不知火電機な出来事

未来に限りなく・・・常に挑戦していきます。
機械関係の制御をしている電機屋さんです。

「古いエアコンをどうにかしないと人類は自分自身を蒸し焼きすることになるよ」

2020-08-20 08:31:25 | ブログ
久しぶりです。(手抜きですね)
連日、暑い日が続きますね。
体調管理には十分注意をして過ごしてください。
10万円有るうちに交換も考えてください
以下抜粋
内容の寒さは温暖化を帳消しにできそうなのに……。

国連の新しい報告書によると、「エネルギー効率が高くて気候に優しいエアコン」に切り替えれば、
今後40年間で最大4,600億トンの温室効果ガスを世界全体で節約できるそうです。
これは、2018年に世界が排出した温室効果ガスの約8倍に相当するのだとか。
つまりエアコンを進化させれば40年間で8年分の温室効果ガスを削減できると。

温暖化を遅らせるにはエアコンの高効率化が急務
冷却技術は、グローバル社会の中で多くの重要な役割を担っています。
現在、世界全体で36億台の冷蔵庫、冷凍庫、エアコンなどの冷房機器が使用されているそうです。
気候危機が地球を温暖化させる中で、冷房へのアクセスはますます重要になってきています。
アメリカでは毎年、暑さで亡くなる人が他の異常気象よりも多くなっています。報告書によると、
経済的にゆとりのある人だけでなく、世界すべての人に冷房施設を提供するためには、
2050年までに最大140億台が必要とのこと。
しかし、今の冷却技術では、エアコンが温室効果ガスを大量に排出してしまうことに。

世界中の科学者たちは1980年代に、エアコンやスプレー、冷蔵庫や冷凍庫などの冷媒として
使用されているフロン(CFCs)が、太陽の有害な紫外線を遮る役割を持つオゾン層を破壊していることに気づきました。
そこで1987年に各国政府が集まって「モントリオール議定書」という国際条約を可決し、有害な冷媒の使用中止を決めました。

暑いから冷やしてさらに暑くなる負のループを避けるための政治判断を
ほとんどのエアコンメーカーはもうフロン(CFCs)を使用していませんが、ハイドロフルオロカーボン(HFCs)と呼ばれる、
二酸化炭素の最大1万1700倍も温室効果がある工業用化学物質に取って代わられてしまったことが問題なのだとか。
つまり、エアコンが気候変動をとんでもなく悪化させるために、より多くの人々がエアコンに頼らざるを得なくなるってわけです。
世界の指導者たちがこのサイクルを断ち切らない限り、不幸な負のループが生み出される可能性があるということになります。
背筋だけは凍りそうな話ですね…。

2019年に各国政府はモントリオール議定書のキガリ修正案を採択し、HFCの使用を段階的に廃止することで合意しました。
この修正案が実行されると、気温上昇を0.4℃も抑える可能性があるそうです。
現時点で、100カ国が修正案を批准していますが、アメリカ、インド、中国などの温室効果ガス大量排出国を含む
世界の95カ国がまだ修正案に署名していないようです。

私たちは、HFCだけじゃなく二酸化炭素や黒炭素の排出も減らして、必要なエネルギーも少ない持続可能な化学冷媒に切り替えることで、
エアコンをより効率的に動かせる技術を持っています。
報告書によると、2050年までにエアコンの効率を2倍にすれば、世界中で1,300ギガワットの電力を節約できるとのこと。
これは、中国とインドを合わせた2018年の石炭火力発電の全容量に相当するそうです。

エアコンの高効率化は経済にも良い
エネルギー効率の良いエアコンは経済的にも素晴らしいアイデアです。
だって電気代の節約になりますもんね。世界的に見ると、エアコンのエネルギー効率を2倍にすれば、
2050年までに最大2.9兆ドル(約306兆円)の節約になる可能性があるんですって。
報告書は、そのためにすべての国にキガリ修正条項を批准し、冷房機器の製造方法を変えるための国家的計画を採用するよう促しています。

また、こういった技術を使う以前の話として、断熱性とエネルギー効率に優れた建物の建設を促進し、
草木が茂った緑の屋根や木陰など、ハイテクに頼らない冷房オプションを併せて使うことも各国に求めています。
この恩恵は、政府や開発者だけにとどまらないかもしれません。
アメリカでは、低所得層向けの住宅はエネルギー効率が悪いために高い電気代を払っている低所得層の経済的負担も軽くなる可能性があります。

とりあえず、何かを変える必要があるということだけはハッキリしていますよね。
冷却技術は、世界中で無限の重要な機能を果たしています。人々を極端な暑さから守るためにも、
食品の鮮度を長時間保つためにも、ワクチンやその他の医薬品を保管するためにも冷却技術が必要です。
エアコンをなくすわけにはいきませんが、気候危機の規模を考えると、エアコンの無駄をなくすのを拒否するわけにもいかないでしょうね。
コメント

スパコン富岳、世界一

2020-06-23 08:12:39 | ブログ
少し前に投稿したスパコン富岳が一位とは
計算速度は1秒間に41・6京回?想像出来ない数値ですね。

理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」が、22日に発表されたスパコンの計算速度ランキング「TOP500」で世界一になった。
日本勢が首位を奪うのは「2位じゃだめなんでしょうか」と追及された先代の「京(けい)」以来9年ぶり。
無理に速さを追うのではなく、使いやすい「オンリーワン」のスパコンを目指した先に「ナンバーワン」の花が咲いた。

発表では、富岳の計算速度は1秒間に41・6京回(京は兆の1万倍)。
昨年まで首位だった米国製スパコンを2倍以上引き離した。実際にソフトを動かした速さや人工知能(AI)向けの計算速度など4部門で首位を取った。
理研は「社会的課題の解決やAIの開発を加速するのに、十分対応可能であることを実証した」としている。
先代の京は世界一を強く意識したあまり使いにくくなり、利用は広がらなかった。主要企業が撤退するなど、開発の混乱もあった。
富岳はこれを反省し、「使いやすいオンリーワン」のスパコンを目指した。名称も、利用の裾野が広がるよう富士山にちなんだ。
開発費は国費だけで1100億円。中国が、富岳の倍の性能で今年デビューさせようとしていた新型が間に合わなかったこともあり、「ナンバーワン」の座も転がり込んだ。
富岳の本格稼働は来年度の予定だが、すでに新型コロナウイルス感染症対策の研究で実績を上げ始めている。
将来は創薬や高性能な材料の開発、気象・温暖化予測などに利用される。
高性能な計算機があれば、自動車を組み立てる前に衝突安全性を確かめられるなど、ものづくりや科学技術の進歩を加速させる。
軍事にも必須の技術で、米中などは開発にしのぎを削っている。米国は来年、富岳を超えるスパコンを投入する計画だ。
コメント

次世代スパコン「富岳」、報道初公開 コロナ研究活用中

2020-06-16 15:39:34 | ブログ
想像が出来ないので難しい。
次世代スパコン「富岳」、報道初公開 コロナ研究活用中らしい。


理化学研究所は16日、理研計算科学研究センター(神戸市)に設置したスーパーコンピューター「富岳」を、
報道陣に初めて公開した。
2021年度の本格稼働を目指し、システムの調整が進んでいる。すでに一部は先行して稼働しており、
新型コロナウイルス感染症に関する複数の研究が進んでいる。

蓮舫参院議員の「2位じゃだめなんでしょうか」で話題になったスパコン「京(けい)」の後継機で、約100倍の性能をもつ。
富岳は富士山の異名。富士山の高さが性能の高さを表し、富士山の裾野の広がりがユーザーの広がりを意味しているという。
共同開発した富士通が基本的な性能を確認するために設置した試作機は昨年、
スパコンの省エネ性能を競う世界ランキング「グリーン500」で、世界1位を獲得した。
先月には同センターへの搬入が終わり、現在は調整が続いている。
試行として新型コロナウイルス対策などの研究に使われ、成果が出始めている。
コメント

スイスの高級腕時計メーカー、ウブロが新作スマートウォッチ

2020-06-04 10:14:31 | ブログ
高級時計メーカーもスマートウォッチになるのかな?

スイスの高級腕時計メーカー、ウブロが新作スマートウォッチ「ビッグ・バン e」を発表しました。

日本では近日発売予定となっており、税込み価格は60万5000円~68万2000円。
コメント

久しぶりです。

2020-05-26 14:48:12 | ブログ
工場の清掃
久しぶりに床を塗装しました。

コメント