ等準備罪」法が成立 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。