ぐんま森林インストラクター会

ぐんま森林インストラクター会(GSI)イベント情報、開催後の報告、その他活動報告などを掲載しています。

太田金山で春を感じるハイキング

2024年04月22日 | イベント終了報告

4月20日(土)快晴 26名の方々が参加してくれました。

① 集合写真です。

② 太田・金山へようこそ!

③ もう少しで尾根です。がんばりましょう。

④ コナラの雄花と雌花の説明です。

⑤ 見附出丸の説明です。

⑥ 山座同定中。

⑦ 物見台で記念写真

⑧ 月の池 カエルと金魚が生息。水が涸れません。

⑨ 発掘調査に基づいて復元された石垣。 

⑩ ウラシマソウ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月11日 「春の山菜教室」のご案内

2024年04月12日 | イベント情報

チラシのダウンロードはこちらから↓

https://33.gigafile.nu/0605-ce52ce5b10e61b18dfd00545191f8786

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月7日 あかぎ団の森づくり

2024年04月09日 | 森林整備活動

4月7日に赤城団の森づくりに参加しました。(作業&作業指導など)

参加者:あかぎ団 約70名、赤城自然塾・小林氏、群馬県林研・小森谷氏、当会メンバー7名

開催の挨拶後、恒例の高柳さん演出「森のクイズ」で始まりました。

 

あかぎ団のメンバー5名が 森のクイズを投げかけると 

参加者の皆さんは 頭をフル回転! 答えと説明を聞いて 「へーーー! そうなんだ! すごーい」

の掛け声で、笑いもあって 楽しく 頭の体操ができました。 

終了後も拍手喝さいでした。

 

続いて森林整備作業(コナラ林の下草刈り)を行いました。

 

前橋市内は丁度 桜が満開に近かったですが、ここのヤマザクラはこれからでした。

シカに樹の皮を食べられたあともありましたが、苗は大きく順調に育っていました。

丁度いい気温でちょっと汗をかいて、無事作業を終了しました。

 

画像をお見せできなく残念です!(^^;)

 

参加者の皆さんご苦労様でした。そしてありがとうございました。

次回も楽しみです。次回もよろしくお願いします。<m(__)m>

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

"太田金山”で春を感じるハイキング

2024年02月16日 | イベント情報

https://91.gigafile.nu/0413-dbfcabf2e06faf392ad780bf806b8a903

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2月10日「スノーシュ―で冬の赤城観察会」は無事終了しました。

2024年02月14日 | イベント終了報告
従来、草津で実施していたスノーシューイベントを赤城山に変更してから、
、新型コロナ、荒天で中止となっていましたが今回初めての赤城山開催となりました。
当日朝、大沼湖上で幻想的な風景「気嵐(けあらし)」が見られました。
大変珍しい風景で湖面と陸上の温度差が大きく、無風で朝陽の状況により稀発生します
別名は「蒸気霧」です。

 
 
今日は無風で気嵐も見られるような最高コンデションです。ただ、地球温暖化のせいか全面結氷していません。コース変更を余儀なくされて、午前中は大沼湖畔・旧大洞赤城神社へ午後は覚満淵・鳥居峠付近に変更です。
まずは集合写真です。
 
最高の天気です。
 
モフモフの雪です。
 
スノーシューで覚満淵を縦横無尽!!!
 
覚満淵で高層湿原指標植物のツルコケモモを観察!
 
はい、並んでご機嫌です。
 
朝の鳥居峠からです。
今日の舞台です。
 
結氷していない大沼の様子です。
 
午後パトカーがけたたましくサイレン、その後ヘリが黒檜山周辺を旋回、頂上付近で登山者が転倒したらしい。
 
今日は好天に恵まれました。
来年は大沼が完全結氷する事を願います。
 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1月27日「ばーどうぉっちんぐ初級編」は無事終了しました。

2024年02月07日 | イベント終了報告

今回は、昨年までの前橋市嶺公園から伊勢崎市の境御嶽山自然の森公園周辺に場所を変えての観察会でした。32名の参加をいただき、4班構成で粕川と広瀬川の合流点周辺の河川敷を観察しました。ヨシガモ、マガモ、コガモなどの水鳥、ノスリ、トビの猛禽類やサギ類、カワセミも飛んでくれました。

まずは、集合写真の撮影でハイチーズ!

 

早速、河川敷に出てみます。

粕川の堤防を上流方面に歩いていくと、水面になにやら水鳥が優雅に漂っています。

 

なんでしょう??? 覗いてみると、、、


ナポレオンハットをかぶったようなヨシガモ、全長(嘴の先から尾の先まで)は50cmほどです。

ハットの部分は緑色をしていますが、カモ類は光が当たる角度によって色が変わって見えます。(構造色)

 

上流方面にはコガモも確認できました。全長は38cmほど、名前のとおり小型のカモです。

 

移動していると、何か小さい鳥が飛びました。速くてなかなか追いきれません。

 

飛んだのは、今や大繁栄のカワセミ、水辺を注意深く観察するとあちこちで確認できますが、慣れないと見つけるのはけっこう難しいです。

 

河川敷には小鳥がたくさん確認できましたが、そのほとんどはスズメ。背景の山は妙義山です。

 

周辺にはヒヨドリやセキレイの飛ぶ姿が、水辺にはセグロセキレイの姿も確認できました。

 

川と反対側に目を移すと、

 

田んぼの中の電柱に何か大きな鳥が止まっていました。ノスリのようです。

 

覗いてみましょう。

 

背中を向けていましたが、時々こちらの様子を覗いていました。

 

上を見ると猛禽の飛ぶ姿も確認できました。

 

トビに交じってノスリの姿、ノスリは全長53~60cmくらいで、トビよりちょっと小さいくらい、飛ぶとこんなふうに見えます。扇子を開いたような大きな尾羽が特徴的

 

最後に取り合わせをして、今回のバードウォッチング初級編は終了となりました。

 

水鳥、猛禽類、サギ類、セキレイなど24種ほどの野鳥を観察することができました。

暖かく、風もなく、穏やかな観察日和となりました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「BESSの森」森づくり活動

2024年01月31日 | 森林整備活動

BESSさんは、ログハウスメーカーですが、企業の考え方は自然との共生を強く感じられる会社です。

BESSさん側から、当会の活動内容を知りたいとの要請があり、会の活動理念や、具体的な活動を紹介したところ、是非協力していただきたいという事になり、現在、高崎展示場での、ネイチャークラフト、しいたけ駒うち等の森の恵み体験、BESSの森(仮称)での、植林、薪作り等森づくりを行っています。

1月28日にBESSの森で薪作りを行いました。

コナラ4本を伐採し、薪サイズに玉切りを行いました。細い枝は2月12日予定の高崎展示場でのシイタケ原木として確保しました。

今日の作業内容、注意事項を確認

    

伐採したコナラの玉切り作業

    

トラッケへの積み込み作業

 

木がどのように成長していくかの解説風景

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月 2日(土)「ネイチャークラフトづくり」は無事終了しました。

2023年12月08日 | イベント終了報告

12月 2日(土)、赤城山南麓のサンデンフォレスト 森の教室にて、「ネイチャークラフト作り」を開催しました。参加者 27名の皆さんは、クリスマスリース、ミニ門松、竹灯ろうから、一点選び午前は、森の散策でリラックスしながら材料集め、午後は、五感をフル稼働させ作品を作り、笑顔と達成感に満ち溢れた一日となりました。

青空に恵まれ、やる気満々の集合写真

 

気持ちの良い、森の小道を散策しながら、モミ、松、木の実などを集めます。

 

エビフライ発見!!!(リスさんが松ぼっくりを食べた後です。) 

 

散策から戻り、作品作りスタート !!!!

クリスマスリースの土台作り、どんなデザインにしようかな^o^

 

クリスマスリースの材料一杯!

 

ミニ門松作り、どの竹にしようかな?

 

角度はこれでいいかな、ギコギコッ!

 

竹灯ろう作り、集中しながらドリルで穴開け

 

ここから、皆さんの作品の発表会!

クリスマスリース 1組

 

クリスマスリース 2組

 

クリスマスリース 3組

 

クリスマスリース 4組

 

クリスマスリース 5組

 

クリスマスリースとミニ門松組

 

ミニ門松組

 

最後は竹灯ろう組(右側のお二方、ミニ門松に変身している!)

 

皆さん、是非お家の宝物に!

ご参加ありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11月18日「小根山森林公園 落ち葉を歩く観察会」無時終了しました。

2023年11月29日 | イベント終了報告

紅葉の時期を迎えた11月18日(土)、「小根山森林公園 落ち葉を歩く観察会」を行いました。暑すぎず寒すぎず、過ごしやすい陽気の中、28名の参加者が “見て・触って・楽しんで” 五感で秋の森を満喫しました。みなさん、お疲れさまでした。

(集合写真)はい、チーズ!いいお天気に恵まれてよかったですね~。

 

(鈴木・笛木班)植林について話しているのかな?

左が針葉樹の森、右が広葉樹の森。明るさの違い分かりますか?!

 

(小林・飯塚(巳)班)ぺりっ、ぺりっ。ケヤキの樹皮はどんどんはがれて面白いね~!

 

(郡・泉川班)似たような樹木も葉っぱの裏の気孔帯をみれば、見分けられます。

 

(飯塚(利)・田島班)話すだけじゃなく、資料を使って説明しています。

 

あれっ、何かたくらんでる?? 

さぁ、中島カメラマンに向かってー(小林・飯塚(巳)班)

いち、

に、の 

さーん!!! 

中島カメラマン(うわぁーー)

 

(倉崎・岩井班)ブナの人工林。玉原で見るブナとだいぶ違いますね・・・。

 

(荒木・塚田班)お手製の資料を使って、分かりやすく説明していますね。ふむふむ。

 

(荒木・塚田班)樹木は近くで見るだけでなく、遠くから見ることで新たな発見があるかも。

 

(倉崎・岩井班)スズカケの並木にて。鈴のような実は見つかりましたか?!

 

(郡・泉川班)どれも同じに見えますが、切れ込みの違いや実の数などで見分けられますよ。

 

(荒木・塚田班)片側は崖なので慎重に歩きましょう。

 

(マゴジャクシ)健康食品で有名な霊芝(マンネンタケ)の仲間です。霊芝(マンネンタケ)は広葉樹の切り株に、こちらはモミなどの針葉樹の切り株に生えます。

 

(ランチ)さぁ、お待ちかねのランチタイム♪

 

(ケヤキとクリ) 適材適所が大事?

 

(計測)おっきいね。何メートルあるかな?

 

(サンショウ)二人で、小さい山椒の木を見つけてくれたんだよね、お見事!

 

(見つけもの)珍しいの見つけたね。

 

(おばけ)小根山おばけだぞー。

 

(これで終了)おかえりなさい~(^^)/ おつかれさまでした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11月4日 小野里工業の森整備支援

2023年11月17日 | 森林整備活動

11月4日に赤城の小野里工業の森整備が行われ、当会から8名が参加しました。今回は、10月に赤城南麓森林組合が事前に下草刈りを実施してくれていたため、主にワイヤーメッシュ内のつる、ススキ類の除去とシダ類の刈り取りを中心に行いました。天気も良く、コロナ後での久しぶりの活動で、皆さん楽しそうに取り組んでいました。

・小野里工業:5名、菱電商事:13名

・赤城自然塾:佐伯氏(赤城自然塾理事長)、小林氏

・県林業試験場長:坂庭氏

・当会8名

 

参加者28名全員で。

 

赤城県道沿いに設置されている小野里工業の森・看板

赤城に行くときに必ず目に入ります。

 

手鎌による草刈り作業。

 

剪定ばさみでのワイヤーメッシュ内とつる切り。結構大変です。

 

車椅子でも草刈りがんばれますよ!。

 

 

4年前に植林した樹は順調に育ってます。

 

     

 

小野里工業の森は、マツノザイセンチュウの被害を受けて、数年前までは、

松枯れ林でしたが、赤城自然塾が松枯れ再生事業として取り組み、当会も

植林活動に協力しています。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする