Moon About

ボカロ曲好きな声優!「成島 舞」のブログです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゲーム実況「Eveplus」アップしました!

2021-01-11 18:00:00 | 日記
こんばんは!

成島です!
ゲーム実況「Eveplus」の1本目の動画を公開しました。

この作品はADVゲームですが、エンドは2種類しかありません。
しかし、それ以上にこの作品にはとても心に残るストーリーがあります。
とにかく映画やドラマ、アニメなどでハッピーエンドが見たい人や明るい作品が見たいという人には・・・
ちょっと向かないかもしれないです(笑

哲学や人間心理などに興味がある方にはとてもお勧めの作品です。
人それぞれに幸せがある。
その幸せは本当の幸せなのか、偽りの幸せなのか。
そんなことに思いを馳せてみるのも一つの楽しみかなと思います。

答えなんてなくてもいい。正解はだれにもわかりません。
本人が幸せなら・・・そんな選択肢もあっていいのかもしれません。

**作品内容**
ある夫婦のもとに一人の娘が生まれました。
待望のかわいいかわいい娘です。
夫婦は娘のお世話をしてくれるメイドロボットを寂しい思いをさせないように購入します。
しかし、2年が経ったある日、幸せな夫婦の生活に変化が訪れます。
2人とメイドロボットは一体どうなってしまうのか・・・?

一人の娘を授かった夫婦の幸せとは・・・?【ゲーム実況「Eveplus1」やってみた】なるしま

娘が生まれた夫婦のもとにやってきたメイドロボット。
夫婦のもとに訪れた不幸・・・
残された夫婦とメイドロボットの幸せとは。

別のゲーム実況...

youtube#video

 


動画がいいなと思ったら高評価ボタン、チャンネル登録を是非お願いいたします!
1本目はほぼほぼ朗読ですが、2本目に少しゲームっぽいところが出てきますのでお楽しみに♪
コメント

【お知らせ】ボイスコミック「寒がりの恋わずらい」出演しました

2021-01-10 20:30:40 | 日記
こんばんは!

りぼんちゃんねるで配信中のボイスコミック「寒がりの恋わずらい」の主人公、麻恵役をやらせていただきました!

美少女でも特別な女の子でもない普通の女の子「麻恵」。
ずっと気になっている仲のいい男友達「葵」に女の子として意識してもらうためについた小さな嘘。
寒いのを我慢して頑張る麻恵の気持ちは葵に届くのか!?

それにしても、仲のいい友達って関係性的に近づけば近づくほど言い出しづらいってありますよね(笑
でも、傍から見たら気があるのすぐわかるんですけど☆彡

是非ご覧ください♪
OGPイメージ

【漫画】片想いの男子をドキドキさせたくて、寒がり女子の麻恵がついた小さなウソとは…?『寒がりの恋わずらい』【恋愛マンガ動画】

寒がりのわたしが、温めたこの気持ち。
麻恵が、片想いの男子とのキョリを縮めるためについた小さなウソとは…?

漫画:尾野ななせ

◆冬の大増...

youtube#video

 
コメント

新年あけましておめでとうございます!

2021-01-02 13:32:21 | 日記
新年あけましておめでとうございます!

2020年はライブは全然出来なかったんですけど、YOUTUBEチャンネルを開設したり、動画編集をしたり新しいことに挑戦できました。
まだまだ再生回数はあんまり多くないですが…今年は動画を見てくださる人をもっと増やせるようにしたいです。

また、ボイスコミックも1年以上続けてやらせていただくこともでき、増刊号では主人公を担当させていただくこともあったりで、
とても自身の成長につながっているなと思っています。
ボイスコミックをご覧いただいた皆さん、ありがとうございます…!
ご覧いただいた際は、いいね!ボタンなど押していただけると嬉しいです(*‘ω‘ *)

告知できないようなお仕事も含めると2019年よりは確実に前に進んでいます。
2021年はもっといろんな作品とかかわり、皆さんに素敵な作品をお届けできるように頑張ります。

また、ここ数年は周りにいる様々な先輩や講師でアドバイスをくださっている方々、お仕事でかかわらせていただいている会社の皆様、事務所の方々などたくさんためになる言葉やお話を聞かせていただいております。
いつもありがとうございます。

周りの皆さんにお返しできることは、きっと「しっかりとお仕事でみせる」ことだと思うので、
色んなお話を糧に2021年はさらに進化できるように精進したいと思います。

また、普段ライブに来てくださっていたり、舞台やリーディングライブなどかけつけてくださったり、Twitterなどでリツイートやいいねをくださっている皆さん。
SHOWROOM配信に遊びに来てくださっている皆さん、YOUTUBEチャンネルを見てくださっている皆さん。
いつも応援ありがとうございます!
皆さんのお力も、私が前に進んでいくためにとても必要な力です。
2021年も応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします…!!

2021年も、健康に気を付けて元気に駆け抜けていきましょう!!


成島舞
コメント

新年あけましておめでとうございます!

2021-01-02 13:32:21 | 日記
新年あけましておめでとうございます!

2020年はライブは全然出来なかったんですけど、YOUTUBEチャンネルを開設したり、動画編集をしたり新しいことに挑戦できました。
まだまだ再生回数はあんまり多くないですが…今年は動画を見てくださる人をもっと増やせるようにしたいです。

また、ボイスコミックも1年以上続けてやらせていただくこともでき、増刊号では主人公を担当させていただくこともあったりで、
とても自身の成長につながっているなと思っています。
ボイスコミックをご覧いただいた皆さん、ありがとうございます…!
ご覧いただいた際は、いいね!ボタンなど押していただけると嬉しいです(*‘ω‘ *)

告知できないようなお仕事も含めると2019年よりは確実に前に進んでいます。
2022年はもっといろんな作品とかかわり、皆さんに素敵な作品をお届けできるように頑張ります。

また、ここ数年は周りにいる様々な先輩や講師でアドバイスをくださっている方々、お仕事でかかわらせていただいている会社の皆様、事務所の方々などたくさんためになる言葉やお話を聞かせていただいております。
いつもありがとうございます。

周りの皆さんにお返しできることは、きっと「しっかりとお仕事でみせる」ことだと思うので、
色んなお話を糧に2022年はさらに進化できるように精進したいと思います。

また、普段ライブに来てくださっていたり、舞台やリーディングライブなどかけつけてくださったり、Twitterなどでリツイートやいいねをくださっている皆さん。
SHOWROOM配信に遊びに来てくださっている皆さん、YOUTUBEチャンネルを見てくださっている皆さん。
いつも応援ありがとうございます!
皆さんのお力も、私が前に進んでいくためにとても必要な力です。
2022年も応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします…!!

2022年も、健康に気を付けて元気に駆け抜けていきましょう!!


成島舞
コメント

Ⅿ-1論争を自分なりに考えてみる。

2020-12-28 17:38:46 | 日記
こんばんは!
成島です。

実は私はお笑い(漫才)が結構好きなので、Ⅿ-1は最終決戦を主に見ていつも楽しんでたのですが、
今年は決勝の1stから見てみました。
決勝まで残っている方々というのはやっぱり実力のある人たちなんでしょうけど、ああいう舞台ってほんとに緊張するので、
メンタルとの闘いで負けてしまったらいつもの面白さが出ないっていうのはアスリートと同じなんでしょうね。

順番とかもそうだし、結果を左右する要因というのは色んなものがあると思います。
番組終了とともに起こっているのが「漫才か漫才じゃないか論争」というやつです。

昨年のミルクボーイががちの話芸だったので、より一層際立った感じでしょうか。
「マヂカルラブリー」のあれはコントだという意見もあるみたいですが、コント仕立ての漫才も歴代の優勝者の中では結構あるので、この意見に関しては何か納得いかない理由を作りたいから出てきている意見のような気もします。

私は個人的な話をするとやっぱり「見取り図」が一番好きなのですが、その理由はしゃべりの表現で笑わせてくれるというか、
流れの中で気持ちよく笑わせてくれるのが好きなんでしょうかね。突っ込みの切り替えしだったり間だったりが秀逸だなって思うものが
好きだったりします。見取り図のはそういった意味で想像しやすい漫才だったなって思うんですよね。

「おいでやすこが」に関しても共感を裏切る&あのとちくるった突っ込み。これが面白かったなと思いました。
こがけんさんの歌唱力と創作力ありきの漫才だったなって思います。

それで問題の「マヂカルラブリー」なんですけど・・・
「漫才かそうでないか論争」についてお笑い芸人さんの意見は結構「面白かったらなんでもいいと思う」ていう話が多いみたいです。
それも踏まえて考えてみたのですが・・・

「〇〇向き」っていうのが影響あるのかなって思いました。
「会場で見てるから面白いやつ」「世界観になじみがあるから面白いやつ」「会場もテレビでも面白いやつ」「よくわからなくて面白くなかったやつ」「コアな人にしかあんまりわからない面白いやつ」などなど・・・

例えば「宣伝」することに対してどのツールを使うのかで「〇〇向き」というのが違うように。
Twitterはどの世代が強いとか、インスタだとどの世代に届きやすいとか、YOUTUBEだとどうだとか。
そういうのに近いのかなって思いました。

個人的には私は「マヂカルラブリー」のお笑いにはついていけなかった。
なんか勝手にやってる感が強くて、頑張ってみようとしないと世界観に入り込めないなってそんな感じだったんですよね・・・。
特に普段からお笑いに対してそんなに興味のない人は一層わからなかったんじゃないかな。

なので、ヤフーニュースの「Ⅿ-1であなたが一番面白かったのは?」が圧倒的に見取り図が強いのは、
見取り図が会場でもテレビでも一見さんでも笑える漫才をやったということなんだろうなって思いました。



全国で放映されていて注目されている番組だけに、やっぱりみんなが笑えるものを選んでほしいっていう気持ちが強くなるのはあると思うんですが、この日会場に来ていた人もお笑い通だろうし、客の人数も少ないし、審査員もお笑いの専門家だったし、会場は沸いたんだと思うんですよね。
そこを今まで判断材料にするのは常だったと思うので、今回の審査はほんとに難しかったんでしょう。。。


「マヂカルラブリー」はお笑い好きのこのコンビを知っている人、会場にいる人には面白いかもしれないけど、全国的にはどうだろう?というのが私が思った今年のⅯ1でした。
来年は見取り図頑張ってほしいなーって思います!

ご覧いただきましてありがとうございました!(*‘ω‘ *)
コメント