ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

瀬戸内海 上空散歩 2013.4.22

2013-04-25 21:41:18 | Weblog

(写真は、瀬戸内海の島々)
4月22日(月)に、急用があり、実家の熊本へ帰りました。
お昼ごろ、羽田空港に着き、第二ターミナルの
ANAの窓口へ行くと、熊本便は、夕方の便まで、全便満席とのこと。
急用なのに~!参ったな~!と思い、
ANAの窓口のお嬢さんに頼んで、インターネット
の端末で、JALの空席情報を調べてもらいました。
JALの方は、空席があるかもしれない、との事
だったので、羽田空港内の循環バスに乗って、
第一ターミナルのJAL窓口に行ってみました。
1:35発の便に空席がありました!
ギリギリの時間でセーフでした!
そして、熊本での所用を済ませ、先程(25日)
羽田に着いたところです。
この後、ゴールデンウィークの5月1日から8日の
間も、また所用で熊本へ帰省しますが、こちらは
当初からの予定です。
と言う訳で、このところ、頻繁に空の旅をしています。
実家への帰省で、これまでに、100回以上の空の
旅をしていますが、それでも、飛行ルートが幾つ
かあることもあり、毎回、二つか三つの初めて
見る風景が、眼下に展開します。

(信州の山々)

(揖斐川、長良川、木曽川)

東海道を歩いた時は、あんなに巨大な川幅だった
のに、眼下にミミズみたいに小さくみえます。

(琵琶湖)

左下の橋が、琵琶湖大橋です。

飛行機の座席に、瀬戸内海の地図を広げて、眼下
に見える瀬戸内海の島々と比較しながら、今どこ
の上空を飛んでいるのかを調べるのは楽しいです。
眼下には、様々な形をした無数の島々が展開して
いるので、地図の島の形と、眼下に見える島の形
との照合は、まるでジグソーパズルを解いている様な感じです。

以下の写真の瀬戸内海の島々の注釈は、”ジグ
ゾーパズル”照合結果です。

(対岸の右方が尾道市で、中央の島の橋は西瀬戸自動車道)


(対岸の中央は三原市)


(右下の橋は西瀬戸自動車道)


(中央の小島は大崎上島で、手前の島は大三島)
(中央の海は部屋瀬戸)

大分空港は、大分市の近郊にあるイメージなの
ですが、飛行機から見てみると、臼杵半島の付け
根の辺鄙なところにありました。
大分の人は、熊本空港を利用する人が多いという
話しを聞いたことがありますが・・・
なるほど、あんなに辺鄙な場所にあるから、熊本
空港の方が近いんだ!

(大分空港)

(ジェット機の翼の下が湯布院で有名な湯布岳)
コメント (2)