かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

富士山静岡空港に立ち寄ってみました

2017年05月28日 | 飛行機
先日、静浜基地の航空祭に行った帰りに少し足をのばして
富士山静岡空港に行ってみました。

正式名称は「静岡空港」で、愛称が「富士山静岡空港」だそうです。
平成21年6月に開港した「最後の地方空港」ともいわれる新しい空港です。

空港のターミナル


正面入口のに掲げられた名称は「富士山静岡空港」


ターミナルの3階には展望デッキがあります。


空気が澄んでいれば富士山が見えるようです。


ANA機が出発準備をしていました。


3階から2階へと降りるエスカレータから


やがてフジドリームエアラインズ(FDA)機が着陸してきました。


正面から


11号機です。

機体は、エンブラエル社 ERJ175です。

フジドリームエアラインズ(FDA)では、エンブラエル社の機を11機保有しているので
最新の機体です。
ちなみに、11機は各機色が違うようです。
11号機は長野県松本市の観光大使のようで、機体に「信州松本」のロゴがあります。

滑走路のさらに奥に見える緑色の畑は、茶畑です。
空港に向かう際の道路わきは一面茶畑でした。



少し待つと、先ほど搭乗手続きをしていたANA機が離陸準備をはじめました。
ボーディングゲートからトーイングカー(航空機牽引車)でプッシュバックしてきました。

ボーイング社の737-881です。

トーバーを取り外す作業中


トーイングカーと機首


飛行機を飛ばすためにはたくさんの人の手が必要と改めて思います。


いよいよ離陸へ


自力で滑走路へ


斜め後ろからの姿


滑走路に入り向きを変え、エンジン音が大きくなりました


金網のレンズ穴の角度から、ここまでが精いっぱいで、機体が浮き上がるところは撮影できませんでした。


ターミナルビルから東側に450m離れたところに石雲院展望デッキというデッキがあるそうです。
そこからだとおそらく、飛び上がる機体をみることができると思われます。


ターミナル2階のタビチャフェという喫茶コーナーで、
プレミアム生クリームソフト「CREMIA~クレミア~」を買って食べてみました。

600円もする高級ソフトクリームです。
アイスが非常にクリーミーで、コーン部分がクッキー生地でした。



この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度 静浜基地航空祭の様子

2017年05月27日 | 飛行機
静浜基地の航空祭に行きました。
前回は、ブルーインパルスの文字通りの青い衝撃を紹介しましたので、
今回は、撮影環境や飛行展示の様子などを紹介します。

ブルーインパルスの展示飛行の様子はこちらでご覧いただけます。


静浜基地は静岡県焼津市にあり、パイロットを育成する飛行教育団が配備されている航空自衛隊の基地です。

航空自衛隊の基地の中で、最も小さい基地です。
そのためいろいろな航空機の展示飛行がありましたが、プロペラの練習機T-7とヘリ以外は、
他の基地からのリモートショーとなります。
ブルーインパルスについても隣の浜松基地からのリモートでした。
そのため、ウォークダウンなどの儀式や離発着も見ることはできません。


撮影ポイントですが、滑走路北側がメインの会場ですが、逆光になるということで南側へ。
基地南側の外周道路の歩道から見るか、基地内で見るか迷いましたが基地内へ。
基地南西の歩行者用入り口に6時半時ごろ到着。

8時ごろから入場できました。

基地内の南側のみ脚立が使用できます。

土手があるので、脚立がないと滑走路が見えません。
東側


45cmの脚立に乗って何とかメイン会場が見えます。


地上展示の航空機


ヘリも展示されています。


ずらっと並んだT-7


土手には草があるので角度によっては邪魔になります。

ゆるい写真も撮れます


なお、ツアーバスが路駐するので、外周道路で見る場合は注意が必要です。



さて、展示飛行する航空機です。

静浜基地の主力の「T-7」


編隊飛行を見せてくれます。


富士山隊形


帰還

T-7は、オープニングフライトを含めると3回プログラムが用意されていました。


F-15

2機による3回の経過飛行のみでした。



RF-4

逆光で


T-4


F-4

着艦用のフックを降ろしています。

KC-767

空中給油機です。


静岡県警のへり

ふじ2号


待ち時間に撮影したゆるい写真


どの機体も基地内南側では真上を通過するため下からの写真が多くなりました。


最後にブルーインパルスを満喫しました。
ブルーインパルスの展示飛行の様子はこちらでご覧いただけます。










この記事をはてなブックマークに追加

ブルーインパルス 静浜基地航空祭2017(ブルーは本当に青い衝撃でした)

2017年05月23日 | 飛行機
静浜基地の航空祭2017に行きました。
今回は、ブルーインパルスを紹介します。


タイトルにもありますが、ブルーインパルスはその名のとおり「青い衝撃」でした。
昨年度からの新課目「フェニックスループ」での光景です。


逆光気味で上昇していく6機


スモークが光の加減からか、青く輝いています。


過去に何度も見ていますが、こんなに青いのは初めてです。


龍のようにも、竜巻のようにも見えます。


このあたりになると青みは少なくなります。


見事なループでした。



その他の写真の紹介です。

若干ピントが甘いです

5番機


もう1枚


フォー・シップ・インバート


そのまま真上を通過


6機そろって記念撮影


天気が良くてスモックが映える日でした


コークスクリューのおわり


6番機


この日も素晴らしい飛行、ありがとうございました。




この記事をはてなブックマークに追加

拉麺一匠 DEAD OR ALIVE(ラーメン・相模原市)

2017年05月14日 | 食べる!
相模原市は、らーめん激戦区らしいです。
相模原市のラーメン屋さんを検索するとたくさんヒットします。

今回紹介するのは「拉麺一匠 DEAD OR ALIVE」です。
JR横浜線の淵野辺駅から5分ほどのところにあります。

相模原市矢部駅にある和食の「一匠」のグループのようです。

外見


メニュー

煮干しそばと朝天麻辣白湯麺がメインです。

煮干しそばを注文
ランチタイムは、煮干し炊き込みごはんがサービスで付くようです。
(食券自動販売機ではなく、席でオーダーするシステムです)

少し待って煮干しそば

注射器がついています。

この写真のほうが実際の色に近いです。

具のチャーシューと筍スライスの下に刻み玉葱が隠れています。

スープは煮干しの香りが広がるマイルドで奥深い味です。
毎日丁寧に一つづつ手作業で頭とはらわたを取り除いている煮干しを使っている
というだけあって、えぐみは全くありません。

注射器に入った自家製魚油(ユイユー)で味の調整ができます。

上の写真にちらっと写っているのは、一口餃子
煮干しタレ付きとあったので食べてみました。

サービスで付いてきた煮干し炊き込みごはん

こちらも煮干しの風味がおいしく広がる美味です。

ペロッと完食


おいしかったです。





この記事をはてなブックマークに追加

浅沼屋(ラーメン・相模原市)

2017年05月13日 | 食べる!
相模原市は、らーめん激戦区らしいです。
相模原市のラーメン屋さんを検索するとたくさんヒットします。

そのうちの1軒「らーめん浅沼屋」に行ってみました。
JR横浜線の淵野辺駅から徒歩10分弱のところにあります。


ビルの1階に入っています。


カウンター席、テーブル席、座敷があります


暑い日だったので「煮干つけ麺」を注文

同じ値段で中盛にもできます。
麺は太目でもっちりとした食感でした。

あっさりとしてそれでいて濃厚な味でした。



浅沼屋から徒歩1分のところにある大勝軒は行列ができていました




この記事をはてなブックマークに追加