rhk-labo

建築研究室です。和歌山市で!
仕事以外の事が多くって。。。

バンブルビー

2019-03-24 13:59:19 | 映画

「バンブルビー」と言えば、「バンブルビー・ツイスト」「熊蜂の飛行」を思い出しますなぁ

『父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいる少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけ、匿うことにするが……。』

コメント

シンプル・フェイバー

2019-03-18 00:46:13 | 映画

「ゴーン・ガール」を思い起こすような、

行方不明になる女性、ミステリアスなストーリーが最後まで。

ドキドキの2時間、是非劇場で!!!

コメント

運び屋

2019-03-17 10:08:04 | 映画

家族に見放された老人、が、明るく、きままに、パーティ好きで女好きで、ああ、誰かに似てンなぁ。

法に触れることはやってないけどわたしゃ。

実話と云う、トランプ氏が塀を造りたがるの解りますなぁ!

コメント

グリーン ブック

2019-03-10 11:54:50 | 映画

久々にもう一度観たい映画。

見事作品賞に輝くアカデミー

是非:劇場へ!!!

コメント

女王陛下のお気に入り

2019-03-05 21:23:59 | 映画

豪華絢爛なる衣装を目当てか、圧倒的に女性が多い観劇でした。

当方は室内撮影のが大半の壁やら天井に目が!

 

コメント

アリータ

2019-03-04 12:28:56 | 映画

原作は日本の劇画とか。

ジェームス・キャメロン、プロデュース

さて、次回に続く物語は、空中都市に舞台を移すのか!?

コメント

アクアマン

2019-02-13 01:18:23 | 映画

荒唐無稽もここまでやってくれれば・立派!

続編ありそうです、が、もういいです。

ニコール・キッドマンは相変わらず若くきれいですねぇ!!!

コメント

ファースト・マン

2019-02-12 00:29:52 | 映画

忘れもしない1969年7月20日

浪人生活の真っ只中、台東区元浅草のシャーリング工場の自宅居間のテレビに釘付けで観ていた。

半世紀も前の事実。

脚色は多分にあるのだろうが、感慨深い一作でした。

コメント

七つの会議

2019-02-04 00:13:29 | 映画

池井戸作品初観劇

企業のデータ改竄隠蔽を扱う作品。

実際、まだまだあるンやろうなぁ

現実問題として・・・

コメント

マスカレード・ホテル

2019-01-27 11:24:17 | 映画

さすが東野さん、最後まで犯人がわからなかったワ。

犯人逮捕につながる小道具、これは見逃さなかったけれど。

素敵な「長澤まさみ」でした!

コメント