見出し画像

GN125Hいじりたおす。

古トンネルを巡る その6(大見トンネル)

古トンネルを巡る、第六弾は賀茂広域農道にある大見トンネルです。
大見トンネルは1997年竣工のトンネルで、古トンネルというわけではありませんが、豊田の山奥の県道ですらない非常に交通量の少ないところにあるとのことで、行ってみることにしました。

巨木を巡る その18からの続きです。
切山の大杉から国道473号を北上し、国道420号に突き当たったところで左折します。
この道、鳳来寺道とも言うらしいですね。

5km程走ると、賀茂広域農道の看板が出てきますので、そこを右折(その少し手前に左折で広域農道に入る交差点があります)。
広域農道を道なりに走ると、大見トンネルにたどり着きます。
場所はこちら。




コンクリ造りの南側の坑門。
そんなに古いトンネルではありません。


中も比較的明るくきれいですね。2車線+歩道のある広いトンネルです。
広域農道とはいえ、交通量の少ない山の中にこれだけ高規格のトンネルがあるのは、少し不思議です。



北側の坑門。こちらもコンクリ造りです。日当たりが悪いのか、苔むしていて古トンネルのような趣があります。

広域農道の突き当たりを左折し、県道364号を経由して420号に再び出ます。ここから少し北に向かうと香嵐渓です。
せっかくなので、寄り道してから豊田市街方面へ出て、国道153号経由で帰宅しました。

蒲郡から岡崎、豊田方面はまだまだ知らないスポットや楽しい峠道がありそうなので、また探索したいと思います。

では、また。


名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「GN125H乗り回し記録(古トンネル巡り)」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事