Richard's Blog

リチャードの雑記帳

ロシア旅08 ピョートル大帝夏の宮殿と庭園(ペテルブルグ)

2011-10-09 21:48:48 | 海外旅行

ロシア旅行 INDEX        ロシア旅行日程

ロシア旅行3日目、サンクトペテルブルグ観光はピョートル大帝の夏の宮殿と庭園を観光です。

9時45分、ツアーバスでホテルを出発。バスの座席は1列目は業務用。2列目3列目は毎日日替わりで指定される優先席。4列目からうしろは、自由席です。

 

 

 

 

10時20分頃、ピョートル大帝の夏の宮殿前に到着。やはり上部の尖塔部分は金色で目立ちます。

ここはサンクトペテルブルクから西に約30km離れたフィンランド湾南岸に位置する宮殿と庭園で、「上の庭園」と「下の公園」、全体で20の宮殿と7つの公園からなる。

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると外から見えた宮殿の建物がありますが綺麗な装飾と上の金色が目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 この宮殿はヴェルサイユ宮殿をモデルにピョートル大帝が建設を命じたそうです。

 

 

 

宮殿内を奥に進むとテラスがあり噴水のある池の前に来ました。宮殿側から見下ろした所です。中央の奥は海で向こうはフィンランド湾に繋がっています。木々も少し色づき始めていて綺麗な景観です。

 ここには150の噴水と4つの滝があり約20kmも離れた丘から水を引き、電気を一切使わず、今現在も当時のまま、水力工学による仕組みで動いてるそうです。

 

 

大宮殿の前にある最大の見所『大滝』 

テラスから下にギリシャ・ローマの神話をモチーフとした彫像241 体が金色に覆われ、配置されていて、まさに贅をつくした宮殿の噴水です。

中心にあるのは「獅子の口を裂くサムソン」で、獅子と戦うサムソン
が今まさにライオンの口を渾身の力でこじあけているシーン。

 

 

  

 

 

 

 

そして観光客が取り巻く中、お待ちかねの噴水ショーが始まりした。

 

毎日午前11時に音楽とともに水が出始めます。

 

あちらこちらから噴水がわきあがります。

 

 

 

 

 宮殿と金の彫刻群と噴水。まさに豪華な王様の宮殿。

 

 

 11時から始まった噴水ショーを動画に撮りました。↓

 

 

 

宮殿と噴水のパノラマ写真(クリック)

 

 

 

 

 

 11時からの噴水ショーを観たのち、広大な宮殿の庭園内をガイドさんについて歩きました。まるで森林浴のようでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 ピョートル大帝はとにかく噴水が好きで庭園内にはかなりの数の噴水があります。

 

これは「太陽の噴水」

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 『いたずらの噴水』。普段は石が敷き詰められているところですが、ある場所を通ると急に噴水がわき出ます。どうやら椅子の後ろに座っているおじさんが、操作しているようです。いたずら好きのピョートル大帝が庭園内にいくつか作らせたそうです。

 

 

 

 

 

広大な敷地の庭園内は、どこでも綺麗に整備されていて、美しい庭園美です。 

 

 

 

 

 

海側に出てみました。海はフィンランド湾。この先がフィンランドだと思うとヨーロッパの地形が思い浮かんできてサンクトペテルブルグの場所もフィンランドのすぐ隣だと認識。 

 

 

 

水が流れ。落ち葉が敷き詰められなんとも美しい光景。 

 

 

 

 

 

ピョートル大帝の像もありました。

 

 

 

 

綺麗にデザインされた庭園の一部。

園内に無数にある噴水。奥に見えるのは「ローマの噴水」 

 

 

 

 

先ほどの宮殿下の噴水ショーにもあった「ライオンの口を引き裂くサムソン」の噴水。

この横のレストランで昼食をとります。 

 

 

 

 

 

昼食。最初にキャベツとマヨネーズを混ぜたようなサラダ? 

  

 

次に白身魚にタルタルソースのような

最後にデザートはアップルパイのようなもの 

 

つづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ロシア旅07 ホテル周辺 (... | トップ | ロシア旅09 エカテリーナ宮... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロシアツアー (永遠の少年)
2018-03-20 11:33:48
見ごたえのある記録でした。
ホテルも食事もすばらしい印象でした。豪華ツアーでしたね。
ロシアの建物は素晴らしく、石造りと装飾で重厚さがありました。日本は紙と木だから、ペラペラですね。これだけ外人観光客が来るのが不思議です。ロシアはいま、経済が不振ですが、どうしてでしょう。もう都市が手を入れる必要がないかもしれませんね。
行ってみたくなりました。ただ美術館で絵を見学すると精神的にくたびれそうです。
ロシア (リチャード)
2018-03-20 19:55:15
もう7年前ですが、見る所と見ごたえのある建物がたくさんあり、昔の王国時代や歴史の古さを感じた旅でした。

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事