熊谷の弁護士小林誠のブログ (離婚・遺産分割・刑事事件に ついて解説しています)

埼玉県熊谷市の弁護士のブログ
元さいたま家庭裁判所非常勤裁判官
元日本司法支援センター(法テラス)常勤弁護士

不貞と謝罪

2020年03月18日 | 不倫(不貞)慰謝料

不貞(不倫)行為をしてしまい、その事実を争うことができない

場合、その相手方に対して謝罪をしたほうがよいのでしょうか?

結論から言えば、相手方には謝罪をして、できるだけ許してもら

えるだけの対応をした方が慰謝料の額は下がりやすいと言える

でしょう。

相手方からの請求額を減額してもらえることもあるでしょうし、

裁判になったときも、相手に誠実に謝っているか、開き直りの態度

ととらえられるかで、大きな違いが出てくることが多くあります。

ただ、形だけでない、誠意ある対応をとることが大切です。

埼玉県熊谷市
こばと法律事務所 弁護士 小林 誠

電話:050-5288-2347
https://www.kobato-law-office.com/

調停での時間配分

2020年02月27日 | 離婚

調停を行う時間は決まりはありませんが、通常は2時間程度です。

午前だと10時~12時、午後だと1時30分~3時30分、3時~

5時などがあります。

ただ、あくまで目安ですのでその日にやることがなければ早く

終了することもありますし、2時間以上行う事もあります。

また、話を聞いてもらう時間は30分単位で交代することが多いですが

30分より短い時間で交代することも多いですし、1時間にわたり

話を聞かれることもあります。

話を聞いてもらう時間が多い方が有利に感じる方もいるようです

が弁護士からすると話を聞いてもらう時間が長ければ有利ということ

はありません。


埼玉県熊谷市
こばと法律事務所 弁護士 小林 誠

電話:050-5288-2347
https://www.kobato-law-office.com/

熊谷の裁判所の保釈請求

2020年02月26日 | 刑事事件
逮捕・勾留されてしまった方が起訴をされた場合に必要なのは

保釈請求をすることです。

保釈請求とは簡単にいうと、一定の金銭を裁判所に預けることに

よって裁判が終了するまでに暫定的に社会に出ることができる制度

です。

保釈が許されるためには、法律のさだめる条件を満たす必要がありますし、

また、お金も必要になります。

お金は通常150万円から300万円程度必要であり、逃亡などしなければ

裁判終了時に全額返還されますが、反対にいうと裁判終了までお金を

預ける必要があります。

いずれにせよ保釈請求するためには早期に弁護士に依頼する必要があります。

こばと法律事務所では多くの刑事事件で保釈の許可の結果を得ています。


埼玉県熊谷市
こばと法律事務所 弁護士 小林 誠

電話:050-5288-2347
https://www.kobato-law-office.com/あでに

離婚調停を多く経験したこと

2020年02月26日 | 離婚

私は、ほかの弁護士よりも多くの離婚調停、遺産分割調停を含む

多くの調停を経験してきたと思います。

それは多くの離婚調停のご依頼をいただいてきたということも

ありますが、さいたま家庭裁判所にいおいて非常勤裁判官として

多くの家事調停事件の担当をしてきたからです。

非常勤裁判官を担当することによって、裁判官や調停委員の物の見方

などをたくさん経験することができ、裁判所がこのように考えるであろう

ということがよりよく分かるようになったと思います。

離婚調停など家事調停は弁護士を依頼しなくてもご自身でできるといわれる

ことも多くありますが、弁護士に依頼し、ご自身の置かれている法的立場

や有利な進め方を確認しながら調停を進めることには大きな意義がある

と考えています。


埼玉県熊谷市
こばと法律事務所 弁護士 小林 誠

電話:050-5288-2347
https://www.kobato-law-office.com/

不貞(不倫)の慰謝料請求の注意点

2020年02月26日 | 不倫(不貞)慰謝料
不貞(不倫)の慰謝料請求をしようとする場合、様々なことを

考えなければなりません。

請求の相手を配偶者(妻や夫)だけにするのか、不倫相手だけにするのか

2人に対して請求するのか?

それは、配偶者と離婚をするのか?関係修復をめざしていくのか?相手方の

情報がどれだけあるのか?相手方らにそれぞれどれだけの資力(慰謝料を

支払う経済力)があるのか?また、不貞相手に配偶者がいる場合には、不貞

相手の配偶者から、不貞したご自身の配偶者に対する慰謝料請求を受ける

可能性も考慮しなければなりません。

いずれにせよ、一度、専門家である熊谷の弁護士に相談されることをおすすめ

します。

埼玉県熊谷市
こばと法律事務所 弁護士 小林 誠

電話:050-5288-2347
https://www.kobato-law-office.com/