士気の集い

士気の集い講演会の案内ブログ

【講演のお知らせ】有馬哲夫先生講演会≪ジャパン・ハンドラーズ≫~CIAの戦後対日工作史~

2018-06-10 12:00:22 | 講演会のお知らせ

第162回士気の集いは、有馬哲夫先生講演会≪ジャパン・ハンドラーズ≫~CIAの戦後対日工作史~になります。

 「属国・日本」。主体的な意志を持たず、外交政策、そして国内政策において
 も、米国の顔色を窺いながら決定する我が国政府のあり方について、このよう
 に自嘲的に語られることがしばしばあります。
 第二次大戦の敗戦後、我が国ではGHQ の占領統治により占領憲法の施行、公職
 追放、財閥解体、農地改革、教育改革等が実施されてきたのは周知の事実であ
 り、戦後日本は米国が形造ったといっても過言ではないでしょう。
 米国の強い影響は占領統治期に止まらず、主権回復後も今に至るまで継続して
 いますが、その実態は謎に包まれており、米国の対日工作について陰謀論的に
語られることも少なくありません。
そこで今回は、我が国への米国の影響の実態について理解するための一助とし
 て、CIA の対日工作の実態について米国の公文書等より研究されてきた有馬哲
 夫先生にお越しいただき、実証研究に基づくCIAの戦後対日工作史についてお
話しいただきます。
 今後の日米関係を考える上で、また日本の自立を考える上での貴重な知見が得
られると思いますので、是非とも多くの皆様にお越しいただければと思います。

★プロフィール
青森県生まれ。
1977年 年早稲田大学第一文学部英文科卒業、
1984年 年東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学
 同年 東北大学教養部講師
1988年同助教授
1993年同国際文化研究科助教授
1997年早稲田大学社会科学部助教授
1999年教授
2004年9月より社会科学総合学術院教授
 専門は、公文書研究

★著作
 「原発・正力・CIA 機密文書で読む昭和裏面史」新潮新書2008年
 「大本営参謀は戦後何と戦ったのか」新潮新書、2010年
 「こうして歴史問題は捏造される」新潮新書、2017年

 【日時】 平成30年6月30日(土)
      開 場:18時15分
      講 演:18時30分~20時45分
      懇親会:21時00分~23時00分

 【会 場】文京シビックセンター内 アカデミー文京 学習室(地下1階)
       東京都文京区春日1-16-21
      電話番号:03-5803-1100
      交通:
        東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」徒歩1分
        都営地下鉄三田線・大江戸  線「春日駅」徒歩1分
        都営バス「春日駅前」徒歩1分
        JR総武線「水道橋駅」徒歩8分
   http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/bunka/academy/bunkyo.html

【参加費】
       講演会のみ
      一般事前申込:1500円
       学生事前申込:1000円
       高校生以下 :無料
       当日申込  :2000円
       講演会と懇親会
       一般事前申込:5000円
       学生事前申込:4500円
       高校生以下 :不可
       当日申込  :6000円

 【申込先】講演会および懇親会の事前申し込みは前々日6月28日21時まで
     に下記Webフォームでお申し込みください。
      https://goo.gl/forms/qqPUh1Z2Ohk6CFgH3
     ★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★

【主 催】士気の集い
     http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】コンスタンチン・サルキソフ先生講演会≪日露再考≫~我々は分かり合えない隣人同士なのか?~

2018-04-07 23:25:39 | 講演会のお知らせ

第161回士気の集いは、コンスタンチン・サルキソフ先生講演会≪日露再考≫~我々は分かり合えない隣人同士なのか?~になります。

かつて仮想敵国だった、近くて遠い国、ロシア。
東西冷戦終結後も、日本政府は日米同盟を基軸とする外交・安全保障戦略の下、ロシアとの関係緊密化に消極的で、日本国民の中には領土問題を抱えるロシアに対する拭い難い不信感がありました。
しかし、米国の弱体化、中国の台頭という激動する東アジア情勢は、日本にこれまでの外交・安全保障戦略の見直しを迫ることになります。
米国の戦略家、国防アドバイザー、E・ルトワックは台頭する中国に対する日本の対抗策の一つとして、ロシアとの関係強化を挙げていますが、現状では関係強化以前に、まず我々日本人がロシアのことをあまりに知らないという問題があります。
そこで、今回はロシア科学アカデミー東洋学研究所のコンスタンチン・サルキソフ先生にお越しいただきまして、ロシアの世界観、安全保障の基本方針、アジア戦略と日本の位置付けについて領土問題も含めお話していただく予定です。

【講師】コンスタンチン・サルキソフ先生
■プロフィール
・1942年10月24日、旧ソ連アルメニア共和国生まれ。
・1966年に、旧ソ連サンクトペテルブルグ国立大学東洋学部日本学科を卒業。以後、現在までロシア科学アカデミー東洋学研究所に勤務し、現在は特別顧問。JAPAN ANNUAL編集長、ロシアでの日本研究会の会長を務めるなど日本とロシア(旧ソ連)の関係に精通。活躍は旧ソ連と日本の外交にも及び、1991年4月の旧ソ連ゴルバチョフ大統領来日の際には、随行代表団のメンバーとして活躍する。また、翌1992年にはハーバード大学が企画した北方四島の問題解決のプログラムに、ロシアの代表として参加する。現在も日本とロシアを行き来し、政治・経済・学術に貢献している。

【日 時】平成30年4月28日(土)18時30分~20時45分(開場:18時15分) 

【会 場】文京シビックセンター内 アカデミー文京 学習室(地下1階)
  〒112-0003  東京都文京区春日1-16-21
  電話番号:03-5803-1100
    交通:東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」徒歩1分、都営地下鉄三田線・大江戸
   線「春日駅」徒歩1分、都営バス「春日駅前」徒歩1分、JR総武線「水道橋駅」徒歩8分
  http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/bunka/academy/bunkyo.html

【参加費】事前申込: 1,500円(事前申込の学生:1,000円、高校生以下無料)
      当日申込:2,000円
★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★

【懇親会】 21時00分~23時00分
     参加費:事前申込3,500円 
         当日申込4,000円 

【申込先】 4月26日23時までに下記Googleフォームにてお申し込みください(当日受付も可)
     https://goo.gl/forms/DMWj6ybjlhW3qan12

【主催】 士気の集い http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
     代表 福留聖司

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】織田 邦男先生講演会≪北朝鮮の核保有に如何に備えるか≫~今こそ求められるタブーなき核抑止論議~

2017-10-05 00:51:53 | 講演会のお知らせ

第160回士気の集いは、織田 邦男先生講演会≪北朝鮮の核保有に如何に備えるか≫~今こそ求められるタブーなき核抑止論議~になります。

我が国を始め国際社会による経済制裁を交えた強い反対にも関わらず、度重なる弾道ミサイル発射及び原水爆実験を繰り返し、我が国に対しても核による脅迫を迫る北朝鮮に対し、アメリカといえども軍事的制裁を躊躇せざるをえない状況にあります。軍事的オプションが取れない我が国としては、北朝鮮の核保有を認め米朝平和条約締結という我が国にとっては悪夢といえる事態も想定しながら、アメリカ頼みではない我が国の主体的な戦略を立案し、タブーなき核抑止論議を深化させるべき時を迎えています。
北朝鮮危機の本質は何でしょうか。今後、起こりうる最悪の事態を想定しつつ危機に備える上で、我が国の課題と展望を大いに語ります。

講師 織田 邦男(おりた くにお)先生
■プロフィール 
元・空将1974年、防衛大学校卒業、航空自衛隊入隊、F4戦闘機パイロットなどを経て83年、米国の空軍大学へ留学。90年、第301飛行隊長、92年米スタンフォード大学客員研究員、99年第6航空団司令などを経て、2005年空将、2006年航空支援集団司令官(イラク派遣航空部指揮官)、2009年に航空自衛隊退職。
■活動
JBプレスに定期寄稿。時局を鋭い舌鋒で一刀両断。
「織田邦男著作集(雑誌投稿文等)http://aiminghigh.web.fc2.com/archive.html 」
「テレビ、ラジオで活躍中」

【日 時】  平成29年11月4日(土)14時00分~16時30分(開場:13時45分 )
【会 場】  港勤労福祉会館1階 第一洋室
東京都港区芝5丁目18番2号 電話番号:03-3455-6381
 交通:JR山手線 田町駅西口)徒歩5分、
地下鉄浅草線、三田線 三田駅 A7出口徒歩1分
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html
【参加費】  事前申込:1500円 (事前申込の学生:1000円、高校生以下無料)当日申込:2000円

【懇親会】 17時~19時 参加費:事前申込3500円
                                                当日申込4000円

【申込先】  11月2日(木) 22時までに下記申込フォームに登録してください。
                https://goo.gl/forms/A5qFLXAZKeGjqYTm1
        ★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★

【主 催】  士気の集い  http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】木中直幸先生講演会≪テロ攻撃への備えと国民保護≫~CBRNE(シーバーン)対応現場からの警告~

2017-06-10 00:25:20 | 講演会のお知らせ

第159回士気の集いは、木中直幸先生講演会≪テロ攻撃への備えと国民保護≫~CBRNE(シーバーン)対応現場からの警告~になります。

今年4月北朝鮮有事の危険が高まる中、政府より国民保護制度の周知が改めて行われました。自然災害と異なり、有事の際には自衛隊の来援に依存することはできません。しかし責任者であるはずの多くの自治体で、準備不足が判明し問題となっております。また、3年後には東京オリンピックを控え、多様な脅威への対応が急務となっております。警視庁でCBRNE(化学・生物・放射性物質・核 ・爆発物)の脅威と危機管理を歴任した経験者より、国民保護の問題点と民間での対応法について解説します。


講師 木中 直幸(きなか なおゆき)先生
■プロフィール 
昭和27年、東京都生まれ。
都立大島高等学校卒業後、警視庁警察官(地域・警備・機動隊・警備部・総務部・生活安全部)42年間勤務し、定年退職後一般会社「不当要求対策顧問」を5年間、契約満期を機会に退職、現在に至る。警視庁警備部在職中、平成7年の一連のオウム事件から、毒ガス担当としてCBRNE(科学・生物・放射性物質・核・爆発物)の研究を本格的に開始し、現在も継続中。

【日 時】  平成29年7月1日(土)14時00分~16時30分(開場:13時50分 )
【会 場】 港勤労福祉会館1階 第一洋室
東京都港区芝5丁目18番2号 電話番号:03-3455-6381
 交通:JR山手線 田町駅西口)徒歩5分、
地下鉄浅草線、三田線 三田駅 A7出口徒歩1分
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html
【参加費】 事前申込
 一般 1500円
 学生 1000円
 高校生以下無料
当日申込
 一律 2000円
【懇親会】 17時~19時
参加費
 事前申込 3500円
 当日申込 4000円
【申込先】  6月29日(木) 21時までに下記申込フォームに登録してください。
 https://goo.gl/FYNOAg

★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★
【主 催】 士気の集い  http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】上田篤盛先生講演会≪来るべき日中戦争とインテリジェンス≫~対日インテリジェンス戦争への備えはあるか?~

2017-03-25 16:16:19 | 講演会のお知らせ

第158回士気の集いは、上田篤盛先生講演会≪来るべき日中戦争とインテリジェンス≫~対日インテリジェンス戦争への備えはあるか?~になります。

30年間にわたり自衛隊・防衛省の情報第一線で勤務した元情報分析官が、インテリジェンスの視点から中国の国家戦略をひも解き、それに基づいて展開される対日インテリジェンス戦争の実態を明らかにします。

講師 上田 篤盛(うえだ あつもり)先生

■プロフィール 
1960年広島県生まれ。元防衛省情報分析官。防衛大学校(国際関係論)卒業後、1984年に陸上自衛隊に入隊。87年に陸上自衛隊調査学校の語学課程に入校以降、情報関係職に従事。92年から95年にかけて在バングラデシュ日本国大使館において警備官として勤務し、危機管理、邦人安全対策などを担当。帰国後、調査学校教官をへて戦略情報課程および総合情報課程を履修。その後、防衛省情報分析官および陸上自衛隊情報教官などとして勤務。2015年定年退官。現在、軍事アナリストとして活躍。
著作:『中国が仕掛けるインテリジェンス戦争』
    『戦略的インテリジェンス入門』
『中国戦略“悪”の教科書 『兵法三十六計』で読み解く対日工作』
特記:メルマガ「軍事情報」で「情報史と女性」を連載中(毎週火曜日に配信)
   月刊『WiLL』3月号 総力特集 「米中もし戦わば」
   「兵法三十六計で読み解く中国の戦略」インタビュー記事掲載
【日 時】  平成29年4月15日(土)14時00分~16時30分(開場:13時50分 )
【会 場】 アカデミー湯島 学習室
      東京都文京区湯島2‐28‐14 電話番号:03(3811)0741
      交通:丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目 徒歩10分、千代田線湯島駅(出口3) 徒歩7分
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1992
【参加費】 事前申込
      一般 1500円 学生 1000円 高校生以下無料
      当日申込
      一律 2000円
【懇親会】 講演会場近傍にて17時~19時
      事前申込 3500円
      当日申込 4000円
【申込先】  4月13日(木) 22時までに下記申込フォームに登録してください。
      https://goo.gl/forms/V2505ehx24HCpLsb2  
     ★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★
     ★会場で著書販売いたします★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加