容子の部屋

日記を思いつくままに綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

熊本城の崩壊が悲しみを誘う・・

2016年05月11日 18時23分06秒 | 神社、仏閣、庭園,の見学

熊本城小天守の写真

長い事ご無沙汰しましたお許しください。

ところで、今回の九州熊本の災害のいまだに終わりが見えず東北の災害とは違った意味で被災者の皆さまの苦しみは想像を絶するものだと思います。そしてこの先いつまで続く余震が再建の思いをむしばんでいるかと思うとお見舞いの言葉もありません。

私のとってもう一つの悲しみは、あの名城・熊本城の石垣が崩れこれから先どこまで名城の崩壊が続くか?とても悲しいです。私はかって旅好きでこの熊本城が美しくおおらかでその風格に一遍で魅せられた一人です。

この城はかって、加藤清正公によって築城され、その後細川藩が継承しましたが、この城を見て今でも加藤清正公との関係を語る人が多いのは何故でしょう?

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアとの国交回復・・安倍首相の手腕試される

2016年05月07日 13時46分38秒 | 国際政治

我が国の国際政治において、長年の懸案はロシアとの平和条約が締結されていないことです。今年は第2次世界大戦後70年になります。日本の歴代内閣の総理はこの問題に挑戦しましたのにいずれも失敗して今日に至っております。

今日のニュースで私が一番の関心を持っ続いたたのは、安倍首相がロシアでプーチン首相と会談し、従来の対ロシア政策ではなく新たな  提案を基にした内容のようで会談の雰囲気は通訳を交えて1時間も会談が続いた感じさせるもののようです。この会談の成果はいろいろな困難があるでしょうが、安倍・プーチン政権時代にぜひ解決してくれるよう切に祈ってます。ただロシアとは最近はアジア諸国だけでなく、欧米諸国も政治・経済情勢も大きな変動が押し寄せていると感じます。今回の日・露首脳会談につい米国側は不快感を持ってその後の経過について注視し いるようですが、日本のとっての未来をかけたこの会談だけに・・正々堂々目的達成のために努力されます事を祈っております。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の照明技術は陰影の世界・・・

2016年05月06日 06時14分56秒 | 神社、仏閣、庭園,の見学

最近外国人に人気があるのが、夜の歌舞伎座の照明だそうです。後ろに近代的な歌舞伎ビルとの対比でより一層新しく作られた日本の建築美を表現した歌舞伎座の白色で装ったその姿は多くの人を魅了するようです。照明作家によると、日本の四季に合わせてそれぞれ色を変えてあるそうです。

以前はよく歌舞伎座に行く事が私の楽しみ一つでしたが、体を壊してからもっぱら録画でその変化を楽しんでます。今や日本の照明技術は世界的にも評価が高いようです。最近京都清寺や大原の尼僧院の庭園を陰影で照らし出す世界は女流作家とは趣を異にし,まことに幻想的でした。この作家は若手男性作家でこれからこの作家が作る世界が楽しみです。特に日本の風土、建築、庭園,城等は夜の闇の中で美しい照明で幽玄の世界を演出し、かって見た事のないほど、幻想的でした。

また、能登の千枚田を地域住民が手作りで作った世界も大変好評で、毎年開催してほしいとの依頼があったようです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本にも民泊時代がやってくる

2016年04月29日 09時36分55秒 | 社会・問題国内・海外の問題

最近日本の大きな変化の一つは観光客が大幅増で私達の生活のいろいろな変化がおこています。ホテル不足などもその一つで、外国資本が日本のホテル事業なども競って参加されているようです。また、民間でも民泊事業に参加する人がふえているようです。

その一つが東京泉岳寺の近くの元米屋だった空き家を利用したお宿でしたが、広い土間を利用した玄関や今では珍しい箱階段などもこの宿を趣のあるお宿に感じさえ増す。また、雨戸などもついた純日本風の宿で私もこの宿を利用したい思いです。

早速の訪問客はドイツ人4人でお部屋に入ると畳のにおいや障子からの木洩れ光、清潔な布団、それとあの箱階段もめずらしそうで、  大変気に行ったようで、こんな民泊が増えることを願ってます。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インドネシアの女・角栄

2016年04月19日 08時26分30秒 | 一時産業の復興

現在のインドネシアで最も人気があるのはスシ・プジアストゥティ海洋・水産相のよです。この大臣は3度の離婚歴がある強者との事ですが‥人気の理由は、最近アジア各国が中国の漁船と衝突する船舶は不当にも水産物を捕獲され、時には漁船が体あたりされ、沈没するなど、その行動はアジア諸国の怒りを買ってます。

インドネシァのジョコ大統領は、海洋国家構想を国家の重要な政策の一つとしてその対策に本腰を入れ、スシ・プジアストゥティ海洋・水産相は大統領大きな信任を受け大活躍の一人であり、大変な人気があります。それは、 国益を守るためには毅然とした姿勢で臨んでいる事をマスコミも国民も多く知っているからです。

 スシ氏は高校中退後、魚の行商から身を立て、水産ビジネスで大成功を収めた同国の「女・田中角栄」ともいえる人物だ。右足首からすねにかけてフェニックス(不死鳥)の入れ墨があり、3度の結婚のうち2度が国際結婚というのも異色といえる。派手な色の服装を好み、胸元を大きく開けることでも知られる。

 

最近も 中国の監視船が密漁船に体当たりをして魚だけを奪ったことに腹を立てたスシ・プジアストゥティ海洋・水産相は即座に反撃に出て、この密漁に関係している中国人船長たち3人を起訴したとのことです。中国側はこの操業場所について「伝統的中国の漁場」として返還を求めているようですがスジ大臣は一歩も引かない態度をしめしています。

このスジ氏は日本の田中角栄氏と共通捨している点として、 スシ氏も高校中退後、魚の行商から身を立て、水産ビジネスで大成功を収めたとの事です。国際結婚もありでいろいろな点で異色といえるようです。服装も派手好みのようで、胸元を大きく開けることでも知られるそうです

でもアジアにも大国・中国を恐れず行動する大臣がいる事を誇りに思います。

 

 

 中国漁船を爆破しました。インドネシアは近海も豊富は漁業資源に恵まれているため、在来近国の船舶によって同国の大切な水産物が取られていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加