一小節の独り言 ~Naoto Nozaki's official blog~

シンガーソングライター・のざきなおと伯爵の
自由気ままな日常ブログ

担担麺

2018年06月23日 | Weblog

名古屋駅から栄あたりで、こういう担担麺の専門店が何店舗かあるんですが、ご存知でしょうか。




 わたくしずーーっと気になっていたんですがなかなか行く機会がなく。 本日初めて行って参りました。

  そもそも、店名としてなんて読むのかな、とずっと不思議でした。
綺麗な北京語で読むと 「シアン チー タンタン ミエン」 となるんですが、どうやら 「シャン ツー ダンダン ミエン」 というのがお店の正確な読み方らしいです。 少々、南方系の訛りで読ませてるのね。

 で、このお店。

 基本、麺のメニューは2つだけです(各店舗で特別メニューがそれぞれあるようですが)。


「汁あり担担麺」と・・・・

 


 「汁なし担担麺」。

 

  いいですねえ、このきっぱりとしたメニュー設定。 

 とかく、専門店というのはやたらと色んなバージョンを作りたがるものですが、ここは汁ありか汁なしかの、2択。
実にドストレートに担担麺だけで勝負してくるところが、何とも清々しいじゃないですか。

 で、お味の方ですが。

 これがね。 看板に偽りなしの美味しさ!! 

 担担麺って、お店によってはやたら甘くなっちゃってるところも多いんだけど、ここのはちゃんと担担麺してます。
台湾ラーメンのようにゴン!!とくる辛さはないまでも、実に奥深い、上品な辛さ。 またこの汁ありのスープが美味いこと美味いこと!

 まさに担担麺とはこうあって欲しい、と思える、完成度の高い担担麺でした。
 
 いやはや、これはまた美味しいお店をまたひとつ見つけましたよ。 

 
 ま、いわゆる「名古屋めし」というカテゴリーには担担麺は入らないんだけど。
 でも名古屋駅界隈の、割とアクセスの良いところにありますから、ご旅行の方にも是非、ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家康ゆかりのお菓子屋さん

2018年06月18日 | Weblog

その昔。
徳川家康が三方原で武田信玄に惨敗し、浜松城へと逃げ帰る時の話。

途中、空腹のあまり家康公は茶店に立ち寄り、小豆餅を食べました。 と、後方から武田勢が追撃してきたため、家康軍は大慌てで逃げ出します。
驚いたのは茶店のオババ。 「餅代をもらっておらん!」と家康を追いかけ、やがて追いついて無事にお金をもらったという逸話があります。

今でも浜松にはその茶店があったあたりを「小豆餅」、オババが追い付いてお金をもらったあたりが「銭取」という地名として残っております。
ちょっと面白い話ですよね。

 さて。

この小豆餅界隈にあります「御菓子司 あおい」というお店では、現在も「小豆餅」を売っておりまして、このほかにも浜松の歴史にまつわるお菓子を数々創作しております。 で、ご紹介するのはその「小豆餅」ではなくて・・・・

  

  この「あおい」というお菓子屋さんの名物のひとつ、かぼちゃまんじゅう

 実は今日、浜松のお仕事のおみやげにいただきました。

 このお店、「かぼちゃまんじゅう」が結構な代表銘菓だというのは知ってたんですが、今まで食べたことがありませんでした。
で、どんなもんじゃろと一口食べてみましたら・・・・


 

  ホラ、ご覧のとおり。

 中はカボチャでございます。 でも、カボチャって言うともっと重たい感じになるのかしらとイメージしてたんですけど、そんな事はなく。

 予想外の食べやすさ、しかも外側の皮と相まって実に美味しい!!!

 いやいや、これはなかなかの一品です。 
 今まで「うーーん、かぼちゃかあ・・・」と若干敬遠ぎみに見ていたのを、反省。

 包み紙にも三つ葉葵がデーンと印刷してあったりして、浜松らしさ炸裂でした。

 
 こういう各地の、歴史が絡んだ銘菓ってのはいいですね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナナちゃんがチューイに!

2018年06月14日 | スターウォーズ

名古屋駅前、名鉄百貨店メンズ館の前に、巨大なマネキン、その名も「ナナちゃん人形」が立っております。

 

  なぜ「ナナちゃん人形」という名前かと言うと、その昔名鉄百貨店メンズ館は「名鉄セブン」という名前でして、その前に立ってるからなんですが。
名古屋駅前では普通に待ち合わせポイントとして親しまれております。 このナナちゃん、一応マネキンですので、季節やイベントに合わせて色々な服を着ます。


 

 これはクリスマスバージョンね。 ま、こんな風に。


 で、このナナちゃんが。

 映画「ハン・ソロ」とのタイアップで、何とチューバッカになった!という話を聞き、早速見に行きましたよ。


 でーーん


 

  なんか・・・  すごいけど・・・  迫力あるんだけど・・・・

 もはやナナちゃんの面影は全くなし。 いや、かろうじてポーズはいつものナナちゃんなんだけど。


  


  少し寄ってみました。 
 よく出来てるけどね。 でも、これはもう着替えじゃなくて完璧なコスプレだよね。 


 ついでなので後ろに回ってバックショットも。

 



 通りがかった皆さんも、みな一様に「おおっ!」と驚いて、写真を撮ってました。
まあ、これはスターウォーズを良く知らない人でも、つい写真撮りたくなるよね。

 あ、説明が遅れましたが、これは映画「ハン・ソロ」のPR企画なんだそうで。

 だったらなんで今までの本編スターウォーズの時にはやってくれなかったんだ、と思わんでもないですが。

 でもね。 良いものを見せていただきました。
 
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

前夜祭終了

2018年06月11日 | 音楽

昨日、伏見のバルコンセールさんをお借りして開催されたのざきなおとLIVE「30周年前夜祭」。
おかげさまでほぼ満席、大盛り上がりのうちに終了いたしました!

 

 かたくなに詳しい内容をシークレットにしておりました今回のLIVE。 何をやったかと申しますとね。

テーマを「1989年ののざきなおと」として、わたくしがピアノの弾き語りで音楽活動を始めたまさにその当時のステージを再現するという試みでした。
 やりはじめた頃はオリジナル曲なんてそんなになかったので、コピー曲を中心に歌っていたんですけども、その頃歌っていた歌を、その頃のアレンジで演奏しましてね。 なので今回はオリジナル曲はほとんどなし。 あの頃皆さんがカラオケなんかで歌っていたであろう懐かしい曲のオンパレードでございました。

 しかも1部・2部とステージをふたつに分けまして、1部はピアノ弾き語り、2部はギター弾き語りという贅沢な構成。 一粒で2度美味しいってやつですよ。


 


 そんな構成だったので、今回は本番までの準備が本当に大変でした。 なんたって全部1から作らなきゃいけなかったからね。
 この内容でお客様に喜んでいただけるかな、と若干の不安があったんですが、何しろ知ってる曲が次々と出てきますので、一緒に歌って下さったりして。  おかげさまで何だかと~~っても楽しい会になりました。

 わたくしも歌の合間には当時のエピソードなんかを喋らせていただきつつ、「あ~こんな歌をこんな風にやってたな~」という懐かしい気分でやらせていただけて。 いつにも増して、2時間ちょっとがあっという間でした。

 来てくださった方も、「これは確かに2度と見られないレアステージだった!」と嬉しい感想をいってくださってましたよ。
こうやって驚いていただければ、がんばった甲斐があったというもんですよ。


 

 ただ、皆さん驚きすぎて。 誰一人ステージの写真を撮ってくれず。 
今回のLIVE、ステージの様子はこの1枚のみ。 トホホ。 

 終了後クラウドさん曰く、「いや、写真撮ってるより、聴きたかったから・・」と。 ま、そう言っていただけるのは嬉しいんですけど。
歌い手冥利に尽きるんですけど。 

 でもまあ、本当に楽しいLIVEになりましたから。 ま、良しとしましょうか。

 
 思い返すとね、本当に楽しかったな~と思えるLIVEになりました。 
30周年メモリアルイヤーは、2回に分けて聴いていただく事になるんですけども、とりあえずこれにて半分終了。
まだまだ秋の30周年記念コンサートまで続きますからね、頑張らないとです。

 念のために言っておきますが。

 今回の前夜祭は超スペシャルな企画ものでしたので。 「またこういうのやってよ」と言われましても、もうやりません。

 もしも40周年なんてものがあったら・・・  また考えるかもしれないけど・・・   

 まあ、多分ないな。 


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の水曜日

2018年06月06日 | 音楽

何だかこのところ、水曜日になると決まって雨が降ってません???

わたくし、水曜日は平日で唯一オフの日なので色々とやりたい事があるのに、毎週毎週雨って・・・・・  
しかもギター教室の生徒さんがギター抱えて我が家まで来てくれるのに、いつも雨が降ってるのも気の毒でねえ。 ちょっと勘弁してほしいなあ、と毎週思っております。

 さて、日曜日のライヴ準備を具体的に進めておりまして。 で、チョコチョコと補充しておきたいものもあったので、雨の中買い出しに行きまして。

 

 ご覧のような細々したものをいくつか。

 ピックがね、なんかライヴのたびにだんだん減っていきましてね・・・・
ま、おそらく過去に着た衣装のポッケをあされば間違いなく出てくるんでしょうけども、まあ別に高いものじゃないし。
そもそもここ何年かピックというものを新調していなかったので、たまには新しいものを導入するのも良いのではないか、と。

 右側の袋はギターの弦。

 個人的に、このマーチンのMARQUISというブロンズ弦がお気に入りで、もう10年以上愛用してます。
サスティン効果っていうか、音の伸びが自分好みなんですよねえ。 ま、それほど数多くの弦を試したわけではないんだけど、今まで使った中ではこの弦がしっくりきます。


 あ、そうそう。

 週末からまた雨になるという予報ですねえ。
 日曜日はがっつり雨模様になりそうです。 

 来ていただく皆さんも大変だけど、わたくしもねえ、機材の搬入が雨だと辛いんだよねえ・・・・  ましてや今回はいつもより大荷物なので、ちょっと憂鬱です。

 でもね。

 雨の中を来てみてよかった!と皆さんに言っていただけるようなLIVEにしますから!!
 是非楽しみにいらしてくださいませ♪ 


 あ、LIVEの詳細はこちらでどぞ。   のざきなおと 公式サイト   ←(アドレス、わかりやすいっしょ?) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御守り

2018年06月03日 | Weblog

わたくしのパソコンラックには、こんなお守りが掛けてあります。



 普段、自分ではあんまりお守りっていうのは買わないんですけど、これはユミさんがたまたま鈴鹿にある「椿大神社」に行ったおり、そこの摂社である鈿女神社で買って来てくれたもの。

 ここの祭神である「天鈿女命」という方は、天照大神が岩屋戸に隠れてしまった時に、踊りを踊って誘い出したことで有名なあの神様ね。
そこから由来して、芸事の神様として祀られているわけなんですが。


 さて、ユミさんがこれを購入した時の話。

 社務所の前にたくさん並んでいるお守りの中から、さて芸能のお守りはどれだ・・芸能・・・芸能・・ と考えながら探してくれたようなんですが、「あ、これだ」と選んで買おうとすると、社務所の巫女さんがおずおずと・・・・

「あの・・・ もし芸事のお守りでしたら、それではなくてこちらの方が良いと思うんですが・・・」

ユミさんはびっくりしたそうです。 なんで芸事のお守りを探してるのがこの人にわかったんだろう、と。
で、「え、どうしてわかっちゃったんですか???」と聞くと、ニッコリ笑った巫女さんが一言。

「いえ、お探しになりながら芸事、芸事、とつぶやいてらっしゃったので」


ユミさん、心の声がダダ漏れ。 

本人は口に出している自覚はなかったそうなんですが、思いっきり声に出てたのね。

 そういわれてとても恥ずかしかった、と言ってました。 でも、そのおかげでちゃんと芸道御守を購入できたんだから、まあ良しとしようじゃないですか。

 まあね、そんな思いをして買って来てくれたお守りですし。 わたくしの芸能活動の助けになってくれれば、と目の前に掛けてあるようなわけ。


 30周年前夜祭も来週ですし。
今日で最終リハも終了しましたし。

 天鈿女の御利益で、何とかトチらずに本番をクリアできるといいな~と、ふとこの御守を眺めながら思っているのざきさんでした。

 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタジオ、ひとりきり

2018年05月30日 | 音楽

いやあ、迫ってきましたねえ、のざきなおと30周年「前夜祭」。

 今回はいつものコンサートとはあまりに毛色が違うため、なかなかリハーサルも大変で。 
本番までにもう1回スタジオ入りできる予定なんですが、あと1回で仕上げなきゃと思うと軽くプレッシャーでございます。

 そうそう、先週いつものスタジオに行きましたら。
その時間に他に予約した人がいなかったらしく。 用意されましたのは・・・・


 

  こんな広大なお部屋。

 いやあの、わたくし一人で使うんですけど。 ちょっと贅沢すぎるんですけど。
部屋の隅にはソファまであるし・・・・

 ま、いっか。 貴族だし。 こういうスペシャルな扱い、決して嫌いじゃないですよ。

よ~し、今日は伸び伸びと歌わせていただきましょう!!! と上機嫌に準備をはじめたのはいいんだけど。

 結局あれなんですよ。
 どんなにお部屋が広くても、コンセントって奴は部屋の隅っこにあるじゃない?

 各種機材に電源コードが必要になるから、つまりはコードが届く部屋の隅っこにポジショニングするしかなく。

 広い部屋、全く意味なし。 

 ま、もっとも、広い方が思いっきり声を出して歌いやすいから、その点では気持ちよく練習できるんだけどね。


 今回の「前夜祭」はね、あっと驚く内容になってますから、本当に楽しみにしててください。
お越しいただくと、なるほどこれは30周年のメモリアル企画なんだな、と納得していただけると思います。



 のざきなおとLIVE 「30周年前夜祭」

 日時  2018年 6月10日(日)  17:30 開場  18:00開演

 会場  BAL CONSERT    名古屋市中区2-1-12 ダイヤパレス伏見B1

 料金  ¥2000(ドリンク代別途)



 多数のご来場、お待ちしております!!!  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もぐらのチカちゃん

2018年05月26日 | Weblog

今日はこれの話。 ↓


  

  名古屋は地下街が発達している事で有名なんですが、名古屋駅前の地下街「サンロード」のいたるところにこのポスターが貼ってありまして、嫌でも目につきます。
 この、写真の右側の赤い服の子が、「サンロード」のキャラクターでその名も もぐらのチカちゃん

 わたくしが子供の時分には 「♪ もっぐらのチカちゃん 行ったとさ なんなん名古屋の地下八丁」 というCMソングがテレビでもお馴染でした。そう、サンロードが出来た当初から、存在しているキャラクターなんです。 

 もぐらのチカちゃんは知ってたんだけど、隣の男の子は誰だ??と調べてみたら。 割と最近出現した、チカちゃんのボーイフレンドのサンちゃんなんだそうで。 いつの間にそんな奴が出てきてたんだろう・・・

 この「サンロード」という地下街、実は侮れなくてですね、日本では初の本格的地下街だったんです。 つまり、日本最古の地下街。

 そもそも名古屋の街は車を中心で街づくりがなされ、100m道路に代表されるように道幅が大変広いです。 そうすると、歩行者にとっては道が広すぎて信号が渡れないとか、色々と不便が出て来て。
 ならば地下街を作ってしまえ!という事で、名古屋駅や栄では地下街が発展したんだそうで。

 名古屋駅前もこの「サンロード」を皮切りにどんどん色んな地下街が作られて拡張し、いまやよその土地の人がうっかり足を踏み入れると迷子になるような規模です。

 便利だけどね。
 わたくしなんかも、名古屋駅や栄を歩く時って、ほとんど地上を歩こうと思わないですからね。

 この名古屋の文化と言っても過言ではない地下街の、その日本で初めて作られた地下街「サンロード」のマスコットが、このもぐらのチカちゃんなわけね。

 ただ。

 子供の頃はよくCMソングを聴いていたけど、大人になる頃にはもはやもぐらのチカちゃんなんてどこに行った??っていう感じだったのが、いつの間にこんなにフィーチャーされてたんだろう。  わたくしここ何年か名古屋駅周辺に来ることがなかったので、ちっとも知りませんでした。

 折角だから、チカちゃんには是非頑張って欲しいね。

サンちゃんはどうでもいいけど・・・・


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさかの酒場放浪記

2018年05月23日 | Weblog

昨日、RADIO SANQ 生出演を無事に終えまして。

 

  今回も楽しく喋らせていただきました。 主たる目的は6月10日と迫った「のざきなおと30周年前夜祭」の告知。

 聴いて下さった方はおわかりと思いますが、かなりネタバレで内容についても紹介しましたのでね、「ああ、そういうライヴになるんだ~」と思われた方もいらっしゃるかもね。  いつも通りゲストコーナーが終わっても番組終了まで参加させてもらっちゃいました。

 そして、前夜祭のチラシも置いていただいて。 本日の任務完了。

 


 さて放送終了後、今回も皆さんとともに「九兵衛」という居酒屋さんに行きまして。

 

 メニューを見ると「オリエンタルカレー」という表示があるので、お腹がすいていたわたくしはこれを注文。

 すると、大将が「よし、ほんじゃあ伯爵スペシャルで作ったるわ!!」と、出してくれたのがこちら。


  

  鉄板で焼きカレー風に仕上てくれて、チーズをふんだんにかけて(このチーズがやけに美味しかった)、しかも食べ進めて行くと真ん中あたりで玉子がドロッとでてくるという、それはそれは美味しいカレーでございました。
 いや~~ホントにね、わたくし行く先々でこうやってスペシャルメニューを作っていただけて、嬉しい限りですよ。 これぞ、貴族の力なり。


 さて、まあそんな事はともかく。

 この九兵衛というお店。
 深川神社前にあるちっちゃなお店なんですが、なんと、なんとです。

 最近ここに、吉田類さんの「酒場放浪記」がロケに来たんだって!!  
 
 これにはびっくりしましたよ。 吉田類さん、瀬戸市まで放浪してくるんだね。
 で、ロケの裏話などを色々うかがったりして、楽しい夜を過ごしたのでありました。

 放送は6月4日(月) 夜9:00から、BS-TBSです。 

 伯爵のお気に入りのこのお店、良かったら是非放送をご覧ください!!

 
 ラジオサンキューさん、次回はですねえ、多分9月頃にもう一度お邪魔させていただく予定です。

 次回の出演もどうぞお楽しみに!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老ルーク降臨

2018年05月20日 | スターウォーズ

発売前から予約して、何か月もウキウキしながら待っていたものがやっと届きました。


 

  「最後のジェダイ」バージョンのルーク・スカイウォーカー。 
もうね、こんなの作られちゃったら買わないわけにはいかないじゃないですか。 

で、早速開封。


 

  ま~~感心するくらい雰囲気出してるじゃないですか。 
旧3部作ではあんなに若造だったルークが、年を経て見事に老獪なジェダイマスターになった感じが良く出てます。

 そして、日本の技術はやっぱ凄いなあと感じるのはこの顔の造形。

 

  一瞬、写真か??と思うほどの完成度にはびっくりです。
 
 ちなみに、付属のジェダイローブのフードをかぶせるとこうなります。

 


  「最後のジェダイ」、ブルーレイが届いてから何度か見直しまして。 ま、作品としてはやはり「う~~ん・・・」なところも多いちょっとした問題作だったかなと思いますが、でも、この老ルークをスクリーンで観られたって事がね。
 欲を言えばルークとレイアはエピソード9まで出て欲しかったなあと思うんだけど、まあそれはしょうがないね。


  

  スターウォーズのグッズは次から次へと際限なく発売されるので、極力増やさないように心掛けているんだけど・・・・・
 なんだかんだと増えて来て、そろそろ置き場に困る始末で・・・・ (^。^;)

 ま、でもこのルークはね。

 ずっと見てきたスターウォーズシリーズという歴史の、いわばモニュメントみたいなものですから。
 購入しといて良かったな、と思います。

 さて。  このマスタールークと一緒に、また「最後のジェダイ」観てみるかなあ・・・・ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

めまぐるしい一日

2018年05月16日 | Weblog

 今日、100均に行きましたら。 こんなものを売ってるじゃないですか。


  

  しかもお値段は 2個で100円。

 え、なんで100均でスターウォーズ??? と疑問には思いましたが、まあその、この値段で売っているものを無視できるはずもなく。
2つ購入してきました。 あ、ちなみに中身はキーホルダーなんだけどね。

 で、家に帰って開封してみたら、ようやく100均で売っていた意味が解りました。
箱の中に、申し訳のようにキャンディが1個入っておりまして、つまりは「食玩」というくくりのものなんですね。

 いや、どう見ても食玩というか・・・ 商品としては「キーホルダー」にしか見えないんだけども・・・  まあ、いっか。


 それにしても、今日は何とも忙しい一日でした。

 朝一で来客が1件。

 その人が帰った後は入れ替わりでギター教室の生徒さんが来て、レッスン。

 彼女が帰ったらすぐに買い物に出掛け(その途中で上のキーホルダーに出会ったわけですが)。

 帰ってきて休む間もなくスタジオに駆けつけて、2時間のライヴリハ。

 
 いや~~、こんなにスケジュールが立て込んだのも久し振りの事ですわ。
おかげさまで夜にはもうぐったりでございます。
  
 ライヴのリハもですね。
 今回いつにも増して装備が多くてですね。 もう機材の運搬だけでヒ~ヒ~言う状態で。
 スタジオのオーナーさんにも、「なんスかこの大量の荷物は・・・」と呆れられてしまいました。 

 まだ何回かこの大荷物と共にスタジオ通いしないと完成形には至らないんですが、軽く憂鬱でございます。

 ま、でも。 「30周年前夜祭」までもう1か月無いからね。

 がんばりますとも。 ええ、ええ、がんばりますとも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドンカマ

2018年05月12日 | 音楽

タイトルを見て、「え、なんじゃそれ??」と思った方がほとんどだと思いますが。

平たく言えば、リズムボックスの事。

 

  もう古~いバンド用語でして、今「ドンカマ」なんて言い方を普通にしてる人は少ないんじゃないのかなあ。

 順を追って説明しますと、もう50年ほど前に、コルグから初めて発売された国産のリズムボックスの商品名が「ドンカマチック」と言いました。メトロノームとは違い、ドラムっぽい音で「ズン、チャッ、ズンズンチャッ」というようなさまざまなリズムパターンを刻んでくれるので大変重宝されまして。

 レコーディングスタジオなどでもガイドリズムとして使われたりした事もあり、やがて「ドンカマチック」じゃないリズムボックスであっても総じて「ドンカマ」と呼ばれるようになりました。

 上の写真はYAMAHAのドンカマ(言い方がおかしいですが)。
 わたくしの師匠から譲り受けたものです。 歌を歌い始めた頃は、ステージでは欠かさず愛用してました。 

 さすがに古いものなので、今のコンピュータ音源にはかないませんが、それでもそこそこ良い音で鳴ってくれるんですよ。
こういうシンプルなリズムパターンを自動で鳴らしてくれる機械って最近ではお目にかからないので、結構貴重な一品です。


 さてわたくしの持っているこのヤマハのドンカマ。

 そもそもは師匠の営んでいたライヴスナックに装備されているものでした。
 で、あるイベントの時に、「ドンカマを貸してほしい」とお願いしたところ、その時ご機嫌に酔っておりました師匠が「よしよし!俺が忘れずに持って行ってやるから!!」と仰り。

 上の写真でわたしが指で押さえている部分に、ホワイトのペンででっかく 「イル」 と書いてしまいまして。 

 もうね、何も本体に直接、それも消えないペンで書く事はないだろうと呆れたんだけど、まあヨッパライだからしょうがないし。 書いちゃったものは消えないし。
 おかげで、あれから何十年も経っているのに、たまに「このイルっていうのは何??」と人に聞かれて、いちいち説明するのがクソ面倒くさいというオマケ付きのものになってしまいました。 


 ま、この懐かしい、ビンテージと言っても過言ではない「ドンカマ」。

 久し振りに、6月の「30周年前夜祭」で使う予定です。 

 この40年近く前の機械が一体どんな音を出してくれるのか。 
 気になる方はどうぞ6月10日(日)「のざきなおと30周年前夜祭」にお越し下さいまし♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FM出ます。

2018年05月08日 | 音楽

さて、皆様。

来る5月22日(火)、わたくしまたまたRadio SANQ「サンキューイブニング」に出演させていただきます。

今回は勿論


 

  これの告知ね。

  ラジオサンキューさんのサイトのトップページから放送は聴けますので、是非是非お聴きください! あ、出演はいつも通り18:20頃からの予定です。

 今回はねえ、前夜祭とはいえ30周年企画の告知ですので、皆さんのメッセージでも盛り上げてくれると嬉しいなあ。

 たとえばそうですねえ・・・  「忘れられないあのライヴ」とかね。「私の愛したあの1曲」とかね。「伯爵と出会ったあの日」とかね。
なんかまあ、一緒に想い出語りなどできると楽しそうですねえ。 内容はなんでも構わないんですが、是非是非そんなメッセージをじゃんじゃんお寄せ下さいませ。

 メール・FAXの送付先は  http://845.fm/  でございます。


 さてわたくしはと言えば、このライヴまであと1か月。 着々と準備進行中でございまして。

 セットリストがねえ・・・・・  何しろ凄いです。
 演奏者としては、もうどれだけ準備しても不安が拭い去れないくらい、とんでもない内容になってます。

 楽しみでもあるけど、実にスリリングで。 
 気合入れてがんばってますのでね、お楽しみにしてて下さいね。

 で、折角だから、当日はお友達などもお誘いあわせの上、遊びに来て下さいね。

 
 なにはともあれ、まずは5月22日(火)「サンキューイブニング」でお会いいたしましょう!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「昆虫すごいぜ!」はすごいぜ!

2018年05月03日 | Weblog

NHKで時々、いきなり放送される「香川照之の昆虫すごいぜ!」という番組をご存知でしょうか。

1年に数回しか放送されないし、油断してると知らないうちに放送が終わってる番組なんですが、これがまあ面白い面白い!!




 なんじゃそれ??という方のために簡単に説明しておきますと。
香川照之さん、昆虫が大好きな方でして、民放のバラエティで「NHKの教育テレビで昆虫番組をやりたい!」と熱く語ったことがありまして。
それを見ていたNHKがそれなら作りましょう、と実現した番組です。

 特別篇を含めるとすでに6回放送されたんですが、ま~~とにかく香川さんが熱い熱い! もう観ていて笑うしかないくらいの本気っぷりです。


  


   わたくし、別に昆虫に興味があるわけでも、ましてや昆虫が好きなわけでもないんですけど、香川さんのとんでもない熱量が最高に面白くて、毎回欠かさず見ております。
 ご本人は全然ふざけてるわけではないんですけど、溢れんばかりの昆虫愛とハンパない全力振り、またそれがゆえに毎回飛び出す名言の数々。

 もうね、NHKさんよくぞこんな番組を作ってくれたという感じです。

 この番組に出てる時の香川照之さん、ホントに幸せそうでねえ。 
 このガチで楽しんでる香川さんを見てるだけで存分に楽しめるという実に不思議な番組で。


  


   昔放送されていた「BSマンガ夜話」とか、近年ですとタモリさんの番組なんかでもそうなんですが、本当にマニアな人が嬉々として語っている番組って、それに全く興味がなくても楽しく観られちゃうんですよねえ。

 中途半端はダメって事だよね。 とことん突き抜けちゃうと、どんなものでも面白くなる、と。

 それにしてもこの香川照之さんの大物ぶらない仕事っぷりはもう尊敬に値しますよ。
次回は夏にまた放送があるようなので、見逃さないようにしなくちゃ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ステーキのあさくま」と言えば「西部警察」

2018年04月29日 | Weblog

先日、こんなお店に行って参りました。



「ステーキのあさくま」藤ヶ丘店。

このステーキのあさくまというのは名古屋では結構な有名店。 かつてファミレスなんてまだ存在していなかった時代にチェーン店として展開しまして、「ちょこっと贅沢をして食べに行く」ようなお店でした。

 そして、この藤ヶ丘店というのは、かつて「西部警察」の名古屋ロケで、なんとびっくり店舗を大爆発されたまさにそのお店なのです!
嬉しい事にお店はほぼ当時のままでして、裏の駐車場側に回りますと・・・・

 

 ドカン!と派手に爆破された窓が、撮影当時そのままに残っております。 
西部警察がお好きだった方には一見の価値ありですね。
 それにしても名古屋インターからすぐの、結構な街なかにあるこのお店で、よくもまあ大爆発シーンを撮ったもんですよ。

 この爆破シーンでわたくし忘れられないのはね。

舘ひろし扮する鳩村刑事が、客を装って店内に入ります。
すると、注文を取りに来た女の子が偶然にも鳩村の幼馴染。 で、懐かしく二人で話をした後、「で、何にしますか?」と聞かれた舘ひろしがカッコつけて放った、この名言。

 「そうだな・・・ ここは何が美味いんだ?」


 わたくしねえ、子供心に、お前はアホか、と思いました。

 「ステーキのあさくま」と言ってるじゃないか、と。
 いや、これがイタリアンとかフレンチとかならまだわからなくもないよ。  「ステーキのあさくま」と言ってるのに、何がもクソもないだろうが、と。
 あれから何十年経っても、この舘ひろしの名言は忘れられないなあ・・・・ 

 で、そんなチンケなやりとりの直後、時限爆弾でドッカーン!! となるわけなんだけどね。

 ま、そんな事はともかく。


  

  わたくしも何年かぶりにあさくまに行ったんですけど、美味しくいただいてきました。
あさくまと言うとステーキやハンバーグは勿論ですが、コーンスープも有名でして。 ここのコーンスープはわたくしも大好きなメニューなんですけども、これがなんと。 久し振りに行ってみたら。

 お料理に無料でついてくるバイキング(サラダとかご飯とかパンとかデザートが食べ放題)の中に、この美味しいコーンスープもあるではないですか! つまりあさくまのコーンスープが飲み放題!!!
 これにはびっくりしたなあ、いつからこんなスタイルになってたんだろうか。


 ただ。

 わたくし一つ失敗をしまして・・・

 この日、名古屋は雨だったんで傘を持ってたんですが、それがこんな傘で。

  

  これはしまった。  このオシャレな店内に、あまりにもミスマッチ過ぎる・・・・  (;^ω^)

 いやあ、何気なく持って行っちゃったんだけど、これはマズった。

皆さんも、雨の日にあさくまへ行くときには、気を付けてくださいね♪

 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加