夜泣きじじいのヘタレBlog

ここの記載内容を利用するときは、自己責任でお願いします。
記載に問題があった場合には、削除しますのでご連絡ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vista:HDDのファイルを完全に削除する

2008-05-02 21:05:28 | Vista:環境設定関連
Vista:HDDのファイルを完全に削除する

Windows XP/VistaでHDDのフォーマットをしても、論理フォーマット(HDDのファイル管理情報のみの削除)が行われるだけで、ファイルは完全に削除されない。
復元ソフトなどでファイルを復元できないように、完全に削除したいときは、「コマンドプロンプト」より「cipher /w」のコマンドを利用する。
(Windows XPではProfessionalバージョンに限る)


注:このコマンドを利用するときの条件
1.HDDがNTFSフォーマットされているものに限る
2.空き容量のみ削除される
3.基本的に、常駐プログラム等が停止している状態で行う(ex.セーフモード)


コマンドのオプション
cipher /w:(ディレクトリ名)

ex.Cドライブの空き領域のデータ消去であれば
cipher /w:c:
と入力する。

実行されると、データ消去(実際には上書き)のため、3回書き込みが行われる。
「0x00に書き込み中」(0を書き込む)
    ↓
「0xFFに書き込み中」(1を書き込む)
    ↓
「乱数に書き込み中」(乱数を書き込む)
    ↓
    終了

空き領域によって、掛かる時間は異なる。
また、動作中は「.」が増えていくことで、その経過が表され、終了しても何も表示されない。
実際の画面

備考1:システムドライブでもこの操作はできた。

備考2:HDDのクイックフォーマットと通常のフォーマットの違い
クイックフォーマット:論理フォーマットのみ(管理情報のみの削除)
通常のフォーマット:論理フォーマット+ディスクチェック(管理情報の削除+不良箇所のチェック)


フロッピーディスクの場合:
クイックフォーマット:論理フォーマット
通常のフォーマット:物理フォーマット


備考3:関係があるのか分からないが、とりあえず載せておきます。
Cipher.exe ユーティリティは、 Windows Vista Service Pack 1 またはWindows Server 2008を実行しているコンピュータでシステム ページファイル(Pagefile.sys)の暗号化ステータスを正しく検出しません。(MS文書番号:950504)
『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Vista:Ultimate:SP1(全言語用... | トップ | XP/Vista/W7:起動時に毎回チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Vista:環境設定関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事