AKB48グループ&坂道グループ情報ブログ

[各グループ推しメン] 乃木坂46→与田祐希 日向坂46→佐々木美玲 櫻坂46→守屋麗奈

乃木坂46賀喜遥香、役作りは“にしおかすみこ”イメージ ピン芸人役挑戦で“相方”の羨ましさも

2022年10月21日 17時10分00秒 | 乃木坂46
こ〜んにち〜は


 28日スタート『最初はパー』に出演する賀喜遥香
 28日スタート『最初はパー』出演キャスト
 28日スタート『最初はパー』に出演するジェシー
 
28日スタート『最初はパー』に出演する市川猿之助
 
28日スタート『最初はパー』に出演する小籔千豊


 アイドルグループ・乃木坂46の賀喜遥香が、28日スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠『最初はパー』(毎週金曜 後11:15)の制作発表記者会見に登場。お笑い養成所の生徒でピン芸人・雨宮すみれを演じた賀喜が、役作りでイメージした意外な芸人を明かした。

 ジェシーが、地上波連ドラ単独初主演を飾る本作。何をやっても中途半端な政治家の息子・利根川豪太(ジェシー)が、ひょんなことからお笑い養成所に入学し、そこで出会ったコワモテの生徒・澤村銀平(市川猿之助)や鬼講師・相田忠則(小籔千豊)らと、時にぶつかり、時に励まし合いながら、プロの芸人を目指して奮闘する。放送作家・秋元康氏が企画・原作・脚本を手がけ、佐久間宣行氏が総合監修を担当する。

 豪太&澤村のコンビ名「最初はパー」には、これから夢や希望をつかみに行くという由来があることにちなみ、デビューする前のまだ何もつかんでいない頃のエピソードを聞かれた賀喜。音楽番組で乃木坂46を見たことがきっかけだといい「先輩たちに憧れて加入しました。デビュー当時は『先輩みたいになりたい!』という目標があって、『目の前のことを全力でやっていれば追いつけるかもしれない』と、とにかく前だけを見て頑張っていました」と振り返る。

 ピン芸人のすみれ役には「相方がいないので、皆さんの漫才を見ていて『いいなぁ』と思っちゃったりもしています(笑)。間とか、こういうふうにすれば面白くなるんじゃないかとか、考えて演じてらっしゃるのが見ていてもわかるんです。私もネタをやる際は、ひとりでしゃべるからこその抑揚のつけ方とか、間の取り方、目線の向きなどについて教えていただきました」といい、「ちなみに、女性ピン芸人のイメージを思い浮かべた時に、最初に出てきたのがにしおかすみこさんだったので、動画を見直したりしました」と同役に挑むにあたりイメージした芸人を明かした。

 会見にはほかに、ジェシー(SixTONES)、市川猿之助、基俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.)、青木柚、迫田孝也、橋本じゅん、小籔千豊も登場した。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「人気ランキング」は何位
応援のポチッ!をよろしくお願いします

人数ブログランキング

 

以上!




コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日向坂46・河田陽菜、金村美... | トップ | 日向坂46“新センター”齊藤京... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿