エンタテイメントを見つめたい

エンタテイメントな日々を考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次はアルファブロガーが選べ

2005年02月06日 | デジタルコンテンツ
 日本のアルファブロガーを探せなる発表があったので覗きに行ったのだが何だか肩透かしというか選出されたブログはほとんど既知のもので新鮮味が無いではないか、という考え方が間違いと分かったのはアルファブロガーの意味を知った後だった。簡単にいえば影響力のあるブログを書く人らしいのだが、ということはアルファブロガーに選出されたブロガーは既に人気と知名度が高いため新鮮味うんぬんの問題ではないのだ。逆にいえば「まあ、順当だね」くらいの感想しか湧かず特に面白いわけでもない(選出されたブログが面白くないという意味ではない)。

 それじゃ順当ではない新鮮で面白いブログはどうやって見つけれられるのかと思っていたら「輝く! 日本ブログ大賞 2005」というのがあった。それこそ無数にあるブログには物凄く面白いものが埋もれているはずなのでそういった掘り出し物が発見されれば嬉しいのだが、この類の選考会で問題となるのは誰が選ぶのかということだ。フツーの人がフツーに選んでもそれはそれでいいかもしれないが何だかなという結果になる可能性が高い。

 そこでさらに面白いブログ発掘を目指しアルファブロガーが選考委員の賞を催してもらいたい。公募して選出するもいいし彼らが愛読するブログの紹介でもいいだろう。どこの誰だか知らない人が勝手に選ぶより「アルファブロガーが選ぶ!」の方が遥かに期待できるし「信憑性」も高い。独自の色を持つ彼らがそれこそアルファブロガー並みの影響力があるブログを教えれくれれば読者として非常に嬉しいしそうやって「アルファブロガーの輪」が広がれば何だか楽しそうじゃないっすか。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週のエンタテイメント雑感... | トップ | 新たな輸出産業へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アルファブロガー (土井英司のベストセラー情報局)
最近、知り合いが本を出しました。『アルファブロガー』というタイトルで、よく売れているようです。編集を担当したのは、翔泳社を代表する敏腕編集者で、マニアックかつこだわりの編集で定評のあるMさんです。かつてベストセラーとなった、FreeBSDの定番解説書も、Mさ...