趣味の小部屋 (AudiFill公式ブログ)

スピーカー専門ブランド「オーディフィル(AudiFill)」の公式ブログ。 (管理人:カノン5D)

第2回 オーディフィル試聴会 無事終了しました!

2016年10月03日 18時44分40秒 | AudiFill 情報
10/1は、第2回オーディフィル試聴会でした。

前回とは場所を変えての開催で、戸惑いもありましたが、
ご参加くださった方々のご協力もあり、無事に終えることができました。

-----------------
たてちゅう様が、ブログに感想&動画を掲載してくださいました!
「集まれ塩ビ管スピーカー主宰 たてちゅうブログ(10月2日記事)」
http://enbisp.at.webry.info/201610/article_1.html

Mr.Hippo様が、ブログに感想を掲載してくださいました!
「Audifill社試聴会(10月1日記事)」
http://blog.goo.ne.jp/ac-audio/e/b8f2db3ff3985fffc3b75659bed0c851
-----------------


それでは、4つの発表に分けて、振り返ってみたいと思います!

「AudiFillの音作り」16:00~16:40
目指す音の方向性について、説明と試聴を併せた発表となりました。

「桧」のもつ音について、「柔らかい」「優しい」という音の印象を持って頂けたようで、意図していたとおりに伝わり安心しました。
刺激感を減らすことと、音の充実感の双方をとれるのが、やはり「桧」の良さですね。



「小型スピーカーの楽しみ」17:00~17:40

第1回試聴会でも登場した「KT-800」と、
オール桧材スピーカーの「PR-83Sol」のデモでした。




とくに、PR-83Solについては非常に評判が良く、製作者としては嬉しかったです。

頂いたコメントをいくつか紹介させて頂きます。
「フルレンジの良さを最大限生かした、素直でスピード感のある音だった。その中で温もりも感じられるので、ボーカルも気持ちよく聞こえる。(236236P様)」
「ユニットの中高域の張りが強めの部分を、ひのき材がうまく吸収してくれるのかな、と感じました。低域のキレは良いですね。定番の女性ボーカルは本当に引き込まれます!(なーお様)」



「BX-200で遊ぶ」 18:00~18:40
可変音響管をもつBX-200を使って、簡単な実験を行いました。
皆さん凄い集中力で聴いて下さり、発表者として本当に嬉しかったです。




肝心のBX-200の音については、中低域のカブリが強く、本領発揮とはいかなかったのが悔やまれます。
音響管型スピーカーという構造上、部屋の影響を受けやすいのですが、これはタダの言い訳ですね。 この辺は、最終ver.までに解決しておきたいところです。


「The Sound of RF-1000」 19:00~19:40
そして、ラスト。
オーディフィルのフラッグシップモデル「RF-1000」を鳴らすコーナーです。




ここでも、コメントを二つほど紹介させて頂きます。
「ボーカルがナチュラルで良かった。全体的に音に余裕があり楽しめる。部屋のせいか、低域にもう少し切れが欲しい!(H.K様)」
「定位の良い音像でハイエンドに通じる風格を持っていると思う。低音表現が少し気になるが、全体でみるとバランスは取れているかな??低音は、まぁ設置場所で変わるのでセッティング次第で改善できると思う。(オルフィ様)」


頂いたコメントをそのまま掲載させて頂きましたが、低音については、機材側と部屋側でまだまだ改善する余地があると思っています。

共鳴管型の低音は、バスレフ型ともバックロードホーン型とも異なる感じで、やはり好みが分かれる(一般的なスピーカーからすれば違和感を感じる)ところのようです。
私も会場で聴いていると、共鳴管由来の音と、あまりの低音量感に部屋が飽和している、という二面があるなぁ、と感じていました。

次回のお披露目の時(RF-1000は2017年秋かな?)には、ぐっと良くなったものをお持ちすることを約束しましょう!!



そんな第2回オーディフィル試聴会でしたが、いらっしゃった方々のオーディオ歴は10年や20年、もっと長い方も多く、頂いたコメントも実に的確なものでした。

カノン5Dの耳で磨き、皆さまのご意見を反映してさらに磨きをかける・・・AudiFillの名を持つスピーカーは、そんな製品達であることを今後も続けていきたいですね。

----------------------------------------------------

さて、今後のオーディフィルですが、
まずはこの試聴会でも評判だった小型スピーカー「PR-83Sol」を、
皆さまの手元へいち早く届けられるよう、準備を進めていきます。


(外観に若干の変更があります)

そして、2017年1月には、第3回オーディフィル試聴会を神奈川県藤沢にて予定しています。
初公開のものは無さそう(あってもコンセプトモデルぐらい?)ですが、ぐっと内容の濃いものにしていこうと考えていますので、ぜひお楽しみに!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回試聴会の詳細情報 / ... | トップ | 「2016東京インターナショナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。