DとAとAの記憶、ちち・ははの想い

優しいへたれのDくん。イケイケ優しい妹Aさま。そして悪魔っ娘Aたん。
みんなみんな幸せな一生でありますように。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

強引に内装終了&祝・竣工♪

2015-12-16 10:25:16 | DIY
ご無沙汰しております


D&Aははこと、私の悪癖(サボリ癖)のせいで


気が付けば1か月以上更新していなかったです、ごめんなさい




しかしながら


DIYは決してサボっておらず


実は、前回DIY記事の直後に内装は終了しておりました




こんな感じね



写真では一応キレイに仕上がっているようですが


よーく目を凝らせば



あらら・・・


あちらにもこちらにもザンネンなアラが見え隠れ~



それがDIY初心者の手作りの醍醐味っちゅーやつですよ




外観を見てみると










この3枚目の写真は外壁が何故か薄い色に写ってますが


実際の外壁(下見板)は、上2枚の色です





パネルハウスを建てた外環境について








敷地内には小川が流れ





ハウスから母屋までは直線で70mほどの程良い距離感





敷地の下側と上側に道路がありますが


その先のジャンプ台で通行止めのため、交通量はほとんどなく





市街地から近いにもかかわらず静かで豊かな環境です


敷地内では自然の恵みもたくさん取れます


春にはうど、たらんぼ、アイヌネギ、みつば、、、


秋には5~6種類のきのこ、栗、こくわ、、、





冬は、雪の中で愛犬たちが嬉しそうに走り回る姿











パネルハウスの室内には暫定的に石油ポータブルストーブを置いてますが


断熱をしっかり行ったせいか


点火するとすぐ暖まります


鋳物の薪ストーブを置く予定で、壁に煙筒用メガネ石を設置しているものの


値下げ時期を待って購入予定ですが、このままでもイイかな…なんて思ってしまうのです


しかし、自宅でも薪ストーブ愛好家であり、薪割り大好きなD&Aちちは


意地でも薪ストーブを置くでしょう


それはそれで、山小屋風雰囲気が盛り上がり、さらに魅力的なものになると思います




私がパネルハウスに出会ってから2年以上経ちました


そのころの漠然とした夢が


まさにイメージを超えて実現したことに、大きな達成感と幸福感に浸っております





パネルハウスの優しく素敵なスタッフさん達のご指導の下


D&Aちちのお師匠Gさんやお友達Sさん、弟のYさんには沢山助けてもらいました


今現在、薪ストーブが未設置なので


何時を持って竣工かの線引きが出来ませんが


11月中旬過ぎには、デッキで持ち寄りパーティを開いたので


それを以って、一旦パネルハウス制作を終了とさせていただきます




細部はちょっと時間かかり


D&Aちち・ははのケンカばかりの二人三脚ながら、ここまでこぎ着けました



これまで、このハウスに係ってくださった皆さんに心から感謝申し上げます


コメント (2)

内装~壁塗り、フローリング、腰板張り~

2015-10-25 12:04:49 | DIY
自分が係ってないお仕事(DIY)は


記録(写真)が手抜きになってダメだね~ 反省なのだ…




一生懸命コツコツがんばってるちちの成果がぼやけちゃうけど


出来栄えは置いといても(一言多いっ つーの


何とか内装の終盤までたどり着きましたよ






壁はオフホワイトの塗料を手塗り…


最初は私もやってましたが


天井塗りでギブ



そのあと、ちちが一人で仕上げたのであーる








ボクも励まして頑張ったどー(by D



手伝わない私の無理な注文に、お互い衝突しながらも


全部仕上げてくれたのです


ちちよ、感謝してるからね




途中、超心強いお師匠さんのアリスパパさんに


電設も完了させていただきました




電気に関しては、ちょっと勉強したものの


やはり熟練したかたが居たら、頼ってしまう情けないちちははです


G藤さんのおかげで、ハウス内の照明と玄関の明かりが灯った時はカンド―しました


貴重な遊びの時間を割いてまで何度も来ていただき


本当にありがとうございました



この後の行程は、窓枠、玄関周り、腰板のニス塗と


フローリングのワックスがけ


薪ストーブの土台と背当て?版を作成し


いよいよ薪ストーブの搬入です(予定)


他の用事もあって、スムーズに進まないと思いますが


何とか冬本番を迎えるまでに出来そうな目途が立ちました


コメント (2)

外階段に続くデッキ部分

2015-10-25 09:10:57 | DIY
ハウス内装の石膏ボード繋目やコーススレッド跡を目立たなくするため


パテを埋めて乾くのを待つ間


玄関ドアから外に続く階段とデッキ部分を仕上げました






何も参考にせず


私が思いついた設計で作ったためイマイチかもしれませんが


ソコソコしっかりしたものに仕上がり満足してます(自画自賛~ばか





コンセプトは「安定感とハウスへ出入りするときの解放感」をイメージし


メンテがスムーズに行えるよう


上段、中断の階段は取り外しできるパーツに組み


デッキ部分は積雪期に外すことを考え(腐食防止)


2バイ4材7本を1パーツとし、雨が流れるようにスノコ状に制作しました








全部で10ユニット=70本のツーバイフォー材を使用


表面をスッキリ見せるため、表にくぎ頭が出ない組み立てにしてます


また、土台に半ブロックを使用し、レベルを合わせ


私が体重100㎏になっても耐えられるように 


1パーツが6個のブロックにはまって安定する構造にしました



ザンネンなのは時間的に2度塗り出来ず


期待よりも薄い色目に仕上がったことで、まぁこれは来春早々塗りなおしますわ






この時期は(写真は10月5日)まだ母屋の庭にもキノコがなっていました



ハタケシメジ

あまり香りは無いけど、食感は最高にイイです

お味噌汁でいただきました



オシロイシメジか?

一応キノコ図鑑では「要注意」になってますが

知り合いのきのこ博士に聞くと「食べるに値しない」そうです


って、O内さん食べたのー



相変わらずアップが遅いブログですが


初雪も降ったことだし、今日は頑張ってもうひとつ更新します(あ、いや、したいです…





コメント

内装開始~石膏ボード~

2015-10-05 09:54:47 | DIY
これもまた、2週間くらい経過したかなってくらい過去の話…


断熱が終わって、すぐボード貼りを行いました





石膏ボードはあらかじめ、留める場所に合わせてカッティングするのですが



ずれたりすることも多く、調整が意外と大変でした



留め釘として、石膏ボード用ではなく45mmコーススレッドを使ったので



打ち込みの時に、ボードに沈み込ませないよう、逆に頭が出ないように気を使いました



幸いなことに、ここに至るまでかなりドライバーを使いこんだおかげで



自慢ではないけど、微妙な手加減も出来るようになって



何とか貼り終えることが出来ましたよー








石膏ボードの合わせ目や釘のところは、塗装仕上げをきれいにするためパテを当てていきます






※ちちが使っているパテを載せる道具は


ははの手作りです(コレは5分で作成した超簡単設計です)




いつの間にか、ちょっとした道具なんかは作れるようになってて


自分でもびっくりー


パテ塗りが終わったころ、お天気が不安定になり内装小休止





山関係のお友達夫婦に声をかけ


ハウスの周りに顔を出している無数のボリボリを取りに来てもらいました








早速「お味噌汁でいただきました」とのメールをいただきました


良いタイミングで来てもらって良かったです


来年もまた、キノコと栗を採りに来てくださいねー





私たちが全く監視できないとき以外は自由に動き回るD&A


D君は主にニオイ取りとエリアパトロールに出かけ、すぐ離れた場所に行き


あーちゃんは、好奇心旺盛な割に私達のそばでウロチョロ走り回ってご機嫌です














だから、いつもDっこは登場率低いんだよー





アルティが踏んで痛がっていたイガクリを一か所に寄せてみた





このあと一週間以上もボトボト落ちていたからイミ無かったね



そんな訳でまだまだ現在にたどり着けません。。。

コメント (4)

内装開始~断熱編~

2015-09-24 07:25:53 | DIY
なんだかんだで更新遅れてます…



D「ボクのおかあさん、忙しいふりしてサボリ魔なんだよー



FBは撮ってすぐポン!だから、ついそちらで済ませてる自分を反省して


撮り溜めた写真を少しずつアップしていきますよ~




内装の前に絶対やらなければならないこと


それは『断熱』なのです


外壁と内壁の間、屋根と天井の間


ここに隙間なくグラスウールを埋め込みます





ここまで、ちち(旦那)に負けじと作業してきたはは(私)ですが


喘息が発症しないように、断熱作業はちちにすべて譲りましたよ














とにかく、隙間と言う隙間を完璧に塞ぐのです


ほっかいどーの冬をなめちゃアカーン


特に天井は結露防止のため100mm厚のグラスウールを2重に詰めます






ハウス内に入り込み、ちちを励ますあーちゃん







スキありっ 激励のペロリ




3歳を過ぎたというのに

いつまでもおこちゃまアルティはウロウロ、チョコマカと、ちちから離れません









グラスウールを埋め込んだ後は、防湿用ポリシートをタッカー留めしながら

グラスウールの上から押さえていきます

タッカーは建材用のホチキスのことです)




もう、あーちゃんはお手伝いしなくていいからランで遊んでいなさいって



A「ガッテン承知の助








D「アルティはおかあさんと一緒でジコチューだからなぁ…





写真見たら9月9日の日付でした


頑張って、現在に追いつかなきゃー
コメント (2)