★小雪・カンナ・ひなた・珊瑚・小雨のcogi-log★

先天性巨大食道症とリウマチと闘い、お空へと旅立った小雪さん&その娘カンナさんの思い出と、新入り小雨さんのコギ日記です。

★★ 自己紹介 ★★




★小 雪★ (♀) 2000.7.1~2012.5.11
         先天性巨大食道症を抱え、のちにリウマチを発症し
        誤嚥性肺炎を何度も患いながらも、たくさん頑張ってくれました。

★カンナ★ (♀) 2001.8.2~2013.1.9
        小雪さんの娘。
        右肺中葉部分に約3cmの組織球性肉腫が見つかり、
        右肺中葉切除手術を受ける。
        のちに椎間板ヘルニア ハンセン2型を患い手術。
        大きい手術を2回、入院3回と10才を過ぎてからは
        辛いことが続いてしまいましたが
        たくさん頑張ってくれました。

★珊 瑚★ (♀) 2004.5.8          ★ひなた★ (♂) 2004.5.8
        カンナさんの娘。               カンナさんの息子。
        2012年に癲癇を発症。
        
★小 雨★ (♀) 2012.11.7
        2013年2月12日に家族となる。
        大泉門(頭蓋骨の頭頂部に穴がある)が閉じていませんでしたが、
        現在は問題なし。
        体重が7kgほどミニコギさんです。


  ☆☆ ブログ村★コーギーランキング  ☆☆

ランキングに参加してみることにしました。
コギッ!と一発クリックしていただけましたら幸いです。

     

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

謝儀。

2015-07-17 11:18:20 | ○珊瑚さん○
大変ご無沙汰しております。

久しぶりの更新が、このようなご報告になってしまい心苦しいのですが、
7月16日、午後5時過ぎに、
我が家の珊瑚さんが、大好きな祖母犬の小雪さん、
母犬カンナさんのいるお空へと駆け足で旅立ってしまいました。 
11才二ヶ月でした。

子宮水腫から子宮蓄膿症になり、そこから腹膜炎を起こし
更に強い炎症によって血液が凝固しなくなってしまい
お空へと旅立ってしまいました。

生前、珊瑚さんを可愛がってくださった皆様、
ブログでお声を寄せてくださった皆様、
ドッグランで一緒に遊んでくれたお友達、
ありがとうございました。

ブログを更新していなかった間の出来事は
また気持ちが落ち着いたときには
お伝えしたいと思っております。

珊瑚は本日17日、午後4時半にお空へと旅立ちます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友垣。

2014-11-06 22:43:42 | ○お出かけ&お散歩○
お久しブリーフ。
ああ、またやっちまった…。前回の記事から早一ヶ月。
言い訳ですけどね、飼い主~ズ夫が毎週水・金休みでしてね
水曜日には仲間のいるドッグラン、金曜日は所用やら雨やらで中身なし。
そう、もうお分かりですね。
大したことなく、時間だけが過ぎ、年をとっている…そんな感じです。

そんな中でも、先月29日、昨日とドッグランでは楽しいひと時を過ごしておりました。
本日は先月29日の様子をアップしていきたいと思います。
時差があってスミマセンね…。

 

↑ドッグランの周りに植えられた木々が、キレイに紅葉していました。
太陽に照らされてとてもキレイな光景です。


この日は、ホープ君(柴犬/♂)、北斗君(柴犬/♂)、ルリちゃん(柴犬/♀)、
シェリちゃん(マルチ×ポメMIX/♀)の仲良しメンバーで遊びました。

柴犬とコーギーの組み合わせって、なかなか難しいことなんですが
このメンバーはとても仲良しです。

我が家で持参するいつものオモチャを、投げては走り取りに行く…の繰り返し。
これがドッグランにいる間、約2時間ほど続きます。



↑兄さんがオモチャを取ることができれば、妹がものすごい走りと剣幕で
猛烈な体当たりをかまし、兄さんを襲います。


妹がオモチャをとることができると、ルンルン♪で走ります。




ここで大好きなホープ君が登場。
我が家のひなた&小雨さんは、牧羊犬の血が騒ぎまくるのか追いかけたい派、
一方、ホープ君は人にもワンコにも追いかけてほしい派、
ということで、自然と鬼ごっこが成立します。

ホープ君がオモチャをくわえ、『追いかけてくれないかな~』というお顔で振り返り
ひなた&小雨さんが追いかけてくれるのを待ちます。



↑この状態でずっと走り回り、時々、北斗君が参加し、ルリちゃんも加わり
茶色い方達が固まりで走り回ります。


そんなドッグランでの様子の動画を2本ご用意。
☆音ができますので、お気をつけください。








こんな感じで、辺りが暗くなり、ケツ毛の白い部分しか見えなくなっても
走り回っておりました。
それほど、このメンバーでの走りが楽しいようです。
その間、飼い主~ズたちは、その様子を眺めながら楽しくお喋りです。


そして昨日は、ドッグランへ向かう途中、小雨さんが思いのほか雨女っぷりを発揮して
パラパラと雨が降ってきました。その後には、キレイな虹が見えました。



ドッグランを後にする頃には、『富士山レーダードーム館』がライトアップされていて
それが月夜と合わさって、とてもキレイな光景でした。





ドッグランで思いっきり遊んだ翌日は、抜け殻のようになります。
ひなたさんは飼い主~ズ夫のベッドの上で、ボ~…っと外を眺めたり




珊瑚さんは、お気に入りのベッドからゴハン&トイレ以外は動かなくなります。




毎回、抜け殻になるまで遊ぶ3コギさんたちでした。



ランキングに参加してみることにしました。
コギッ!と一発クリックしていただけましたら幸いです。
     

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

半分。

2014-10-03 00:01:28 | ○珊瑚さん○
本日のブログは、大変大変マジメなお話です。
とても長い記事になっておりますので、面倒な方はスルーなさってくださいね。

*カラーの文字にアンダーライン(下線)があるものはリンクになっています。


長年ブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、
我が家の珊瑚さんは2013年10月1日にセカンドオピニオンにて
【椎間板物質除去手術】を行いました。
もう一年前のことになります。

その手術を受けた珊瑚さんですが、術後一年が経過した現在も
後ろ足が安定せず、歩行時に左右に揺れてしまったり
後ろ足の爪が擦れるナックリングや、尻餅をついてしまう

ことが多々あります。

でも、この状態が椎間板ヘルニアの後遺症なのか、DM(変性性脊髄症)なのかは
わかりません。
私は50/50だと思っています。

小雪さんが生前、『リウマチ』だと判明できなかった4~5年前には
まだまだDM(変性性脊髄症)という病気が知られておらず、
その当時に通院していた担当医もまったく知らないもの(勉強不足もあり)で、
こちらから『DMの可能性はないか?』と聞いても、まったく違う病名の症状を
話していたほどでした。

コーギーと共に暮らしている方はご存知の方が多いかもしれませんが、
DM(変性性脊髄症)についての説明を書かせていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[変性性脊髄症 Degenerative Myelopathy (以下「DM」) とは]
DMは、痛みを伴わず、ゆっくりと進行する脊髄の病気です。
近年、ウェルシュコーギーでの発生頻度が高く、欧米では注目を浴びています。
ウェルシュコーギーでの発生は確実に増えてきています。


[DMで現れる症状]
足先の感覚異常から、足の甲を地面にすって歩くようになります。
アスファルトの上だと歩行時に「シャーッ、シャーッ」と爪が地面にすれる音が
聞こえるかもしれません。爪を見ると爪の上側が擦れて減ってきます。
立ち止まって立っているときには、足先がひっくり返ったままになっていることもあります。


[DMで現れる症状2:腰のふらつきや後ろ足の交差]
歩行時に腰が安定せず、左右にふらふらしながら歩くなどの症状も初期に見られます。
また、後ろ足を交差させながら歩くこともあります。
足先の感覚異常により、自分の足の位置がわからなくなっている結果として現れる症状です。


[DMで現れる症状3:ウサギ跳び]
2本の後ろ足をそろえてウサギ跳びのように歩くことがあります。
左右前後の足の動きに協調性がなくなり現れるのだと思われます。
さらに症状が進行すると、後ろ足の動きが鈍くなり、筋肉量も落ちることから
下半身を支えることができなくなります。
すでに述べたように、この病気では痛みは伴わないため、犬はそれでも歩こうとします。
下半身を持ちあげることができないので、腰が落ちた状態で下半身を引きずりながら前進します。
前足の症状が進行すると起立することが困難になります。
また、排尿や排便の制御ができなくなるので、オムツが必要になります。
首の脊髄にまで病変が及ぶと呼吸障害が現れます。
息づかいが荒かったり、不規則な呼吸をしたりします。
呼吸障害がさらに進行すると呼吸不全となり、亡くなります。
通常は後ろ足の症状が出てから3年後くらいで呼吸障害が現れます。


[DMの原因]
犬種を問わずDMの原因は不明な点が多く、未だはっきりとした原因は解明されていません。


[DMの診断]
現在のところ、DMに対する特異的な生前診断法は確立されていません。
確実に病気の存在を証明するためには、脊髄組織の病理組織学的検査が必要ですが、
これは生前には不可能です。
しかし臨床的には、各種検査を組み合わせることによりDMの診断を下すことができます。
診断において重要なことは、犬種と特徴的なヒストリー
(疼痛を伴わない慢性進行性の両後肢不全麻痺)を考慮し、血液検査や脳脊髄液検査で
炎症性疾患を否定し、MRIやCTまたは脊髄造影検査などの画像診断で
脊髄の圧迫性病変を除外することです。
画像診断は、あくまでも椎間板ヘルニアなどの圧迫性病変を否定する目的で行われ、
DMの病変を見つけるためではありません。
さらに、変異したSOD1遺伝子をペアで持っており、臨床症状がDMと合致する場合は、
DMに罹っている可能性は高いと考えます。
しかし、高齢のコーギーでは、椎間板ヘルニアも多く、DMとの症状も似ているため
両者を区別することは困難な場合もあります。
また、DMと椎間板ヘルニアを両方持っている犬もいますので、
診断と治療は慎重に進めなければいけません。


[治療法について]
痛みがなく、積極的に動くことができる犬でしたら、なるべく運動をさせることが勧められます。
神経病でよく使われるステロイドは、DMに対しては効果がないと言われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


我が家では、生前のカンナさん(ひなた&珊瑚さんの母)、ひなた&珊瑚さんは
セカンドオピニオンで【DM遺伝子検査】を行っています。
カンナさん、ひなたさん、珊瑚さん共に【陽性】という結果でした。
ひなた&珊瑚さんの母犬であるカンナさんが【陽性】なら、
その子犬は必然的に【陽性】になります。
ただ、カンナさんの母犬である小雪さんの【DM遺伝子検査】は見送ったこと、
カンナさんの父犬、ひなた&珊瑚さんの父犬の【DM遺伝子検査】は
行うことは不可能なことから、母犬と父犬のDM遺伝子がペアで陽性であれば、
DMを発症するリスクがあることがわかっていますが、
それで100%発症してしまうのか、しないですむのかはわかりません。
カンナさんもひなたさんも珊瑚さんも、ペアで陽性なのかはわかりません。


どちらの病名にしろ、珊瑚さんの後ろ足はとても不安定な状態です。
尻餅をついてしまったり、躓いてしまうことで、他の部分がケガをしてしまう可能性も
出てきてしまうのです。
痛くて痛くて辛い思いをして、頑張って手術をして、生まれて初めて家族と離れて
一週間の入院もして、たくさん頑張ってきた珊瑚さんには、まだまだ自分の足で
地面を踏みしめて、ひなたさんと小雨さんと一緒に歩いてほしい。
カンナさんが生前に使っていた腰を支えるサポーターを珊瑚さんにも着用させてみましたが
サイズも合わず、上手くいかず…何か有効なものはないだろかと模索していたときに、
2014/9/19 OA『未来シアター(日本デレビ)』という番組で、
日本初の動物専門の義肢装具士について放送されていました。
そのときに、何気なくPCで【東洋装具】という会社を調べてみると、
【S2 Corset(エスツーコルセット)】という胸腰椎の長期固定 後肢の跛行・
不全麻痺の助補をするものが掲載されていました。
まさに、今の珊瑚さんに求めていたものでした。
しかし、こちらの会社の商品は、獣医療関係者以外の方のお問い合わせは受け付けておらず
購入はおろか、お問い合わせをすることもできませんでした。

翌日、HPのアドレスのメモを携え、ホームドクターへと向かいました。
先生に珊瑚さんの後ろ足の状態をお話しし、【S2 Corset(エスツーコルセット)】の
お問い合わせをしてくださいました。
それから二日後、ホームドクターの元に採寸表と採寸説明書が届き
珊瑚さんを連れて採寸に伺いました。
採寸はかなり細かく、骨と骨の長さを測定するなど30分ほどかかりました。
コルセットのカラーバリエーションは6色あり、汚れも目立ちにくく、女の子っぽい
ピンク系のものでお願いしてきました。

一週間弱でホームドクターの元にコルセットが到着し、一昨日の水曜日に受取と
装着をしていただきました。
珊瑚さんの場合、補助吊具はまだ必要な状態ではないのでコルセットのみです。


コルセットを着用してみると、後ろ足の左右の揺れが少し安定しているようで
完全にというわけではありませんが、コルセットを着用すると
足取りがしっかりしているように思います。

昨日はさっそくコルセット着用で、お散歩に行ってみました。



↑後ろ足の爪が擦れてしまうので、『PAWZ ドッグブーツ』を着用しています。
上り坂は後ろ足に重心がきてしまうので、ちょっと大変そうですが
ちゃんと歩いてくれています。

コルセットですが、ピンクとグレーのボーダー柄のせいか、洋服を着ているように見えるので
あまり大げさになりません。



↑いつもと変わりなく、コルセットを気にすることもなく歩いてくれています。


コルセット着用をして、お散歩している様子の動画です。



↑後ろ足が危なげですが、一生懸命に歩いてくれています。


珊瑚さんのコルセットは、2週間以上の長期固定を目的に開発されたコルセットで
装着したまま排泄することができます。
お散歩のときだけではなく、家の中にいるときにも装着して過ごしています。



↑珊瑚さんは気にしていないようで、いつもと同じように過ごし、
違和感なく寝てくれています。

ちょっと高いものだったけど、珊瑚さんのこれからの時間がもっともっと楽しく
動きやすく、ひなたさんと小雨さんと一緒に歩いてほしいと願っています。

もしも、もしもこの先、歩くことが難しくなってしまったとき…
小雪さんとカンナさんの車イスがあるから大丈夫。何も心配しなくていいからね。


文字ばかりの拙い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ランキングに参加してみることにしました。
コギッ!と一発クリックしていただけましたら幸いです。
     


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寝姿。

2014-09-29 00:01:54 | ●3コギさん(H+S+K)●
今日は、うら若き乙女の寝姿を大公開。
 注)おっさんも含みます。


小雨さん、基本、寝顔は白目です。




そして、半笑いが多いです。



↑飼い主~ズ妻のベッドの下の隙間に体を入れて、お顔だけ出して寝ています。
朝起きて足下を見たら、この光景です。


ついでに、狭いところが大好きです。



↑1階の和室にある座椅子と壁の間に入って寝ております。
広いところで堂々と寝ていることは、ほとんどありません。


最近のおっさんひなたさんですが、小雨さんが幼少時に愛用していた
クレートが大のお気に入りでして、暑くても寒くてもここで寝ています。



↑ひなたさんは大らかなので、あまり細かいことは気にしないようで…
体が半分はみ出していても気にならないお方。
『ちゃんと真ん中で寝たらどうだろ?』と話しかけて、ちゃんと体勢は整えますが
5分もするとまたはみ出してきます。寝ようと思って電気を付けたらこの光景です。

珊瑚さんの寝顔もお届けしたかったのですが、至って普通でして…
起きてる顔と変わらないので、省略させていただきました。



ランキングに参加してみることにしました。
コギッ!と一発クリックしていただけましたら幸いです。
     

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

追懐。

2014-09-27 01:35:38 | ○お出かけ&お散歩○
我が家におパンツ女子が現れる間、メンズがいるドッグランには
行くことができないので、その間のお散歩は『富士川クラフトパーク』へと
週一で行っておりました。

『富士川クラフトパーク』へは、小雪さんとカンナさんもまだまだ元気で
いつも4コギさんと一緒だった6年前の2008年5月17日に行ったことがありました。
たった一度しか訪れたことはありませんでしたが、小雪さんがどんな表情で
どんな足取りで、私たち家族がどんな表情をしながらお散歩をしていたかを
今でも鮮明に覚えていました。
たった一度だけ訪れた場所でしたが、我が家にとっては思い出の場所なのです。

6年ぶりに訪れた場所は、だいぶ様変わりしていましたが
あのときと変わらない場所もちゃんとありました。

噴水へと続くカスケード(流れ)はあのときのままでした。



↑小雪さんがこの水の流れを真剣な表情で眺めながら歩いたものでした。
まだまだカートも使わず、4コギ並んでお散歩していたなァ。


カヌー場もあのときのまま。




ここから見える景色もだいぶ変わっていました。



↑中部横断自動車道の工事が進み、景色の中に道がたくさんできていました。


駐車場の前には『切り絵の森美術館』というものができてました。



↑こちらは全国でも珍しい『切り絵専門』の美術館だそうです。


遊具広場は以前に比べると、より広く整備されていました。
ここには小高い山が二つほどあるのですが、6年前に訪れたときには
飼い主~ズ夫と、カンナさん&ひなたさん&珊瑚さんで登り
飼い主~ズ妻が写真を撮りました。



↑写真左から…珊瑚さん、ひなたさん、カンナさんです。
3コギさんの写りが小さいですが、嬉しそうな表情してますよ。


あのときと同じように、6年ぶりに登ってみました。



↑あのとき一緒にいた小雪さんもカンナさんもいないけれど、
ひなたさんも珊瑚さんも、初めて訪れた小雨さんも、あのときと同じように
笑ってくれていました。
写真左から…珊瑚さん、ひなたさん、小雨さんです。


飼い主~ズのトイレ休憩では、しっかり並んで待っていてくれました。
こんな仕草も6年前と同じでした。




まだまだ4コギさんたちとの思い出の深い場所を訪れることも、
小雪さんが旅立つ前日に走っていた道路を未だに通ることはできませんが
いつか、いつか、笑顔で小雪さんとカンナさんの思い出話をしながら
この子たちと訪れることができるようになりたいなと思うのです。



ランキングに参加してみることにしました。
コギッ!と一発クリックしていただけましたら幸いです。
     


コメント
この記事をはてなブックマークに追加