札幌サーフキャスティングクラブ

札幌サーフのブログです。
投げ釣り・スポーツキャスティング等の情報を画像と共に発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キャスティング 実釣編

2011年02月28日 | キャスティングテク-実釣編
キャスティング 実釣編



     【菅原隆のワンポイントレッスン】

 実釣では足場の悪い岩場などで、仕掛けを着地させて投げられないケースがほとんど。
 そう言った場合身体を大きく使いふり幅を稼ぐ事が出来ないため、必然的に飛距離が落ちてしまう。
 
 そこで如何にロットを曲げるか!

 菅原隆の実釣でのタックルは。(主にカレイ狙い)

 ロット・シマノ『スピンパワー425CX-T』
 リール・シマノ『キススペシャルSD・ベールレス仕様』 
 ライン・シマノ『パワープロ』

 画像を見て頂きたい。
 
 ロットを構える際、左手の竿尻を持つ位置に注目して頂きたい。
 約15cmほど短く握っているのが解ると思う。
 たらしの長さは約1mほど
 
 このように短く握ることで、実はロットを大きく振ることが出来るのだ。
 但し、ロットが曲がると云う事は身体やラインを押さえる指にかなりの負荷がかかる。
 CX(30号)のロットでも慣れるまでは結構きついぞ!

 安全に留意し練習を積んで振り抜こう!
 
『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« キャスティング2011hama | トップ | 2011-2-24ワッカケ岬・実釣 »
最近の画像もっと見る

キャスティングテク-実釣編」カテゴリの最新記事