いつかタリアセン日記

いつか英国日記の別館ブログです。インテリアに突然目覚めた服好きの試行錯誤の日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BOSEのWave Sound Touch

2016-09-18 11:12:24 | カデン
BOSEのWave Sound Touchです。
寝室用のオーディオを色々探していて
最終的にこれを選びました。



寝室用ということもあり



大音量で鳴るオーディオではなく、小音量でもよく鳴るオーディオという観点で選びました。
最終的にはJVCのカフェオーディオEX-S5との二択になりました。量販店やBOSEなどの売り場でCDを持ち込み色々なジャンルの音楽を再生してみて、悩みに悩んだ挙句、 BOSEを選びました。



実際に使ってみて

良いところ
・コンパクトなところ。寝室のラックにも無理なく収まります。
・Bluetoothに対応しているため、iPhoneと接続すればインターネットラジオをはじめ色々なサウンドソースが聴けます。



悪いところ
・ラジカセのような音。

売り場で聞いた時には非常に良い音という気がしたのですが、いざ寝室で小音量で音楽をかけてみるとラジカセのような音に聞こえます。BOSE独特の低音再生機構や音の広がりを出す機構は意外に設置場所や環境に大きく左右されるのかもしれません。リビングルームもBOSEのスピーカーですが全く違うレベルの高い音ですので、BOSEの音が元々悪いということはないと思います。

オーディオ選び、色々難しいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

噂は本当か?魔法のトースター バルミューダを検証する

2016-05-23 10:28:18 | カデン

今、最も注目を集める家電メーカーバルミューダ。その中でも魔法のトースターと言われるているBALMUDA The Toaster。従来のトースターの常識を覆すほど美味しいパンが焼けると色々なブログでは絶賛されています。しかし、どうもメーカーの提灯ブログの可能性もあり(失礼!)結局、自分で購入し噂が本当か検証することにしました。

価格は量販店で税込25,000円程。通常のトースターの約10倍のお値段!それでも今は納期が2~3ケ月とのこと。

本体は今はやりのデザインカデン。



扉は結構しっかりした作りですが、本体はちょっと安っぽい。この価格の家電であればもっと品質を上げて欲しいところ。そのかわり本体は4.3kgと軽量です。



扉と連動している天板の小さなカバー、その下にこのトースターの秘密である給水のトレイがあります。



ここに付属の小さなカップで水を注ぐ仕組みとなっています。

操作に関するスイッチは左右にある小さなダイヤルだけ。左側がコースボタンになっていて一番左から
トーストモード
チーズトーストモード
フランスパンモード
クロワッサンモード
それと通常のトースターと同じ動きの
クラシックモード300/600/1300W
となっています。



右のつまみは電子タイマーです。



この操作つまみは操作感や音も良く、価格に見合った質感となっています。

では早速パンを焼いてみましょう。用意したパンは以下の通りです。



まず最初はコンビニで買った普通のカレーパンです。



クロワッサンモードで4分にセットして焼き始めます。まず最初に庫内にスチームが充満します。焼き方は非常に複雑で熱線が切れたり入ったりを頻繁に繰り返します。



焼き終わると電子音でお知らせしてくれます。こちらが焼き上がったカレーパン。



早速食べてみます。う~ん!美味しい!外はカリッとしていて中はモチモチです。とてもコンビニのパンとは思えずベーカリーで作った出来立てのカレーパンみたいです。
そして次に焼いたのがウィンナーロールです。クロワッサンモードで焼きます。



焼き上がり。これはちょっと焼きすぎてしまいました。パンを焼く時の注意点ですが、余熱がある場合とない場合でタイマー時間の調整が必要です。



味の方ですが、ウィンナーが芯まで熱く、これもまた美味しかったです。

そして次はパン屋さんで買った塩バターロール。



焼き上がり、扉を開けるとバターの香りがすごいです。焦げ目が全くありません、外はカリッとしていて中身はふわふわです。パンってこんなに美味しかったかなという感じです。



そしてクロワッサンです。コンビニで買った5個108円のパンです。



焼き上がったクロワッサンを食べた時、不覚にも感動と美味しさで思わず涙が、、、トースターで焼いたパンで感動できるとは思いませんでした。しかもコンビニで買ったパンです。5つ星レストランで朝食に出された自家製パンのような味です。香り高く、柔らかくパン本来の美味しさが良くわかります。



最後にスーパーで購入した厚切りの食パンです。



試食しやすいようパンを半分に切り、尚且つ切れ目をいれバターを薄く塗りました。



マニュアルでは3分30秒となっていましたが、4分にセットした為、少し焼きすぎたかもしれません。トーストを美味しく焼けるのが、バルミューダの真骨頂なのでしょう。外はカリッと香ばしく、中はモチモチです。



焼き方のコツですがマニュアルにはタイマー設定が3分~5分というような説明になっているので、初めて焼く時は5分、余熱がある時は3分というような設定だと丁度よく焼き上がると思います。グラタンやピザトーストなどは今回試していませんが、あるゴルフ場のクラブハウスではグラタンをこのトースターを使って提供しているとの事なのでこれも期待できそうです。

さて、結論です。

一般のトースターの10倍の価格を払ってもそれに見合う価値が充分にあると思います。焼き方もコースによって複雑にコントロールしています。この商品の開発には並々ならぬ苦労と努力があったのではないでしょうか。願わくば実演をもっと色々なところで展開すればこの商品の素晴らしさが沢山の方にもっと伝わるのにと思いました。私も当初半信半疑でしたが、これは凄い!買いですね。

正に魔法のトースターでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インテリアオーディオ

2015-03-29 23:06:34 | カデン
リビングルーム、寝室、そしてワークルーム。
ワークルームは文字通り仕事をしたり趣味で何かを作成したり
はてはアイロンをかけたりする部屋である。

No car No Lifeとともに
No Music No Lifeである私にとって
唯一不満だったのはワークルームにのみ
オーディオシステムがないことだった。

素晴らしいオーディシステムがあったら
どんなに仕事がはかどるだろうかなどと
妄想したら急にオーディオシステムが欲しくなった。

ワークルームは大して広くないので
場所をとらないものがいい
といっても音にはそれなりにこだわりたい、、、

そこでまず思いついたのは
Bang&Olufsenである、



インテリアと音楽に興味のある方なら
ご存知の方も多いと思う。
デンマーク北西部のストルーア、ピーター・バングとスヴェン・オルフセンが1925年に創業したオーディオメーカーである。
このメーカーの製品の最大の特長は、デザインが非常にかっこよく
オーディオにおけるインダストリアル・デザインの代表的存在と言っても過言でない。

しかし写真のオーディオシステム
既に生産終了の上、中古であってもものすごく高価である。

他に候補はないかとインターネットで調べていて
偶然見つけたのがYAMAHAのインテリアオーディオ
Restio ISX-803である。(冒頭の写真参照)

量販店では扱いがないとのことなのでYAMAHAの総本山である
銀座店に問い合わせたところ展示および在庫があるとのこと。
早速、銀座店へ訪問。
銀座7丁目にあるこの総本山、地下1階から12階まで全て
音楽関連のショップ及びライブや練習が出来る設備となっている。
目的のRestioは1階、しかも専用の防音設備で試聴が出来る環境。
流石、銀座店。

試聴してみると予想以上に低音がしっかり出ている
しかも高音の抜けも良い
価格は80,000円+ TAX
Bang&Olufsenの1/7の価格。
勿論即買いしました。

翌日には早くも商品が到着。



プラスドライバー1本、約20分くらいで組み立ては完了するが重量があるので注意が必要である。



見た目は非常にシンプル。中央の液晶部分は通常は時計表示となり
音楽再生時には入力ソースやCDの曲の順番などが表示がされる。
ソースはBluetoothとCDがあり、もちろんiPhoneとも連携が可能。
スピーカーは10cmウーファーと3cmソフトドームツィーターによる
2ウェイのステレオ構成で計4個のスピーカーユニットを搭載している。

基本的にはリモコンで操作するが、本体の上面でも操作可能。
CDは連装ではなく1枚づつ入れるタイプとなる。



非常に工夫されているのは電源コードが
パイプの中を通り見えないようになっていることや
脚のベース部分が壁ドンならぬ壁に密着して設置できるように
半円形になっていることなど
インテリアとしても考えつくされた設計となっている。



音は家で聴いても非常に伸びやかな音と
十分な低音を出してくれる。

これで今後はワークルームでの作業の効率化が
あがるだろうか、、、

CDの購入頻度が今まで以上に上がりそうでもある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

象印ジューサー BM-JG05

2014-08-16 08:04:26 | カデン
象印ジューサー BM-JG05です。

ジューサーを購入するきっかけは
石原式メッソド。
詳細は下記をご覧頂きたいと思います。

世にも美しいガンの直し方

今、病気の訳ではありませんが
より健康的になる為、石原式メソッドを実践する事にしました。

3食ある1食をリンゴ1つと人参2本のジュースに置き換えます。
私は朝食をこのジュースに置き換えましたが
実践して約1ヶ月、段々と体重が下がってきています。

さて、ジューサーの話に戻します。

今回ジューサーを購入するにあたって
ジューサーとミキサーが違うのを初めて知りました。
色々ネットで調べ
手入れが簡単なのと実勢価格がリーズナブルになっている
この象印のジューサーを購入する事にしました。

購入したのは良く知っている量販店。
約、6,000円で購入しました。

ジューサーは絞った後の野菜や果物のクズを捨てるのが
大変との事。
今回購入したジューサーはバラバラになり
ゴミ捨ても、洗うのもとても簡単です。



さて、実際にリンゴと人参をジューサーにかけます。
ジューサーの入り口に入りやすいように
写真のようにカットします。



この量をジュースにするのに約1分しかかかりません。



さて、出来上がった人参リンゴジュースですが
とても飲みやすいです。
毎日実践するのも苦になりません。

象印のジューサー
扱いやすく機能も申し分なく
良い買い物でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TABROOM

2014-06-19 19:40:47 | 家具
インテリアのWEBサイト
TABROOM様に
天童木工のバタフライスツールについて
レビュー記事を掲載して頂きました。

柳宗里の美しいデザイン。
日本ならではの造形美と機能性を感じるスツールです。

宜しければご笑覧下さい。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加