博多ゲームクラブ 

博多ゲームクラブは、福岡市内で不定期に活動するボードゲームのサークルです。

博多ゲームクラブについて

博多ゲームクラブへようこそ!

博多ゲームクラブは、ボードゲームのサークルです。
福岡市内にて不定期にボードゲームの特例会を開催しています。
特例会の開催案内に気づいた貴方はラッキー! かもしれません。

ボードゲームは初めてという方もお気軽にお越しください。
もしご参加いただけるのなら、熱烈歓迎いたします。

■会場
ももちパレス
※無料駐車場はございますが、休日はすぐに満車となるようです。
※無料駐輪場もございます。
※室内の飲食にとくに制約はございませんが、発生したごみは各自お持ち帰りください。
※会場内のコンセントを使用すると使用料が徴収されます。使用される方はご自身の責任で会館側と手続きを行ってください。
■開催時間
 13:00~20:00
※基本的に開催時間中なら途中参加、退出等まったく問題ありません。
■参加費
 500円
■参加資格
 18歳以上であること。
■定員
 30名程度
※飛び入り参加も大歓迎です。ただし、定員を超えるような事態になった場合、事前に参加表明した方を優先させていただきます。まあ、そのような事態にはならないでしょう、たぶん。
■主にプレイされるゲーム
いわゆるドイツゲームと、個人の創作ゲーム(のテストプレイ・・・)です。
ゲームの持ち込みは大歓迎です。
ただし、MtG等のトレカ、RPG、ウォーゲーム、人生ゲーム、国産のキャクターゲームの持ち込み&プレイはご遠慮ください。
■注意事項
・ゲームは私有物です。今となっては入手不可能なゲームも多数ありますので、汚損、紛失等には充分ご注意願います。
・お持ち込みいただいたゲームにつきましては、自己責任で管理願います。
・持参ゲームをテーブル等に放置された場合、(私の持ち込んだゲームと同様に)所有者に断りなく他者によってプレイされることを了承したものとみなします。そういうことを望まれない方は、バッグに保管する等の自衛策をお願いします。
 万一の汚損、紛失等のトラブルにつきましては、当サークルでは責任を負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
・プレイ後は、プレイされた方が備品等の数量確認のうえ片付けてください。
・終了時間は20:00です。そのことを念頭にゲームの選択をお願いします。
 場合によっては、中途終了もありえることもご了承ください。
・貴重品等は、ご自身で管理ください。
・発生したごみはご自身でお持ち帰りください。
・会館内は全面禁煙です。
・他のプレイヤーの迷惑になったり不快にさせたりするような言動は、慎んでください。
・上記内容に違反する行為、不測の事態等が発生した場合は、運営担当者の判断、指示に従っていただきます。

※当サークルは主催者が自作ゲームのテストプレイをしたり、ボードゲームをプレイしたりする目的で設立しました。つまり、一番がっつり遊ぶのは主催者なのです。また、スタッフ制なんてものもありません。
したがいまして、運営側による参加者へのきめ細やかなフォローを期待される方はがっかりされるかもしれませんね。まあ、そういうものだと思ってあきらめてください。

…いろいろ堅苦しいこと書いてますが、基本的にはダラダラ進行です。

【参加者募集】5月3日(水)第48回

2017-04-09 12:54:28 | 例会案内
久々の開催です、第48回です。

ゴールデンウィーク真っ只中でお忙しいとは存じますが、ボードゲームが大好きな方はぜひ予定に組み入れておいてください!

なお、この記事のコメントで参加表明いただけると、主催者は安心します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
  2017年5月3日(水)
  13:00~20:00
※途中での参加、退場はご自由にどうぞ。

■会場
  ももちパレス 第1研修室

※福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅より徒歩1分

■参加費
  500円

■定員
  30名程度

※本例会の追加情報も本記事のコメントに随時追記していきますので、適宜ご確認ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

例会報告161227

2017-03-05 11:23:21 | 例会報告


ボー年会協賛企画です。
年に一度、福岡のボードゲーマーたちが集うという飲み会、ボー年会。その前の空き時間にボードゲームしちゃおうという、なんとも素晴らしい企画じゃないでしょうか!



そのため、開催時間も10時から16時という変則的なものになってしまいました。それでも参加者は私を含め12名となりましたよ。朝から晩まで一日中こってりとボードゲームを堪能できたのではないでしょうか?!

それでは、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■リフィフィ



手札から自分の前にカードを出して、そのカードが次の自分の手番まで自分の前に残っていたら得点として獲得できます。自分の手番になるまでに、自分のカードと同じ種類でより低い数字のカードが出されたら、ディスカードとなってしまいます。

漫然とプレイするとあんまり面白くありません。カードのカウンティング、いつ攻めるかの出降りの感覚なんかが要求される意外と上級者向けのゲームだと思いました。

■手抜き工事



査察の目を逃れ、建築資材を温存しながらの手抜き工事をビルを作りあげようというゲーム。
粘土ゲームです。

粘土の中に建築資材としての木製のキューブを入れるか入れないか。手元に残った建築資材も得点になるので、自然と手抜き工事をせざるを得ません!なんともイヤラシイゲームですよね。

皆さん意外とまじめ。そんな中、11個ある建築資材のうち2個しか使わなかった私が圧勝してしまいました。

■ディグジット



自分のイメージとヒトのイメージのギャップを楽しむゲーム。

大阪人の私はハブられてしまいました。皆さんと意見が合いません。ダントツのビリでした。。。

■サンティ・アンノ



パズル思考が要求される椅子取りゲームです。

テーブル上に出されたカードの指示に従って、次に座るべき椅子を探し、実際にその椅子に移動します。
より早く正確に移動するほど、得点も高くなります。

冬だというのに汗だくです。久々にプレイしましたが、いやあ楽しいゲームですね。

■ラムと名誉



本日のメインディッシュであり、〆のゲームです。

フェルドとしては異色作になるのでしょうか。ボード上を自分の駒がうろうろしながら、止まったマスに応じたタイルを獲得していきます。そのタイル入れが圧巻。多量のタイルを種類ごとにコンパクトにまとめることができます。まあ、ゲーム自体は少し粗いかな。

■一方、アフターでは
表邸で。
ゲーム会に参加していない不届き者が半数以上(笑)。しかも、半数以上の方がアルコールを飲まないという???
飲まずとも盛り上がれるパワーは凄いですね。

そんななか、ボードゲーマーの飲み会ということで、当然のごとく(?)全体ゲーム会が開催されました。
プレイしたのは、「マネージャガ」と「デモクラシー」です。

「マネージャガ」は2回プレイしまして、1回目は手探りで点数低め、2回目はそれなりにインフレという、いつもの展開になりました。

「デモクラシー」のテーマは忘年会にちなんで「忘れたいもの」。質問は以下のとおりです。
①「クリスマス」と「お正月」、忘れたいのは?
②「サイコロ振ったら①」「サイコロ振ったら⑥」、忘れたいのは?
③「カタンで負けた」「プエルトリコで負けた」「アグリコラで負けた」、忘れたいのは?
④「ボードゲームのタイトル」「ボードゲームのルール」「ボードゲームの値段」、忘れたいのは?

答え合わせです。
①福岡のボードゲーマーは、「クリスマス」を忘れたいようです。
②福岡のボードゲーマーは、「サイコロ振ったら①」を忘れたいようです。
③福岡のボードゲーマーは、「プエルトリコで負けた」を忘れたいようです。
④福岡のボードゲーマーは、「ボードゲームの値段」を忘れたいようです。
とくに④につきましては、全員一致でした。最後は全員で盛り上がろうという問題作成者の狙いどおりです。

そんなこんなで優勝者は182点を叩き出したbone5でした!まあ、これが実力というやつでしょうか?!

■さーて、次回の
これからも不定期に突発的に開催されるかもしれません。見逃さないでね!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【参加者募集】12月17日(土)第47回

2016-11-25 21:57:43 | 例会案内
博多ゲームクラブもいよいよ本当に最後かもしれません、第47回です。

なんか夜にはボー年会が開催されるらしいので、それへの賛同企画です。
まあ、夜への景気づけにどうぞ。

なお、この記事のコメントで参加表明いただけると、主催者は安心します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
  2016年12月17日(土)
  10:00~16:00
※途中での参加、退場はご自由にどうぞ。

■会場
  ももちパレス 第1研修室

※福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅より徒歩1分

■参加費
  500円

■定員
  30名程度

※本例会の追加情報も本記事のコメントに随時追記していきますので、適宜ご確認ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

例会報告160717

2016-07-28 22:12:52 | 例会報告


これが本当のラスト?それとも再出発?

たまたまももちパレスのサイトを覗いたら、2週間前にもかかわらず第二研修室が空いているではありませんか。これは例会を開けとのお告げでしょう。



まあ、そうはいっても突然の告知ですし、どうなることやらと思っておりましたが、最終的には私を含め14人の参加となりました。初参加の方もいらっしゃいましたし、まだまだ福岡のボードゲームシーンは活況を呈しそうですね。

しかし、それにしてもポンコツな主催者でしたわ。わずか3ヶ月足らずで現役感覚を全く失ってしまいました。
ダメですねえ。

気を取り直して、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■セット


パターン認識系の古典。
4種類が各々3パターンから成っているので、計81枚。これを簡単に看破される方がいらっしゃって、驚きました。まあ、そんな相手に勝てるわけないですなあ。

■どきどきワクワク相性チェックゲーム


ペア戦のコミュニケーションゲームです。
あるお題に対して、それを連想させるカードを数枚、順位付けして並べ、それが相方と一致していれば得点します。当然、順位も一致していれば、高得点になります。

今回は、「お題に関係なく同じカードを出し続けちゃダメ」ルールを追加しました。勝敗より、過程を楽しむゲームですからね。

相方より、他チームのメンバーとカードが一致してしまう事案が多発。また、男性、女性で選ぶカードが異なる事案も。
まあ、そんなものです。

■リオンボ


リオンボ河をカヌーで下るゲーム。
ただし、すごろくではなく、移動の過程でポイントを稼ぐゲームです。

移動手法が変わってまして。

手番となったプレイヤーのカヌーは、全員が握った棒の本数分だけ移動します。そして、移動先のマスの指示に従います。マスの指示とは、他のプレイヤーから棒を奪ったり、与えたりする棒がらみのものとなっています。

マス上にドイツ語で指示が書かれているのですが、その脇にちゃんと日本語のシールが貼られてました。かつてのオレ、よくやった!
これでプレイヤビリティがむちゃくちゃ向上しています。

■フォレロッテ


ボーナスカードを追加したグリード。

ボーナスカードの引きで悲喜こもごもな展開が生まれますね。1回休みのカードを引く人は1回休みを引き続けますし。

■オリンピックゲーム


トリテの古典。
4つのスートの数字がすべて1枚のカードに記されています。その数値はバラバラです。
ということで、このトリテは自動的にマスト・フォローが達成されてしまいます。
リボークが起こりようのない、初心者にも優しい(?)トリテです。

■命中


変態トリテ枠。
これはゲームの流れが変態ですね。カードの購入→手役公開→トリテという流れです。また、勝利条件も、得点を66点を中心にした一定の範囲に収めたら勝ちという奇天烈なもの。

あ、トリテ自体は普通です。

■ルーニービン
締めは今回最大の問題作(?)を。とりあえず、タイトルは和訳しない方向で。
簡単にいうと2チームに分かれた医師団が患者の妄想を正しく診断するゲームです。

プレイヤーは2チームに分かれ、各チームから患者をひとりずつ選びます。残りのプレイヤーで医師団を形成します。2人の患者は同じ妄想を共有します。「本屋に行くとトイレに行きたくなる」とか「TVの美女が自分にウィンクしてきて困ってる」とかそんなの。それを各医師団が診断と称して、順番に自身の患者に質問して妄想を解き明かしていくわけです。ただし、その質疑応答は相手チームにも聞かれているので、質問、回答とも慎重に微妙に行わなければなりません。

非常に無茶ぶりなコミュニケーションゲームです。
面白さは完全にプレイヤーに依存してます。
まあ、こんなゲームもあるということで。

■一方、アフターでは
もはや定番の中国大明火鍋城へ。
全量は食えないものの、ひと口は汁なし坦々麺を食べたかーという中毒者どもがいつものごとく討ち死にしてました。まあ、辛い、辛かです。

■さーて、次回の
まあ、今後もこんな特例会という形で突発的に開催することがあるかもしれませんね。ドンッミスイットですぞ!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【参加者募集】7月17日(日)第46回

2016-07-09 14:34:06 | 例会案内
例会は突然開催されるのです、第46回です。

まあ、こんな感じで直前で会場が空いている隙をついて、不定期に例会を細々と続けていきたいと思います。
まあ、こんな感じですから、これが最終回になるかもしれません。主催者の送別会もお願いいたします。

なお、この記事のコメントで参加表明いただけると、主催者は安心します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
  2016年7月17日(日)
  13:00~20:00
※途中での参加、退場はご自由にどうぞ。

■会場
  ももちパレス 第2研修室

※福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅より徒歩1分

■参加費
  500円

■定員
  30名程度

※本例会の追加情報も本記事のコメントに随時追記していきますので、適宜ご確認ください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

例会報告160423

2016-05-01 15:05:21 | 例会報告

【最終「会」はわざとです、そこんとこヨロシク】

これが本当のラスト、最終回です。

今回は旧交を温めるのがメインと思ってましたが、けっこう初参加の方がいらっしゃいました。しかも、最終回であることをご存知ない方も。



そんなこんなで、今回は最終的には私を含め29人の参加となりました。史上最高参加人数です、まさに最終回特需デス。
5~6人プレイが可能なゲームをもっと持っていくべきでした。
とても嬉しいことですが、これで終わりになることが少し残念だったり。

それでは、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■シット


まずは、一斉入札タイプの古典(?)を。
保存に気を配ってないので、箱もカードもボロボロです。

色と数字の関連が少し飲み込みにくいかもしれませんが、すぐ慣れますし、盛り上がります。

2回連続して全員シットを出したのがハイライトだったでしょうか。

■ピット


全員プレイ。
声出しと声無しの交互プレイです。

■グレンモア


久々に。

濃密なプレイ感をコンパクトにまとめていて個人的にはけっこう好きです。

■トレジャーズ
鋭意製作中のカードゲームです。ほぼ完成といってもいいかな。
プレイ感は今までにないものに仕上がったんじゃないでしょうか。カードが集団で移動するのが売りになるのかな。

ただ、テーマは見直しが必要でしょうね。

■ミステリーガーデン


いわゆるバーチャル隠れんぼですね。
まあ、子供向けなので簡単すぎましたかねえ。

■トレンディ
リメイクされてることが傑作の証にならないところがクニツィーアのクニツィーアたる所以ですが、これは良いクニツィーアの作品です。リメイクもされてます。
動物絡みのテーマにリメイクされていたと記憶してますが、ファッションの流行をテーマにしたこっちの方が好みです。

■ピット
またもや、やっちゃいました。
みんな好きですねえ。

■シュナッペンヤークト


ローゼンベルグの変態トリテ。
取ったカードのうち1つの数字だけプラスであとはマイナス。ただ、ラウンドごとに集める数字を変えることができるという。

うまく流れを読み切ることが大切です。私自身は波に乗れなかったです・・・

■ラック・オー


大団円はまさかのラック・オー。
しみじみじんわりプレイするのに最適です。

意外と締めに相応しいゲームだったかも。

■一方、アフターでは
19名という大所帯で中国大明火鍋城へ。
ここは人数のキャパが大きいうえに駐車場も完備されている、いざというときに貴重なお店です。
さらに、おいしくて安い。ひとり3000円くらいでしょうか。もっと早くから通っとけばよかったですね。

次の日は飲みすぎでどんよりしてました。

■お世話になりました
そういうわけで博多ゲームクラブ、これにて終了です。
しばらくは定期的に帰福することもあろうかと思いますので、いつかまたどこかのゲーム会でお会いしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

例会報告160312

2016-05-01 14:33:16 | 例会報告


さて、いよいよクライマックス、ラスボス登場、激レアゲーム祭りです。



この写真に写っているゲームを見るだけで分かる人には分かってもらえるはずです。

もうすっかり過去の話しとなりましたので、いったい何があったかほとんど覚えてません。

それはさておき、今回は最終的には私を含め18人の参加となりました。毎度ご参加いただきありがとうございました。

それでは、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■フラッシュ


早退される方がいらっしゃったので、激レアではありませんが博多ゲームクラブの華、フラッシュです。

お題は、「卒業」「大分県」「ボードゲーム」でした。

フラッシュの最大の見せ場といったら、「ひとりを除いてみんな同じ答え」ですが、今回もやってくれました。「大分県」といったら「温泉」ですよね、ね!
・・・博多ゲームクラブでは恒例となってますが、「ひとりを除いて~」は普通はありえないことなんですよ。いやあ、いいものを見せてもらいました。プレイした甲斐があったというものです。

■シュラウム人


どんどんルールを変更していって、チップの価値が乱高下するバカゲーです。

面白いことは面白いのですが、ちょっと長過ぎましたかね、ちょっとダレましたかね。

■ステレオタイプ


某氏の自作ゲームのテストプレイ。

コンポーネントが素晴らしい。カードの質とか、どうやって製作されたのか想像もつきません。

ゲーム自体は結婚式の二次会とかで新郎を嵌めるためにやる余興のゲーム化といえばよいでしょうか。
複数人が同時に単語を叫んで、それらを聞き取るゲームです。

基本アイデアのプリミティブなパワーに相反して得点方法が煩雑に感じました。その辺りをもっとシンプルにまとめた方が個人的には好みですね。

■フォーミュラモーターレーシング


ギブソン社から出ていたクニツィーアのカードゲームです。ギブソン社からは他にもターフホースレーシングとかも販売されてました。

当時のキレッキレなクニツィーアのゲームにしては割と凡庸な印象を持っていましたが、久々にプレイしてみるとそこそこ遊べますね、これ。

■フォッペン


フリードマン・フリーゼによるトリテ。箱は当然ミドリ色です。

いちばん弱いカードを出したプレイヤーは次のトリックを休まなければなりません。そうして、いちはやく手札をなくしたプレイヤーの勝ちとなります。



トリックに勝つというより凌ぎきることが目的で、普通のトリテとは違う思考パターンが要求されます。

■フリータイムデート


かのスクループルの完コピです。

かなり下世話な質問しかないので、本来は身内でしか遊べないでしょうね。
メンツが揃うと非常に濃密な時間を過ごせます。

■タルデアケーニッヒ


わたしの記憶が正しければ、かつて正月頃にメビウスのおまけ便で1万円を超えるゲームが4作案内されました。これはそのうちの1つです。あとはテラピューリウム、ビッグボス、ザ・ゲームだったかと。

このゲームの最大の特長は箱、ボードともに三角形になっていることです。収納性が悪いことこのうえなしですわ。

ゲーム自体はとてもいやらしい秘密プロットによるエリアマジョリティです。時間の都合で途中終了となったのは残念でした。

■一方、アフターでは
改装なった中国大明火鍋城へ。
なんだかこじゃれたお店になってます、そして、汁なし坦々麺は激辛です。

■さーて、次回の
最終回じゃないぞよ、もう1回だけ続くんじゃ。

いよいよ感動のグランドフィナーレです。涙、涙、そして涙のオンパレード間違いなし!

それでは、4月23日(土)13:00~21:00 ももちパレス 第2研修室でお会いできたらいいですね!




































※これをアップしたのが5月。そんなことは気にしない、気にしない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【参加者募集】4月23日(土)第45回

2016-04-22 22:19:28 | 例会案内
第45回にして、最終回です。

なんとか主催者不在の事態は免れました。

なお、この記事のコメントで参加表明いただけると、主催者は安心します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
  2016年4月23日(土)
  13:00~20:00
※途中での参加、退場はご自由にどうぞ。

■会場
  ももちパレス 第2研修室

※福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅より徒歩1分

■参加費
  500円

■定員
  30名程度

※本例会の追加情報も本記事のコメントに随時追記していきますので、適宜ご確認ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【参加者募集】3月12日(土)第44回

2016-03-06 11:26:31 | 例会案内
第44回です。

最後から二番目の定例会です。
今回は激レアゲーム(?)特集です。眼福ですぞ、たぶん。

なお、この記事のコメントで参加表明いただけると、主催者は安心します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
  2016年3月12日(土)
  13:00~20:00
※途中での参加、退場はご自由にどうぞ。

■会場
  ももちパレス 第2研修室

※福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅より徒歩1分

■参加費
  500円

■定員
  30名程度

※本例会の追加情報も本記事のコメントに随時追記していきますので、適宜ご確認ください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今後の予定

2016-03-06 10:00:12 | 今後の予定
博多ゲームクラブの今後の予定はありません。
コメント (46)
この記事をはてなブックマークに追加

例会報告160213

2016-02-21 21:13:24 | 例会報告


中期骨折ゲーム祭りです。
それ以外は、オカルトかるた(UFO・エイリアン編)、コードネーム、コアラ、エレクションUSA程度しか持ち込みませんでした。



こんな企画でヒトが集まるのかとも思いましたが、最終的には私も含め14名の参加となりました。

それでは、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■オカルトかるた(UFO・エイリアン編)


一部では熱狂的に迎えられたオカルトかるた。その第2弾です。

これはムズい。
マニアックなネタ、写真ばかりで、解答札が見つからずそのままお蔵入りの未解決事件が頻発します。
我々程度の生半可な厨二病では太刀打ちできません。そういう意味では、真のムー民を炙り出す、リトマス試験紙みたいなゲームですネ。

■コードネーム


ミステリウムに端を発する(?)、協力型推理ゲームの最新型です。

ミステリウムは面白いのですが、煩雑な処理が多すぎてゲームのテンポが乱れ、素直にゲームに没頭することができないきらいがありました。

このゲームはミステリウムの簡易版、改良版とでもいいましょうか、非常に簡単なルールでミステリウム以上の興奮を導き出すことに成功しています。今回は出題者を交代して3回連続でプレイしてしまいました。

ただし、出題者の負荷が大きすぎるという、ミステリウムから引き継がれた欠点はこのゲームでも解消されてません。ルールに沿ってヒントを出すのが非常に難しいのですね。回答者はわいわいがやがや。出題者は苦悶に喘ぎながら長考・・・
その辺りにブレイクスルーが生まれれば、そのゲームは歴史に名を残すこととなることでしょうな。

■コアラ


席順がグルグル変わる怪作。しかも、状況によっては、席につかず誰かの後ろに立つことになります。

ノリが勝負のゲームです。緻密なゲーム性を求める向きには不評かも。今回は大うけでした。

■エレクションUSA


共和党の大統領候補を選ぶ予備選がテーマ。なんとマーティン・ワレスの作品です。

ワレスで選挙ゲーと聞くととてつもなく重厚なゲームを想像されるかもしれませんが、そんなことはありません、なんともブラックな味わいのバカゲーです。

なにしろ公約が「メキシコ国境に100フィートの高さのフェンスを建設」とか「カナダ併合」とか、そんなのばかり。

まあ、公約とかスキャンダルのフレーバーを楽しむゲーム、かな。

■王宮建設


さて、ここから中期骨折ゲーム祭りの始まりです。

まずは複数のゲームが収められた「千夜一夜異譚」からメインのこのゲームを。

久々にプレイしてみると、処理が煩雑ですね。その辺り、当時はまったく見えてませんでした。とくに、獲得した3個の資源の使用方法がひどい。直感的に理解できないのです。
もう少し練る必要がありましたなあ、今さらながらそうオモイマシタ。

■チューチューキャッツ


アクションゲームです。ストローで猫タイルを吸って運搬するというバカゲーです。
暑苦しい男どもが顔を寄せ合う姿といったら・・・

しかしながら、このゲーム意外と体力を使います。10ラウンドは昇天レベルでした。

■ドナドナ


競りゲーム。

手堅いプレイが横行する中、みんなに締め上げられて、全種類集めることすらできませんでした。
借金を恐れることなく、攻めのプレイに徹すればよかったかな。

■茶器
交換ゲーム。

ターンプレイヤーの提示した茶人タイル(千利休とか松永久秀とか、その手の有名人)&茶器を獲得するために各プレイヤーは手持ちの茶器を提示します。そのなかから、一番魅力的な茶器をターンプレイヤーが受け取る代わりに、そのプレイヤーに提示した茶人タイル&茶器を渡します。茶人タイルには茶器による得点方法(赤い茶器1個につき1点、赤い茶器を一番多く持ってたら3点等々)が記されてます。
こうして茶人タイルと茶器を集めてトータルポイントの一番高いプレイヤーの勝ちとなります。

今回は茶器の所有数が少ないほどポイントが得られる茶人タイルを集めた方が圧勝されました。1人だけ違う戦略を取られると、そのプレイヤーが有利になっちゃいますね。たぶん、バランスが悪いのではなく、プレイングの拙さだったと思います、そういうことにしておきます。

■ヘックスマシーン


シールが変色し、タイルの連結部分の噛み合わせがうまくいかない超劣化状態でしたが、プレイはなんとかできました。

当時とは得点方法を変えました。パーツは1個1点、各マシーンの最大パーツボーナスは2点です。
うん、キレイにまとまったのではないでしょうか。今回の一番の収穫かも。

■一方、アフターでは
ピソリーノへ。
久々に飲み卓が誕生。賑やかに楽しく飲みましたとさ。

■さーて、次回の
私の考える激レアゲーム特集とまいりましょうか。
まあ、ボードゲームはちょっと前に販売されたのはだいたいがレアゲーになるわけですが、そんなレベルじゃないもの凄い激レアをご披露できたらと思います。まあ、何が激レアに該当するかは、個人の感想ですが。

それでは、3月12日(土)13:00~21:00 ももちパレス 第2研修室でお会いしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【参加者募集】2月13日(土)第43回

2016-02-07 16:40:59 | 例会案内
第43回です。

今回は怒涛の中期骨折ゲーム祭りです。これを逃すと二度とプレイできないゲームばかりですぞ。
まあ、そこに価値があるのか否かは不明ですけど。

なお、この記事のコメントで参加表明いただけると、主催者は安心します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
  2016年2月13日(土)
  13:00~20:00
※途中での参加、退場はご自由にどうぞ。

■会場
  ももちパレス 第2研修室

※福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅より徒歩1分

■参加費
  500円

■定員
  30名程度

※本例会の追加情報も本記事のコメントに随時追記していきますので、適宜ご確認ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

例会報告160130

2016-02-01 23:04:18 | 例会報告


2016年最初の例会は、看板娘3卓プレイと初期骨折ゲーム祭りとなりました。
まあ、看板娘の3卓プレイは「体験」として非常に貴重な機会だったのではないでしょうか。

その看板娘は最低挙行人数9名としておりまして、なんとか私も含め12名の参加者を集めることができました。ギリギリでしたね。



それでは、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■ボーイン


木製のハンマーのようなもので缶を叩いて、缶の上蓋のふちに乗ってる自分の玉を弾き飛ばして中央の穴に入れるゲーム。

言葉で説明するより、写真を見てもらったほうが早いですね。

意外とチキンハートでチョロを打ったり、思い切り叩くと穴を飛び越えて対岸に行ったり、爆笑プレイの連続でした。

■キャッシュ


ラベンス社とクラマーがタッグを組んだ90年作のセットコレクション的なカードゲーム。

さすがにプレイ感は古いゲームですが、いつまでカードを貯めるのかじりじりする辺りは結構好きです。
さすが、クラマー。

■ドゥ・ユア・ナッツ!


さあ、骨折ゲーム祭りの始まりですぞ。
これは第1回ゲームマーケットに出品されたゲームです。イベントカードの存在が時代を感じさせますね。

とくに凶悪なイベントカード(手持ちのナット全部捨て、他のプレイヤーと手持ちの全ナット交換)はあまりにヘイト値が溜まりすぎるだろうということで除去してプレイしました。
ただそうなると、ナット溜め込みプレイが強すぎましたね。やー、昔のオレもいろいろ考えていたんだなー。

■ギフト


これまた第1回ゲームマーケットに出品されたゲームです。濃密なインタラクションの存在が時代を感じさせますね。しかも、カードの数値のレンジの広さが、粗いゲームという印象を強めてくれます。

直接的に他のプレイヤーを叩くことが可能です。リアルヘイト値が溜まりまくります。
今となっては、こんなゲームは作れないです。

今なら、プラス点は数値どおり、マイナス点はカード1枚が数値に関わりなくマイナス1点とかにするんじゃないでしょうか。数値のレンジも1~13ではなく、1~7くらいに圧縮するでしょうね。それが面白いかどうかは分かりませんが。

■イカロス


箸休めにクニツィーアのライトなブラフゲームを。

この辺りになると、クニツィーア色(?)はなく、ごく普通のゲームですね。悪いわけじゃあないんですが、クニツィーア作というハードルをクリアしたかどうかは・・・

■看板娘


本日のメインディッシュ、看板娘の3卓プレイです。今回は12人プレイでした。
神像をいちはやく3種集めたプレイヤーが勝利します。ただし、神像は1テーブルに1種しかないので、3つのテーブルを回って神像を集めなければなりません。当然、他のテーブルへの偵察は禁止です。

・・・あんまりひとつのテーブルに固執するのはよくないのかな。
1ターンこなしたら、次々とテーブルを移動して各テーブルの傾向を調べた上で、どのテーブルから攻略するのか考えたほうが良かったかもしれませんねえ。けっこうテーブル間の難易度の差が激しかったように思いました。

結局、私は2テーブル目で2体目の神像を入手したところでゲームセットです。なんか常に煮詰まってた感じでした。

ちなみに、賞品はシュミッド版パレードでしたよ。

■水晶庭園


これまた第1回ゲームマーケットに出品されたゲームです。柱に見立てた透明プラケースの経年劣化の存在が時代を感じさせますね。

ストーリーは綺麗にまとめられたと思いますが、実際はアブストラクトゲームで、ライトなエリアマジョリティです。
大局を見失って小競り合いに血眼になって入れ込みすぎるとゲームには負けちゃいますよ。

■大量絶滅


ゲームマーケットには、第1回以降しばらく出展しませんでした。その後、何年かして復帰したわけですが、これはその復帰2年目のゲームです。アクションポイント制の存在が時代を感じさせますね。

当時はダウンタイムがけっこうあって3時間級のゲームだと思ってました。今回、久々にプレイしてみると、なんだか非常に軽いプレイ感です。こんなゲームだったっけ?

なお、ガラス製のマーカーにカビが生えていて臭かったので、石鹸で洗い落としました。当時、買われた方は一度チェックされた方がよいですぞ。

■トレジャーズ
今まさに鋭意製作中のカードゲームです。時代の最先端を行ってるはずです。

とりあえず、現バージョンでようやくゲームとして安定して動くことが確認できました。これからが本番です、果たしてこれが面白いのか否か。

現バージョンは、ざっくりしたプレイ感で選択肢がそれほどなく、それが作業感に繋がるかもしれません。また、戦略的にカードを集めないと、せっかくの高得点カードを得点計算時にすべてディスカードする羽目になり、徒労感に見舞われることになるかもしれません。

ゲーマーズ・ゲームというには雑な感じもするので、もう少し緻密なプレイ感が得られるよう、煮詰めていきたいところです。ただ、今のところノーアイデアなんですよねえ。あとは天啓を待つしかないかも。

■ニューロマンサー


テストプレイしすぎて、混迷しまくってるこのゲーム、

まあ、これでいいんじゃないでしょうか、数値のバランスが最適かどうかは不明ですが。
ただ、あと1回だけテストプレイさせてください。それで決着をつけたいと思います。

■一方、アフターでは
前々回の例会後に行った中国大明火鍋城を再訪。
2月は改装のためお休みで、3月に復活だそうです。また行きます。

その後、遠来の友と近場のバーにしけこみ、次の日は案の定ダウンしてましたとさ。

■さーて、次回の
次回は中期骨折ゲーム祭りです。有名サークルであっても人気サークルではない、骨折ゲームズの真価をとくと味わってください!

それでは、2月13日(土)13:00~21:00 ももちパレス 第2研修室でお会いしましょう!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【参加者募集】1月30日(土)第42回

2016-01-22 20:00:00 | 例会案内
第42回です。

先月の例会時に厳正なる投票によって、第1回博多ゲーム大賞に選定された「看板娘」の3卓プレイを強行しますぞ!
先着15名様、最低挙行人数9名で、15~16時くらいから開始予定です。

なお、この記事のコメントで参加表明いただけると、主催者は安心します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
  2016年1月30日(土)
  13:00~20:00
※途中での参加、退場はご自由にどうぞ。

■会場
  ももちパレス 第2研修室

※福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅より徒歩1分

■参加費
  500円

■定員
  30名程度

※本例会の追加情報も本記事のコメントに随時追記していきますので、適宜ご確認ください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

例会報告151226

2016-01-03 14:27:48 | 例会報告

【清き3票をお願いします!】

2015年最後の例会は「博多ゲーム・オブ・ザ・イヤー」の選考会も兼ねておりました。
「博多ゲーム・オブ・ザ・イヤー」とは、1人3票持ちで「博多ゲームクラブでプレイしたいゲーム」を投票してもらい、一番投票数の多いゲームを「博多ゲーム・オブ・ザ・イヤー」として認定し、上位のゲームともども次回の例会に必ず持ち込むというものです。べ、べつに主催者が持ち込みゲームの選定が面倒になったというわけじゃないからネ!

それはさておき、本日はモンゴルの前夜祭(?)ということで、早朝9時から16時という変則的な開催時間となったため、参加人数の激減が懸念されましたが、なんとか最終的には私も含め12名の参加となりました。
まあ、2桁に乗ったのでヨシとしましょう。



それでは、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■宝石の煌き


時間潰しに。
2015年はこのゲームにたいへんにお世話になりましたなあ。

■ライヤーズダイス(ブラフ)


久々のプレイ。
常軌を逸したビッドも意外となんとかなったり、安全サイドでビッドしたはずがアウトだったり、今回もいろんなドラマが生まれましたよ。

■マルコポーロの足跡


本日のメインディッシュ。
ダイスプレイスメントですね。硬派な基本ルールを破壊する、各プレイヤーの担当するキャラクターの特殊能力のチートさに好き嫌いが分かれるかもしれません。

個人的にはこのゲームと相性が良いのかこれで2連勝ですたい。

■タージ・マハール


クニツィーアのかつての名作。

今回のセッションでは、1人のプレイヤーが無双されまして、途中からどうしようもなく独走を見守るしかなくなりました。流れに乗り損ねると手の打ちようがなくなりましたね。

■ジレンマ


いわゆる「囚人のジレンマ」をゲーム化したもの。

各プレイヤーに3回の裏切る権利が与えられているのですが、それを使い切ると相手に舐められまくりです。
途中まで、おとなしくされてたプレイヤーが他のプレイヤーがチップを使いきった途端、暴れまくりでみごとに勝利されました。

やはり、抑止力は必要デスネ。

■よくばりハムスター


最後はこれで〆。

最終段階の手札調整をどう乗り切るかですね、悩ましい。

■一方、アフターでは
お楽しみのモンゴルです。
いつもどおり(?)裸族に満ち溢れてました。あっという間の3時間でしたね。

■さーて、次回の
けっかはっぴょお~
有効投票数28票のうち最多得票数2票を集めたのは、「カヴェルナ」「宝石の煌き」「看板娘」「アンモナイト」の4作でした!
これら4作から主催者の厳正なる独断により、2015博多ゲーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは「看板娘」です!パチパチパチ!
2015博多ゲーム・オブ・ザ・イヤーの「看板娘」はもちろんのこと、主催者が持っていない「カヴェルナ」以外のゲームは次回の例会に持ち込まれることでしょう、たぶん。

それでは、1月30日(土)9:00~16:00 ももちパレス 第2研修室でお会いしましょう!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加