でこのブログ☆私好みの宿日記

ホテル旅館を問わず「宿」が好き。
観光は二の次、三の次。
できればPCモードで見て下さい。

孫のこと

2019年08月17日 | 番外編

孫ネタを2つ。

小3の孫からこんなハガキが届いた。

学校でおばあちゃんかおじいちゃんに

手紙を書く課題のようだ。

隣りに住んでいるので

切手は貼らず、私の知らない間に

うちのポストの中に入っていた。

この子は五目御飯が好きなので

作ると、隣りに持っていくのだが・・・

私の五目ご飯は

実は・・・

スガキヤ(名古屋のご当地ラーメン店)の

五目御飯の元を

炊いたご飯に混ぜているだけの

手抜き五目ご飯なのだ。

この前、孫と一緒にイオンの

フードコートの中にある「スガキヤ」で

ラーメンと五目御飯のセットを食べた時

「このご飯、おばあちゃんの作ってくれる

五目御飯と味が似てるね~」と言われた。

す・するどい! (~_~;)

 バレるのも時間の問題かもしれない。。。

ユニクロの夏用のブラ。

色気も素気もないブラなのだが

(もうオバサンなのでどうでもいい)

とても涼しく、着け心地が楽なので

バレーの練習の日は、これを付けていく。

(まだバレーやってます)

洗う時は、中からカップを出して

バラけて干すのだが

先日、孫達が帰ったあと

部屋を片付けていたら

これなんだ??

丸いお皿に猫のカリカリが。。

ん?こんなお皿あったっけ??

よくよく見たら

私のブラのカップではないか!!

孫の仕業だ。

猫にご飯をあげたくて

たまたま置いてあったブラのカップをお皿にした?!

多分カップとは知らずに

ちょうど良い大きさの器か何かと思ったみたいだ。

カリカリの匂いの付いたブラカップ。

洗い直した。

昨夜お風呂から出てきたダンナが

「赤いシャンプー泡立ちいいな」と言った。

「赤いシャンプー??そんなのあったか?」

 

次に私がお風呂に入り謎が解けた。

 

・・・・夏しか洗わない我が家の

飼い猫たちに使ったシャンプーだった。

仕舞い忘れた。

老眼で小さい字が見えない。

 

黙っとこ。

確かこれで2度目。

知らぬが仏。

ミニの近況を・・・

10回目の抗がん剤が終わりました。

リンパ腫が消えたわけではないですが

見た目は元気にしています。

このまま落ち着いていて欲しいです。

コメント (1)

琵琶湖ホテル 滋賀県

2019年08月13日 | 滋賀県の宿

孫たちを連れて、数年振りに琵琶湖ホテルへ。

宿泊料金も安し、温泉もプールもあり

食事も美味しいので

とても重宝するホテルです。

外観はまるで

水族館みたい

要塞みたい・・なんて口コミで言われていますが

全室琵琶湖ビューですし

京都からも、JRの大津駅からも

名神の大津ICからも近く

とても便利な立地。

夏休みはかなり混んでいて

料金も大人も子供も同料金で

1泊2食で16400円でした。

やはり夏休みは割高ですねー

普段の平日なら1泊2食で

平日なら1万そこそこで泊まれるのに。

フロントもレストランも大浴場も

ほとんど変わっていませんでしたが

エレベーターが

部屋のカードキーがないと

乗れなくなっていました。

(自分の部屋のある階にしか止まらない)

客室もここ数年で次々にリニューアルされたようです。

水をテーマにした「アクア」

光をテーマにした「ルミナ」

そして今回私達が泊まった「ナチュラ」

ナチュラは去年リニューアル。

木を使ったナチュラルな感じのお部屋。

ベッドが4つ。

今回4名1室で検索するとこの「ナチュラ」しか

空いていませんでした。

ちょっと狭いけど・・・我慢。

メインベットを孫2人に取られ

私とダンナは狭くて固いサブベット。(一一")

孫たちも3年生と4年生になり

荷物の整理も、水着の準備も

お風呂も、着替えも

全部自分達で

出来てしまうので

ずいぶん楽になりましたが

あまり手が掛からないのも

ある意味寂しい気もします。

以前のように

大浴場で髪や身体を洗ってやったり

髪を乾かしてやったり

パジャマの用意をしたり

文句言いながらも世話を焼いてた頃が

懐かしいです。

でも、まだこうやって一緒に旅行についてきて

くれるだけで良しとしなきゃいけないですね。

そのうち「友達と一緒に行った方が楽しい」なんて

言われてしまうんでしょう。

私が幼い頃、近くに住む祖母の家に

しょっちゅう遊びに行っていたのが

自分が大きくなるにつれ、段々足が遠のき

たまに行くと、別れ際に「また絶対来てね」と

何度も祖母が私に言うのを

「うん、わかった~」と

適当に答えていたのを思い出します。

これも成長の証しなんでしょうけど

祖母としては寂しかったんでしょうね。

窓からの眺望は相変わらず素晴らしく

琵琶湖を一望。

ちょうど2日後が琵琶湖花火大会の日だそうで

外では、桟敷席の準備が進んでいました。

琵琶湖花火大会は一度も見た事がないのですが

毎年曜日に関係なく、8月4日。

とても盛大で、泊まりはもちろん

レストランだけの予約も

春先から埋まるんだそうです。

食事は、今まで朝も夜もバイキングでしたが

今回はバイキング会場が満員だとかで

夜はイタリアンのコースになりました。

子ども達はパスタやピザが大好きなので

ちょうど良かったかな。

大人用とはメニューが違っていましたが

美味しくいただきました。

琵琶湖ホテルの食事は何を食べても美味しいです。

チェックイン後はすぐプール。

翌日もチェックアウトギリギリまでプール。

プール大好きな2人ですが・・・

ここのホテル、宿泊者もプールの使用料が

必要なんです。

大人1500円、子供1000円。

せめて宿泊者は無料にして欲しいですねぇー

 

実は今回、娘の病院経由で

愛知県蒲郡にオープンしたエクシブ「ラグーナベイコート倶楽部」に

泊まろうと、申込みをしたんですが

なんと・・・利用不可。

娘の病院は、エクシブの一番上のカテゴリーの

「スーパースイート」も宿泊可だったので

ベイコート倶楽部も

もしかしたら泊まれるかもしれないと

甘く見ていたのですが・・・ダメでした。

日帰りプランでさえオーナー様のみだそうです。

うう・・・・ムカツク。(;一_一)

そんなこんなで琵琶湖ホテルになりました。

個人のオーナーだと、利用日を組み合わせて

ベイコート倶楽部も利用できるようですが

(たとえばエクシブ2泊分の権利を使ってベイコート倶楽部を1泊分みたいに)

法人の場合は、いろいろ縛りがあり

そこまで個人の為にやってくれない(会社側が)ぽいです。

まあ、しょうがないですね。

せっかく愛知県初のエクシブの施設なのに

利用できなくて残念無念です。

こうなったらベイコート倶楽部のオーナー様を探して

仲良くなるしかない・・・か。

コメント (2)

グランバッハ熱海クレッシェンド 3 静岡県

2019年07月27日 | 静岡県の宿

朝晩は、同じレストランで。

2階にある「風雅」

この日は5組のみだったので

すべて窓際の席でした。

見晴らしは本当に最高です~!

menuは・・・口コミで

結構叩かれていましたが

追加料金が多いんです。

例えばお肉なら

「+4000円で〇〇牛」「+6000円でブイヤベース」に

変更できます・・・みたいな。

魚料理もしかり。

なんだかそれって、ちょっと考えちゃいますよね。

滞在中一番楽しみの夕食の時間に

追加のメニューを見せられ

次々と説明され

注文しないと申し訳ないような気持ちにさせられる。

そんな余計な気を使わず

出てくる料理を素直に楽しみたい・・・と

思っちゃいました。

お料理は、元オーベルジュだけあって

とても美味しかったのですが

その追加料金の料理の押し売りだけは

ちょっと残念でした。

私は元々ある定番の肉料理でしたが

十分美味しくいただきましたよ。

 

さて、朝です。

曇りなので、やや暗いですけど

これが晴天なら、きっと眺望が素晴らしいでしょうね。

朝食はさすがに追加料金はありませんが

フルーツ類とサラダと卵料理は元々決まっていて

体調に合わせてオプションを選んで下さい・・・というスタイル。

ミート(ハム、ベーコン、ソーセージ、ジビエソーセージ)の中から

パン(9種類の中から)

シリアルバー(2種類の中から)

アイスクリーム(3種類の中から)

ドリンク(9種類の中から)

から選べるようになっています。

口コミを見ていると、1つだけでなく

何種類も選んでいいと書いてあったので

(スタッフからのそういう説明はありませんでしたが)

私はハム、旦那はソーセージとベーコンの2種類を注文。

パンも、小ぶりだったので全種類頼みました。

どれも美味しくいただけました。

もし・・・

ここにお泊りしようかと

私のブログを見て下さってる方がいらっしゃったら

遠慮しないで、いっぱい注文して

いっぱい食べてね。笑

グランバッハ熱海、決して悪いお宿ではないですが

ところどころちぐはぐで残念な部分があって

宿泊料金には少し見合っていない感じがしました。

スタッフさんの応対はとても良かったので

ハード面をもう少し・・・頑張っていただけたらと思います。

帰りに、さすがにまっすぐ帰るのは

もったいないので

インスタで見た「コエダハウス」観たさに

アカオハーブ&ローズガーデンへ。

2017年に出来た「COEDA HOUSE」

日本を代表する建築家・隈研吾氏による設計。

積層された木とカーボンファイバ―を用いた

透明感のある構造体と、景観と共存する一本の樹の

ようなデザインが魅力の庭園施設です。

中はカフェになっていておしゃれ~な空間。

晴れていたら最高の景色なんでしょうけど

曇りで残念でした。

このブランコがインスタ映えすると有名なブランコで

撮り方によっては、まるで海に浮いてるように見えるそうです。

この位置から撮るといいです・・と

撮影スポットの位置が看板で標されていました。

せっかくハーブガーデンに行ったので

お庭も散策しました。

入場料は1000円ですが

ホテルニューアカオにお泊りの方は400円。

HPに200円引きのクーポンが載っているので

行かれる方はご利用下さいね。

帰りに乗った年配のタクシー運転手さんが

熱海は昔は本当に人気の観光地で

我々もたくさん稼がせてもらい

何十年も昔なのに

月給が40万越えた時期もあったけど

そのうちどんどん衰退していき

観光客が減り

どん底の時は、10万切った事も。

最近はまた持ち直してきて

コンスタントに20万以上は稼げるようになったと。

結構リアルな金額まで話して下さって・笑

昔、熱海の大きなホテルは、1泊2万以上が当たり前で

それでも会社の接待や慰安旅行で

常に満室だったけど

衰退後

潰れたホテルのリノベーションで再生した

「大江戸温泉」が出来てから

他のホテルも見習い?

多くの大型ホテルが1泊2食一律料金で

食事も部屋出しではなく

バイキング形式になったんだとか。

(タクシーの運転手さん情報)

そんな価格帯を下げたホテルが多い中

数年前から

「熱海ふふ」「海峯楼」「せかいえ」

そして「HIRAMATSU熱海」「海森風」など

高級宿が次々とオープンし

熱海の宿は、二極分化されてきた感じ?

「衰退した観光地」の代名詞にもなっていた熱海が

活気を取り戻せたのも

そんないろいろな要素が組み合わさった

結果なのかもしれません。

熱海とは全く関係のない話しですが・・・

昨日、お昼に猫達にあげた猫缶の残りを

お皿に入れ、ラップを掛け

冷蔵庫の中に入れておいたのですが

それをいつもより早く帰ってきたダンナが

ビールと一緒に冷蔵庫から出して

食べようとしているところに

ちょうど私が帰宅し

寸前でそれを見つけ

「それ、猫のエサ!!シーチキンじゃない!」と叫び

ギリギリセーフで止めました。

いつも猫缶って、どんな味だろう??と

興味深かったので

止めずに静観すれば良かったと

後から

止めた事を後悔したがね。(-.-)

 

 

コメント (4)

グランバッハ熱海クレッシェンド2 静岡県

2019年07月19日 | 静岡県の宿

これは、本館から宿泊棟へ渡り廊下です。

もう少し飾りがあってもいいのでは?と思うほど

あちこち・・・(良く言えば)シンプル。

悪く言えば、殺風景。

客室への廊下です。

部屋番号も♬マークが。

今回選んだお部屋は、いつも雑誌や

パンフレットのトップで掲載されてる

木の露天風呂付の客室。

グランバッハは3つのカテゴリーに分かれています。

・森の見えるお風呂付き客室(5万前後)

・露天風呂付き客室(4万前後)

・ビューバス付き客室(3万前後)

1泊2食、1室2名利用の大体の料金です。

私は1万円引きの一休のクーポンがあったので

3万ちょっとで泊まりました。

やはり写真は良く見えますねぇー

パンフレットに載ってる部屋と同じとは思えない・苦笑

客室も とにかくシンプル。

もう少し壁に飾りとか絵とか

インテリアに凝って欲しい。

冷蔵庫内は無料。

一休のサービスでシャンパンもありました。

でもでも・・・

露天風呂からの眺望は最高です!

まったく遮るモノや、目隠しが無いって

やっぱりいいですねー

夜も、熱海の夜景がキレイでした。

湯加減もちょうど良く

熱海のお湯を源泉かけ流しで満喫しました。

客室の洗面所は無駄に広く

スッキリし過ぎてて、つまらない。

アメニティ―は「ミキモト」でしたが。

お部屋に置かれていたウェルカムスイーツ。

キャラメルとか海老せんとか・・

箱は立派でしたが、駄菓子みたいで高級感はゼロ。

大浴場も、大衆宿の大浴場みたいな入口で

ややテンション落ちました。

脱衣場もしかり。

内湯のみ。

ただしシャンプー類やコスメ類は「ミキモト」

これが「ポーラ」だったら文句の1つも言ったかも?笑

ラウンジです。

ここは、雰囲気良かったですねぇー

ロビーとラウンジのインテリアには

力を入れてる感じ。

1階ロビー奥のショップ。

なんか・・・全体的に悪くはないのですが

手を抜く箇所と

力を入れている箇所が

極端すぎて。。。

抜くところは

思い切っリ節約してる感じがしました。

多分、口コミが両極端なのは

このせいなんでしょうね。

ロビーはこんなに素敵なのに・・・ ↓

 

ちょうど私の泊まった数日後が

1年に1度ある「熱海こがし祭り」の日で

その日のグランバッハの宿泊料金が

1泊2食で6万円(税別)だそうで

盛んにスタッフさんがPRされてましたが

6万って・・・どーよ。

コメント (2)

グランバッハ熱海クレッシェンド 1  静岡県

2019年07月12日 | 静岡県の宿

久しぶりの宿ブログです。

ミニの体調の良い時期を見計らって

直前に予約を入れ

熱海で1泊してきました。

猫たちのご飯は家族に頼めますが

ミニに薬を飲ませるのは

私にしかできないので

新幹線でトンボ帰りの旅行でしたが

久しぶりに温泉に浸かって

名古屋から離れ

ミニとも離れ

気分転換できました。

2年ぶりの熱海でしたが

相変わらずとても賑わっていました。

駅前にある足湯なんて満員で座る場所もありません。

熱海プリンの店の前には大行列が。

老若男女でいっぱいです。

さて・・お宿はというと

「せかいえ」と「グランバッハ」と

どちらにしようか・・・迷いましたが

タイミング良く一休から1万円引きのメールが届いたので

「グランバッハ」に。

せかいえの月の道も

一度行ってみたかったんですけどね。

グランバッハもせかいえも

良い口コミと悪い口コミが両極端で

正直、行くまで「当たり」か「はずれ」か

心配でした。

 

本当は和食を食べたかったのですが

せかいえは「肉懐石」

グランバッハは「フレンチ」と

どちらも和食ではなく

そこがちょっと残念でしたが。。。

さて、グランバッハですが

あらら・・・

熱海駅からの無料送迎サービスがないんです。

電話で聞いたら

「ご自分でタクシーでご来館下さい」と。

ふふ系列も、ひらまつも

熱海駅まで迎えに来てくれます。

そこそこのランクの宿なら

当然あると思っていた無料送迎。

それがないのは意外でした。

結局、駅前でタクシーを拾い

来宮神社へ寄り、そこからホテルへ。

かなり細い山道をグルグル登っていくので

これが自分の運転だったら

ちょっと怖かったかも・・です。

さて、ロビーです。

とても広々として、スッキリ!

まだ3年目なのでキレイで新しいです。

ただここ、以前は「オーベルジュDenナチュレ」という

レストランと宿泊棟が併設されているホテルだったそうで

オーナーは同じですが、そこをリノベーション。

ちなみに京都にも「グランバッハ京都」があるんだそうです。

知らなかった。。

全面窓で、熱海の海沿いが一望でき

開放感抜群です。

晴れていたらもっと眺望が良かったでしょう。

「グランバッハ」の名前を意識して

バッハの彫像が飾ってあったり

グランドビアノが置かれてあったり

♬マークの飾りがあったり

BGMもバッハの音楽

時々、ここでクラシックのミニコンサートも

開かれるんだとか。

ウェルカムドリンクは

アルコール系2種類

ジュース系2種類の中から選べました。

ダンナはシャンパン、私は柑橘系のジュース。

チェックインは3時ですが

30分ぐらい前にはお部屋に案内して下さる宿が多い中

ここはギリギリまで待たされました。

宿泊客は5組しかいなかったのに・・・ね。

これも口コミ通り~苦笑

外にもイスが置かれていて

景色を楽しむ事ができます。

熱海は前日までずっと大雨だったそうですが

私の滞在した2日間は

曇ってはいましたが

一度も雨には降られず

ラッキーでした。

外観はこんな感じ。

この建物と宿泊棟が渡り廊下で繋がっています。

今回、熱海駅から来宮神社で参拝後

ホテルへ向かったのですが

来宮神社からホテルまでの

距離感が分からなかったのですが

意外に近くて

タクシーで1000円程度で行けました。

参考になさってください。

久しぶりに訪れた来宮神社ですが

商売上手というのか・・・

境内の前にカフェが出来ていました。

神社の中にカフェがあるって

珍しいのでは? 

まるでスタバのようなおしゃれ~~なカフェ。

1周すると願い事が叶うという来宮神社の「大楠の木」

娘の安産と、ミニの病気治癒を願い

2周しました。

本当は願い事が多すぎて

100周ぐらいしたかったのですが

時間と体力の関係で

2周でやめときました。

次は、グランバッハのお部屋の紹介をしますね。

 

コメント (2)