コバッシャーからのメッセイジ

耐震、耐久性抜群のステンレス製床束を発売しました、フレキ管
  配管部品のコバッシャーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

耐震ベッドの販売。

2017-12-25 10:47:21 | 新製品

お早うございますコバッシャーです。今日は25日のクリスマスです、何か毎年のことですが気が急いて今年も後6日で一年が終わるわけで、来年は良い年でありますようにお願いします。私コバッシャーも一年半掛けてやっと耐震ベッドができ販売に漕ぎ着けることができました。来年は戌年、私コバッシャーの年です、宜しくお願いします。

 

コメント

耐震ベッドの説明。

2017-08-24 17:24:51 | 

 

 毎度コバッシャーです、私が耐震ベッドに寝てる訳ですが天井の感じは普段どうりで、天井の高さは約1m64cmありますのでベッド入る時も違和感はありません、天井には約100kgのケースを収納しています。

ベッドの下にも収納ができ、いざ地震が起こって天井のパネル板(約50k)が落ちてきても十分に耐えられるように300kテストを重ねて行っています。ベッドの床束(特許)と天井の柱の床束は別物で天井が揺れてもベッドには影響がない訳です。コバッシャーは頑張っています。

 

 

                                                               

コメント

耐震ベッド完成。

2017-08-19 17:34:00 | 新製品

毎度コバッシャーです、今日は耐震ベッドが完成しましたので早速ブログに書きました。

 昨今いつ起きるかわからない地震、特に朝方が多いようで、一瞬の出来事で天井のパネル板が落ちてきたり,棚の物が落ちたりで逃げる間もない状況で、如何に逃げずにその場で落ち着くまでじっとしているか、コバッシャーの耐震ベッドは下の写真の様に約300kgのドラムカンで耐久性のテストを行いました。普段はベッドの足下、天井に物が収納でき、いざの時は約300kg以上の物が落ちてきたら入口の方に滑り落ちます、ベッドの中は何の影響はありません。。コバッシャーは頑張っています。

コメント

淡路島の旅。

2017-08-15 13:34:38 | 旅行

毎度コバッシャーです。先日の盆休みに仕事上のお付き合いで淡路島に行きました。一年ぶりの鳴門大橋を渡って海岸沿いを車で走った訳ですが、一年の疲れ疲労も、島に着たと思う、たとえ2,3時間の車の旅でも魚、淡路牛、ホテル良しの最高の休みでした。コバッシャーは頑張っています。

コメント

天神祭。

2017-08-03 10:17:28 | 社会

こんにちはコバッシャーです、ご無沙汰しています。先月7月25日大阪商工会議所の招待で天神祭の船に乗りました。一番船の前から5番目で18時20分ぐらいに出て約3時間ぐらいの乗船です。雨が降りそうで何とかふらずにいけました、途中天満橋の下を船が潜るのに頭を下げないと通れない、さすがビックリしました。それから花火のきれいなこと、船から見る景色は最高でした。また帰りの船着場の近くであげた花火は頭の上でドカンとさすが体がのけ反りました。コバッシャーは頑張っています、宜しくお願いします。

コメント

耐震ベッド

2017-04-12 16:25:56 | 新製品

お久しぶりコバッシャーです。きょうは今年の秋に向けて新製品を発表できるように頑張っています。その新製品は耐震ベットで、今耐震テストを行っています。次の新規投稿には、新製品の写真が載せれると思います、それまでお待ちください。コバッシャは頑張っています。

コメント

製品内容4

2016-05-09 17:54:15 | 

先の記事の続きを書きます、従来の束は鉄とステンレスは溶接とターンバックルと重ねて作っています。上部は右ねじ、下部は左ねじとそれをターンバックルで縮めたり広げたりして最後にナットで上部と下部ネジを締める、そのような束です。

また、ステンレス束はコストが高くつくので他社では余り生産はしていないようです。弊社ではコストが掛かる溶接はせずプレスカシメで一体化して、片方のねじの調整で簡単に早くできるように製作しています。コバッシャーは頑張っています、続きは次回のお楽しみに。

 

コメント

製品内容3

2016-04-18 18:40:41 | 

弊社のステンレス束は値段を抑えるため、溶接せずプレスカシメ加工(特許)で生産しています。金型でプレスカシメ加工する為金型が摩耗するまで

何十何万も同じ物が正確に生産できます。また溶接時の平面度、焼き戻し、変色直しもする事が要りません。そのような束なので、安価な値段で提供できます。続きは次回のお楽しみに、コバッシャー

コメント

製品内容2

2016-04-07 13:37:24 | 

従来のステンレス束は上部、下部を溶接する為、溶接部分がステンレスで無くなってしまう、それを焼き戻しをしてステンレスに戻す。溶接部分の

変色をペンキ等でなおす。また平面度、溶接加工賃は鉄に比べると可なり高くつきます。それと一番大事なのは溶接が付いているかは見た目では解りません。続きは次回にお話しします。コバッシャー

 

コメント

製品内容1

2016-04-04 15:30:46 | 束シリーズ

ステンレス束のお話をしたいと思います。従来の束は木材、樹脂、鉄、ステンレスとあります。木材は白アリで敬遠されます、鉄はサビやすく、

樹脂はネジ部分が耐久性に欠ける。ステンレスは強くてサビにくいですが、鉄の約3倍高くつきます。続き次回にお話しします、コバッシャー

コメント