地獄鬼の黙示録

私(ヘルキ)の日々のおもひを、新聞のチラシの裏に書きなぐるように書き散らします♪
正座して読んでネ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

髑髏超特急~完結篇~

2014-02-07 05:30:47 | Weblog
バカダミアン
「髑髏超特急~完結篇」
作・演出 重松輝紀
出演 長岡暢陵 ケニー(非・売れ線系ビーナス)

2014年2月7日金曜日(20:00)公開ゲネプロ(無料公演)
   2月8日土曜日(14:00)(20:00)
   2月9日日曜日(14:00)
甘とう館show劇場(唐人町商店街)
料金 前売り1500円 当日1800円
   学生 1000円 高校生以下500円

という芝居をします。
15年前に上演した「髑髏超特急~前篇~」の続編です。
内容は仏の妖精が色んな時代や場所を放浪する、放浪記です。
人生において歴史のはじまりとおわりを見ることは、ほとんどの人にとって難しいでしょう。
大体途中から途中までしかわからないものなのだから。
それを無理やり見聞して・・・。

というものです。

やんごとなき事情で役者交代劇などもありましたが、本日2月7日、公開ゲネを行います。
万一何か間に合わなかった場合にと、急遽公開ゲネにいたしましたが、実質は初日といっていいものに仕上がるはずです。
料金はございません。
是非ご来場くださいませ。
コメント

来たときよりも美しく

2013-09-19 16:22:01 | Weblog
猛威をふるった異様な暑さもややなりを潜めてきましたね。
気がつけば放生会も終わり、朝夕は秋の気配も感じます。
が、昼間は日サロいらずの真夏日。
なかなかのしぶとさです。

そんな昨今、地道に芝居を上演します。

9月20日(金)20:00
21日(土)14:00、19:00
甘棠館show劇場にて
料金:前売り1500円 当日1800円
各種学生1000円 高校生以下500円
作・演出:重松輝紀
出演:伊藤綾 フッチー 中島信和(兄弟船) ケニー(非・売れ線系ビーナス) 松下久美(The Jugons) 川崎和哉(Unit 96文字)
 内容: 表向きは宇宙開発のための実験として外部と隔離された島八十八丈島。そこでは宇宙適応のための遺伝子組み換えが研究されて いた。ある日地球的規模で巨大な地震と大海嘯が巻き起こった。島の娘はひょんなことから宇宙空間に疎開することとなる。果たして人類は汚染されたこの惑星 を浄化して次世代に渡すことができるのだろうか。それとも宇宙まで汚染して住めなくしてしまうのだろうか。今、遠足は終わりみんな帰ろうとしている。

あと予告編の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=o001esIhiV4
コメント

ムクリ!という芝居をします。

2013-02-10 22:25:21 | Weblog
みなさんお元気ですか?

一旦暖かくなり、気を弛ませてのち大寒波をよこすという逆北風と太陽のごとき真冬の昨今。
いらっとしますね^-^

今回は蒙古襲来からはじまって、「なんで蒙古はやってきたのだろう」という考察をジンギスカンの生涯から遡って、展開しました。
ある程度事実(元朝秘史的に事実と認められてる)に基づいたり、でたらめだったり、盛ってるけどある程度信憑性があることだったりします。

今回脚本を書くにあたってふたつの重要な作業をしました。
まずは井上靖先生の「蒼き狼」を10数年ぶりに読み返しました。するとどうでしょう、小生が好んで使うフレーズなどが多く散りばめられており、嗚呼俺はここから多くを盗んでいたのだなと甘酸っぱい気持ちになりました。

もういっちょはファミコンの「蒼き狼と白き牝鹿ージンギスカン」をプレイすること。
光栄のシミュレーションゲームで、まずはテムジンとしてモンゴルを制覇し、さらにジンギスカンとして世界制覇に乗り出すという白木みのる、いや血わき肉踊るゲームです。
この名作ゲームは何度やっても新しい発見があります。
まず他国を征服するための戦争フェイズがあるのですが、コツがあります。兵士の集中運用です。騎馬兵、歩兵、弓兵とみっつの兵種があり、10いくつか部隊を作ることができるのですが、それはしません。
騎馬兵100%で勝負します。
大部隊で敵の分散した兵たちを個別撃破してゆきます。必ず勝ちます。まさにこれが兵法でいうところのあれなんだなということです。
それから金をもうけます。人口を振り分けて農民や特産品を作る人が作る米や羊、宝石などを商人にうり、傭兵をやとったりして人口を増やします。売り買いには相場があり、安いときに買い、高いときに売ることも可能です。金が権力の下敷きになるシステムが構築されています。
あとこのゲームは命令をくだすために「統率力」や「企画力」「説得力」などのパラメータがあり、命令のたびにそれが減ります。自分を鍛えてその数値をキープしておかないと「テムジン様、統率力が足りません」と言われ、何もできません。
現在のリアル自分に置き換えぞっとします。常に自分を磨かねば。

さらにこのゲームは主人公が死ぬと子供を後継者としてゲームを続行することができます。
そのために「オルド」という行為?をして子供を作っておきます。
体力をすり減らしながらオルドを重ねたのに春に子供が生まれなかった失望は一入です。
生まれた息子は将軍として抜擢するか、死後の後継者としてキープしておきます。娘は政略結婚させて、有能な将軍を裏切らない存在にするアイテムとして利用します。
とんでもなくファンキーな女性の扱いです。
そんな感じで世界制覇にいそしむのですが、油断してると将軍に任せた国に独立されたり、疫病で人口が減ったりと不意のダメージがやってきます。
小生はセーブで対抗します。
嗚呼人生もセーブできたら、嫌なことがあったとき、思うさまリセットできるのにと考えますが、それは将棋の待ったと同じで、ゲーム性を損なう邪なやりくちです。
でもセーブしてしまいます。
はたして芝居はセーブできるのかしらん。
コメント

夏の新作

2012-06-09 00:39:57 | Weblog
暑い季節がやってきましたね。
みなさんお元気ですか?
小生は元気です。

バカダミアンの稽古場、青年センターは30度を越えないとエアコンがはいりません。
今の時期、暑くはあるものの夕方は28度、29度止まり。

無料でサウナを使えてる状態です。
みなさんもムワッとした人いきれを味わいたければ、見学にいらしてください。

でも本番は無条件でエアコンが入るそうです。
涼しい感じで汗だくの人たちをご覧ください。

バカダミアン
「それゆけ!クソ野郎!!~宵越のMONEY~」

6月16日土曜日 14時・18時半開演 開場30分前
青年センター3階 ワンコイン実験シアター
(西鉄グランドホテル先、大名小学校隣)

料金 500円

作・演出 重松輝紀
出演 伊藤綾 中島信和 富田文子 田中基康 演劇ボーイ
ナレーション 高木信吾 小坂愛

あらすじ 地球には人口があふれ、宇宙移民をしようとしていた。
まずはモルモットとして反社会的な人を・・・。

実験★副音声的にナレーションが入ります。
コメント

夢芝居

2012-01-20 13:54:14 | Weblog
芝居の夢。
役者ならば誰も見ますね。

このブログでも幾度か取り上げたことがあります。
若かりし頃は誰しも、台詞が入っていないまま舞台に立つ夢に、4000ccの冷や汗と共に目覚めたことがあるでしょう。
小生はその夢を克服し、別に台詞とか入ってなくても夢芝居を楽しめるようになりました。

次は劇作家として脚本が出来ぬまま本番を迎え、役者陣に迷惑をかける夢に、3000ccの冷や汗を体験しました。
その夢も役者陣が全てアドリブで乗り切ってくれる夢で捻じ伏せました。

一番最近見た夢では役者として出演中の舞台で本番中台詞を忘れ、なんか嫌になって次の出番をぶっちぎっていました。
その間の何をしていたかは曖昧なかんじです。
次の夢シーンは本番後から始まるのですが、役者仲間は特に苦情も言わず、舞台はどういう展開になったのかは謎のままです。

ああ、俺の芝居人生は終わったなとしみじみ思いました。

2500ccの冷や汗のエクスピアリアンスです。
目覚めの安堵感はなかなかのものでした。

冷や汗の減少は老いに起因するものでしょうか。
コメント

謹賀新年2012

2012-01-09 02:54:14 | Weblog
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくありがとうございます。

平成23年は日本は平和で安全で豊かという神話が打ち破られ、隠されたクライシスががんがん顕わになった年でした。
平成24年もその改善の兆候は見ることは能わぬでしょうが、その中でもがくのもまた人生。
逆に今こそ人間の尊厳や真の偉大さを発揮できる時期やもしれませんね。

そんな難しい話はさておき、今日(というか8日)は新年会’24の日でした。
キャナルのブッフェで飲食し、映画を観に行きました。
とても楽しい日でした。

色んなことも分かりました。

でも映画はあんまり前で見ると目が疲れるということが分かりました。
ごんはポップコーンをいっぱい食べる人だと分かりました。
KENNYは最初の乾杯前からごはんを食べる人だと分かりました。
YUMIEはほぼ就職が決まった人だと分かりました。

次の(芝居以外の)つどいは多分花見ですね。
コメント

名前

2011-12-13 18:48:26 | Weblog
最近苗字がなく、名前だけの有名人が増えてますね。

りょう、杏、優香、HITOMI、かりな、しょうえい、えいた(漢字わがんねえけど検索する気力なし)などなど。

どうなんですかね?

何故苗字を使わないのか?

このかたがたは皇族なんでしょうか?

それとも江戸時代の平民なんでしょうか?

ならば逆にミドルネームつきで松本五郎左衛門潤とかいてもいいですよね。

そうですね、いなくてもいいですね。
コメント

なにげなく

2011-12-04 22:41:07 | Weblog
風呂に浸かりつつよもやまのことを考えていてフト気付く。

「俺はきんどうさんよりも歳上なのだ」

16年前にもフト気付いたことがあった。

「おれはひざかたさんと同じ歳なのだ」

そのときはさほどSHOCKではなかった。

しかし今回はSHOCKだ。

きんどうさんより上ということは熊よりも上なのだ。

そしてバカボンのパパと同じ歳なのだ。

厄年のド真ん中なのだ。

厄年など鳥肌実のネタにしかすぎないと思っていたのだが、
なかなかどうして、厄年はやるものだ。

その詳細については次回作「厄マン」で語るとして、気付いたら本番が終わって15日程たっていた。

「La Manjuyaの男闘呼」なかなか傑作だったはずだが、どうだろう。

ちょっと細かく振り返ってみるべき時期にきている感じもする。


ていうかご来場誠にありがとうございました。


打ち上げで目を開けつつも意識が飛んでいたのだが、あれは無事終わったのだろうか。


最近仮面ライダーフォーゼばかり見ているからだろうか、
学園ものの芝居をやりたくなった。

アラフォーの集団が学ランやセーラーやブルマ着用でやるフォーゼはいかがなものなのか。
単に「ごち」をパクったと思われるだけではないのだろうか。

だったら若い人を集めてやればいいというのだろうか。

ちょっと細かく振り返ってみるべき時期にきている感じもする。
コメント

ふと気付くと

2011-11-09 09:30:19 | Weblog
明後日(11月19日土曜日)は本番でした。

さらに気付いたことはここでハッキリ告知していませんでした!


ワンコイン実験シアター

「La Manjuyaの男闘呼」

平成23年11月19日(土)14:00・18:00

青年センター(大名西鉄グランドホテルの横の消防署の横の建物)三階
料金500円

作・演出:重松輝紀
出演:後藤香・伊藤綾・富田文子・徳永弓枝・演劇ボーイ・三浦としまる


あらすじ:江戸時代の黎明期、女ドン・キホーテが目覚める。そして島原天草では・・・。





色んな芝居があるんだなということを認識してもらえる内容だと思います。

コメント

宣伝動画

2011-11-03 00:13:11 | Weblog
<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/DR3aWT-Sabk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
コメント