無心

日記

深川神明宮

2011-05-31 11:37:31 | 日記
ご祭神は天照大御神、伊勢神宮の分霊をおまつりしています


手水舎


深川七福神の一つ・寿老神は、中国道教の神であります。人に延命長寿の福徳を授ける福神として信仰されてきました


布袋尊のまつられている深川稲荷神社は、寛永七年の創立.祭神は宇賀魂命.西大稲荷ともいいます


三年に一度の本祭りでは本社の神輿が巡幸します、その神輿がこの庫内にあります

この記事をはてなブックマークに追加

花園神社例大祭

2011-05-30 21:01:01 | 日記
午前中の雨が上がりカラリと晴れたので、5月28日~5月30日まで例大祭なので出掛けてみたが、今年は蔭の年のため、29日に花園神社氏子.八基の神輿が神社に集合し、連合で明治通り、靖国通り、新宿通りを渡御し終ってしまった


新宿総鎮守として江戸時代に内藤新宿が開かれて以来の、街の守り神として祀られている。当時多くの花が咲き乱れていた花園の跡であることから「花園稲荷神社」と呼ばれるようになったと伝えられる。


社務所も、昨日の台風の影響でお祭りも終わったようで飾りだけで人影もなし


朱塗りの鮮やかな神楽殿は各種劇団による催し物などが定期的に開かれ、新宿の街の文化の一翼も担っている事でも知られている.近頃は消えつつある見世物興行等に、舞台や境内を提供しているそうだ


威徳稲荷神社・男女和合の神様のご利益は、恋愛成就、結婚、子宝などで、多産のシンボルか、狛犬をはじめ、犬の石像がものすごい数あります。 

この記事をはてなブックマークに追加

国立西洋美術館

2011-05-29 18:24:31 | 日記
フランスの建築家ル・コルビュジエが設計した西洋美術館本館を含む世界6ヶ国の建築物について文化庁は28日、世界文化遺産に登録しないよう勧告したと発表した
日本唯一のコルビュジエ作品は世界6ヶ国19の建築物の一つとして、フランスが代表国となって推薦したのに残念です


レンブラント展を開催中の国立西洋美術館(後援 オランダ王国大使館)西洋の美術作品を専門とする美術館です17世紀を代表するオランダ人であり、光の探求や闇の誘惑を終生追求した画家でした


黒い版画・淡い色の紙・キアロスクーロ という三つのテーマを中心にして構成されるこの展覧会は、124作品が展示されています。残念ながら油彩画が非常に少なくほとんどが版画でした


レンブラント・ファン・レイン(石の手摺りにもたれる自画像)
レンブラントは17世紀に活躍し、「光と影の魔術師」「明暗の巨匠」と形容されるオランダの画家。

この記事をはてなブックマークに追加

伊東深水と関根正二

2011-05-28 15:23:28 | 日記
明治31年江東区森下に生まれ,13歳のとき、日本画家の鏑木清方に入門し.深水の号は、師の鏑木清方から与えられ,女性の美しさを生涯にわたって描き続け、日本画界に“美人画”の世界を築きました。最後の浮世絵系美人画家と称され、現在も多くの深水ファンを魅了している


関根正二・明治32年福島県の白河に生まれ、9歳のとき現在の江東区住吉に移り住み.少年時代、小名木川の川遊びで伊東深水と出会い、深水の影響で絵の道に入ることになります。独学で洋画を学び、二科展で樗牛賞も受賞しましたが、20歳の若さで亡くなりました。


美人画といえば”深水”と云われるほどの好評を博した全6巻!日本芸術院賞に輝く代表作をはじめ、まさに美人画全集の決定版です。


関根正二、村山槐多、それに女性の高間筆子を加えてこの3人を「天才芸術のオリオンズ」と呼ばれた、彼らの遺した作品が注目すべき性格をもっていると考えられるからです


伊東深水は、肉筆浮世絵と美人画の代表的な日本画家として大正時代から昭和にかけて活躍した。関根正二は大正時代に彗星のように現れ、世の注目を浴びながら、20才の短い生涯をとじ大正期の天才画家と呼ばれた



この記事をはてなブックマークに追加

つるし飾り

2011-05-27 11:16:55 | 日記
都営大江戸線、森下駅の改札を出た壁に飾られたモニュメント



ちりめん細工は、日本の着物の材料を使い、江戸時代から縫い継がれてきた伝統手芸です。


毎回作品を作って1年を通して学ぶことで、一つ一つの作品が吊るし飾りとなります


良く見ると、きめ細やかで大変な手作業で.これだけ沢山並ぶと豪華絢爛です

この記事をはてなブックマークに追加