◆◆◆ 目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

◆◆ 黒井文太郎 よ、シリアのどこを見てきたのか、貴様の目は節穴か、それともナイラ同様工作員か!!!

2020年02月26日 | 日記
黒井文太郎記事より

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38643
2013.9.9(月)黒井 文太郎

実は筆者(黒井文太郎)は、
シリアとはプライベートで長く深く関わってきた。20年前に結婚した元妻がシリア人で、その後、何度もかの国を訪問し、親族や友人を通じてシリア人社会を内側から見てきたのだ。

 シリアは北朝鮮と同様の強権体制の独裁国家で、秘密警察が国中に監視網を構築し、不満分子は徹底的に弾圧する恐怖支配が行われている。言論統制も徹底され、もともと外国人記者が自由に取材できるような国ではないうえ、外国人と接する機会のあるシリア人も、秘密警察を恐れて外国人に迂闊にホンネを話すことはない。したがって、なかなかその真の姿が外国人には見えにくい。

 筆者のような関わりは希少ケースと言っていいが(シリア人女性と結婚した日本人は筆者が2人目らしい)、そのためシリア国内に今も住む親族や友人・知人たちから直接、“身内”として率直な話を聞く機会を持つことができた。そうした立場でシリアで進行してきた悪夢のような出来事の経緯を、2011年3月の民衆蜂起からずっと見てきたが・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

-------------------------------------------------------------------

黒井文太郎 よ、シリアのどこを見てきたのか、貴様の目は節穴か、それともナイラ同様工作員か!!!

Syriaの真実=反政府軍こそ謀略工作員(テロリスト)




嘘から始まった湾岸戦争!自作自演の議会証言とPR操作!

 
アメリカにおいて銃は必要悪のようにも思います・・・

黒井文太郎=日本の恥、反吐が出る!!!(怒) 







この記事についてブログを書く
« ◆イルミナティカードの予言ま... | トップ | 一ヶ月前に「コロナウイルス... »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事