私、水廼舎學人です

久保憲一のプライベートな世界。なんでもありです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蓑笠わらじ

2012年05月25日 | 郷土資料館「水廼舎文庫」

 蓑笠わらじ、しゅろ縄


江戸時代には、茅(かや)・菅(すげ)などの茎や葉、または藁(わら)や棕櫚(しゅろ)などを編んで、

雨具を作っていました。


肩から羽織って前で結びます。その末は乱髪のように垂れています。

(「みの」 国語大辞典 小学館 より)

「みの」と笠、そして棕櫚縄

 わらじ

蓑の合羽

 

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 菅相寺の茶室 | トップ | 盆踊りが久々に再開されます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

郷土資料館「水廼舎文庫」」カテゴリの最新記事