ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

四ツ目通りを歩く 5km

2009-02-20 23:51:05 | Weblog
(写真は猿江恩賜公園の中の江東区公会堂)

今夜は、朝からの雨も止み風もない暖かな
夜だったので、、仕事帰りに、四ツ目通りに
沿って歩きました。

墨田区・業平→錦糸町→住吉→東西線・東陽町

四ツ目通りは、三ツ目通りに並行して、
北から南へ真直ぐに延びた、片道2車線の
広い道路です。

(三ツ目通りについては、2008.2.25の
 ブログを見てね。)

・錦糸公園
 JR錦糸町駅のすぐ前の広大な公園です。
 駅前というのは驚きですが、児童遊具広場、
 野球場、テニスコート等がありますが、
 専用のラジオ体操広場!もあるのは、
 さすが下町です!

・猿江恩賜(さるえおんし)公園
 都心の広大な公園ですが、横十間川の散歩道が
 隣接している水辺の公園でもあります。
案内板によると、この公園は、もともとは
 徳川幕府の貯木場だったそうです。
 昭和天皇の成婚を記念して、この猿江貯木場の
 南半分を公園として開放した、とあります。
 そうか!それで恩賜公園なんだ・・・
公園の中に、写真の江東区公会堂”
 ティアラこうとう”がありました。
公園の北半分は、そのまま貯木場として
 残っていましたが、昭和51年に貯木場が
 江東区の潮見へ移転したため、
 この跡地も公園として整備され
 昭和58年に開園したとあります。
 へ~!
 割と最近出来た公園なんですね!
園内には桜の木も多く、都心の桜の名所
 らしいですよ。
コメント (2)

池上通りを歩く 7km

2009-02-13 22:06:35 | Weblog
(写真は、大森貝塚遺跡庭園の正面入口)

今夜は、春一番の強風で雨が降り出しそうな中を
仕事帰りに、池上通りに沿って歩きました。

品川区・南品川→大井町→大森→大田区・池上

・大森貝塚
 歩いていて初めて気が付きましたが、
 池上通り沿いに、大森貝塚の石碑の表示が
 2か所あります?
 JR大森駅のすぐ近くと
 品川区の大森貝塚庭園です!

 調べてみると、発見者のモースが、
 発掘場所の詳細を書かなかったので
 品川区説と大田区説が存在したため、
 大森貝塚の石碑が2か所あるのだそうです!
 へ~! 知らなかった!
 でも現在ではモースが調査したのは
 品川区側だった事が判明しているそうです。

 アメリカ人のモースが明治10年に、
 横浜から新橋へ向かう途中の大森駅を過ぎてから
 直ぐの崖に貝殻が積み重なっているのを
 列車の窓から発見し発掘調査を行ったそうです!
 車窓から見ただけで発見するなんて凄い!
 そう言えば、JR大森駅のホームに
 大森貝塚の石碑がありますよね!

・ダイシン百貨店
 池上通りは、JR大森駅までは京浜東北線沿いですが、
 駅を過ぎると京浜東北線から離れて、
 かなり長い山王の商店街沿いに変わります。
 その長い山王の商店街の中ほどに
 ダイシン百貨店というかなり古びたビルがありました。
 見た感じスーパーの様な気もしますが、
 そのビルの古さからすると、いまどき商店街には珍しい
 昔からの”百貨店”なのかも知れません。

・池上本門寺
 池上通りの由来である池上本門寺に近づきました。
 池上の交差点で、参道へ伸びる商店街と交差します。
 その商店街を抜けて、呑川の橋を渡ると総門で、
 ここから長い階段を上ると池上本門寺です。
 (呑川は大岡山から羽田まで流れている川ですが、
  こちらは、2007.9.28のブログを見てね。)
コメント (2)

墨堤通りを歩く 3km

2009-02-05 21:03:15 | Weblog
(写真は牛島神社の牛の石碑)

今夜は、、仕事帰りに、墨堤通りに沿って
歩きました。

墨堤通りの起点は墨田区・吾妻橋で、
終点は足立区・千住です。
隅田川の吾妻橋から、ほぼ隅田川にそって
北上します。

墨田区・吾妻橋→向島→白髭橋
→鐘ケ淵→足立区・千住

墨堤通りの歩道は狭いですが、家の前に
盆栽や鉢植が道端にずらりと並んでいる様子は
何となく下町の雰囲気が漂います。

・隅田公園
 隅田川をはさんで、東岸(墨田区側)と
 西岸(台東区側)の両側に隅田公園がありますが、
 墨堤(ぼくてい)通りはこの東岸の公園沿いに
 スタートする通りで、墨堤は江戸時代からの
 桜の名所だそうです。

・牛島神社
 隅田公園の中に神社があり、
 牛の石像がありました。
 丑年だから牛の像?
 いえ、そうではなさそうでえす。
 写真が牛島神社の「撫牛」という牛の石像で、
 体の悪い所を撫でると良くなると 
 書いてあります。

・見番通り
 普通の町並みですが、何となく料亭が
 多い様な気もします。
 料亭からの依頼で芸者さんを手配する
 見番所がありました。
 見番に面する道が見番通りで、
 このあたりが向島の料亭街らしいです。
 見番所というと暗いイメージを
 持っていましたが、全面ガラスの帳場
 といった感じの明るい雰囲気でした。
 見番通りを歩いていたら、見番所へ向かう
 若い芸者さんとすれ違いました!
 さすが!向島は粋ですね~!

・向島百花園
 白髭橋の交差点から環七に少し
 入った場所にありました。
 向島百花園は江戸時代から続いている名門の
 花園だそうです。
 暗くて中は見えませんでしたが、下町の住宅街の
 ど真ん中にあるのには驚きました。

・白髭
 道の両側には、この下町では、信じられないくらい
 巨大で高層のマンション群が続きます!
・鐘ケ淵通り
 何となくレトロな懐かしさを感じる商店街です。
 懐かしい雰囲気の雑貨屋、お茶を売る店、
 下町のボクシングジム、町の電気屋さん・・・
 でも、ここは、あの有名なカネボーの前身の
 鐘ケ淵紡績の発祥の地なのです!
コメント (4)

せきれいのみち散歩 3km

2009-02-01 14:29:02 | Weblog
(写真はせせらぎ公園)

今日は、風が少し強かったのですが、
久し振りにスッキリと晴れて、
少し暖かかったので、横浜の郊外の緑道
の”ささぶねのみち、せきれいのみち”を
歩きました。

この遊歩道は、住宅街を通り抜ける遊歩道
としては、私の知る限り最も長くて(日本一?)
歩き通すと、1時間半から2時間もかかります。
この遊歩道の両側には巨大なマンション群
が点在します。

老若男女、結構、大勢の人々が
歩いたり走ったりしていますが、
距離が長いのと遊歩道の幅が広いのとで、
印象としては人影はまばらです。

横浜市営地下鉄・センター南駅の前の
都筑中央公園がスタートです。
長い緑道の途中には、下に書いた沢山の
公園があり、トイレもありますので安心です。

・ささぶねのみち
 都筑中央公園、鴨池公園、葛ケ谷公園、
 大原みねみち公園、茅ヶ崎公園を結ぶ
 緑道が”ささぶねのみち”です。

・せきれいのみち
 茅ヶ崎公園、写真のせせらぎ公園、
 早淵公園を結ぶのが”せきれいのみち”です。
 せせらぎ公園は、横浜市営地下鉄・仲町台駅
 のすぐ近くです。
 途中には、オープンテラスのシャレた
 喫茶店もあり、結構、お客が入っています。
 遊歩道の脇を小川が流れていて、
 シラサギがエサをつついていました。
コメント (2)