趣味の小部屋 (カノン5Dの自作オーディオ)

スピーカー専門ブランド「AudiFill」の公式ブログ。 自作&市販の各種スピーカーに関する話題の日記です。

第1回 オーディフィル試聴会のお知らせ(8月6日)

2016年07月23日 10時51分33秒 | AudiFill 情報
今日は、「第1回 オーディフィル試聴会」の告知です。 音は実際に聴いてもらうのが一番。 ということで、試聴会を開催します! ------------------------------------- 場所:神奈川県藤沢市    「藤沢商工会館 ミナパーク」 5F ミーティングルーム1    (JR藤沢駅から、徒歩3分) 日時:8月6日(土)17時~19時 (入退場自由) 内容: . . . 本文を読む
コメント

改キット「KT-2080」 誕生!

2016年07月10日 00時00分13秒 | AudiFill 情報
今日は、AudiFillの最初の製品「改キット(KT-2080)」をお披露目です! コンセプトは、「手軽で、発展性のある、高品位な2wayシステム」です。 市販スピーカーでは、2wayや3wayなどの「マルチウェイ」が大半を占めますが、 自作スピーカーでは、「フルレンジ」のシステムの製作例が多くあります。 その背景として、やはり「市販にない良さを追求」という点が挙げられると思います。 . . . 本文を読む
コメント

FOSTEX GX100Basic、無指向性スピーカー試聴会

2016年07月03日 17時27分34秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
今日は、最近試聴できたスピーカーについて感想を書こうと思います。 まずは、FOSTEXショールームにて、新製品「FOSTEX GX100Basic」を聴いてきました。 FOSTEXの10cmブックシェルフ型スピーカーは、 「GX100MA(定価55,000円)」を皮切りに、注目されているスピーカーです。 その一方で、モデルチェンジの度に価格が上がり、 現在は、上級のGシリーズ「G1000MG . . . 本文を読む
コメント

Referenceシリーズ「RF-1000」の進捗

2016年06月25日 17時18分04秒 | AudiFill 情報
今日紹介するのは、AudiFillのフラッグシップモデル「RF-1000」。 RF-1000は、AudiFIllのフラッグシップモデルではありますが、 コンセプトモデルとしての位置づけがメインとなり、 数を売ることより、今後のAudiFillイベントで鳴らすことを主眼に置いたものです。 そんなことから、まだまだ音についても道半ば。 弟分である「改キット」や「BASICシリーズ」のほうが先行し . . . 本文を読む
コメント

無指向性スピーカー試聴会 “ニュー・サウンド・シーン in 表参道”

2016年06月10日 12時34分59秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
今日は、試聴会の情報です。 静岡県浜松市を拠点に活動するスピーカーメーカー「Tom’s lab」と「ライト・イア合同会社」が、 東京の表参道にて、合同で試聴会を開催するとのことです。(6月18日、19日) まずは、2社がどんなメーカーなのかを見ていきましょう。 「Tom’s lab」 無指向性スピーカーを幅広くラインナップ。 音質の追求はもちろん、インテリアとしても優れたデザインが魅力です . . . 本文を読む
コメント

BASICシリーズ 開発中!

2016年06月05日 16時05分48秒 | AudiFill 情報
さて、最近外出の多いカノン5Dですが、 今日は、BASICシリーズの進捗を書こうと思います。 BASICシリーズは、FOSTEXの10cmユニット2発を使用したスピーカーで、共鳴管型のものとなります。 大きな本体から出てくるサウンドは、一般的な小型ブックシェルフ型とは異なる「空間を動かす低音」を再生できます。そのスケール感や低域の音色感は、他では代えがたいものなのです。 さらに、小口径×共 . . . 本文を読む
コメント

徹音さんの工房訪問

2016年05月28日 22時36分56秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
先日は、徹音さんの工房へ行ってきました。 きっかけは、今年の塩ビ管スピーカー関東オフ会。 ここに持ち込まれていたのが、徹音さんのPCオーディオシステムでした。 お話しをしているなかで、PCオーディオの製作過程で使用するリファレンスシステムを聴く機会を頂きました。 製作の舞台となる都内のお部屋には、沢山のパソコンのほか、 B&Wの683S2と、真空管アンプを核としたシステムがありました . . . 本文を読む
コメント (2)

集まれ塩ビ管スピーカー関東オフ会2016 参加報告

2016年05月22日 14時16分48秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
遅くなりましたが、5月3日の「集まれ塩ビ管スピーカー関東オフ会」について、振り返ってみようと思います。 早速ですが、カノン5Dの発表は「桧アンカーの効果」についてでした。 「桧アンカー」については、こちらを参照して頂くのが分かりやすいですね。 今まで、自身の作品に組み込むことは多々あれど、純粋な効果を皆さんに聴いて頂くのは初めてでした。 結果としては、「(録音の悪い)アニソンでのみ違いが . . . 本文を読む
コメント (2)

AudiFillの情報発信

2016年05月02日 07時52分11秒 | AudiFill 情報
今日は、オーディフィルの情報発信について、まとめてみようと思います。 オーディフィルは、大きく3つの情報発信をしています。 1.webサイト 「AudiFill」 2.ブログ「趣味の小部屋(カノン5Dの自作オーディオ)」 3.つぶやき「Twitter」「LINE@」 それぞれに役割が若干違いますので、ここで整理しておこうと思います。 1.webサイト 「AudiFill」 http:// . . . 本文を読む
コメント

A&Cオーディオ試聴室に行ってきました。

2016年04月28日 18時57分21秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
先日、A&Cオーディオ試聴室に行ってきました。 「A&Cオーディオ」は、国内ユニットメーカー「ParcAudio」を用いたスピーカーブランドです。 自作スピーカー趣味の延長で生まれたところが、親近感を感じさせます。 そんなA&Cオーディオの製品を聴くことができたのは、今年のParcサウンド鑑賞会のこと。 「フローティングマウント」など、特徴的な技術がもたらすサウンドは、 再びしっかり聴いて . . . 本文を読む
コメント (2)

春の自作スピーカーイベント「集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会」

2016年04月22日 22時59分28秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
春の自作スピーカーイベントは、やっぱり「集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会」を外しては語れません! ・日時:2016年5月3日(火・祝) 10:00頃開始(9:30開場)16:00頃終了予定。 ・会場:横浜ラポール 3階ラポール座(視聴覚室)       〒222-0035横浜市港北区鳥山町1752 詳細はこちら。 http://www.enbisp.com/modules/news/in . . . 本文を読む
コメント (2)

Audifill 製品ラインナップ(予定)

2016年04月15日 21時17分35秒 | AudiFill 情報
4月に入ってから、本格的に情報発信となった「AudiFill(オーディフィル)」ですが、 今回は、待望の(!?)製品ラインナップの紹介です。 とはいっても、あくまでも「予定」の段階でして、 今回の掲載内容から、多少の変更があることも考えられますので、ご了承ください。 また、各商品の詳細な情報は、今年の夏の販売開始(予定)までに、 順次出していきますので、今しばらくお待ちくださいませ。 --- . . . 本文を読む
コメント (2)

AudiFill ブランドコンセプト

2016年04月09日 21時10分25秒 | AudiFill 情報
先日、発表した「AudiFill(オーディフィル)」について、 ブランドの内容を、順次書いていきたいと思います。 まず、皆さんのご想像のとおり・・・ スピーカーは、非常にダイナミックな動作をする機械であり、 また、構造と音が密接な関係をもつ、魅力的なデバイスです。 「自作スピーカー派のカノン5D」として、スピーカーの魅力を発信するためにも、 AudiFillを、スピーカー専門ブランドと位置 . . . 本文を読む
コメント

スピーカー専門ブランド 「AudiFill」始動!

2016年04月02日 17時42分07秒 | AudiFill 情報
新年度となった今日は、カノン5Dからお知らせがあります! 年始の日記から、ほのめかしていましたが、 オリジナルブランドの立ち上げを、ここに宣言します。 オリジナルブランドの名前は、 「AudiFill」 (呼び名:オーディフィル) です。 オーディオ(Audio)と、 満たす(満たされる)(Fill、フィル)を組み合わせた造語になります。 昨今、低調とも言われるオーディオ業界です . . . 本文を読む
コメント (12)

「第6回PARCサウンド鑑賞会」に行ってきました。(後編)

2016年03月31日 07時19分44秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
「第6回PARCサウンド鑑賞会」の後編です。 17cm級の大型ユニットを搭載した力作や、 オーディオの様々な楽しみを提案する作例など、興味深い作品が盛りだくさんです♪ まずは、今井さん。 DCU-C172PPを使用した密閉型です。 得意のPST方式と、大型ユニットの組み合わせです。 容量は11Lとコンパクトながら、吸音材(フェルト)を十分に使用して、反射音を減らす設計です。 いつもなが . . . 本文を読む
コメント (4)