札幌サーフキャスティングクラブ

札幌サーフのブログです。
投げ釣り・スポーツキャスティング等の情報を画像と共に発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

③足の位置を決める

2011年03月21日 | キャスティングテク-実釣編
《菅原 隆のワンポイントレッスン》 さて、前2回でロットの握り方やリールシートの位置が決まったはずだ。 そこで今回はスリークォーターでキャスティングするにあたり、最も大事な足の位置について説明したい。 それは、この足の位置により全体のキャスティングフォームが大きく変わるからだ。 先ず、『実釣での一般的な足の位置は投擲方向に対し45度がベスト!』となる。 その訳は80度~90度と深く構えれば . . . 本文を読む

②リールシートの位置

2011年03月17日 | キャスティングテク-実釣編
《菅原 隆のワンポイントレッスン》 前回は『ロットの握り方』について書いたが、 右手(右利き)のリールシートから左手のバットエンドまで何センチ位がベスト? などと言う声も聞かれそうなので少し触れてみたい。 現在市販されている遠投仕様と言われるロットは、 通常リールシートからバットエンドまで約800mm前後が主流となっている。 キャスティング大会等、競技仕様は別として実釣では800mmもあれ . . . 本文を読む

『①ロットの握り方』。

2011年03月16日 | キャスティングテク-実釣編
《菅原 隆のワンポイントレッスン》 投げ釣りにおいて重要な要素として気象条件や釣り場での準備・手返し等がある。 同時に自分に合った道具や釣り方を実践する! これも重要だ。 投げ釣りにおいてのキャスティングは最も重要な作業となる。 そこで、釣り場でのキャスティングの基本について触れてみたいと思う。 先ず、構える前に見直して欲しいのが『ロットの握り方』。 この握り方を意外と間違えている人が多いの . . . 本文を読む

キャスティング 実釣編

2011年02月28日 | キャスティングテク-実釣編
キャスティング 実釣編      【菅原隆のワンポイントレッスン】  実釣では足場の悪い岩場などで、仕掛けを着地させて投げられないケースがほとんど。  そう言った場合身体を大きく使いふり幅を稼ぐ事が出来ないため、必然的に飛距離が落ちてしまう。    そこで如何にロットを曲げるか!  菅原隆の実釣でのタックルは。(主にカレイ狙い)  ロット・シマノ『スピンパワー425CX-T』  リール . . . 本文を読む