伊勢屋

伊勢屋の公式ブログアカウントです。
伊勢屋グループは、障害者ができる仕事形態を実践しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピクトグラムアートで「津波避難の呼びかけ」を災害情報としてつくりました。

2017-03-11 14:20:34 | 日記

2011年3月11日に発生した東日本大震災により亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災では、最大16.7mの津波が東北地方の太平洋沿岸を襲い、甚大な被害をもたらしました。これほど大きな被害を出した災害も、しばらく経つと次第に忘れ去られてしまいます。
障害をお持ちの方や日本語が分からない外国人など、さまざまな理由から情報の利用に困難を抱える情報弱者もいて、避難ができなかったり、逃げ遅れてしまうこともあります。

私たちに何ができるかを考えて、ピクトグラムアートで「津波避難の呼びかけ」を災害情報としてつくりました。

ピクトグラムアート 大津波警報
https://youtu.be/lP2pQiCsP1U

ピクトグラムアート 津波警報
https://youtu.be/QsaWae2uMK4

ピクトグラムアート 津波注意報
https://youtu.be/_eqR1EEsHGk

特徴は、地震の音を「ガタガタ…」にしないで、あえて異音にすることによって、周囲にいる人を引きつける効果があります。
また津波警報は、「津波注意報」・「津波警報」・「大津波警報」を色と音で区別しています。
※統一基準採用後の表示色「津波注意報(黄色)」・「津波警報(赤色)」・「大津波警報(紫色)」にしています。
※サイレン音も「津波注意報」・「津波警報」・「大津波警報」サイレンパターンにしています。
更に、漢字にふりがなをつけたり、英語表記をしているので、従来のピクトグラムアートで補えなかった、視覚障害のある方、子ども、英語圏の方などを補えるので、ほぼすべての方に伝わるようにしています。

ピクトグラムアートとは、聴覚障害のある方、印刷された文章を読むことが難しい読字障害(ディスレクシア)のある方、軽度の知的障害の方など障害を持つ方や日本語・英語などの言語も関係なく視覚で何か(文章)を伝えることができます。
http://japan-iseya.com/cosmic/Diversity_Arts.html 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加