ながれやま栞 お話部会・中央 

子どもが好き、絵本が好き、おはなしが好き。そんな仲間たちの活動の様子を、折にふれてお知らせします。

大人のためのおはなし会2022

2022-06-22 | おはなし会
2022年6月16日に「大人のためのおはなし会2022」が開催されました。

ろうそくを点ける軽い手遊びから “おはなし会” の扉が開きます。
最初の絵本は「富士山うたごよみ」、心地良い柔らかい声で季節の短歌を詠みながら観客を優しくいざないます。


次はパンチの効いた声で科学本「くさる」、内容がしっかり耳に入ります。


「7わのからす」は落ち着いた味のある口調で語ります。伝承されてきた安定したお話。

この辺りで、絵本「ぺんぎんたいそう」で体をほぐします。アドリブで笑いも誘い心身共にリラックスタイム。

前半最後は、中型絵本「ぼくはへいたろう」、紙芝居で成らした表現力豊かな演者がお話の中に観客を引き込みます。怪談物ですがユーモラスなお話。

休 憩

後半のトップは、ちょっと頭を使うしりとりのパネルシアターで「こぶたぬきつねこ 
その先は?」、どんな動物でも出て来る手品のようなシアター、只々感心! 声も出すので細胞が動き出します。


次はビックブック「ぼくにげちゃうよ」、子うさぎと母さんうさぎを2人で読み分けます。子うさぎの男性の声は朗々とよく通り、母さんうさぎは落ち着いた優しい声で、二人の息はピッタリ。

後半の語りは「魚と指輪」、どんどん物語が進んでいき引き込まれます。 “ちょっと怖いお話だったね” という感想も頂きました。

さて、トリは演者の想いのこもった「津波だ!いなむらの火をけすな」、皆で苦心して作った紙芝居です。概要をまず丁寧に説明、海外からも評価を受け、教科書にも掲載された
この作品! 観客も興味津々の体で見入ってくれました。



全ての演目を終え、ろうそくを消す手遊びで ”大人のためのおはなし会“ は閉じられました。



皆さま、ご参加くださりありがとうございました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブックトークの勉強会

2022-03-14 | 勉強会
3月9日に生涯学習センターの広いお部屋を借りて、感染対策を行いながら今年もグループ内の勉強会を行いました。

講師は、昨年もお招きした東京子ども図書館で事務局長をされている清水千秋先生です。

昨年は幼児や小学生に読み聞かせを行う際の選書についてや、読み聞かせにおすすめの絵本をご紹介してくださりました。

今年はブックトークについての講演会でした。

小学校での読み聞かせを行っている私達にとって、ブックトークはとても興味がありました。

まずブックトークとは、どういうものなのかから始まり、清水先生が実際に小学中学年と高学年で行ったブックトークの
プログラムを実演してくださりました。



子供達の読書意欲に繋がる事を願って行うブックトーク。
読み聞かせとは違って、自らの話す力が必要となる技術です。
今回の勉強会を踏まえて、今後チャレンジしてみたいなぁと思いました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大人のためのおはなし会開催しました♪

2022-03-01 | おはなし会
いつもは、子供達を対象に絵本や紙芝居などのおはなしを行っていますが、
なんと!今回は大人の方達を対象としたおはなし会を開催しました。
私達にとっては、初めての試みです。

コロナ禍の為、定員数を減らしたり、演者の入室を交替したりと、対策を考慮しての
実施となりました。



絵本、語り、紙芝居で繰り広げられるお話の世界に観客の皆さんをいざないました。

観客の皆さんから大変喜んで頂き、私達も幸せな気持ちになれました。

ご来場ありがとうございました♪

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

読み聞かせ講座「本選びを中心に」

2021-03-12 | その他
昨日3月11日に、公益財団法人東京子ども図書館で事務局長をされている清水千秋先生をお招きして
読み聞かせ講座「本選びを中心に」の講演会を、中央グループ内勉強会として開催しました。

大きな会場で距離を取り、換気などの感染予防対策を取りながらの開催でした。

講演会では、まず始めに「読み聞かせをするということ」についてお話がありました。
お話を聞いて、改めて読み聞かせの重要性や選書の大切さを感じる事ができました。


続いて大切な本選びについて、実際に清水先生おすすめの絵本をご紹介して頂きました。


100年前から続いているベストセラー絵本から、最近出版された絵本までおよそ50冊!


先生の読み聞かせでの経験の話を添えながら、1冊1冊とても大切にご紹介してくださる姿が印象的でした。


ご紹介の絵本は、綺麗に机に並べられていきます。


2時間の講演会がアッという間に終わってしまい、感謝の気持ちを込めて全員で拍手を送りました。
コロナ禍の中、流山まで足を運んでご講演してくださった清水先生、本当にありがとうございました。

講演会終了後、参加した会員達は机に並べられた絵本を手に取りながら
「知ってる絵本だったのに先生が紹介してくださると、こんなに素敵な本だったのか!って気づかされた」
「すごく、素敵な先生だったね」
「知らない絵本がたくさんあった」
「このまま、絵本を借りて帰りたい」
「早く、子供達に絵本を届けたいね」

と、沢山の喜びの声があがりました。
清水先生のお話は、現在読み聞かせ活動を休止して元気のない私達の気持ちを明るくしてくださいました。

子供達にまた楽しいお話を届けられる日が、待ち遠しいです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

感染防止対策で勉強会

2020-12-13 | おはなし会
こんにちは😆
ソーシャルディスタンスや消毒、換気などのコロナ感染防止対策を行いながら、グループ内で絵本や紙芝居などの紹介をし合う勉強会を月一回行っています。

今月は5名の方が紹介してくれました😄

お一人目は、流山の民話「朝ねぼうの観音様」をなんと!語りでのご紹介。
部屋全体の空気が物語の世界に引き込まれ、クスッという笑い声があがります。
流山の民話をこども達にも是非聞いて知ってもらいたいなと思いました。

続いてお二人目は、絵本の「ポインセチアはまほうの花」。
遠く離れたメキシコでのクリスマスのお話しです。

心温まるお話しを素敵な歌声付きでご紹介してくれました。

3人目は、絵本「だってだってのおばあさん」。99歳のお誕生日を迎えることになったおばあさん、一緒に住んでいる猫が誕生日ケーキのろうそくを落としてしまい、5本しか準備できません。
そこで次の日から『5歳のおばあちゃん』として、様々な事にチャレンジしていきます。

子供だけではなく、大人が聞いても楽しい一冊です。

4人目は、絵本「鬼ぞろぞろ」。
鬼に唾をかけられ、透明の姿になってしまい悪事を働く男のお話しです。
最後は元の人間の姿に戻る事ができるのか?!はたまた心も鬼のようになってしまうのか?!
最後はドキドキでした。


そして、5人目は絵本「子うさぎましろのお話」です。
クリスマスに、サンタクロースからお菓子をもらった子うさぎましろは、もっと欲しくて炭で体を黒くぬり、別のうさぎの子のふりをします。
さてさて一体どうなるのでしょう。
クリスマス時期に、読み聞かせに使いたい一冊です🌟

コロナ禍ではありますが、大切な人と温かいクリスマスを過ごしたいですね。
皆さんは今年のクリスマスいかがお過ごしの予定でしょうか。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする