世界に冠たる医療AMTを再確認 (2013-01-02)

2017-05-15 16:45:01 | Weblog

 年末に、刊行されたばかりの黒岩祐治著『末期ガンと漢方』を拝読。一度、講演を拝聴したことがあり、ほぼ同じ内容の御本でした。タイトルどおり、それはガンに関する漢方治療の有効性を、御尊父様の例を中心に記述されています。
 以下に、読んでの感想を少々。

 (1) エビデンスについて
    漢方にそれをもとめるのは無理として、むしろ漢方医療の哲学を汲むべきであるとされています。ただ、これを一般化できるかは、疑問なしとしません。ご出身の灘高の同窓会で現役医師と激論になったそうですが、医科学的エビデンスを捨象して、”医哲学”で理解せよというのには、少し無理があるやに窺えます。
 (2) 医療の東西融合について
    著書での”東”は、漢方にかぎられていて、インド・イスラムその他の東洋医療、また東・西では括れないその他の医療、それぞれからもブーイングがおきそうです。融合の目指すところは、QOLの高い、「効く治す」なのですから、WHOのような国際的機関において、「医療五輪」を開催すれば、医療の優劣が客観的に判明する、と愚考します。

 名の有るおかたの著書なれば、一定の影響力はおありでしょうが、実質的には、AMTこそは、漢方医療をはるかに凌駕する、世界に冠たる医療である、と改めて確信しました。
 漢方4千年にはとおくおよびませんが、AMTにも80年余の歴史があります。現代医療では最古参のはずです。しかも副作用は皆無で、科学的客観性すなわちエビデンスにおいても比肩できるもの皆無。なにより他を圧しているのは、一医療で幾つもの疾病を治す(称して「一医当千」医療)、という類例なしの断凸医療。これこそ正真正銘、最先端の多機能医療ではありませんか。
   

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイパンでのサイバン (2008-... | トップ | TPP(医療)での日本の主張・Ⅰ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。