かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

2011年12月 陣馬山

2011年12月27日 | 富士山
<2011年12月下旬に行きました>


八王子方面に出かけたついでに、足を伸ばして富士山撮影をしようと、
陣馬山を目指しました。

陣馬街道を進み、バス終点となる陣馬高原下を過ぎたあたりで、民家もなくなり
山道になります。道幅が狭く待避所も少なく、すれ違いが出来ないとおもわれる部分がたくさんあり、
対向車が来ないことを祈りつつ運転しました。

無事に和田峠に到着。
到着したのが午後4時のため、駐車場は3台くらいしか車が無く、ハイカーが帰り支度をしていました。
すると小屋からおじさんが出てきて、駐車代1日600円を徴収していきました。

和田峠から、陣馬山山頂までは1kmも無く、男坂といわれる階段状の道で約20分。
すこしなだらかな女坂で約30分で登れるとのことです。
道も整備されているので安心して登れます。

駐車上の小屋の左脇から急な階段を登り始め、ほどなく山頂の茶屋が見えてきました。

山頂は広く、目の前に生藤山が良く見えます。


茶屋と背後の山並みです。

季節的のものか、時間が遅かったのか、茶屋はともに閉まっていました。

水墨画のような風景が気にいってます。


八王子方面。


山頂の石碑。八王子の奥ですがここは神奈川県です。


有名な白馬像


肝心の富士山は、残念ながら雲の中。
黄金色に染まった景色がきれいでした。


丹沢方面です。左端のとがった山が大山。


しばらく粘って富士山の雲がきれることを期待しましたが、結局そのままでした。

和田峠からは、馬のお尻のほうから下ります。
降り始めの景色


のぼりは急いでいたので、登山道を帰りに撮影。


途中は階段ではなく歩きやすい道です。実際はもっと暗かったですが。


最後の階段の始まり。


帰ってきたときに、和田峠には他の車は無く、小屋のおじさんもスクータで下山していきました。
車で真っ暗で細い山道を降っていきましたが、幸いすれ違う車も無く、無事帰路に着きました。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2011年12月10日 皆既月食 | トップ | 2011年8月他 菜の花台(秦... »

あわせて読む