日本一幸せをもらった精子提供者のブログ

精子提供ボランティアにより幸せになった多くの人を見て、逆に自分が幸せを誰よりも頂いてしまった男のブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

精子提供における子供の近親相姦可能性について

2021-01-14 14:14:53 | 日記

細かくは様々な条件があると思うのでおおまかな目安の一つとしてです

1年に日本で生まれる子供の数が86万人(2020年)

非常に狭い同じ年の相手だけから結婚相手を選ばなくてはならないとしても 約40万人の異性から相手を選ぶとすると

10人提供を成功されてる提供者(生まれた子供が男女半々とした場合)の方でも

40万人÷5人

近親相姦となる可能性は8万分の1位

現実的には年齢幅10歳位から選ぶとすると更にリスクは減る

精子提供には問題点もあるが、マスコミ等が近親相姦がリスクというのには個人的には首をかしげてしまう

論点はもっと他にある

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

精子提供マッチングサイトの本当の問題点について(もちろん良い部分もあると思います)

2021-01-02 19:43:10 | 日記

https://secret.ameba.jp/nihonichiseishi/amemberentry-12647808013.html

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私が思う精子提供者が飲むべきサプリについて

2021-01-02 17:05:12 | 日記
精子をよくするために飲むサプリ
色々聞きますよね
 
例えば マカ

健常成人男性9名を対象に精液検査の値に対するマカの効果を検討した。マカを1日当たり1.5g もしくは3.0g を4カ月間摂取させた。性ホルモンには直接影響を及ぼすことなく、精液量や精子数、運動性精子数、精子運動性が有意に増加した。

ただ、精子提供者は

精液量や精子数、運動性精子数、精子運動性

これらの数値に元々問題がある方はほぼいないと思われます

精子の質について、一般的な精子検査の結果だけでは分からない指標があります

それが精子の断片化率です

 (断片化率を検査してくれる病院もありますが、奥さんの不妊の方しか受けられなかったり数は少ないです

それでも可能な病院はありますので、検査したいという提供者の方がいましたらメールいただけたらお伝えします)

断片化率が受精卵の着床率つまりは妊娠率にも関わることは調査の結果明らかになっています
男性因子ではない顕微授精、475周期を男性パートナーの精子DNA断片化率(SDF)が30%以上(n=433)か、30%未満(n=42)かで2つのグループに分け、調整後の培養成績や治療成績を比較しました。
その結果、受精率には差はありませんでしたが、胚の正常分割速度や3日目良好胚、胚盤胞率、良好胚盤胞率、着床率はSDFが30%未満のグループの方が有意に低く、妊娠率に差は見られませんでしたが流産率はSDFが30%以上のグループの方が有意に高いことがわかりました。
このことから、精液所見が正常であっても、精子DNA断片化率が高くなると培養成績や治療成績にマイナスの影響を及ぼすことが示唆されました。
 
還元型コエンザイムが断片化率の値を大幅に良くしてくれることも調査で分かっていますので
(下記サイトの結果1の部分参照)
精子提供者が飲む何よりの最強サプリメントは個人的には還元型コエンザイムだと思ってます
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする