TOY-TORCHA

55歳のお父ちゃんと、娘のみんみ12歳の、「つまらなくって、何の役にも立たない」と大評判の馬鹿まる出しブログ。

父ちゃんは怒っている!  NHKの放送倫理を問う

2019-11-12 15:43:43 | 宇宙の戦士
先日、NHKの朝の番組に家事の専門家という女の人が
出演して、台所のシンクの洗い方を説明してくれました。

うちのママも、台所の後始末にはうるさい人なんですが、
その人はプロですから、うるささもプロ級で、
洗ったシンクの内側に、水滴を残してはいけないと
おっしゃってました。

父ちゃんは、あまりテレビを見ませんが、
歯磨き粉の宣伝を見れば歯を磨きたくなり、
そのあとで、チョコの宣伝を見ればチョコが
食べたくなるような素直な人物なので、
そんなのを見ればさっそく水滴を拭きたくなるわけです。

ところがその晩、
テレビの人に教わった通りに小さくたたんだ布巾で
水滴を拭きあげてみてから気づきましたが、
その布巾が吸い込んだ水は、どうすりゃいいのでしょう?

しゃくぜんとしないまま真ん中の穴めがけて
そおっと絞りましたが、今度は布巾を洗えない事にも
気づいてしまいました。

さらに、気づけば手を洗うことだってできない!


ばあちゃんをデイサービスに送り出す準備の合間に
見てただけだから、父ちゃんがテレビの前を離れたすきに、
「布巾の後始末は洗面所でやりましょう」とかの説明が
あったのかもしれませんが、洗面所は水滴だらけでいいのか!?
という疑問は残ります。

で、仕上げに蛇口を拭こうと思ったら、
そっと手を添えただけの蛇口から水がポタタタタ……。

ぜんぶ台無し。

もうちょっと丁寧に教えてくれるか、余計な世話やくのは
やめるか、どちらかにしていただきたい。




コメント (5)

「衣替え」    改め「世迷い言」

2019-11-06 20:00:13 | 日記
寒くなって来たので一週間同じパーカーを
着ていたら、ポッケの上の所に出来た油じみが
取れなくなっていました。

ソースをべったりかけたコロッケのシミです。

よく食べ物をこぼすという子供のころからの癖が、
中年になっても治らないので、こぼれたものが
腹の出っ張って来たところに乗っかりやすく、
Tシャツみたいにマメに洗濯しない衣類には、
取れないシミが出来やすいようです。

でも歳をとって精神的にパワーアップしたので、
そういうのがあんまり恥ずかしくなくなってきましたね。

ご飯粒を乗せたまま庭をうろうろしていたら、
小鳥がやって来て腹にとまったりしないかなあ、
そうしたらラピュタのロボットになったみたいで
嬉しいだろうなあと思います。

それで、本当のおじいさんになる頃までには
医療技術が発展して、目からレーザービームが
出るようにしてもらえたらもっと嬉しいなあ。
手術が痛いんだったら嫌だけど……。

でも歳をとると、背中がまあるくなるので、
腹に落ちた揚げ物をいち早く発見できるように
なりますね。
すぐ取り除けばシミにならないかもしれませんから
背中がまるくなるのも悪くありませんね。

もその頃には、もっともっとパワーアップしてて
シミどころか開けっ放しのズボンのチャックから
シャツのすそがべろべろーってなっててもへっちゃら
かもしれないですね。

無敵ですよ。


最初、タイトルのところに「衣替え」って書いたんですけど、
書き進めるうちにだんだんなにがなんだかわからない
記事になってしまいました。 すみません。






コメント (7)

いじめのニュース

2019-10-27 23:48:17 | 日記
「何故いじめはなくならないのか!?」
って、利口ぶったテレビの人達がしゃべってましたけど、
たのしいからなんじゃないですか?

駄目な人や変わった人を見つけて、
みんなで一致団結してやっつけるんだから
苦労せずに優越感に浸れる娯楽ですよ、
もっと面白いことが見つかるまでは、
なくならないです。

テレビの人達だって、よってたかって
カレーを目に入れた人をつるし上げて……、
あれもりっぱないじめです。
(怒って見せてたけどたのしそうだったでしょ?)

テレビを観てる我々も、そうだそうだもっと言ってやれ、
って思ってるわけだから、いじめの傍観者なんだけど、
「常識」とか「社会正義」とかを味方につけて
自分たちは正しい主張をしていると
思い込んでいられるわけです。

学校という閉じた空間だけでしか通用しない
「常識」や「正義」を基準にいじめをした人を、
学校よりはちょっと広い場所の「常識」と「正義」
で裁いて、また別のいじめが行われているわけですね。

テレビは、うんと馬鹿な人の為の娯楽なんだから
それでいいんですけど、うんと馬鹿な人たちが、
どーしょもないほど馬鹿な人をいじめながら、
「いじめをなくせ!」ってのはくだらなすぎますね。

テレビを観る暇があったら、父ちゃんのブログを読みましょう!



父ちゃんのブログは、ちょっと馬鹿な人が読むブログです。
(自称)利口な人は、読んではいけません。
記事の内容に文句があっても、ちょっと馬鹿なんだから勘弁してね。








コメント (2)

カーナビを買ったんですけど

2019-10-14 14:33:06 | 日記
カーナビを買ったんですけど、
取り付け方がわかりません。

お向かいの家の、メカに強いおじさんが買って
来たのと同じやつを、まねして買ったんですけど、
取り付け方はまねできないんですよ。

なぜかというと、車の形が違うからで、
同じところにつけようとすると、
そこは助手席のエアバックのフタなんです。

父ちゃんはメカにものすごく弱いので、
よくわかりませんけど、エアバックが膨らんだ時、
フタは、どうなるんでしょうか?

車がゴツンてぶつかって、エアバックがボワってふくらんで、
フタが顔にスッコーンってゆー設計ではないんでしょうけど、
なんか、もし、ナビのカドのところがおでこに当たったら
痛そうじゃないですか?


雨が上がったら、おじさんに相談してこようと
思ってますが、それでも名案が浮かばなかったら、
助手にはヘルメット着用を義務付けねばなりません。

ラリーかよ。


コメント (14)

人生いろいろ。

2019-10-13 13:30:16 | 日記
父ちゃんの住んでる辺りでは、どーって事のない台風でしたが、
テレビで見たらえらい目にあってる人がたくさんいたんで、
びっくりしました。

ブログのフォロワーさんの所をパトロールしてまいりましたが、
「瓦が当たって死にかけています」みたいな記事はありませんでした。
まめに更新してる人で、本日分の更新がない人が何人かいらっしゃいますが、
どーかご無事で。

父ちゃんが、うろうろと近所の台風被害見物してる間に玉才さんが、
ロボットをかっこよくしてくれてました。
お疲れ様です。











コメント

情報弱者父ちゃん。

2019-10-12 17:48:44 | 日記
東京の家のママから電話がありました。
早口でいろいろしゃべりまくってかってに切れましたが、
要するに、「台風だ、大変だ。」
という内容です。

台風なんか今までにもいっぱいあったし、
そもそも単なる風と水です。

猛烈に臭い屁が吹き荒れて、糞や小便が飛んで来る
んじゃないんだからへーきだと思うんですけど、
余計なこと言うと怒られるので、黙ってました。

ママは、今までに無かった規模なのだ!と言って、
緊張を強いるわけですが、
消費税の8円が10円になったときみたいなコトなので、
たぶん大丈夫です。

さっきスーパーに行くとき、すごいスピードの車と
すれ違ったんですよ、君が運転してるのは船かい?
みたいな水しぶき上げてて……。
台風であわてて家に帰りたい人なのかなあって思いましたけど、
ああいう人の方が、台風そのものよりよっぽど危険ですからね。
皆さんも、慌てふためくバカのせいで、
余計な事故に巻き込まれないようお気をつけください。

父ちゃんは今から「ゴジラ」を見る予定です。
台風が近づいてくる感じが怪獣っぽいので、
盛り上がるんじゃないかなぁと期待しています。







コメント (2)

ナビを買いに行って道に迷う馬鹿

2019-10-11 10:01:37 | 日記
先日、車に取り付けるナビゲーションの機械を買いに
オートバックスというお店に行きましたが、
店内改装中とかで臨時休業。

改装作業中の店員さんが、
隣の太田市にもう一軒ありますと言って、
ナビに入力する番号を教えてくれましたが、
そんなもの糞の役にも立ちません。

野性の勘を頼りに、とりあえず発車。
 
だけど「隣の町」じゃなくて「隣の市」ですからね、
とりあえず行ってみて見つかるんなら
そもそもナビなんかいらねーですよ。

諦めて帰ろうと思ったり、
もうちょっと粘ろうと思ったりするもんで、
行き先さえ定まらなくなり、
青い看板に見覚えのない地名ばかりが
現れるて来て、どーもおかしいと思った頃には
完全な迷子。

野性の勘も、帰巣本能も臨時休業。 

最近入れたばかりのガソリンが半分なくなった頃、
なんとか家にたどり着きましたが、
どうやら隣の栃木県内をうろついてたようです。

連休にみんみが来るので、ナビ買ってドライブ。
って計画してたんですが、
台風のせいで予定変更になりそうです。
 
台風こそ迷子になればいいのに……。
 
 
 
 
 
コメント

昔の生活。

2019-09-13 20:16:58 | 日記
八月の終わりころからだったと思うんですけど、
Wi-Fiの機械がこわれて、ブログの更新が出来なくなってました。

でも、インターネットのない生活は良いですね。
DVDで昔の怪獣映画をいっぱい観ましたよ。
本を読んだり、おもちゃをいじったり、
部屋の片付けも進んだし、草むしりもはかどりました。

何よりも、おかしなニュースや、馬鹿の意見で
イライラさせられなくて済むというのが素晴らしいです。

懐かしい昭和に逆戻りしたみたいでした。

今、Wi-Fiの機械とパソコンを短いひもでつないだ応急処置で
使ってるんですが、つなぎっぱなしにしておくといろいろと
不便なので、この更新が済んだらまた昭和に戻ります。


皆さんのブログにお邪魔できないのは残念なんですが、
もうしばらくの間そのままでいようと思いますので、
よろしくお願いいたします。






コメント (5)

あおり運転の男が、窓から捨てた物。

2019-08-21 13:21:24 | 日記
あおり運転の凶悪な男が、追い抜いた車に向かって
ペットボトルと、正体不明のなにかを投げつける
映像を見て、冷凍庫の「クーリッシュ」を思い出しました。

父ちゃんは、アイスをいっぺんに食べるのがへたで、
家にいるときは、半分食べて冷凍庫にしまっておいて、
忘れたころにまた食べるんですけど、外で食べるときは、
ちょっと無理しなきゃならないんで、やなんです。

で、もう先月の話ですが、図書館へ行く途中、
コンビニで「クーリッシュ」っていうアイスを買ったんですよ。

袋に入ってて吸うところがついてるんで、
運転しながら食べるのにちょうどよさそうだし、半分食べたら
フタしてとっておけるとも思って買ったんですけどね……、

これがね、もーね、ぜんぜんダメ。

ガッチリ固まってて、吸っても吸っても出てこない。
55年の人生をふりかえってみても、あれほど一つの事に
心血を注いだ経験はないですよ。

それなのにダメ、出てこない。

で、出てくる前に図書館に着いちゃったりすれば、
それはそれで面白いオチのついたブログネタになるんですけど、
ちゅーとはんぱなタイミングでずろずろーっと出てきて、
図書館に到着。   なんの役にも立たない。

本返して車に戻ったらびちゃびちゃになってたんで、そのまんま
持って帰って冷凍庫に入れて忘れてたんですけど、
テレビ観て思い出したというわけです。

そうしたらまたガッチリ固まってるんですよ!
ムカつきました。

あいつが投げ捨てたのもこれだよ、きっと。




【お知らせ】

このブログのフォロワーさんの娘さんが、
なにやら面白いコトをたくらんでます。

     
セネガル ☜ここポチ。






コメント (4)

ばか親日記 怖い話。

2019-08-20 18:24:15 | ばか親日記
ずいぶん前の話ですが、
みんみが夜中になってもしゃべってて寝ないので、
怖い話をして聞かせたことがありました。

小さい子どもが寝なくて困ったときに使えます。
あらすじだけご紹介しますので、適当にアレンジして使ってください。

父ちゃんが若かった頃、真夜中に間違い電話が続いたことがありました。
女の人の声で、「わたしです、むかえに来てください」
と言ってガチャンと切れるおかしな電話で、
約一週間、毎晩決まって、0時20分にかかって来ました。
(寝ないでいる子供に、話を聞かせ終わる頃の時間)
一週間前、友達の車で赤城山の心霊スポットに行ったのがちょうど
その時間でした。
右に急カーブする上り坂の、カーブの左側に電話ボックスがあり、
夜中の山道なのに電話をしている女の人の幽霊が出る、しかも
誰が行っても必ず目撃できるという便利な心霊スポットで、
当然、タネと仕掛けがありました。
カーブする手前で、正面に見えてくる電話ボックスのガラス越しに見える、
奥に生えた背の低い木の影が幽霊の正体なんですが、カーブを抜けて振り返ると、
電話ボックスの右隣にあるただの木にしか見えないので、父ちゃんみたいな
うっかり者は、ぶったまげるというわけです。

でも、なんとなく電話がかかり始めた日付と、時間の一致が気になった父ちゃんは、
一人でもう一度そこへ行ってみたんです。

そこは大勢の警察や野次馬に囲まれていました。
野次馬の一人に詳細を尋ねると、電話ボックス撤去の工事中、
隣の木の下から女性の死体が出て来た……。との事。

ここまでを、淡々と語って聞かせ、みんみが少し静かになったところで、
「あ、0時20分だ……」と緊張をあおり、
隠し持った携帯電話で、家の電話を鳴らします。

静まり返った真っ暗な家の中に響く呼び出し音に、
みんみはぶったまげ、父ちゃんにしがみついて体を硬直させ、
一言も発しないまま眠ってしまいました。

阿佐ヶ谷のアパートにいたころのいたずら電話に悩まされた話と、
友人に連れられて行った心霊スポットの話を組み合わせて、父ちゃんが
でっちあげたお話ですが、語るときは、自分が体験したという事にしてください。
そうじゃないと、「え?何でうちの電話が鳴ってんの?」ってなことになって、
ちっとも怖くないですから。



【お知らせ】

このブログのフォロワーさんの娘さんが、
なにやら面白いコトをたくらんでます。

     
セネガル ☜ここポチ。


コメント (3)