Sinfonietta Morioka(シンフォニエッタ盛岡)

クラシック~ポップスまで幅広く追求するアマチュアオーケストラ(室内管弦楽団)

団員必見!練習日程表 随時更新

2021年04月09日 06時11分35秒 | 練習日程

練習予定は、第2土曜夜、第4日曜午後を基本としています。会場は西部公民館が主ですが、
会場または指導の都合で、日程・時間・会場が変更となる場合がございます。
変更については随時更新してまいりますので、こまめにチェックお願いします。

やむを得ず欠席する方は必ずパートリーダーまで連絡を!
sinfonietta2007@yahoo.co.jp

開始時間前(夜は17時45分開場、午後は12時45分開場)に集まり椅子並べ・ウォーミングアップをお願いします。

☆今後の指揮者練習(佐々木駿先生指揮)☆
4月18日(日)午前 ※合奏   午後は管トレーナー練習  
5月15日(土)夜間

2021年

■4
4月10日(土) 
  18時~20時45分 西部公民館 音楽室  ※合奏
4月18日(日)
  9時00分〜12時30分  西部公民館 音楽室 ※指揮者練習
 同日 13時30分〜16時  同上会場 ※管トレーナー練習
4月25日(日)
  13時00分〜16時30分  西部公民館 音楽室 ※合奏
■5月
5月15日(土) 
  18時~20時45分 西部公民館 音楽室 ※指揮者練習
5月23日(日)
  13時00〜16時30分  西部公民館 音楽室 ※合奏
5月28日(金)
  夜間19時頃~ ホールリハーサル
5月29日(土)
  午後 ゲネプロ    18時~本番


☆練習を欠席の方はパートリーダーまたはオケメールへ事前連絡をよろしくお願いいたします☆

当団ではコロナへの対策を当面、次のように行いながら活動してまいります
↓↓
◆練習参加
職場等で自粛要請されている人や感染リスクの不安がある人は欠席しても差し支えありません。また、発熱等体調不良者は参加を控えて下さい。
なお、万が一に備え、練習参加者を記録させていただきます。
◆練習時間
長時間の練習を避け、休憩時間に換気を行います。(換気中の音出し禁止)
◆演奏者の位置
 できるだけ前後左右1メートル間隔を開けて下さい。
※弦楽器などマスク着用可能な方は着用しましょう。他個人でシールドなど用意したい方はどうぞ
◆その他
感染予防の観点から譜面台の持参を推奨いたします。
消毒液や除菌シート等は団としては用意いたしませんので、それらの使用については各自の判断に委ねます。

団員、一般の方からのメールでのお問い合わせもこちらまで。
sinfonietta2007@yahoo.co.jp

コメント

2021春のコンサート開催!

2021年04月03日 18時24分19秒 | TOP
2021春のコンサート開催します!
モーツァルトの劇場支配人序曲やベートーヴェンの交響曲第7番、
さらに二部では楽しい楽しい童謡や唱歌のメドレーを披露します。
佐藤公治氏編曲による当団オリジナルの「フォスターメドレー」もお楽しみに!

日時:2021.5.29(土)18時~
会場:盛岡市民文化ホール・小ホール
指揮:佐々木駿

コメント

東日本大震災復興支援 10周年 チャリティコンサート開催

2020年12月26日 20時37分24秒 | TOP
2021.2.20(土)14時~
盛岡市西部公民館 プレーホールにおいて、
「東日本大震災復興支援 10周年 チャリティーコンサート」を開催いたします。
当日は第一部 コールパレッタ、第二部 シンフォニエッタ盛岡による演奏。最後は合同演奏も用意しております。

◎入場無料、定員150人
(感染予防対策を講じた上での開催となります)
※お電話にてお申し込みください。⇒西部公民館 ☎019-643-2288

コメント

成田浩先生のご冥福をお祈りいたします

2020年11月25日 09時53分43秒 | TOP
11月21日にシンフォニエッタ盛岡の創設者であり岩手大学名誉教授の成田浩先生がお亡くなりになりました(享年87)。
ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

故・成田浩先生は、盛岡室内合奏団、アンサンブルMIXなど、数々のアマチュアオーケストラの中心でご活躍をなさってきて、さらに、盛岡のクラシック界草分け的存在であった大正~昭和に活躍した「太田カルテット」のバイオリン奏者赤沢長五郎さんの弟子でもあり、非常に盛岡のアマチュア音楽家たちの活動を大切にお考えくださる方でした。

シンフォニエッタ盛岡と成田先生の関係などは別項目“シンフォニエッタ盛岡誕生話”で・・・
コメント

「シンフォニエッタ盛岡」誕生話

2020年11月25日 09時51分18秒 | TOP
 当団体「シンフォニエッタ盛岡」は、県内ではめずらしい小編成による室内管弦楽団として2007(平成19)年に創設されました。
 もともとは35年間長らく活動していた「盛岡室内合奏団」というバロック音楽を追究する団体が変遷・再編の形で誕生したわけですが、再編へ至ったいきさつについては、メンバーの高齢化、代表者の県外転出、将来へ向けた活動の活性化を図ることが主な理由でした。そして、時同じくしてポップスやポピュラーなクラシックを演奏する団体として愛されてきた「アンサンブルミックス」(こちらは、故・成田浩先生が100%個人出資により運営されていた団体)も15年の歴史にピリオドを打とうとしていました。
 しかしながら、両団体ともそれまでの長い活動を惜しむ地元のファンの方もたくさんいらっしゃいましたので、そこで「盛岡室内合奏団」と「アンサンブルミックス」の双方の特徴を生かしつつも、目的を新たに演奏への向上心をもつ新たな団体を立ち上げようではないかと当時の役員が発案。この案に賛同して集まったメンバーが発起人となり、誕生したのが「シンフォニエッタ盛岡」なのです。

 また、「シンフォニエッタ盛岡」の創設者は、「太田カルテット」のメンバー・赤沢長五郎氏の弟子の故・成田浩氏であります。
 太田カルテットとは岩手の洋楽の草分けとして盛岡地域で大正から昭和初期にかけて活躍したカルテットで、岩手郡大田村(現盛岡市)で、優れた音楽活動を続けた弦楽四重奏団です。メンバーは当時の豪農たちで、東京からプロの音楽家を招いて、1カ月にも及ぶ演奏会を開いたこともあるそうな。その太田カルテットのバイオリン奏者・赤沢長五郎氏の弟子が、当団の創設者である成田先生。ゆえに・・・私たちは太田カルテットの孫弟子的存在ということになります。

 そうした太田カルテットの流れの先に誕生した団体として「シンフォニエッタ盛岡」は、「弾く人と聴く人で雰囲気を作り上げる室内楽」をモットーに、現在、市内での演奏会をはじめ出張演奏などを精力的に行っています。 
 今後も地域への奉仕と盛岡の文化向上に努め、“盛岡一温かく贅沢な音楽”をお届けできるよう、メンバー全員で精進していきたいと思っております。
 現在は、およそ30人のメンバーが在籍し、18世紀の演奏スタイルを基本に、いわゆる大編成のフルオーケストラとは異なる小編成オケならではの響きを追求する団体として活動しております。
 当団の演奏会での特徴として、室内楽編成の選曲を行うとともにクラシックに馴染みのない聴衆にも楽しめるよう、地元編曲家によるポップスや映画音楽、唱歌などの演奏も積極的に取り入れております。編成が小規模なので、個々の音や響きをアンサンブルでじっくりと楽しむことができるのも特徴のひとつであります。
コメント

2020.11.22(日)「秋の室内楽コンサート」開催!

2020年10月23日 22時04分14秒 | TOP
今年の「秋の室内楽コンサート」を開催します!
日時 11.22(日)13時30分~
会場 盛岡市西部公民館 プレーホール
入場無料
※コロナ感染症予防のためマスク着用、手指消毒、検温等にご協力願います。
 駐車場に限りがありますので公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

曲は近々アップいたします。クラシックから唱歌、映画音楽まで幅広いジャンルを、さまざまなアンサンブルでお届けします。最後には全員での管弦楽も。
芸術の秋に音楽を、ぜひお楽しみに!
コメント

シンフォニエッタ盛岡の団規約について

2020年02月24日 22時42分12秒 | 団規約
団員各位

シンフォニエッタ盛岡の規約を次のとおり改正しました。
                              

シンフォニエッタ盛岡 団員規約
第1章 総則
(名称)
第1条 本団体は、「シンフォニエッタ盛岡」と称する。
(目的)
第2条 本団体は、盛岡市芸術祭参加をはじめとする演奏活動を通じて音楽を理解し、団員相互の親睦を図ると共に、豊かな人間形成を目指すことをその目的とする。
(活動)
第3条 本団体は、前条の目的を遂行するために、次の活動を行う。
  (1) 定期練習 基本合奏は月2回(第2土曜・第4日曜)。その他、必要に応じて分奏・合奏など
  (2) 盛岡市芸術祭参加と自主発表会
  (3) その他、本団体の目的に沿う活動
(団員)
第4条 本団体は、本団体の趣旨に賛同する団員をもって構成する。
   2 (団員の義務) 団員は、団費納入の義務を負うとともに、本団体の活動(練習、行事、演奏会)等に 積極的に参加しなければならない。
   3 (入団)入団を希望する者は、入団申請書(別途様式による)を提出し 役員会の承認を得るものとする。
   4 (退団) 退団する場合は、退団届を代表に提出しなければならない。
   5 (退団勧告)次の各号のいずれかに該当するときは、役員会の承認を得て退団を勧告することができる。
   (1) 理由なく団費の未納が一年以上の場合
   (2) 練習への不参加(無断欠席)が一年以上の場合
   (3) 本団体の名誉を毀損し、趣旨に著しく反する行為があった時
   6(休団)団員がやむを得ない事由により、本団体の活動に参加できない場合は、休団届を提出し休団することができる。
   7 (休団の承認)団員から休団申請があった場合は、その申請内容について役員会で速やかに審議のうえ、休団を承認する。
(1)休団期間は、原則として休団届日から1年間とする。
(2)休団期間の1年間を超える場合は、特別な事情がある場合を除き、原則として認められず、役員会の承認を得て退団の取扱いとする。 
ただし、その後の再入団を妨げるものではない
第2章 組織
(役員)
第5条 本団体に代表1名、副代表1名、事務局長1名、技術委員長1名、監査1名の役員をおく。
2 代表は本団体を代表し、その運営を総理する。 副代表は代表を補佐し、代表に事故あるときはこれを代行する。
3 監査は会計及び本団体の運営全般を監査し、6月の定期総会で報告する。
4 役員は、総会において選任する。
5 役員の任期は、原則翌年の定例総会終結のときまでの1年とするが、総会の承認により任期延長・継続することができる。

(事務局)
第6条 本団体の運営を円滑に進めるため、会計及び総務広報等の運営全般に関する業務を担当する事務局をおく。
   2 業務を統括する事務局長をおく。
   3 事務局は、会計(若干名)、総務広報(若干名)の係員で構成し、役員会がこれを指名し総会で承認する。
   4 必要に応じて、事務局長を補佐する副事務局長を上記メンバーの中から 代表が指名することができる。

(技術委員会) 
第7条 本団体の運営を円滑に進めるため、練習及び演奏の企画運営に関する業務を担当する技術委員会をおく。
2 技術委員会に業務を統括する技術委員長をおく。
3 技術委員会は、インスペクター(1名)、コンサートマスター(1名)、セクションリーダー(弦、管 各1名)で構成し、役員会がこれを指名し総会
で承認する。 
4 必要に応じて、技術委員長を補佐する副委員長を上記メンバーの中から 代表が指名することができる。
   5 技術委員会は、技術委員長が招集し、次の事項について協議、決定する。
   (1) 練習計画の作成と進行管理に関すること
   (2) 演奏会の進行管理に関すること
   (3) 演奏会の曲目の選定に関すること
(4) その他 演奏及び技術向上に関すること

第3章 会議
(総会)
第8条 総会は、本団体の最高議決機関であり、団員の過半数の出席をもって成立する。
2 定例総会は 毎年6月(定期演奏会終了後)に代表が招集する。
3 臨時総会は 役員または団員の4分の1以上の要請により、代表が召集する。
4 定例総会では次の事項について決定する。
   (1) 活動・決算報告
(2) 役員の選任と係員等の承認
(3) 活動計画と予算の承認
(4) 規約の改廃
(5) 団費等の決定
(6) その他
5 総会の議長は団員の互選によりこれを決める。
6 総会の議決は団員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(役員会)
第9条 役員会は、役員でこれを組織し、代表がこれを招集し、本団体の活動の企画運営を行う。
(拡大運営会議)
第10条 本団体の円滑な運営のため、代表が必要と認めた場合は、役員、事務局、技術委員会のメンバーで構成する拡大運営会議を開催し、代表がこれを召集する。 
第4章 会計
(会計)
第11条 本団体の会計年度は、毎年6月1日から翌年5月31日までとする。
   2 本団体の予算は、役員会がこれを発議し、総会の承認をもって決
    定する。
   3 本団体の決算は、監査がこれを監査し定例総会において会計監査報告を行う。
(団費)
第12条 本団体の団費は、一般団員:年会費18、000円(1,500円/月)、学生団員:年会費12、000円(1,000円/月)とする。
   2 団費は、原則として会計年度の初めに一括納入する。
  3 新入団員は入団が決定した月を起算として、会計年度内の残りの月数に応じた金額を納入しなければならない。
   4 一括納入後の途中退団の場合は 団費の返金はない
  5 休団者については、休団期間中の団費の納入は免除する。

(慶弔見舞金)
第13条 団員に慶弔等が生じた場合、その儀礼を果たすために慶弔規程を定める。
2 団員本人が死亡した場合香典1万円、団員の療養見舞いおよび団員の家族に不幸が生じた場合は役員が協議して決める。その他、団にかかわる慶
事・弔事については、役員会で協議し対処する。

附則
本規約は平成18年11月24日から適用する。
本規約は平成19年2月25日より改正適用する。
本規約は平成21年6月13日より改正適用する。
本規約は平成24年6月9日より改正適用する。
本規約は平成25年6月8日より改正適用する。
本規約は平成27年6月13日より改正適用する。
本規約は平成29年7月29日より改正適用する。

コメント

東日本大震災復興支援 チャリティコンサートのお知らせ

2020年01月19日 13時59分15秒 | TOP
私達が日頃活動の拠点としている『西部公民館』では、東日本大震災の教訓を風化させず、復興支援に役立てていただくことを目的に、標記コンサートを毎年開催しています。 
シンフォニエッタ盛岡では、その趣旨に賛同し今回参加することとしました。 
当日は、管楽合奏、弦楽合奏やオーケストラ演奏と、室内オーケストラならではの様々な演奏スタイルに取り組みます。 
また、今回のコンサートに参加される女声合唱団コールパレッタの皆さんとも、交流する機会があればと期待しております。 
どうぞ お時間がありましたら 西部公民館へ足をお運びいただければ幸いです。   (佐々木)


コメント

2019.10.26(土)岩手県公会堂にて15時開演!

2019年09月22日 21時24分29秒 | TOP

2019.10.26 15時から岩手県公会堂にてコンサートを開催!

無料ドリンクを飲みながらゆっくり午後のひとときを音楽と共にお楽しみください。

入場無料!

コメント

「2020 春のコンサート」へ向けて始動!

2019年06月09日 00時14分04秒 | TOP

令和2年(2020年)5月30日(土)、「2020 春のコンサート」開催が決定しました!
場所は、盛岡市民文化ホール(マリオス)の小ホールです。

プログラムのメインは、「のだめカンタービレ」でも お馴染みのあの曲 『ベートーベンの交響曲第7番』です!  
そして子どもから大人まで楽しめる童謡をモチーフにした超お楽しみの曲の数々!

2020年はベートーベン生誕250年でもあります!
ベートーベンの「舞踏の聖化」とも讃えられた「交響曲7番」に挑戦し
一緒に演奏を楽しんでいきたい方、ぜひ仲間になりませんか?

現在急募しているのは、打楽器(Timほか)、弦楽器(特にヴィオラ、ヴァイオリン)です
一緒に 挑戦してみようかなと思われたら 下記メールあて問い合わせを。
sinfonietta2007@yahoo.co.jp

第一部

◎モーツァルト:「劇場支配人」序曲
◎ベートーヴェン:交響曲第7番

第二部

◎ズーラシアン・フィルハーモニー編曲 『四季の饗宴&どんぐりころころ~オケにはまってさぁ大変!』
◎その他 

 

コメント

sinfonietta morioka