特別養護老人ホームやすらぎの里川部苑

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

入居者さんの生活の『ベター』を目指して

2020-07-06 00:44:50 | 日記
先日、入居者さんに食事介助を行ったスタッフから「全然食べてもらえなくて、どうするのが正しいのだろう」という話を聞きました。
朝、昼、晩とほぼ食事を摂らず、栄養は栄養剤に頼っている状況の入居者さんです。
『口を開けないのは食べたくないから。本人の意思を尊重して食事を控えよう。』、『少しでも食べてもらえるように時間をかけて粘り強く食事を勧めよう。口を開けて食べる時もあるのだから。』どちらの考えも間違いではないのではないでしょうか。
なぜなら、その入居者さんに良かれと思って考えた介護を実践しようとしているからです。
介護には「利用者本位」という考え方があります。援助者の価値観・価値基準の基で援助するのではなく、利用者の立場・視点に立って援助観を決定していくのが大前提ですが、本人ではないため利用者の立場・視点に完璧に立つことはできません。
だからこそ、こうしたらいいのでは、ああしたらどうだろうと試行錯誤しながら、日々ケアの最前線に立っています。
入居者さんの「よりよい(ベターな)生活」を目指して。

   


コメント

季節を感じるために

2020-07-04 20:54:57 | 日記
日々、適温に調整されたユニット内の生活では、季節を感じる機会も限られています。(コロナ禍の今は特に)
そのため、特養川部苑では、少しでも季節を感じてもらおうと様々な取り組みをしています。
カレンダーを置くことも、当然かも知れませんが、一つの手立てになります。
また、職員が季節を感じさせるような会話をすることも、良い手立てですね。「外は暑いですよ」「梅雨ですね、毎日雨降りです」など
季節を感じる掲示物が飾られているユニットもあります。

     
コメント

施設での看取り

2020-07-03 08:27:34 | 日記
7月1日、川部苑にて入居者様を看取りました。
両ユニットの入居者様と交流のある方でしたので、川部苑を出る際に馴染みの入居者様と最後の対面をしていただきました。
なかなか状況を理解されるのは難しい様子でしたが、普段とは違った雰囲気であることを感じ取られて、最後は職員と手を合わせて送り出しました。
『一度あったことは忘れないものさ。思い出せないだけで。』という言葉がありますが、先に逝かれた方との思い出を少しでも思い出していただけたのではないかなあと思います。
コメント

最期に食べたい物は…

2020-06-26 23:15:18 | 日記
先日、入居者様と『最期に食べたい物』を話題にしました。

「〇〇さんは、何を食べたいか決めてるのですか?」
「俺は、うなぎや。」
「前聞いた時から、変わってないのですね。」
「そうや、俺はうなぎって決めとるんやわ。」

「〇〇さんは、何が食べたいのですか?」
「あんこ」
「あんこ?あんこが入ったおまんじゅうとか、おはぎとかですか?」
「ううん、あんこだけでいいの。」

昔からの好物なのでしょうか、実際にこのようなやりとりを職員と入居者様でしました。
入居者様は高齢の方が多い、また特養である以上、縁起でもないと言ってそういった話題から目を背けることもできないと思います。
ちなみに私は、今現在「濃厚かつ固めの、カスタードプリン(ホイップ付き)」が食べられたらなあと思っています。
コメント

特養川部苑の職員紹介 Part.2

2020-06-24 21:34:22 | 日記
特養川部苑には、利用者の願いを実現させようと一生懸命考える介護職員がいます。
皆さんは、車椅子やベッド上での生活が中心の「介護を必要とする方」が、釣りをしたいという願いにこたえるために、
どのような方法が思いつきますか?
釣りのおもちゃや魚を模した紙と割りばしの竿で気分だけ味わってもらう…、釣りの本を見てもらって昔を懐かしんでもらう…、
その職員さんは、どれも選びませんでした。これがその時(2018年)の様子です。
    

実は、岐阜県内のアミューズメント施設の釣り堀に利用者を連れていき、実際に魚釣りを行ったのです。
お店での移動経路、実際にどんな道具を使うかなど、その職員は入念な下調べを行ったのは言うまでもありません。
施設に戻ってからの「こんな魚釣ったよ」と満足げに話された利用者さんの表情は大変すばらしかったです。
また、そんな利用者の表情を生み出した職員さんの努力も大変すばらしいです。
コメント