むしとり。

(´・ω・`)

エゾヨツメ

2018-05-05 | 鱗翅目(蛾)



4月22日撮影、宮城県仙台市太白区のエゾヨツメ(Aglia japonica)。
コンビニの灯火に飛来した個体。





♀である。極めて愛くるしい容姿をしている。
また、後翅の眼状紋は光の当たり具合で素晴らしい青色を発する。
なお♂の眼状紋は更に煌びやか(´・ω・`)。





網にとまらせ放っておいたら、卵を産み付けられてしまった。
とりあえず密閉容器に保管していたら、5月3日、卵が孵ってしまった。





大慌てで、食樹になるであろうコナラとクリを調達し、鉢植えを作った。





幼虫。すごくかわいい。
仕事で家を空けてる日が多いけど、無事に育ってくれるかな(´・ω・`)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖地巡礼

2018-04-13 | 






4月8日。船に揺られて向かった先は、





宮城県石巻市に所属する離島、田代島。





田代島は、極めて多数のネコ(Felis silvestris catus)が生息することで
全国的に著名であり、一部の信者には「ネコの聖地」として崇められている。







島内には、ネコを豊漁の神として奉る神社を有する。





















すごくかわいい(´・ω・`)。




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ウラジャノメ

2018-04-06 | 鱗翅目(蝶)



2017年7月撮影、宮城県仙台市太白区の
ウラジャノメ(Lopinga achine achinoides)。





山地性の蝶で、夏に現れる。幼虫はカヤツリグサ科等を食べるらしい。





特徴的な翅裏。よく発達した眼状紋を有し、
その内側にある白帯が幅広い点は、他所の個体群と比べ特異とかなんとか・・・・(´・ω・`)。





合計6個体を確認した。
私が訪れた時には既に発生晩期だったのか、みんな欠損や擦れの多い雌ばかりだった。
今後の目標は、本種の新鮮な個体に会うこと(´・ω・`)。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメギフチョウ

2018-04-06 | 鱗翅目(蝶)



3月31日撮影、宮城県川崎町のヒメギフチョウ(luehdorfia puziloi)。





(´・ω・`)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トビモンオオエダシャク

2018-03-21 | 鱗翅目(蛾)



3月19日、栃木県大田原市の
トビモンオオエダシャク(Biston robustus robustus)。
 




羽化後間もなく、翅がおおよそ伸びきったところ。
成虫の発生は春早く、幼虫はブナ科、バラ科等幅広い木本につく。





すごくかわいい(´・ω・`)。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加