NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

犬200匹を違法飼育「売れ残り」は尼崎市が処分!

2009-12-10 22:24:12 | ヤリタイo(^∇^)oホーダイ
多分、明日は抗議の電話の嵐でしょ!
パンクさせるぐらいでちょうど良い。


ブリーダーもペットショップも実験動物繁殖施設も早くなくなれ!

それを利用する人もとっとといなくなってしまえ!



**転送元のメール**

皆様へ よろしくお願いします。


12月10日(本日)の朝日新聞朝刊の掲載記事を添付しました。

野上ふさ子が代表を務める地球生物会議が情報公開請求をして発覚し、植田弁護士がコメントを出しています。


***
犬200匹を違法飼育、「売れ残り」は尼崎市が処分
朝日新聞 2009年12月10日8時1分
http://www.asahi.com/national/update/1210/OSK200912090174.html(1ページ目)

http://www.asahi.com/national/update/1210/OSK200912090174_01.html(2ページ目)
**** しばらくの間は↑でも記事が読めます。


尼崎市が、長年にわたり、ブリーダーの売れ残った犬達をそうと知りながら、殺処分してきた事実が発覚しました。


尼崎市に対して、この業者の許可取り消しを含め、二度とこういう事が起こらないよう徹底的な措置をとってもらえるよう要望をお願いいたします。
(連絡先は最後に明記しています)
________________


読売新聞夕刊や関西のローカルTV各局のみならず、全国ニュースでも取り上げられました。

今晩、ニュースZEROやニュースJAPANなどでも取り上げられるかもしれません。


繁殖をリタイヤした親犬のみならず、売れ残りの子犬達も、わずか数ヶ月の命で処分されています。


今年はすでに50頭が殺処分されています。


この業者から引き取った犬だけで、尼崎市が年間に殺処分した犬の3分の1から
半数を占める年もあったそうです。


尼崎市は、信じられないほど大量のブリーダ放棄犬を、そうと知りなが長年にわたり殺処分してきました。
尼崎市はこの業者からの引き取り中止を決めましたが飼育は認める方向だそうです。


尼崎市長は動物好きで愛犬家で知られた方です。

許可取り消しを含め、二度とこういう事が起こらないよう徹底的な措置をとってもらえるよう皆様の声を市長に届けて下さい。


また現在この業者の200頭以上もの犬は、狂犬病登録もせず、狂犬病注射も受けていません。
明らかな狂犬病予防法違反です。


このような違法状態を放置してよいはずはなく、決して見逃すことなどなく、法にのっとり対処してもらえるよう警察署に対しても要望をお願いします。

■尼崎市秘書課

電話06ー6489ー6008
FAX06ー6489ー6009

■町づくり提案箱
mayor_shirai@city.amagasaki.hyogo.jp

■尼崎東警察署生活安全課生活環境係
06ー6489ー0110

******
転載歓迎 


シンポジウム「真に動物を守る法律へ」 運営委員会
THEペット法塾
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日夜!第2弾 NEWS ZERO【... | トップ |  ♪俺はサザエさんか..( ̄▽... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ペットはブランド品ではないぞ (猫好き)
2017-11-22 23:22:25
おバカな芸能人やお金持ちが、高額な金額を出して買うから、
バカな一般人が、高級ペットを
飼うのです。
ペットは、ブランド品ではない
本当の動物好きは、ノラを飼うのが、
あたり前。それが、ペットである。ノラも飼うのには、お金が必要です。時には、高額ペット以上にかかる事もある。
ペットショップ・ブリーダー などは、
一切必要ない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヤリタイo(^∇^)oホーダイ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事