パルコン旅行記

☆マイホーム建築への道のりとパルコンでの生活
(番外編を含む第1章~第5章)
☆寄り道日記

お加減はいかがですか?

2017-02-11 04:31:36 | ちょっと寄り道=独り言=
 54歳だった母を亡くした私は、癌の怖さや大変さがそれとなく分かる。
本人の辛さも、家族の辛さも・・・。それぞれの格闘が想像できる。

 私が長男を妊娠し、切迫で入院していた頃、ご近所のお母さん(←他人様)も入院されていた。
「ちょっとね。手術をしたの。」
手術をすると言うことは、それなりの病気が想像できるが、
他には何も仰らなかったので、私はそれから半年くらいして、癌だと知った。

その後、私は出産。
病院が一緒だったこともあり、お見舞いやお祝いにも立ち寄って下さった。
癌になったからには、この後も闘病が続くわけで、
自分こそお見舞いを受ける立場なのに、いつも気遣って下さった。
体調が優れず、愚痴をこぼす姿もよく見たが、
それでも基本的にポジティブで、残された時間を楽しもうと心掛けておられた。


 そして、もうかれこれ4年近くなります。
癌はじわりじわりと進行し、高齢であることも重なって、
最近は、身体に堪える毎日の様です。

それを知りつつ、「このタイミングはどうなんだろう」・・・と心配しながらも、
“ちょっと楽しみな話”を持ってお邪魔をしたところ、
「私はね、この先これ以上良くなる事は無いから、
 今が一番良いタイミングで、今日が一番元気。・・・と思って毎日過ごしているの。」
・・・と仰り、喜んで下さいました。

   今が一番良いタイミング
   今日が一番元気

私が病気だったら、何かにつけ、
「もっと早くに~」「もっと元気な時に~」・・・そう思い兼ねません。

病気で苦しんでいるのに、こうやって相手を気遣い、勇気付けるなんて、
なかなか出来ることでは無いと思います。


 先日、
去年のGW頃に癌が見つかった伯母(一方的だけど基本的に優しい人)に、
「伯母さん、お加減はいかがですか?」・・・と電話をしたら、
「良くないよ。」・・・という即答があり、ちょっと衝撃的でした。

『癌だもん。良くない事くらい分かっているよ・・・』 と。

「お加減はいかが?」・・・なんて、私の声の掛け方が悪かったのかもしれませんが、
「お元気ですか?」・・・でも同じ事でしょうし、どう言えば良かったのか未だに悩みます。

ご近所のお母さんだったら・・・
「うん。ぼちぼちよ。横になってばっかり。」・・・と笑ってお答えになるでしょう。
「いつも気に掛けて下さって、ありがとうございます。」・・・と頭を下げられる事でしょう。

同じ病人でも、病気の受け止め方や心掛け一つで、随分違うモノだな・・・と、考えさせられます。

 
 友達のお母さん(この方も癌)は、2年前にお見舞いに伺った時、
「大丈夫よ。そんな大袈裟なんだから。」・・・と笑っていらしたけれど、
病気だもん。大丈夫なワケ無いですよね。

「大丈夫」・・・は、相手に対する気遣いと思いやり。

置かれた状況はそれぞれですし、色んな方がいらっしゃいますが、
私もいざという時は、「大丈夫よ」「心配しないで」「いつもありがとう」
そんな言葉を返せるような自分でありたいと強く思いました。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年賀状に思う | トップ | もうすぐ春 »
最近の画像もっと見る

ちょっと寄り道=独り言=」カテゴリの最新記事