子どもたちに残したいもの・残したくないもの

私たち大人は、未来の子どもたちに何を残し?何を残したくないのでしょう?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ここ数日の東奥日報

2010-03-17 20:59:25 | 再処理工場の情報
  • 「国から新確約」検討/返還低レベル廃棄物で副知事が見解(2010.3.17)
  • 耐火れんが回収来月ずれ込みの見通し/原燃(2010.3.17)
  • 漏えい検知装置が故障/再処理(2010.3.16)
  • 5月にも提訴/函館の市民団体「大間原発訴訟の会」(2010.3.16)
  • 電事連がプルトニウム計画発表(2010.3.15)
  • コメント

    グリーンピース ジャパンからのメール

    2010-03-07 18:43:11 | 再処理工場の情報
    六ヶ所村へ核のゴミが運ばれるのですね。転載します。


    *******************************************
    広島原爆840倍の高レベル核廃棄物が青森県六ヶ所村へ:
    スイッチOFF六ヶ所村再処理工場


    もうすぐ広島原爆840倍の高レベル核廃棄物が青森県六ヶ所村へ

    日本の原発から出た核廃棄物が英国セラフィールドのソープ(THORP)再処理工場
    で再処理され、高レベル核廃棄物となって、青森県六ヶ所村に向けて船で運搬さ
    れています。今回運ばれる高レベル廃棄物は500キログラムのキャニスターとよ
    ばれる容器28個分、そこに含まれる放射能は合計すると広島原爆の840倍と想定
    されます。この船は来週にも青森に着くと報道されています。


    高レベル核廃棄物とは?

    この高レベル核廃棄物は使用済み核燃料からプルトニウムを抽出した後に出る廃
    棄物の一部で、長期間にわたり強烈な放射線を発し続けるため、ガラス状に固形
    化し、ステンレスの容器にしっかりと閉じこめた上で深い地下に埋設されること
    になっています。しかし、地震の多い日本では地下での埋設に適した土地はない
    とも言われており、まだその最終処分場は決定すらしていません。
    さらに、再処理工場の技術にはさまざまな疑問があり、ガラス固化の状態が不安
    定であったり、容器の腐食が進む可能性も指摘されています。最悪の場合、海外
    にも影響をおよぼす規模の放射能汚染をひき起こすことが考えられます。


    今後10年間も続く輸送

    英国からの高レベル廃棄物は今回で終わりにはならず、1000個の容器が今後10年
    にわたり、日本に送られてくる予定になっています。しかし、今回のチリ地震で
    津波が発生したように、海では何が起こるかわかりません。もし、運搬中に船に
    事故が起きれば、航路にあたる国々の放射能汚染を起こしかねません。


    再処理工場が1日で放出する放射能は、原発1基の一年分

    またこの英国のソープ再処理工場に代わり、六ヶ所村再処理工場が本格操業を開
    始すると、事故が起きなくとも、大量の放射能が、日常的に、海や空へ放出され
    ます。六ヶ所再処理工場が一日で放出する放射能の量は、一般的な原発1基の一
    年分です。


    青森県知事へあなたの声を

    この再処理を続けることは将来の世代にわたって、すべての生命を危険にさらす
    ことに他なりません。原子力発電に依存する限り、危険な核廃棄物は生み出され
    てしまいます。今こそ、自然エネルギーに転換していくことが求められています。

    六ヶ所村再処理工場は国内外の反対の声を無視して、本格操業に向け、試験が行
    われてきましたが、相次ぐ事故の連続で、本格操業のめどはたっていません。

    青森県知事はこの危険な廃棄物の受け入れや六ヶ所村再処理工場の本格稼働を最
    終的に判断できる立場にいます。危険な再処理を中止させ、より自然で安全なエ
    ネルギーを生かした政策を実現するためにあなたの声を青森県知事に送ってくだ
    さい。

    メッセージを青森県知事に送る
    https://www.greenpeace.or.jp/ssl/enerevo/switch1/?cyber

    グリーンピース・ジャパン
    東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F
    電話: 03-5338-9800 FAX: 03-5338-9817
    http://www.greenpeace.or.jp/
    コメント (1)

    ▼核燃・むつ小川原の関連記事 東奥日報

    2010-03-07 13:44:31 | 再処理工場の情報
    ▼核燃・むつ小川原の関連記事です。
    3月に入って ザワザワと動きがありますね。 


    返還廃棄物 専門家会議で審議(2010.3.7)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100307101754.asp

    直嶋経産相が再処理工場など視察(2010.3.6)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100306184534.asp



    返還低レベル廃棄物受け入れ要請一問一答(2010.3.6)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100306125130.asp
    「このページは削除されました。
     もしくはアドレスが間違っています。」とのことで見れません。

    あれ?見たかったなぁ。なんで削除されちゃったのかな?



    返還低レベル廃棄物 受け入れ拒否求める/1万人訴訟原告団(2010.3.6)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100306105119.asp

    知事選視野 急ぐ事業者/返還低レベル廃棄物受け入れ要請(2010.3.6)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100306104850.asp

    経産相 受け入れ要請/返還廃棄物(2010.3.6)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100306082552.asp

    返還廃棄物受け入れ あす要請(2010.3.5)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100305125556.asp

    中井防災担当相が7日に大間原発視察(2010.3.5)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100305095713.asp

    返還廃棄物の要請 県議会に報告(2010.3.3)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100303130442.asp

    低レベル廃棄物の受け入れ施設完成は18年度/原燃が概要公表(2010.3.3)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100303094307.asp

    ガラス固化体の製造溶融炉試験施設公開/原燃(2010.3.3)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100303094252.asp

    返還廃棄物で知事と経産相会談へ(2010.3.3)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100303090740.asp

    電事連などの2億円原資に人材育成基金/六ケ所村(2010.3.2)
    http://www.toonippo.c.jp/news_too/nto2010/20100302105930.asp

    新型遠心機導入準備工事を開始/六ケ所(2010.3.2)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100302093736.asp

    国が返還低レベル受け入れを要請(2010.3.1)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100301224344.asp
    コメント

    毎日新聞ニュースより

    2010-02-25 23:36:30 | 原発
    毎日jpです。

    http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100225k0000e010073000c.html

    温暖化対策:原発、施策筆頭に…基本法案を3月に閣議決定

     政府が今国会に提出する「地球温暖化対策基本法案(仮称)」で、
    基本的施策の筆頭に原子力発電の推進が掲げられることが25日、分かった。
    連立政権を組む社民党への配慮から当初、明記を避けていた。
    しかし、発電段階で二酸化炭素を排出しない原発を考慮しないことに、
    閣内で異論が多く見直した。

    政府は関係省庁の副大臣級検討チームで調整し、3月上旬の閣議決定を経て国会提出する。

     原発の扱いについて、当初案は、蓄電池などと同等に次世代技術の
    開発を進めることのみ盛り込み、法案の概要説明資料で省いてきた。

    だが、政府内で温室効果ガスの「90年比25%減」という目標達成には、
    発電量の4分の1を占める原発の稼働率向上や新規建設は
    回避できないとの認識が高まった。

    そこで法案に「排出の抑制に資するため、原子力を利用するために
    必要な施策を講ずる」とうたう条文を排出量取引制度創設の前に置いた。

     再生可能エネルギーの導入目標は、当初案の「20年までに
    エネルギー消費量の20%程度」は実現可能性などから
    「供給量の10%以上」に改めた。

    排出量取引制度については法施行後1年以内をめどに創設すると
    しているが、経済産業省は企業活動を制約しかねないとして
    反発しており、政府内でさらに調整する。【山田大輔】

    毎日新聞 2010年2月25日 15時00分
    ******************************************************
     
    CO2を出さないから原発を推進?
     
    小出裕章さんの動画をもう一度見てください。

    HAOW'S TV(3)


    コメント

    柏崎市からのメッセージ 2010.2.10.wmv

    2010-02-24 11:20:06 | 原発
    柏崎市からのメッセージ 2010.2.10.wmv


    mixiのhiroさんが発信していました。

    見てください。そして、ブログなどに貼って、多くの方に見てもらいましょう。
    コメント