芳川紙業株式会社<公式>ブログ

兵庫県川西市の芳川紙業株式会社の公式ブログです。事例紹介とともに、会社のご紹介をしていきます。

【事例紹介】ツリー(詳細編5)

2018-11-09 11:40:26 | 日記
大きいのを作れば、小さいのも作る!ということで、小さいサイズも、同じような構造で作りました。l





小さいサイズは、ワークショップなどでとても人気があります。

基本的な構造は同じですが、天頂の星がなかったり土台部分の形状が違ってたりします。貼りの箇所をなくしています。

塗ったり、100均等で売っているオーナメントを活用すれば、オリジナルの楽しいツリーが簡単に出来ます。

取説があるので、小さなお子さんも作れます。

組立より、塗ったりデコレーションするのに熱中です。

お問い合わせはお気軽に。


ダンボール素材の企画・設計・製造はお気軽に
-----------------------------------------
芳川紙業株式会社
〒666-0025
兵庫県川西市加茂6-103-4
TEL:072-759-6946
FAX:072-759-7647
sugawa@e-yoshikawa.co.jp
-----------------------------------------
コメント

【事例紹介】ツリー(詳細編4)

2018-11-07 13:31:49 | 日記
このツリーの構造的に弱いところは、やはり棚板部分です。

棚板は円形ですが、構造状外側からスリット(切り込み)が入っています。

なので、特に棚板の外側に大きな荷重がかかると、折れ曲がることもあります。

実は、これでクレームになったことがあります。

その時は、大きなツリーでしたので、棚板を2枚重ねにしたのですが、耐えきれず一番下の棚板が折れる事態になってしまいました。

店頭の置いていただいていたのですが、安全のため撤去になりました。

棚に置いたものの荷重より、店頭に置いていたので何かの拍子に当たったりしたことも一因ではないかとのことでしたが、そういうことも起こりうると想定して設計しておくべきでした。

そのようなことがあり、段目を変えて重ねるのはもちろんですが、別パーツを追加して一層の補強を図ったり、全体的な構造の微調整をしています。

より満足いただけるように、改良改善を図っていきたいと思います。



ご参考まで。
コメント

【事例紹介】ツリー(詳細編3)

2018-11-06 09:17:09 | 日記
これはツリー自体の高さが1.9mになるツリーです。

圧倒的な注目力で、イベントや店頭などでよく使われています。



これだけ大きなダンボールシートはなかなかないので、幹の部分は継いで大きくしています。

つなぎ目が分かりにくい場所で、きれいにつなぎます。

繋ぐのは、弊社で致しますが、組立自体は、小さいタイプと同じです。

また棚板も、3重にしたり、強度のある素材を加えたりして、大きくなればそれだけ折れたりしやすいので、強度アップに努めています。


ダンボール素材の企画・設計・製造はお気軽に
-----------------------------------------
芳川紙業株式会社
〒666-0025
兵庫県川西市加茂6-103-4
TEL:072-759-6946
FAX:072-759-7647
sugawa@e-yoshikawa.co.jp
-----------------------------------------
コメント

【事例紹介】ツリー(詳細編3)

2018-11-05 13:28:25 | 日記
棚板は円形で、幹の部分で4分割されています。



幹の部分にも立てかけて商品を陳列すると、向きが正面向かなかったり、正面向かせようとすると倒れやすくなったりします。

このため背面板というパーツをつけて、陳列しやすくしました。

ツリーの中に、もう一つツリーがあるようにも見えます。



棚板に穴を開けて差し込んで外れにくいようにしています。

色は、画像のものは目立たせるために白にしましたが、緑でもいいです。


ダンボール素材の企画・設計・製造はお気軽に
-----------------------------------------
芳川紙業株式会社
〒666-0025
兵庫県川西市加茂6-103-4
TEL:072-759-6946
FAX:072-759-7647
sugawa@e-yoshikawa.co.jp
-----------------------------------------
コメント

【事例紹介】ツリー(詳細編2)

2018-11-02 09:47:01 | 日記
最初は、得意先経由で「フェリシモ」のカタログ通販に載せていただきました。

そのことをブログなどに載せていたら、北海道の有名製菓メーカー様からメールがきました。

その時のメールが、「いっぱい探しました」「出会えてよかった!」「ありがとうございます」ととても熱いメールをいただき、とてもうれしかったです。

そして、クリスマスシーズンに北海道をはじめたくさん使用していただきました。





高さが出るディスプレイとして、おしゃれに使われていました。感激です。

ちなみに、幹の部分はそこの包装紙を貼られています。

ダンボールツリーの第2の創業と思っています。


ダンボール素材の企画・設計・製造はお気軽に
-----------------------------------------
芳川紙業株式会社
〒666-0025
兵庫県川西市加茂6-103-4
TEL:072-759-6946
FAX:072-759-7647
sugawa@e-yoshikawa.co.jp
-----------------------------------------

コメント