チビ&ウルフのつぶやき

在りし日のチビの思い出とウルフの日常をつぶやいてます。

いつまでも続くと思っている日常は

2019-03-26 | チ ビ
(チビ。。。恋しいよ。。)


親の時に嫌というほど身に染みたのに。。

時間がそれを忘れさせ、

また。。。

まして、昨年から少しずつ覚悟を決めよ!と
時間のプレゼントを頂いていたのに。。。
狼狽し、寂しさに漂っているなんて。。

寂しさは金。未練は銀。
耐えることは人間を強くする。。。

確かに強さは身には付いている。。

しかし、近い将来は又誰か。。
もしくは自分かもしれない。。

常に覚悟を持って生活していきたい!
なんて言っても、修行僧じゃないから
どうしても日常のアレコレに気持ちが持っていかれ
揺れてみたり、冷静に対応出来てみたり。。。

チビと今生で別れるまでは、
いろんな経験が生きてるなぁーなんて自負していたけど、
いやいや。。
案外。。というか、
まだまだ脆いもんなんだなぁ

最近、子供達が
「父や母が小さく見える。。長生きしてよ!」って。。

エッ!嘘でしょ!
でも昔。。自分も両親を見て感じたことがあった。

私から見ると、年上の主人は、
同年代より若いし、動きもいいけれど、
先日アルバムを見ると、眩しいくらい若い!
それは私も同じ。
まだ私は赤いちゃんちゃんこの年齢ではないけれど、
もうそろそろ。。

子供達が巣立ち、孫達も授かり。。
嬉しい出来事なのに。。
若い頃のように、嬉しさだけではないのよね。
充実感と寂しさと(ここでも。。)切なさと。。

孫の誕生は、この上ない喜びだったけれど、
それだけでなく、若い頃のように体が動かず、
更に元気に帰さねばと気も遣う。
帰ったら帰ったで、ホッとするやら寂しいやら。。
本当に複雑。
亡き母の、先輩達の言葉を、今、深く理解する。

そんな慌ただしくも、楽しく、切ない日々も
主人と私とチビとで、ずーーっと続くと思ってた。。

それなのに。。

主人と、あと何回楽しく食卓を囲めるのかな?
当たり前の日常を過ごせるのかな?
旅立ちはどっちが先なんだろう?
今は、それがちょっと怖い。

「先に逝ったもん勝ち!」
残される辛さ、寂しさから逃げたい為に言ってたけど。。


涙もろくなるのは年を取った証拠。
そりゃそうよね。
若い時は経験が浅いし、エネルギーが有り余って
心躍る事ばかりに目がいくし、楽しいし。
負の感情だって今思えば新鮮な経験。

でも、年を取ってみると。。
感情の襞(ひだ)は数も増え、折り目も深く、
様々な変化に(季節、陽の光、風、静寂さえも。。)
痛みと共に優しさ、切なさ、悦びと。。
複雑に絡み合い、深い味わいを持つことに。。
まるで感情の侘び寂の世界。。。?

いつかは会えるであろう人達、チビと会う為に
今を精一杯生きなきゃなぁと思うけど、
まだ。。時間が必要ね。。
永遠って見えない心の中のことなのかもね





逝って四十九日という喪に服す期間が必要ですが
四十九日経ったら普通の生活に戻りましょう(招き猫ちゃんねる)

ブログを2日間離れただけで。。

2019-03-25 | つぶやき
週末は主人との静かな時間を過ごしました。

チビがいないからと泣き暮らしている訳ではないのですが、
まだまだ、あちらこちらにチラつくチビに
時にこみ上げ。。寂しさがよぎり、
いつものように元気よく、陽気にとはいかないだけ。。

やはりまだ、歩く気配を感じたり、
あらあの音は?と姿を探してみたり。。
かつお節を使うと呼んで、
料理で魚を扱うと、つい後ろを振り向いて。。
長年染み付いてしまったものは拭い去れませんね。。

ブログも更新したかったけれど、
週末だけは離れてみようと思いました。

それで、今日。。
サイトを開くと!

何?何?
編集画面がガラッと変わっている!

たった2日間離れただけでーー?

えーーー
最近ようやく、gooブログの
いろんなジャンルの方々のサイトを巡る楽しみを見つけたのに。。
前の方が便利だったのに。。

まぁいろんな方々のご要望も、
サイト運営なさるgooのスタッフにも
お考えがあるんでしょうが。。

ツイッターでもそう!
え?又変えたの?
せっかく慣れてきたばかりなのに。。。
そんなに頻繁に変える必要ある?
という声も多々。。。

まぁ使わせて頂いている訳だから
しょうがないかぁ~

一番驚いたのは、YouTubeから共有で動画を。。
と思ったら出来なくなってる事。
調べるのも億劫だからコピーにしちゃったけど。。

頭の体操と思って、柔軟に対応していきますか。。
(って。。それしかできないもんね

というつぶやきでした!



知らなかった猫の思いやり

2019-03-25 | チ ビ
日中は2人で静かな時間を過ごし、
眠れなかった夜に。。
こんなチャンネルを見つけてしまって。。

猫さんとの生活は、チビが初めてだったので
沢山の幸せな思い出と触れ合いは残っていますが、
私自身が猫さんの事をどれ程理解していたのかな?
と、考えると。。。わからない。

チビと暮らし始めて直ぐ
鹿児島と家を行き来する生活を数年。
当時は、
可愛らしかったチビを満喫する間も
気持ちの余裕もなかったんだなぁ。。と
改めて思い返しました。

このブログを始めてみて
他のブロガーの方々より教わったことや、
動物病院の先生、看護師さんからも教わったこと。

約15年も一緒に過ごせば
理解できたこともあれば、
あれは何だったんだろう?と
未だにわからない事も。。
(それは人間同士でも同じかもしれませんがね)

そんな中で見つけたこのチャンネルで
あーやっぱりチビはあの時、
慰め、心配してくれていたんだなぁ。。と、
再確認できる内容。

昨年の時でさえ、
心配する私を心配していてくれた。。
あの時も?
あれも?
これも?
スマホにも残るチビの表情を見て。。。




チビはお節介さんなくらいに
いつも心配し、癒し、傍にいてくれたんだ。。

きっと、もっと知らない猫さんの愛情ってあるんだろうなぁ
今からじゃ遅いけど、思い出しながら学んでみるよ。

ありがとう。。ありがとう。。チビ




煩悩の真っ只中

2019-03-22 | チ ビ
気持ちの前進、後退を繰り返しながら
チビのいない生活を受け入れようとしています。
約15年の月日と思い出、チビの感触は
あまりにも生々しく心に、体にこびりついて、
寂しさ。。恋しさ。。
いろんな煩悩に心が乱れます。

YouTubeで鑑賞しているドラマでの和尚さんの言葉
胸に刺さりました。。

煩悩は煩悩でも、寂しさは金。未練は銀。
耐えることは人間を強くしてくれます。
悪いことではない。

そうでした。。。
父を亡くした後の母の慟哭。。
その感情に巻き込まれたあの時。。

寂しさ、孤独に溺れないよう強くなりたい!
と思ったことを。。

それでも、一番心身が辛い時に、
四六時中傍にいて、
ただひたすらに癒し、
無償の愛を注いでくれたチビ
人間同士とは違い、その密度は濃厚。。

キッチンに立てば足元かカウンターに。
寛げば隣に。
寝れば潜り込んできて
腕か、太ももを枕に。。etc。。
忘れられる訳がない。。

とはいえ、心の中では決めています。
49日までは、心ゆく迄
煩悩にどっぷりと浸ろうか。。と。
無理はしない。。と。

今思えば。。

2019-03-21 | チ ビ
去年の2月早朝に、
動物救急病院へ連れて行った時から、
この流れは決まっていたんだろうなぁ。。

チビの表情を思い返してみれば、
どことなく覚悟していたような。。
「大丈夫だよ」というような
落ち着いた目をしていたのが不思議だった。

もちろん、緊急で手術、入院で困惑し、
退院時に顔を見るなり涙を流して。。
痛み、不安、いろんな思いはあったろうけれど。。
先生から受け取って抱き締めると、
全身からホッとしていたのが伝わった。

食べられるはずですよと言われても、
なかなか食べず。。。
数値的には健康そのものだったのに
そこから先の流れも。。

昨年のあの時だったら、
この家族のショックは大き過ぎたろう。。

精一杯チビの為に頑張ったよね。
触れ合ったよね。
遠く、忙しい中でも
チビが心配だからと
会いに来てくれる人達。。
皆の為に、しんどくても頑張ったのかな?

どう考えても
あの旅立った日のタイミングは。。
チビなりの思いやりとしか思えない。

そして、旅立つ前に
主人と交互に毛布にくるんで抱き締めて、
頬ずりしたあの穏やかな時間。。

ペットロスになってるなら
新しい家族を迎えたら?
と、言ってくれる友人もいるけれど。。。

それは。。。無理。

自分の寿命がいつまでなのか?
これから先、健康でいられるか?

私達にとってはチビ以外には考えられない!
それくらい濃厚な日々を過ごしてきたから。。
悲しくても、寂しくても、
チビを胸に、これから先も過ごしていく。