真相世界(The truth world)

作品紹介

蕨谷哲雄作品集
 

 この作品は、自分らは事実を極端に誇張したり改竄したり捏造したりしてしつこく虚偽を喧伝するくせに、自身の不正事実を少しでも批判されると「差別・誹謗・中傷」などと曲解して大騒ぎし言論封殺を企てる圧力組織の実態や、それに荷担する大手新聞社の偏向報道ぶりを描いたパロディ作品です。
   内容は全てフィクションであり、事実とは一切関係ありませんが、不正を働く公的機関や圧力組織に対するアイロニーは含まれています。

 歴史ある曰笨の新聞社でありながら、エリアン人工作員に乗っ取られ、反曰洗脳活動を続ける売国新聞に成り下がってしまった悲惨な実態を描いた小説。
  そのタヒ新聞を占拠したエリアン人工作員も超大国迷国の諜報機関であるC1Aの指令で動く奴隷だった。
   Diekneezee大戦で迷国に敗北した曰笨は、形式的には独立したものの、迷国による間接的な支配を受け続けている。
   迷国は曰笨人の独立心を奪う目的で政財官や報道機関にエリアン人工作員を送り込み、洗脳工作を続けている。

 
 
 

  私たちは多くの情報を報道機関から得ています。
  報道機関が公正であったならば問題ないのですが、不正があった場合どうなる  でしょうか?
  私たちの行動は得られた情報をもとに決定されます。
  報道が事実を伝える保証はありません。
  太平洋戦争時の大本営発表などがその一例です。
  まやかしの報道は最後に破綻します。
  その時になって、大衆は現実と虚構の差に驚き狼狽します。
 民主主義を標榜している現代においても、国家間では同じ情報であっても、その報道姿勢に差異が見られます。
  報道姿勢にはその国の民度が反映されており、民度が低い国ほど歪められた情報に晒されることになります。
  それでは、日本の民度はどの程度でしょうか? 残念ながら、先進国を自称している割には、高いものではありません。
「衣食足りて礼節を知る」の格言通り国民所得の高い国ほど民度も高くなりますが、日本の場合は部分的に当てはまらない事象があります。

  日本人は勤勉で礼儀正しく親切で清潔感を大事にする国民として知られています。

  近隣国との比較ではその通りなのですが、民度を構成する必須要素に欠陥があります。
  それは「独立心」です。
  現在の日本は独立国とは言えない状況です。
  多くの日本人は内心気付いているものの、現在の「そこそこの暮らしぶり」に妥協して、その事実に見て見ぬ振りをしています。

真相世界第1巻 2005年編

知れば知るほど厭になる 韓国問題123

 

   本文中で使用している「朝鮮」表記について、南朝鮮(韓国)の一部でこの名称に反発する動きがあることは承知していますが、南朝鮮最大の新聞が「朝鮮」の表現を使用していることから、朝鮮半島全体の呼称として「朝鮮」を使用するのは当然と認識しています。

 朝鮮は南北2つの国が存在するので、区別するために本書では「北朝鮮」「南朝鮮」を採用しました。

 更に漢字が連続する場合は「北鮮人」「南鮮政府」などと短縮表現します。

 同じく「中国(中華人民共和国)」という表現も、日本の「中国地方」や「中華民国(台湾)」と区別するために英語表記に近い「支那」を採用しました。

 南鮮内の一部の勢力に気兼ねして「コリア」「コリアン」などと片仮名英語でごまかしている在日系メディアも存在しますが、感心しない風潮です。

 朝鮮が日本に要求してくるものには難癖が多いので、不当な要求を無条件で受け入れてしまうような対応はかえって両国間を不幸にします。

 劣情による理不尽な要求には毅然(きぜん)とした態度で臨むことが、結果的に増長した相手への忠告になるのです。

 朝鮮語の言語構造は、身分の上下を意識する「不平等な待遇表現」を基調としており、平等性を重視する現代の感覚から外れています。

 更に、朝鮮は不幸な歴史環境によって、歪(ゆが)められた形で儒教の悪影響を受けているために、朝鮮人の中には主要メディアの執筆者であっても、公正で客観的に表現できない者が多く、そのため朝鮮紙の記事の中でも、日本語に訳すと相手を見下した非礼で幼児的表現が散見されます。

 このような朝鮮紙の文章表現とのバランスを取るために、本書では朝鮮紙の礼節を欠いた主観的論調に対して「不平等な待遇表現」を使用して批判していますので御了解ください。

 

    以前は鉱石専門店でしか入手できなかったパワーストーンですが、現在ではパワーストーンを扱うアクセサリー店も増え、ネット通販でも手軽に入手できるようになりました。
「宝石(貴石・半貴石)」というのも気になります。

   この分類についてはいろいろな解釈があります。
「ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルド・アレキサンドライト・天然真珠・キャッツアイが宝石で、それ以外は貴石か半貴石」という説が有力ですが、ルビーにしてもグレードによって数億円から数百円までの差があります。
 合成宝石も登場して、宝石の価値はますます複雑怪奇になりました。
 以前、真珠は高価な宝石だったのですが、養殖真珠が登場して価格が暴落しました。
   アレキサンドライトは近代になって発見された新参者です。
   タンザナイトは20世紀の半ばに発見されました。

   こんな新しい石でもパワーストーン販売業者はウェブサイトで「タンザナイトは、自然界とその精霊達をもあやつれる魔法使いのような存在です」などと紹介しています。
 Wikipediaでも「疑似科学かオカルトのようなもの」と説明していますが、タンザナイトの効能を謳ったウェブサイトは何を考えているのでしょうか?
 パワーストーンのウェブサイトも隈無く見聞するとピンからキリまであり、パワーストーンを本気で愛好する熱烈なスピリチュアリストだったり、商魂たくましい輸入鉱石業者だったり、宝石店の拡大戦略だったり、詐欺サイトだったりします。
 パワーストーンをどこから買おうと自由ですが、法外な値段でくず石を売ったり、表示価格とは別に高額の配送料など請求したりするサイトには警戒してください。
 宝石の価値は鉱石の種類よりも品質とサイズと希少性で決まります。
 パワーストーンは宝石である必要はありません。
   同じ種類の石でも2桁も3桁も違う値段が付いている場合がザラです。
   購入する際には無理のない値段の石を選びましょう。

 
 
aiueo

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の世界的流行で免疫力に対する関心が高まりました。
 COVID-19に感染した場合、有効な治療法がない現状では、生死を分けるのは個人の免疫力であることが判明したからです。

 免疫力はCOVID-19に限らず、未知の感染症にかかった場合や、生活習慣病、成人病、難病などあらゆる病気に対して重要な役割を果たします。
 病気にかからなくても、日々の健康を維持するために免疫力の強化が望まれます。
 言うまでもなく、免疫力は高いに越したことはないのですが、高めるにはどうしたらよいか?
 免疫力を高める方法は簡単でありなおかつ非常に難しい。
 矛盾した表現ですが、免疫力は単純ではないのでこのような表現になります。
 免疫力を高める方法は無数にあります。
 また個人によって免疫力はそれぞれ特徴があります。
 同じやり方をしても人によって効果に差があるということです。
 極端な場合、ある人には有効な方法でも、別の人には有害になってしまうこともあります。
 
 自分に合った最良の免疫強化法を見つける。
 その手助けをするために本書では108の免疫強化法を厳選して紹介します。
 個人の体質や性別や年齢条件や環境や趣味はそれぞれ異なります。
 まずはすぐ実行できる簡単な免疫強化法からはじめ、慣れたら徐々にレベル強化させていくことが大切です。

 本書の構成は難易度の低い順に免疫強化法を紹介しています。
 自分にできそうだったら実戦してみてください。
 もちろん、同時に複数の方法を実践することもできます。

 

緊急事態宣言対応 やられる前に殺せ! ウイルス撃退マニュアル COVID-19

厚労省も推奨する新型コロナウイルス感染対策をわかりやすく解説 

 
 この本ではパンデミックが心配される新型コロナウイルス対策を中心に、ウイルス防疫のための基本的知識と簡単で確実な予防法を紹介します。
 記事の内容は厚生労働省のホームページで公開されている基本情報を中心に解りやすく説明したものです。
また、最新の治療薬についても解説しています。
 治療薬やワクチンの開発が待ち望まれる状況ですが、どの治療薬にも重篤な副作用があります。
 複数の治療薬を併用すると、治療どころか副作用で死に至るリスクがある事実も詳解します。
 また、世間を騒がせたダイアモンドプリンセス号事件の実態についても解析し、何故船内でパンデミックが発生したのか、そのメカニズムも解説します。
 
 
 
  
 
 
 北朝鮮は第二次世界大戦後ソ連の勢力下に組み込まれた。

 金日成はソ連の工作員だった。

 しかし、その後ソ連が崩壊し、後ろ盾がなくなった金日成は中国のトウ小平から主権の割譲を要求され、切羽詰まって旧知の関係だった統一教会教祖文鮮明の伝手で米国に身売りする決意をした。

 プロレスが大好きな米国は北朝鮮をヒール役国家として活用することを思いつき、北朝鮮の保護を密約し、属国の日本に命じて北朝鮮の支援をするように命令した。

 日本は北朝鮮がソ連の属国だったころから米ソ密約によって北朝鮮に対して国土を開放し、支援をしていた。

 日本人が団結して米国支配から脱出するのを防ぐために、米国は朝鮮人やその成りすましを日本の政財界マスコミに送り込み、日本人を貶めていたのである。
 
 
 

日本大没落史

1999年郵政民営化で日本の滅亡が始まった!
 
  1999年郵政民営化で日本の滅亡が始まった!
 
 この国民にしてこの政府あり!
 不正政治を許しているのは情弱の国民性です 。
 政財官要人を朝鮮人に成りすまさせる米国の日本仕置き 少子化・移民推進による2100年日本人完全抹殺計画の邪悪な陰謀 真相を知り、日本を救済する方策はあるか?
 
 
 
 
 
 
 
 小泉政権末期の世相
 
2005年(平成17年)12月18日~2006年(平成18年)3月10日
 
 
 
 
 
 
 
 インドで入滅後2500年の時を経てゴータマ・シッダールタは五珠下龍太として日本に転生しやくざになった。
 
 時は昭和の暗黒時代で、国内では愚劣な政争が渦巻き、世界は核戦争による滅亡の危機にあった。
 
 ゴータマ・シッダールタは再度人類を救済すべく立ち上がった。

 

 

 

営業で勝つビジネス敬語楽天
 ビジネスは、個人でも会社でも、人とのつき合いです。自分の気持ちはことばで相手に伝わります。そのとき大切な働きをするのが敬語です。敬語の使いかたは、相手に与えるイメージを大きく変えてしまいます。
 敬語がへたで、得をするケースはほとんどありません。敬語の使いかたがへたな人は、相手から「頭が悪い人物」と評価されます。そう思われると、ほとんどの場合は営業で損をしてしまいます。
 社内の人間関係でも、敬語の働きは重要です。正しい敬語を話せない社員は、上司から低い評価をもらってしまいます。 
 同僚とくらべて同じくらいの営業成績の場合はどうでしょうか?
 上司のひいきの違いが、そのまま社内での待遇の違いになってしまいます。このように、敬語は営業する上での必須技術です。
 しかし、敬語はほかの技術にくらべて、新しく覚える知識がそれほど多くありません。
 つまり、手っ取り早く学べる技術なのです。
 外国語を覚える場合とくらべてみましょう。敬語は、すでに知っていたり実際に使ったりしていることばの組み合わせです。新たに覚えなければならないことばや、文法はそれほど多くありません。短い時間で覚えられるので、敬語力を上げることは簡単です。
 営業力を上げるための即戦力になるのです。

 
 

マインドフルネスによる免疫力アップで若返り

 

chakuraRakuten シューマン共振とクラドニ図形解析法によるマインドフルネス瞑想法の解説本です。
 
 マインドフルネス研究が解明した免疫力向上と老化予防・若返りの方法を初めて瞑想する人でも簡単に実行できるように工夫しました。

 マインドフルネスは瞑想の宗教的要素を排除し、瞑想を科学的に研究する目的で開発されました。
 現在も様々な研究機関でこの取り組みがなされています。
 この本ではインドで発見され理論体系化された「チャクラ」をマインドフルネスの観点で研究しましたが、宗教的要素やオカルト的内容は一切含みません。





三十年後人類は不老不死になり神へ進化する

神になるための方法論Raakuten2 
 一昔前ならSF小説に出てくるような話が、コンピュータ技術と脳科学の進歩によって現実味を帯びてきました。
 人工知能(AI)に過去の人物の情報を入力することによって、その人物の精神回路復元が可能になりましたが、これを現在生きている人間で行った場合、より正確なデータの入力が可能です。
 この機能は既に実用化されており、経営者が自分の情報をAIに入力しておきます。
 するとAIが経営者と同じ判断をするので、社員はいちいち経営者にお伺いを立てなくても、AIにアクセスすれば決済を貰えるシステムです。
 人間の精神そのものが脳細胞間の電気信号である事象も解明しているので、近未来的には脳細胞とコンピュータを連結させる技術も可能になります。
 人間の本質は「我思うゆえに我あり」ですから、精神そのものと判断できますが、コンピュータに精神を移乗させる技術も可能になります。
人間の脳が一生で消費するメモリーは数テラバイトと言われています。
 現在のパソコン用記憶装置の性能でしたら、個人一生分のデータを保存することは容易な技術です。
  コンピュータと脳細胞が連動していれば、脳細胞が死滅してもコンピュータ内に精神は残ります。
 脳梗塞などで脳の一部が欠損しても精神は消滅しません。人工的であっても脳機能が拡張すれば精神自身も拡張した結果になります。
 肉体的な脳が完全に消滅した場合でも、コンピュータ内の精神は死を自覚しないで意識としてそのまま継続されます。
 視覚や聴覚、味覚などは機械で代替できるので、むしろ肉体の時よりも鋭敏になるでしょう。サイボーグ技術も進歩しているので、外見上生前と同様かそれ以上の身体を獲得することも可能になります。
 この状態は「不老不死」であり、「神」としての最低条件を備えたことになります。
 このような「精神」の存在は、古来「霊」と呼んでいます。
 つまり「霊」とは精神そのものなのです。「神霊」という言葉があるように、「神」と「霊」との間に明確な境界はありません。
 
 以前は肉体を伴わない霊の存在は不可能と考えられていましたが、コンピュータの出現により可能になりました。
 しかし、これはあくまでも近未来の話で、現状ではまだ到達の域にはありません。
 高性能のコンピュータと霊の構築を可能にする優れたソフトウエアが開発されたとしても、「神」になれる人は当初はごく僅かでしょう。
 初期の費用は軽く数百億円を超える場合も予測されます。民間人の月観光旅行費用と似たような関係です。それでも数十年後には大衆化されます。
 幾ら数十年後とはいえ、霊が自由に支配できる実体(肉体)を求めた場合、全てが機械で代替してもやはり数百億円の費用はかかりそうです。
 より生体に近いクローン移植の場合は更に高額になりそうです。
 しかし、無理して実体を持つ必要はないかもしれません。身体をサイバー空間でのアバターにすれば、格安になり、それならば費用も乗用車並みの値段に下がるでしょう。
 現在でもメタバースのようなサイバー空間が用意されますが、近未来のそれは従来の視覚聴覚だけではなく、全ての感覚を装備しているので、食事もセックスも可能になります。
 アバター化した「サイバー霊」は宇宙旅行も格安にします。宇宙旅行でのコストは宇宙船の質量によって決定するので、肉体がなければ大幅な縮小が可能になるからです。
「神」の大衆化は地球文明そのものを大幅に変容させてしまう事態になるでしょう。
 幾ら不老不死になっても、実体を伴わなければ一兆人に増えようが余裕で収容可能です。
 近未来で霊体化した人類はクローン移植した超エリート層と機械体のエリート層、サイバー空間に収容された一般大衆に三分化されそうです。
 そのような社会では自然の肉体を持ったままの人間が生殖行為をするか予測できません。生殖行為を伴わなくても自分の子供を作れるからです。
 スピリチュアリズムや一部の宗教で「霊の融合」という概念があり、死後に霊が進化し他の霊と融合すると言う考えですが、サイバー霊がコンピュータ上に構築されれば、「霊の融合」は簡単に実現します。
 これらのサイバー融合霊が宇宙に拡散することも容易で、「サイバー宇宙霊」が出現するようになります。
 ところで、このようなプロセスが地球以外の場所で過去に実現していたらどうなるでしょうか?

 
 2017年~2100年 世界と日本 予定された269の未来
 
miraiki2100A  2017年~2100年の話題を集めてみました。

  2020年の予言を一つ紹介します。 

 ≪イルカの予言 韓国の中学教師が見た世界≫

 天の意思を先に言うのがはばかられ、これまで口を閉ざしてきたが、イルカが日本の運命を言ってくれたので、筆者も天の意思を解いて日本人に伝える。
「日本は滅びる!」  
 日本が滅びる理由は数え切れないほど多い。≫






 

 
 
最終氷河期から三皇五帝まで
 
joukan 構想16年の大作です。20年前に主要部分が完成し、一部は公開していたのですが、出版社と最終的な折り合いがつかず、全面公開はしませんでした。 
 その後、新事実が次々に発見されたので、本作品の内容も旧作を大幅に改訂しました。

 内容は韓国人もビックリの日本起源説ですが、縄文土器が世界最古の土器であることや沖縄の海底に海中遺跡らしきものがあることなど、全く根拠がないわけではありません。

 ムー大陸やアトランティス大陸の水没などの話はいかにもホラ話のような印象を与えますが、氷河時代は現在よりも海水面が200メートル低かったので、間氷期になって大洪水が発生するのは当たり前です。



 
 
高天原から豊葦原瑞穂国まで

chuukan
 この巻になってやっと日本の話になります。
古文書を参照にして話を組み立てましたが、大和王権はやはり外部から日本列島に侵入したと考えるべきですね。  

 どのあたりかは、だいたい見当がつくとは思いますが……。

 大和王権が侵入した時点で、日本列島にはどのような勢力が存在したのか?
 教科書的には縄文人と弥生人ということになりますが、非常に雑でいい加減な分類です。当時の社会の実態は大したことが判明していません。
 
 弥生人は基本的に中国からの難民でしょう。当時中国は戦国時代でずっとドンパチやってましたから、一国が滅んだら大勢の難民が発生したと思われます。

  
 
 
 
浦島太郎から藤原不比等まで

gekan 本作品は歴史史料をもとに構築されていますが、基本的には小説です。史実を重視して作品構成してますが、不明な箇所は推論によって補われています。
 
 古事記の中には大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)の娘「迦具夜比売命」という女性が出てきます。
 垂仁天皇の時代の話ですが、この天皇を調べてみると、なかなか面白い天皇で、何と浦島太郎とも関係しています。

 おとぎ話製造機みたいな天皇ですが、この天皇は実在していた可能性が高いの で、迦具夜比売や浦島太郎も実在が考えられます。しかし、実際に当時の人間が月とか海中の竜宮などに移動することはあり得ないので、現実にそれに類するよ うな場所はどこなのかを推察してみるの も一興でしょう。 


 
 
ヴィマラキールティ  スートラ   驚異の宇宙論

 
悟り2 この作品の種本は維摩経という経典です。

 この経典は原本が小説仕立てで、内容も仏典にしてはさほど難解ではないので 昔から一般人にも愛読されていました。

 日本で最初に翻訳したのは聖徳太子という説もあります。

 聖徳太子の実在性も問われていますが、私は実在したと考えています。

 その詳細については日本超古代 史研究をご笑覧ください。 

 私が維摩経に興味を持ったのは、ここで語られている世界観が銀河系のサイズと偶然一致していたからです。

 大乗仏典なのでいろいろな仏が出てきます。
 
 

 仏=宇宙人というと何か安っぽいSFになってしまいますが、 仏性=宇宙法則と理解すればどうでしょうか?

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

パナマ文書
ホラッチョ安倍
安倍首相「TPP断固反対と言ったことは1回もございません」→国内外にばっちり言っていました
http://buzzap.jp/news/20160407-tpp-dankohantai/
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「こだわらない一品」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事