志貴野長生寮のブログ

社会福祉法人 高岡市身体障害者福祉会

敬老のつどい (9/15)

2018年09月28日 17時25分00秒 | イベント

みなさん、こんにちは。志貴野長生寮です。
秋の長雨はいやですね。カラッとした秋晴れが恋しいこの頃です。
今回は敬老のつどいについて報告します。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

9/15(土)に敬老のつどいが催されました。

まず、式典があり、今年度に米寿を迎えられる3人の利用者さんに、県から届いた祝状を所長が手渡されました。
利用者さんのご家族も来られ、記念撮影などを行いました。

20180915KEIROUNOTSUDOI01 (写真をクリックすると別ウィンドウで表示されます)
(注) 個人情報保護の観点から、個人名を伏せるなど一部加工しています。

式典終了後、楽しい演目が次々と披露されました。

はじめは、職員合唱団によるコーラスです。
利用者さんにもなじみ深い「荒城の月」「赤とんぼ」で幕を開け、元気が出る曲として
「世界に一つだけの花」「明日があるさ」と続き、アンコール曲では「ふるさと」をみなさんで合唱しました。

20180915KEIROUNOTSUDOI02 (写真をクリックすると別ウィンドウで表示されます)

続いては、これまた職員舞踏団によるダンスです。曲は、5月に逝去された西城秀樹さんの「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」
志貴野長生寮のヒデキが会場全体を盛り上げ、利用者さんも一緒に踊りました。
アンコールでは、所長がヒデキに早変わり。会場全体が熱く燃え上がりました。

20180915KEIROUNOTSUDOI03 20180915KEIROUNOTSUDOI04 (写真をクリックすると別ウィンドウで表示されます)

最後は、石川県を中心にご活躍されている「龍花 ~RYU-KA~」のみなさんによる華麗な和太鼓演奏です。
女性3人の息の合った演奏に、利用者さんもご家族も職員も引き寄せられるように見入っていました。
富山ゆかりの「こきりこ節」も織り交ぜてくださり、あっという間に時間が過ぎていきました。
当然のようにアンコールの声が沸き、再度「こきりこ節」で大いに盛り上がりました。
龍花 ~RYU-KA~ のみなさま、ありがとうございました。

20180915KEIROUNOTSUDOI05 (写真をクリックすると別ウィンドウで表示されます)
なお、とても好評だったので、10月に予定されている「長生寮文化祭」 (隣の養護老人ホームとの共催行事) にも公演していただくことになりました。

当日は、あいにくの雨模様でしたが、そんなことを忘れるくらい熱く、楽しい時間でした。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

今回はここまでとします。また次回をお楽しみに。

失礼します。

コメント

養護老人ホーム見学会について (9月, 10月)

2018年09月27日 18時38分55秒 | スタッフ

みなさん、こんにちは。志貴野長生寮です。
前回の投稿から1ヶ月が過ぎ、朝晩がめっきり涼しくなってきました。
寒暖の差で体調を崩さないように気を付けてくださいね。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

さて、前回の記事以降の養護老人ホームの見学会の日時について、9/19(水)に地域情報誌、9/20(木)に新聞折り込み広告が出されましたのでお知らせします。

20180919JOBOFFERADVERTISEMENT 20180919JOBOFFERHANDBILL (広告をクリックすると別ウィンドウで表示されます)

見学会の日は以下のとおりです。

9/24(月・祝)10/5(金)10/14(日)10/18(木)

勿論、上記以外の時間で見学に来られても、丁寧に対応させていただきます。

まだまだ職員は募集していますので、ほんの少しでも興味を持たれたら、ぜひ見学会にお越しくださいね。
職員一同、新しい仲間をお待ちしています。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

今回はここまでとします。また次回をお楽しみに。

失礼します。

コメント

養護老人ホーム見学会 (9月) について

2018年08月24日 17時05分30秒 | スタッフ

みなさん、こんにちは。志貴野長生寮です。
毎日暑い日が続いていますね。先日は富山市で39.5℃を記録しました。まるで熱帯地域のようですね。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

前回の記事で、当法人が養護老人ホームの民営化を引き受けたことと、それに伴うスタッフ募集施設見学会のお知らせをさせていただきました。
これまで、8/13(月)8/16(木)8/22(水)と3回の見学会を行い、1回目より2回目、2回目より3回目と、少しずつ見学に来られる方の人数が増えており嬉しく思っています。
しかし、まだまだ希望するスタッフの人数には足りておらず、これからも見学会を何度か開催していく予定です。

 (広告をクリックすると別ウィンドウで表示されます)

この広告は、8/22付発行の「高岡情報」 (地区限定でポスティングされる地域情報誌) に掲載させていただいたものです。
記載のとおり、新たに
9/3(月)の見学会について案内させていただきました。 (勿論、9/3以降も複数回の見学会を開催予定です)
時間がAM10:00~ の記載のみになっていますが、3回の見学会を経験する中で、この記載内容では見学に来られる方には少しわかりづらいことがわかりましたので、今回より次のように時間を設定させていただきます。
午前10時~11時30分
午後1時30分~3時
勿論、上記以外の時間で見学に来られても、丁寧に対応させていただきます。

少しでも興味がありましたら、ぜひ見学にお越しください。お待ちしております。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

今回はここまでとします。また次回をお楽しみに。

失礼します。

コメント

法人新規事業のお知らせとスタッフ募集

2018年08月09日 17時23分25秒 | スタッフ

みなさん、こんにちは。志貴野長生寮です。とっても久しぶりの更新となりました。

今回はタイトルにもあるように、当法人の新しい事業についてのお知らせとスタッフ募集についてです。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

当施設の隣に、高岡市が運営する公立の養護老人ホームが棟続きであるのですが、そちらが来年4月から民営化することが決まり、引き受け法人として当法人が選定されたことが7/31の地元紙に掲載されました。

つきましては、来春に向けて大々的にスタッフを募集します!!
このチラシは、本日付の地元紙に、折り込み広告として出稿させていただいたものです。
今回は、養護老人ホームの生活相談員、介護職員、看護師を中心に募集させていただきました。

20180809JOBOFFERHANDBILL (チラシをクリックすると別ウィンドウで表示されます)

当法人は経営基盤が安定しており、借入金はありませんし、昇給は毎年、賞与もしっかりと払っています。

ぜひ、私たちと一緒に働きませんか?
1人でも多くのご応募をお待ちしております

今回は、見学会も予定しました。8/138/168/228/26 です。
(上記以降も、見学会は日時を設定して複数回開催する予定です)
都合がつきましたら、ぜひ見学だけでも足を運んでいただければと思います。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

今回はここまでとします。また次回をお楽しみに。

失礼します。

コメント

リスクマネジメント委員会施設内研修 - 高齢者虐待防止研修 (3/10)

2017年03月15日 09時41分00秒 | 研修

みなさん、こんにちは。志貴野長生寮です。

今回も行事の報告ではなく、施設内研修について報告します。
今回はリスクマネジメント委員会による高齢者虐待防止研修についての報告です。

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

平成26年3月に神戸市が制作された「よりよい介護を目指して - 高齢者虐待防止 介護従事者 研修用映像」のDVDを視聴後、グループディスカッションを行いました。
グループディスカッションでは、映像の事例を自分たちの施設の状況に置き換え、活発な議論が展開されました。

利用者さんへの対応には、「このように話せば良い」「このように介助すれば良い」というような型にはまった正解はなく、利用者さんの状態や場の状況に応じて臨機応変な対応が求められます。そうした臨機応変さは、各職員の研鑽による資質向上だけでなく、日々の関わりの中で失敗や成功を繰り返す経験の積み上げも重要です。職員には、座学による知識習得にばかり頼らず、積極的に利用者さんと関わり、失敗の中から明日へのヒントを掴んでほしいと思います。

巷では虐待による痛ましい事件が過去何度も報道され、介護施設に対して厳しい目が向けられています。施設としては、そうした見方にきちんと応えられるよう、虐待の定義や虐待につながる恐れのある日常の不適切な対応をしっかりと理解し、より良いサービス提供のために日々精進していきます。

 (写真をクリックすると別ウィンドウで表示されます)

-> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> -> ->

今回はここまでとします。また次回をお楽しみに。

失礼します。

コメント