趣味の小部屋 (AudiFill公式ブログ)

桧スピーカー工房「オーディフィル(AudiFill)」の公式ブログ。 (管理人:カノン5D)

S-066 (製作記4)(ミューズの方舟 自作スピーカーコンテスト2017出品作)

2017年12月03日 17時53分08秒 | オーディオ
さて、今回はミューズの方舟コンテスト出品作の、 最終調整についてお話ししようと思います。 <出品作 「S-066 サムシング」> 最終調整としては、音の「煮詰め」といえる部分になり、 好みの音になるように、頑張って進めていきます。 まず1つ目は「PST回路」です。 実は、カノン5Dは以前から「非PST回路派」だったのですが、 今回初めて実装してみることにしました。 理由としては、2w . . . 本文を読む
コメント

S-066 (製作記3)(ミューズの方舟 自作スピーカーコンテスト2017出品作)

2017年11月25日 20時57分55秒 | オーディオ
前回の続きで、ミューズの方舟コンテスト出品作「S-066」についてのお話です。 前回は、スピーカー内部の設計についてお話ししたので、 今日は塗装についてです。 スピーカーの外装を決める時は、何かしらのモチーフを決めてから取り掛かります。 例えば、「S-052ツインウィング」では、センターに黒を配し、高級スピーカー風に。 こちらの「S-051」では、明るめの赤茶色で、華やかな雰囲気に . . . 本文を読む
コメント

S-066 (製作記2)(ミューズの方舟 自作スピーカーコンテスト2017出品作)

2017年11月18日 11時50分03秒 | オーディオ
さて、前回のコンセプト発表に続きまして、 今回は実際の工作を交えて紹介しようと思います。 まず、設計のベースになるのが小型バスレフ箱です。 この段階で、様々なダクト径や箱容量をテストしました。 その中で、以下のようなインピーダンス特性が得られたのが、箱容量1.2L、ダクト直径15mm、ダクト長さ7.5cmの状態でした。 この注目ポイントは、左側のピーク。 しっかりとしたピークがありな . . . 本文を読む
コメント (5)

S-066 (製作記1)(ミューズの方舟 自作スピーカーコンテスト2017出品作)

2017年11月11日 06時55分39秒 | オーディオ
さて、12月10日の「ミューズの方舟自作スピーカーコンテスト2017」に向けて製作を開始しているカノン5Dです。 今回のレギュレーションは、「Scansperk 5F/8422T01 または 5F/8422T03(Stereo誌2013年8月号付録) 一発」ということで、 5cmフルレンジから、いかに低音を取り出すかがカギになると考えています。 さて、カノン5Dの低音再生といえば共鳴管ですね . . . 本文を読む
コメント

RF-1000のご感想 (真空管オーディオ・フェア)

2017年11月04日 11時54分43秒 | AudiFill 情報
10月も終わり、あっという間に11月ですね。 真空管フェアから1カ月ほどになりますが、皆さま いかがお過ごしでしょうか。 今日は、真空管フェアで聴いて頂いた「AudiFill RF-1000」のご感想を掲載します♪ 今回も、前回と同じく(許可を頂いたものは)全て掲載します! 時間限定イベント「響け!低音再生!」プログラムで頂いたアンケートもあるので、前回より分量は多くなりますね。 アンケ . . . 本文を読む
コメント

PR-83Solのご感想 (真空管オーディオ・フェア)

2017年10月28日 14時08分11秒 | AudiFill 情報
雨の続く日々ですが、そんな時こそオーディオを楽しみたいものですね! さて、今日は真空管オーディオ・フェアで頂いたご感想を紹介しようと思います。 第一弾は、「PR-83Sol」。 FostexのFE83-Solを使用したフルレンジ型スピーカーで、多くの反響を頂きました。 頂いたご感想のうち、掲載許可を頂いたものは「全て」掲載します。 都合の良いものだけを抜粋…なんてことは一切していません . . . 本文を読む
コメント

真空管オーディオフェアで頂いたご質問

2017年10月22日 08時13分46秒 | AudiFill 情報
真空管オーディオフェアでは、沢山の方とお話しすることができました。 その中で、度々ご質問のあった件について、ここでもお話ししておこうと思います。 「仕上げは何ですか?」 仕上げはウレタンをベースにした塗料を、薄塗りにしています。 ツヤを出すことが目的ではなく、桧の木目・風合いを生かし、音質をベストな方向にもっていくための処理となっています。 そのため、現在もより良い塗装方法を検討しています . . . 本文を読む
コメント

真空管オーディオ・フェア 無事に終了しました。

2017年10月15日 13時12分43秒 | AudiFill 情報
皆さん、こんにちは。 先週は、真空管オーディオフェアに出展してきました。 全公演、無事にデモを終えることができ、 まずはホッとした気分です。 たくさんの方に桧スピーカーを聴いていただけたこと、 そして、応援の言葉を頂けたこと感謝しています。 今回は、小型スピーカーPR-83Solと、 超大型スピーカーRF-1000のデモとなりました。 来年は、もっと親しみをもって良い音を聴いていただけ . . . 本文を読む
コメント

第23回2017真空管オーディオフェア 出展内容4

2017年10月06日 07時29分42秒 | AudiFill 情報
いよいよ真空管オーディオフェアが間近となってきました。 改めて、展示の内容をお知らせします。 -開催概要-(第23回 真空管オーディオフェア」)   会場:秋葉原損保会館 (秋葉原駅から徒歩5~10分)      4階 408号室 (「A&Cオーディオ」と同室)   日時:10月8日(日)10:00~19:00      10月9日(月・祝)10:00~17:00 当日は、以下のプロ . . . 本文を読む
コメント

第23回2017真空管オーディオフェア 出展内容3 (名脇役たち!?)

2017年09月20日 21時04分06秒 | AudiFill 情報
いよいよ、各種オーディオイベントが近づいてきましたね。 把握しているところでは、こんなところでしょうか。 ・スピーカー再生技術研究会 2017年第9, 10回公開オフ会(9/23、10/9) ・2017東京インターナショナルオーディオショウ (9/29~10/1) ・真空管オーディオ・フェア (10/8,9) ・ミューズの方舟 自作スピーカーコンテスト2017(12/10) さらに、ポータブル . . . 本文を読む
コメント

第23回2017真空管オーディオフェア 出展内容2 (新作S-065)

2017年09月10日 11時48分06秒 | AudiFill 情報
いよいよ、真空管フェアまで約1カ月となりました。 今日は、前回の日記に引き続き、出展内容の紹介です。 新作の自作スピーカー「S-065」。 オーディフィルの製品ではありませんが、こちらも桧スピーカー達と一緒に持参します! テーマは、「響け!低音再生!」として、 以下の時間に、鳴らすことを予定しています。 低音再生は、いつの時代も自作スピーカーの大きなテーマです。 いかに、気持ち良く、 . . . 本文を読む
コメント

嬉しいお便り / OMF800P搭載の新作S-065

2017年09月02日 21時48分46秒 | AudiFill 情報
先日、オーディフィル"PR-10"をご購入頂いた、 富山県のM様から、嬉しいお便りを頂きました。 "PR-10"は、8cmフルレンジを使用した小型ブックシェルフ型スピーカーです。 コンパクトでありながら、全面に無垢桧を使用しているのが特徴ですね。   PR-10の詳細はこちら お便りを頂いたM様のオーディオルームは沢山のスピーカーがあり、 スピーカー好きとしてはたまらない空間です。 . . . 本文を読む
コメント

真空管だけじゃない! 真空管オーディオフェア♪

2017年08月29日 21時19分02秒 | AudiFill 情報
真空管オーディオフェアというと、いかにも「真空管だけ」のように聞こえますが、 真空管アンプや自作スピーカー関係はもちろん、オリジナリティに溢れる"スピーカーメーカー"の出展にも注目したいところです。 今日は、2017年の第23回真空管オーディオ・フェアに出展する、注目のスピーカーメーカーをピックアップして紹介します! A&Cオーディオ (損保会館 4F 408室) [web] http:/ . . . 本文を読む
コメント

桧の聖地、木曽に行ってきました。

2017年08月18日 21時54分20秒 | Weblog
真空管フェア関係は、今日はお休み。前回の日記「出展内容1」以外にも、まだまだお披露目できる内容を詰めています! さて、先日、桧(ひのき)の聖地ともいえる「木曽」に行ってきました。 ここでいう「木曽」とは、長野県の左下にあたる場所で、 京都から江戸へ通っていた中山道の要所ともされた所です。 今回の旅行では、 長野の「諏訪湖」の近くにある塩尻市から、南に下るようにして移動したので、 その順に紹 . . . 本文を読む
コメント

第23回2017真空管オーディオフェア 出展内容1

2017年08月14日 09時19分59秒 | AudiFill 情報
こんにちは。今日は、2017年秋開催の真空管フェアの出展内容紹介です! (真空管フェア自体の紹介は、前回の日記へ。) まず、展示品は「PR-83Sol」と「RF-1000」の二機種が決定しています。   どちらも、桧無垢材を使ったスピーカーで、 桧ならではの情感溢れる、優しい音色を聴いて頂きたいと思います。 小型の「PR-83Sol」は、その名の通りFOSTEX製FE83-Solを搭載。フル . . . 本文を読む
コメント