GOODWOOD Survivor Blog

グッドウッド二輪商会のオフィシャルブログ

ワールドスーパーバイクチャンピオン誕生

2022-11-13 18:19:00 | 日記
バウティスタ選手が最終戦を待たずして、スーパーバイクのチャンピオンを獲得しました。
 DUCATIはモトGPとWSBのダブルタイトルで最高の2020年シーズンとなりました。








  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年MotoGP世界選手権のワールド・チャンピオン

2022-11-09 17:13:21 | 日記

 日曜日、ヴァレンシアGPのスタート後の1コーナーで接触が起きないことを祈ってテレビの前で緊張していた。

序盤のチャンピオンを争うバニャイアとクアッタラロ選手の激しい争い、バニャイアのマシンのウイングが接触で飛んでハンドリングに影響が出たのか、この日クアッタラロが優勝しても、バニャイアが14位以内でポイントが取れればチャンピオンという有利な最終戦と言えど、レースは何が起こっても不思議でないのは過去のグランプリが証明している。

 最終ラップでヤマハのクアッタラロが四位でフィニッシュして安堵したが、見ごたえのあるレースだった。

日本GPでのバニャイア転倒を目の当たりにして、暗い気持ちで常磐道をディアベルで帰宅したのを思い出した。

DUCATIファミリーとして。、ストーナー以来二度目の制覇を心から喜びたい。

今週末はスーパーバイクのチャンピオンが決まるかもしれないので、毎晩毎晩楽しみが尽きないぞ!!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

格安航空券の清算

2022-11-04 15:34:35 | 旅行

4泊7日のハードスケジュール(何と移動時間が50時間越え)の出張経費を経理と清算してたら、28,131円の聞かれたので、「ここの座席チケットと記載されてる通り、ローマからサルデーニャ島への航空券だよ」って経理課長に説明してあげた。どうやら、あんまり安いので何か他の買い物と勘違いしたみたいだ。

これでも、座席指定の手荷物2個持ち込める上級クラスの価格で、もっと早く取ればこの数分の一の価格で乗れるLCCなのだ。

今度サルデーニャに行けるなら、こんな素敵なホテルなんだからゆったりとしたスケジュールで行きたいものだ。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イタリアの服飾を纏うのは何故?

2022-10-25 17:58:55 | 日記

 三年ぶりに開催されたMOTOGPの前に、来日したばかりのGPチームと日本のディーラーそして限られた関係者が都内某社に招待されました。

在日イタリア大使も出席されるので、招待状に記されているドレスコードの指定にはネクタイとジャケットが必要とのこと、そんな訳で私はダブルのスーツで会場入りしました。

そして、その翌月は日本からの移動に27時間もの長旅を経て参加したサルデーニャ島の世界会議、その最終日のディナーはネクタイは必要ないがスマートカジュアルとのことなので、新調したディナージャケットを纏って会場入りした訳です。

 

私がイタリアの文化をどれだけ理解しているかを、これまで精一杯服飾を通じて表現して彼らと良い関係を築いてきました。

今年、八芳園で開催されたブランドナイトはコットンの白いジャケットをチョイスしました。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

DUCATIの世界会議でイタリアへ行きました

2022-10-21 14:05:38 | 日記

 南イタリアのサルデーニャ島で開催されたDUCATIの世界会議にドカ松の小川マネージャーと参加、様々な魅力あるニューモデルもさることながら、このメーカーが特別なモーターサイクルブランドになるマーケテイング戦略、アウディの子会社の同じブランドのランボルギーニやフォルクスワーゲングループのポルシェの成功のようにDUCATIが育ちつつあるようだ。

 5時間半ものプレゼンテーション、世界中から駆け付けた1,000千人を超えた会場の盛り上がりは過去にはないものだった。

クラウディオ・ドメニカーリ氏社長と直接お会いしたのは、10年以上前の南アフリカのキャラミサーキットでの1098スーパーバイクのデビューローンチだった。

当時、レース部門DUCATI CORSEの代表を務めていた社長の見事なライディングは素晴らしく、テストライダーを凌ぐほどのライデイングフォームが印象的だった。

ディナーの自己紹介でこの話をしたら、とても喜んでくださった。(テーブルナンバー1席を確保していただいたDUCATI JAPANのマッツ社長に心から感謝します)

先日、来日されたフランチェスコ副社長、そしてディナーで意気投合したアルゼンチンのConradoさんとMOTOGPの選手権タイトルを願ってナンバーワンを祈願した。

私がブリリアントという言葉で表現したストリートファイターランボルギーニコラボが会場に花を添えたようだった。

このディナーのために新調したRavazzoloのシルクのディナージャケット、社長から「今日はジェントルマンがいらしてる」とお褒めの言葉をいただいた。

来年のDUCATIのラインナップにご期待ください。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする