神経症克服への道 対人恐怖症、視線恐怖症、会食恐怖症、正視恐怖症が治った男のブログ

対人恐怖症・視線恐怖症が治った男のブログ。超腕利き心理セラピスト岩波英知先生(ありがとう!)の神経症克服プログラム体験記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

対人恐怖症と視線恐怖症と会食恐怖症と社会不安障害と・・・・絶対克服できるんだ!

2021-01-01 | 対人恐怖症、視線恐怖症、正視恐怖症の芸能人、有名人

ご挨拶

対人恐怖症、社会不安障害になりましたが、克服成功できました。

自分の能力を最大限発揮するため現在猛進して頑張っています。
人生は一回だから悔いのない人生に絶対してやるぞ! 

天才的カリスマ心理療法士岩波先生のおかげで、神経症が良くなりました。
それだけではなく、生きる希望や充実感も得られました。

今は真っ暗でも必ず光が見えてきます! 人生ってそんなものです!

でも、神経症克服にはアクションを起こす必要があります。
2,3年後に神経症が治っているかな、治っているといいな~的な甘い考えは捨ててください。
それは一生神経症に苦しめられ続ける考えでした。
僕がいつか対人恐怖症・社会不安障害が年齢とともに解決していることを夢見てました。

年齢を重ねたら、考え方も変わって、不安も少なくなっていって、図太い神経を身に着けているって思ってました。
だけど、そんなことは決してなかった。
怖いことですが、神経はもっと敏感になって、すごく病んでいきます。
考え方もマイナス思考しかできなくなっちゃいます。
神経症に取り憑かれたら、克服する方法がなくなります。 

対人恐怖・社会不安障害って、時間を積み重ねると、ただの症状だったものが、完全に条件反射で生じるようになって、生きること=対人恐怖症そのものになるという恐ろしさがあります。
だから、神経症を舐めないほうがいいです。
危機感を持ってください。

けっこうやばい症状です。本当にやばいです。苦しみが永遠に続いていくしかない症状です。
苦しんだから報われもしません。
精神がぼろぼろになるだけです。

だからこそ、神経症克服にはスピードが求められます。
だらだら悩むよりは、アクションを起こすしか無いです!!
行動したものだけが救われる。
勇気と覚悟を持てたものだけが神経症を克服できます。
怯えていても治ることはありえません。 

かなり恐ろしい症状だからこそ、みんな治らずずっと苦しんでます。
そちらの道に進みたいですか? それとも神経症を根本から断ち切り、本当の自分を取り戻したいですか?
甘い考えでいたら死にます。それぐらい追い詰められた状況だと思います。

僕は克服できた身として、少しでも皆様の苦しみの時間が短期間で追われるようにこのブログでサポートしていきたいです。
甘くない症状だけど、克服できない症状でもない。
でも、無意識から解決しないと治ることは一生ない。
これが僕が神経症、対人恐怖症に対して思うことです。

コメント (2)

【社会不安障害】対人恐怖症、視線恐怖症、正視恐怖症の芸能人、有名人【社交不安障害】

2018-08-10 | 僕の対人恐怖症・社会不安障害が治った経緯を公開

芸能人や有名人の中にも、対人恐怖症(極度の人見知り、人に緊張する)や視線恐怖症(人の視線が気になる)や正視恐怖症(人の目を見て話すのが苦手)の方がたくさんいます!

 

今も対人恐怖や視線恐怖などで苦しんで、未来に希望が見えにくい人も、芸能人で頑張っている人を励みに頑張りましょう!
必ず克服できます! 


対人恐怖症の芸能人、有名人を紹介していきます!

森三中の黒沢かずこさん (正視恐怖症、対人恐怖症)

中川翔子さん (対人恐怖症)

飯島愛さん (ひきこもり)

眞鍋かをりさん (ひきこもり)

歌手の光岡昌美さん (社会不安障害、ひきこもり)

元スノーボーダーの今井メロさん (対人恐怖症、ひきこもり)

女子プロレスラー 真琴さん 【対人恐怖症、ひきこもり)

アナウンサー 吉田照美さん (赤面症、正視恐怖症、対人恐怖症)

つぶやきシロー (対人恐怖症)

元モーニング娘。 福田明日香 (対人恐怖症)

嶋大輔 (対人恐怖症)

芥川賞作家 田中慎弥 (対人恐怖症)

ニトリ社長 似鳥昭雄 (対人恐怖症)

韓流俳優 イ・ジョンソク (社会不安障害、視線恐怖症)

 

この中には自己申告で本当に対人恐怖症? という人もいます(バッシングを浴びて一時的に人の視線を気にしたり、人が怖くなったり)。
ですが、どんな人間も何かあれば対人恐怖症になるということでもあります。
そして克服できるという証明でもあります。

 

芸能人の人は、途中で対人恐怖症に陥ってしまった人を除くと、対人恐怖症を克服して(あるいは対人恐怖症のまま)芸能人なりアナウンサーになったわけで、本当に頭が下がります!

これにはとても勇気がもらえることだし、本当に頑張って欲しいと思います。

 

海外の芸能人やセレブにも、対人恐怖症じゃなくても、うつ病やパニック障害や不安障害や強迫神経症を患ってしまった人はたくさんいます。

どんな人も、神経症的な心の障害にかかるということです。
かかったら、どう克服するか、どう切り替えて生きていくか、そこにかかっています。

 

上述した人たち以外にも、自殺の芸能人、有名人の原因が、実は対人恐怖症や、それによるうつ病悪化によるケースがたくさんあるかもしれません。
あるいは、アルコール依存症や覚せい剤に手を出したり、ドラッグ依存症になって、ぼろぼろになっている人もいると思います。

逃げ続けてぼろぼろになった末の悲劇だけは、僕たちも繰り返さないようにしたいものですね。

 

だからこそ、上述した芸能人の多くの人が、対人恐怖症やひきこもりの危機を乗り越えて、今も頑張っているわけなので、そういう人たちを見習って力に変えていきましょう!

対人恐怖症、神経症を克服して世の中を見る

コメント

脇見恐怖と正視恐怖 視線恐怖症の症状の特徴

2018-08-08 | 脇見恐怖症が治ったきっかけと克服方法

脇見恐怖とは

自分の視線が隣の人間や斜め後ろの人間などとにかく間接視野に入った人間に対し、視線が引っ張られてしまう症状。
人から嫌われたり、嫌な思いをさせてしまうという罪悪感やいたたまれなさや落ち着かなさでボロボロになる人は多いです。
僕もそうでした。今は脇見恐怖も克服できました。詳しくブログ記事を読んでください!

 



正視恐怖とは

人の目が見られない症状、具体的には相手と視線を合わせることに異様な恐怖と緊張を感じ、自分の視線が相手に不快感を与えてしまうことをひどく恐れる。
だから普通に考えずに話すことが不可能になるし、ぎこちなくなるしいたたまれない時間を過ごす。自分の視線のせいで人から嫌われたかも??と悩むことにつながる。
僕もやっぱりそうでした。会話ができなくなる、避けなければならない状況に追い込まれ、この地球上に居場所がなくなったと感じてました…
正視恐怖についてもたくさんブログ書いてます!

コメント

正視恐怖症を治す方法 僕の正視恐怖症が治った理由

2018-08-02 | 正視恐怖症が治った理由

 

視線恐怖症の一種、正視恐怖症で苦しんでいる人はたくさんいます。
僕が思うに、正視恐怖症と自覚していない人も出、人の目を見て話すことが苦手な人はかなり多いと思います。
もしそういう人が、正視することへの恐怖心が増して、常にそれに囚われ緊張し不安になっていったら、正視恐怖症になるでしょう。


人の目を見るのが苦手…でいるぐらいならばまだ日常生活も何とか送ることができるけど、正視恐怖症になってしまったら、人生が終わるぐらいの苦しみが襲ってきます。
人から変に思われ、自分も変だと思うし、かといって勇気を出して人の目を見るとかそういうレベルの問題ではないし、どうやって正視恐怖症を治していけばいいかわからず途方に暮れるしかありません。

 

僕の正視恐怖症が治ったは岩波先生の神経症克服プログラムを受けたからでした。
岩波先生の治し方は、無意識から治していく方法(体験記はこちら)です。



正視恐怖症、視線恐怖症になるには必ず原因があり、緊張や苦手感をもたらすルーツをみんなたどっています。
誰もいきなりなるわけではないし、子供の頃はなんにも考えず相手の目を見て自然に話せていたはずです。
それが、主に思春期から自意識が芽生え、人からどう思われるか、嫌われないようにしようという思いが強くなった人が、視線に執着してしまい、正視恐怖症へとつながっていきます。

人の目を見て話すのが苦手、相手に不快感を与える、自分が緊張してしまうことには原因があるはず!
現に幼児期のあなたはなっていなかったのだから。
しかし、いくら考えても、その原因は無意識下に抑圧されているんですね。
無意識は僕らがたどり着けない心の一番最深部にあり、そこで警戒感、不安感、恐怖感、緊張感が生じると、頭では気にしないように使用、自然にやろうと思っても、有無を言わさず反射神経で視線恐怖が起こってしまうんです。

 

だからカウンセリングで話を聞いてもらっても正視恐怖や視線恐怖が治るわけでもないし、薬でも治りません。
それは無意識まで薬はコントロールできないし、頭を麻痺させることで少し増しになったとしても、眠気やだるさがひどくなっていくだけです。
所詮は一時しのぎで、今後一生人と話して生きていかなくてはいけないのに、薬の世話になることを考えると絶望だけです。

 

無意識の原因と正視恐怖になるルーツを岩波先生は破壊することができます。
恐怖や不安や警戒感やストレスでいっぱいになっている無意識の掃除を日本で唯一してくれる人です。
無意識の抑圧の掃除をしながら、緊張や不安への対処法を脳に植え付けてくれます。
そして、脳を子供時代の自然でなんにも考えていなかった頃の脳に戻してくれます。

 

だから正視恐怖症を僕は克服できました。
でも、僕自身も努力をしました。
それは人と接することです。
それも積極的に接して、きつくても人の目を見て話す訓練をしました。
それもあって、岩波先生の技術で根本的に解決を図っていきながら、苦行を行ったことが、僕を正視恐怖の地獄から救ってくれた要因だと思います。

まあ岩波先生がいなかったら今頃も正視恐怖、視線恐怖、社会不安障害のまま、生きることを諦めきっていたでしょう。
そんな僕でも克服できたので、みなさんめげずにチャレンジしてみてください。
自分を超えてください。
僕のブログが役立てば嬉しいです!

 

正視恐怖症の体験を書いているブログ紹介

  1. 各種対人恐怖の治し方と体験談紹介
  2. 視線恐怖症征服克服きょーかい
  3. Dr.Strangelive(視線恐怖症、対人恐怖症のブログ)
  4. 表情恐怖症、笑顔恐怖症!
  5. 社会不安障害克服ブログ

 


 

 

コメント

岩波英知先生の施術の神業と奇跡的な効果について

2018-05-19 | 岩波先生の神経症克服プログラムの感想

もし自分の神経症や不安障害やトラウマといったメンタル面でのどうにもできない部分を解決したい人がいたら、岩波英知先生の施術は絶対的におすすめです。

 


根本的に克服するために、瞑想や催眠療法や自己暗示やスピリチュアルセラピーなどを僕たちはやります。
でも、どの施術方法も心理セラピストの能力も、岩波英知先生のずば抜けた技術的なレベルや別次元の根本から治すためのトランス状態の質の深さに比べたら、無に等しいです。

どれくらい違うかと言うと、悩みを解決するゴールが42,195kmだとするならば、岩波英知先生以外の方法ではスタートラインに立つまでが非常に時間がかかります。
下手したら、スタートラインに達せずにセラピーやワークショップが終わってしまうぐらいです。

これは岩波英知先生のことを売り込みたいのではなく、世の中の一般のセラピーのレベルがあまりに低いからです。
もちろんいろいろな方法の中にはピッタリと会うものがあって、スタートラインから快調に走れる人もいると思います。
一人で悶々と悩んでいるよりは、行動したほうが遥かにいいことは僕も断言できることですが。

ただしゴールまで走りきれないまま、コースアウトしたり脱落しかかったりする人も多く、そういう人たちは色々なレースに参加した後で、もう岩波英知先生しかいないとなっているようです。
みな比較したら、岩波英知先生がすごすぎるとなります(もちろん先生の施術に合わない人はいます)。

何が違うのかと言うと、才能と実力から言って違います。
もしも瞑想のグルや催眠療法士やスピリチュアルセラピストのそれも有名どころが先生の施術を受けたら、本人自らが『これは違いすぎる、別格だ』と思うでしょう。
実際にプロとしてやっている人や、かなり有名なセラピストの先生も受けているようです。

才能の差、実力の差って本当に残酷です。
超一流のサッカー選手、プロ野球選手と草レベルのエースの差は確実にあります。
万策尽き果てた人は、岩波先生の技術に期待して下さい(さらに効果を上げるためにストレッチ法やトランス呼吸法をしっかりやることも大事)。
衝撃を受けます。驚かない人はいません。体感の深さやすごさや心地よさにも驚愕します。

あと必要なのは勇気と覚悟です。
人生で絶対に必要なものだし、岩波先生のセラピーを受けるにもそれがなくてはいけません。

人生を諦める前に、岩波先生の技術で希望を取り戻してみて下さい!

 

 

コメント (1)

正視恐怖症の克服が視線恐怖症が治った過程で一番大きかったなぁ

2017-07-06 | 正視恐怖症が治った理由

視線恐怖症には多くの種類があります。

  1. 自己視線恐怖症
  2. 他者視線恐怖症
  3. 正視恐怖症
  4. 脇見恐怖症

大きく分けてこの4つかな。

 

どの視線恐怖症が一番きついのか? そう考えても人それぞれ苦しむの種類や症状の重さも違うから一概にいえないけれど、結局はどれも地獄!!!!! きついことを通り越して、死んだほうがマシなぐらい残酷な対人恐怖症だ(最近は社交不安障害というらしい)。

視線は人に危害を加える威力がある。特に視線恐怖症の人は自分の視線が人に迷惑や不快感を与えていることが申し訳なさすぎて死にたくなるから、死んでいなくなったほうがマシだと思うのは当然ですよね。

今日は4つの視線恐怖症の中でも、正視恐怖症について書いていきたいです。
正視恐怖症についてこれまでも記事にしてきました。

  1. 人の目が見られない
  2. 目を見て話をすることができない
  3. 目を見て無理やり会話しても苦痛でいたたまれない
  4. 相手の視線が怖くて合わせることができない
  5. 自分の視線が相手の顔を歪ませるから申し訳なくてみることができない
  6. 相手が視線を合わせても迷惑そうにすぐそらすから視線を合わせられない

ざっと思いついて正視恐怖症の心理状態を書いてみました。もっと思い起こせばあるかもしれないけど、僕もまさに正視恐怖症でした。

そして対人恐怖症や視線恐怖症が改善されていく中で、何が一番生きやすくなったかというと、正視恐怖症の克服からでした。
人と目を合わせて話をすることができるのだから、嬉しくてたまらなかったです!!!

正視恐怖症のせいで人と会話をすることを極限まで避けて生きてきましたから、それをしなくて済むようになったときの僕の解放感といったら!
嬉しくて感涙モノでした。
正視恐怖症ってことは、人と会話ができないことと同義です。いつまでも視線を避けて生きてはいけないから。

 

コメント

地獄の対人恐怖、視線恐怖、社交不安障害が続く暗黒の未来

2016-07-29 | 対人恐怖症・視線恐怖症・社会不安障害

 

もしも対人恐怖、視線恐怖、正視恐怖、会食恐怖、脇見恐怖、そして社交不安障害がずっと僕の人生について回っていたら、僕は今頃どうなっていたんだろう??
これは僕だけの話ではないです。
もしいま対人恐怖症に地獄のような生活を強いられている人がいたとして、10年後も地獄を味わっていることを想像したら、もはや絶望しかないと思います。 

そして、残念なことにもがいても、避け続けても症状はよく治りっこないんですよね。
神経症は病気ではなく、薬を飲み続けたら治るもんじゃないし、性格と一体化してしまっているから。

神経症を特殊な病気だと思い込みたくて、これが本来の自分じゃない、病気にかかっている状態なんだと思いたがっても、無意識と一体化しているからどうもがいてもダメです。
どうも精神医学界には、熱や風邪や肉体的疾患のように、「この薬を飲めば治る!」という前提で、神経症を捉えていると思います。
でも、神経症は病気じゃないです。精神病でもないです。
病的に感情や無意識が不安と恐怖に支配されている状態です。

だから、僕がありったけの気力で神経症に立ち向かっても、僕自体が神経症に取り憑かれているから克服できなかったし、みなさんも克服できていないと思います。
神経症は薬では治りません。
症状を抑えるだけです。それも時期に効果がなくなります。

たくさんの悩まないようになるための本が出てますが、それを読んでもあなたが神経症である以上、つまり神経症のあなたが読んでいるから神経症がよくなるわけがありません。 
神経症をボコボコに殴って二度とオイラに楯突かないようにしてやろう!!! と思って頑張っても、殴る相手が自分自身なのだから、意味が無い!
自分を殴っても痛いだけ。無意識には手が届かない。

僕もそうだったけど、対人恐怖症や社交不安障害となってしまった人は、ありったけの克服方法をやってもシャドーボクシングをやっているだけで何にも神経症に効果的なパンチを繰り出せない。
不幸ですよね。

残念だけど、神経症の人はずっと神経症のまま時が過ぎていきます。
つまり一生報われない地獄のような人生が続いていってしまうんです。
やばいです。

僕もやばかったです。
もし過去に神経症(僕の症状は対人恐怖、視線恐怖、会食恐怖、社交不安障害でした)が治っていなかったら、2016年の夏真っ盛りの今でも、人に怯えて自分に叩きのめされ社会に潰されながら生きていたんです。
人を怖がり怯え不安を感じ、悔しい思いをし続け、突破口も希望もないまま生きていたんだなーと思うと、今神経症と無縁の人間になれたことは奇跡です。

苦しんで必死で生活費を稼いでいて、それも社会の底辺で生きざるを得なくて、たくさん耐えて生きているけれど未来もない・・・・・こう想像すると、今神経症で辛酸を嘗め続けている人は、絶対に克服してください!と思います。
こんな神経症の地獄で苦しむために生まれてきたわけじゃないです!

自分の意志の力でコントロール出来ない悲劇ってないです!
幸せに生きたいけれど、神経症、特に対人恐怖、社交不安障害じゃ幸せに生きることはまず無理だと思います。
ひきこもってもうつ病になるだけです。
ひきこもっていたら経済的困窮に陥り、やっぱり生き地獄です。 

だから、根本から克服してください。
根本から克服する技術がこの世の中にはあります。
そして、自分でも根本から克服するために、言われた課題を絶対に徹底的にやってください!

そうしたら無意識から根本的に変われます。
神経症と一体化した状態から、本当の子供の頃のような神経症ではない状態で生きられるようになります!

神経症はあなたの尊厳を奪い取っちゃいます。
プライドをボロボロにされ、精神状態が最悪なまま生きなければならなくなります。

こんだけ苦しんできても神経症の状態では、絶対報われることはないです。

最近感動してますか?
苦しんでばかりじゃないですか?

everyman より
(神経症の恐怖、神経症のままだった時の自分の未来について思うところがあり久々の投稿) 


 

 

 

コメント

トランス呼吸法をやる上で誰もが壁にぶち当たるというお話

2014-01-17 | 岩波先生の神経症克服プログラムの感想

もともと感受性がいい方向に豊かで(悪い方向なら悩む人はみんな敏感になるけれど)、体が柔らかく、そして瞑想や自己催眠などで変性意識にそれなりに自分で入れる人ならいざ知らず、トランス呼吸法をやっていると必ず壁にぶち当たってしまいます。

それは苦しい雑念との戦いです。
もう一つは、体の硬さや違和感との戦いです。
ある程度進んだ人は、リラックス感に入ろうとする自分を止めてしまうもう一人の自分との戦いになると思います。

そもそも悩んでいるのだから、雑念だらけで集中力もない人が呼吸法をやるわけで、雑念なんかあってあたりまえだということをよく知っておいてください。
強迫観念として、雑念があって集中できずに呼吸法をやることはいけないことだという考えだと、ますます雑念と焦りにとらわれちゃう。
実は、雑念があっても何があっても鼻から吸って口から吐くことをやっていれば、それだけで大成功だと思うことです。

見返りを求めようと、完璧にやろうとすることが、逆に不完全な結果に終わってしまう。
そして雑念にとらわれる状態が怖くなって、呼吸法をやらなくなったり、すぐ寝に入ってしまう。
この流れに入ってしまう人は多いと思います。
最初から完璧に行くわけがない、その不完全の中でも呼吸法をやるという決意だけあればいいです。
その決意を持ったからといって、雑念が消えてくれるわけでもなく、その環境の中でただ淡々と、もっと言うとバカになって呼吸法をやり続けてください。

体の違和感もそう。
リラックスしたいのにますます力みが入ってできなくなる矛盾が初期のトランス呼吸法にはあります。
そして焦ってしまってますます力んでしまって、呼吸法をすることで(すごいリラックス感を味合わなければならぬのに)緊張を拾ってしまうという構図があるんですね。

僕もそうだったし、悩みを持っている人は誰でもそうなるもので、もし一人で悶々と呼吸法に悩んでいるのであれば、誰もが通る道だと思ってください。
確かにトランス呼吸法のものすっごい効果を体験している人はたくさんいます。

だからこそ、うまくいかない人は、「そうならねばならぬ!」と思い込んで、ますます力んで取り組んでしまうんです。
効果を得ることができた人は、誰もが僕が行ったような壁にぶち当たって、それでもやり続けたから、その先の世界を体験しているわけです。

うまくいくようになってからも、うまくいくようになったからこそ、変性意識を求めてしまう心が大きくなり(その凄さを味わっているからだけどね)、その感覚が遠のいていくなんていう悩みもあるのだけど、それはまた別の話です。
そういう時は、やっぱり見返りを求めずバカになって淡々と、ということがキーワードになるでしょう。

話を戻すと、まずはリラックスや変性意識になることを諦めて、ただ吐く息の回数を積み重ねること、それだけでいいです。
暇があったら、とにかく呼吸法をしてください。
そして、時間が取れたら、一気にトランス呼吸法に取り組んでください。
で、数時間やったから、変化しなくてはいけないなんて考えにとらわれず(その考えこそがならない最大の理由)、ただバカになって、時間を積み重ねること。
期待をしても無駄です。
その心がすべての進捗を妨げてしまうことになるから。

心って、本当にコントロールが難しいもんで、意図的に操作しようとすることがすべて裏目にいっちゃう。
それは心の悩みで苦しんだ人ならみんな体験していることだと思います。
だから、そういう時は覚悟を決めて、その状況の中で生きるという決心を持つこと、それが最大の近道になるでしょう。

トランス状態でそういう気付きに至るけれど、普段からそういう心がけをしてください。
呼吸法も悩みに事も、心に関する全てのことについてもです。
はっきりって無意識のことは、コントロール出来ないものなんです。
できないから悩みが生じるわけで、無駄な試みをやる時間がもったいない。
やって結果が出ないことをいつまでも苦心惨憺してやることは意味が無いです。

一回全て諦めて捨て去って、失うものはないんだという心で何にでも取り組んでください!
そうすれば必ず道は開けます。
悩みを克服した人はみんなそんな心境に至っていると僕は思います。

コメント

対人恐怖症・視線恐怖症の思い出

2013-10-06 | 対人恐怖症・視線恐怖症・社会不安障害

僕の対人恐怖・視線恐怖の思い出と言っても、つらいことばっかりだった。
イライラ・落ち込み・悔しさ・劣等感・憂鬱・絶望がぐるぐるぐるぐると頭のなかをかけめぐっていた。
その感情しかなかった。
僕の人生の最悪な期間は、まさしく対人恐怖・視線恐怖の時期だったし、今後これを上回る最悪体験はないだろうなー。

そういう意味じゃ、今後僕は何が起きてもいいと思っているし、起きたところで、あれ以上最悪な日々はないのだから、大きな自信を手に入れられたと思う。
だけど、もし克服できなかったと思うと身の毛もよだつ!
世界で最悪の不幸な人間の一人だったに違いない。

今思うと、あっという間だった。
あっという間と言っても、いいことが何も起きていないから、苦しみだけだから、同じ色に染まっているから、そう感じるだけ。
つまり、非生産的なマイナスだけしかなかった。

地獄の日々だったんだけど、治りたい気持ちに反して、ちっとも改善もしないまま、ズルズルと対人恐怖症のキャリアだけを重ねていった。
はやく良くなってくれ!と願うけれど、無意識に住み着いた僕の対人恐怖症は時間で解決できるものじゃなくなっていた。
どんどん対人恐怖である自分がもとからの自分だったかのように、同化していった。
それが神経症の怖い所だ。

そうしたら、もう気力体力時の運や頭の良さで何とかできる問題じゃない!
時間だけがむなしく過ぎていって、未来を考えても、おぞましい未来しか想像できなかった。
だから考えたくなかった。
苦しみながら生きていくことが決定的だったのだから。
耐えて耐えて耐えて、それでも報われないなんてやっぱり地獄だ。

ネット上でも対人恐怖症で苦しんでいる人は非常に多いけれど、みんなそのまま苦しみ過ごしている。
自然に良くなっている人なんていない。

対人恐怖症の時期の僕を考えると、灰色という単色しか思いつかない。
神経症にかかった多くの人が灰色しか見ていないんだと思う。
この世の中に鮮やかな色やさわやかな色があるなんて想像できない。
心地よい風が吹いているなんて感じる余裕もない!

同時に僕が感じたことは、この苦しい時期は、なるべくしてなったんだということ。
あの頃は『なぜ?どうして? 僕だけ? なんで? なぜこんなに苦しまなくちゃいけないんだ! クソ!』しか考えていなかった。
冷静に考えられる方がおかしいけれど、なった原因と流れをまったく認識していなかった。
これじゃあ、頭がイカれていくのもよくわかる。
心の余裕がなく状態で『なぜ?どうして?』とやっても、ますます頭は混乱していくだけ。

僕がなるべくしてなったという思いに至った時から、少し対人恐怖症に変化が出始めたと思う。
岩波先生のプログラムでやったことだけど、僕の人生を幼児期から誰かが歩めば、対人恐怖症になるんだ、という考えに至った時、心にちょっと余裕が出た。
すっごくホっと出来た。
「ああ、僕は僕がおかしいからなっているのじゃないんだな、だれだって同じ道を歩めばそうなるさ」
この結論に至った時、それもただ考えただけじゃなくて、心の底から『思えた』時、つまり僕は対人恐怖症という症状を受け入れることができた時から、好転が始まった。

神経症に悩んでいる時期は、自分では気づかないけど、溺れている状態です。
あっぷあっぷと必死でもがいている。
冷静になれるはずがないんですね。
自分自身が一番、自分でどうにもできないのだから。
自分でどうにもできないから、神経症と言うんだけろうけどね。

話がそれてしまった。
今現在の頭で、僕が過去の苦しい状態を思い出すと、「よくあんだけ悩んだな」ということがまっさきに出てくる。
笑ってしまうくらいはまっていた。
そして、あの灰色の時代には決して戻らない!
僕に灰色が降りかかってきても、あの時の先行きのないどす黒い湿った灰色にはならないと思う。
あの失った時間を有効利用するには、あの苦しみを超える苦しみは一生ないという自信だけだと思う。

あの地獄の先行きのない苦しさに比べたら、あらゆることなど小さく見える!
現在はまっている人も、これを乗り越えた時、そう思ってください!
一番人生で辛い時、立ちはだかる障害が一番大きいのが今です!
自分自身を乗り越えたら、もうあとはスーイスーイと人生を進めますよ
普通に人生を歩めたらいいなんて思わなければ。

 

コメント

神経症(対人恐怖症・社会不安障害克服)に必要なもの

2013-05-30 | 僕の対人恐怖症・社会不安障害が治った経緯を公開

神経症を始めとする心の悩みでどんどんすり減っちゃうのが、「勇気」の部分です。
悩みが苦しくてそれから一刻もはやく逃れたい! その気持一つになってしまうため、いかに避けるか、そればっかりに僕らの思考(理性)は向いちゃう。

でも、その当たり前にやってしまう行動一つ一つが、実は勇気を自分から奪っていってしまっていることを認識しないと、本当に欲しい自信や覚悟、勇気は得られないと思う。
これは脅しでいっているわけじゃなくて、本当にそうだと思っています。
僕の体験を振り返ると、神経症(視線恐怖・対人恐怖・社会不安障害)に陥ってから、みるみる臆病になり、不安だらけになり、ちょっとしたことでも恐怖を感じる人間になって行きました。

もうボロボロで、どうにかしなくちゃいけないと思いつつ、いかに目の前の苦痛から避けるか(僕の場合は人混みや人間関係、コミュニケーション)ばっかりに理性をフル回転させました。
そうなっちゃうと、自信を持たなくてはいけないのに、逃げまくる自分への不信感ばっかり募りました。
はっきり認識しているわけじゃなかったけれど、どんどんダメになっていく僕を、いくら自信をもちたいなんて思っても、できないわけです。
勇気を出すことの緊張や不安感よりも、いかに避けて安心して行きられるかばっかりの自分に、自信なんて持てません。
持てる方がおかしいです。

自信って結局、自分自身への信頼感なわけで、勇気がない自分と勇気を持って歩める自分、やっぱり後者にならないと、一生自信はつきません。
こればっかりはいくら自分に自信がある!と思い込んでも不可能です。

視線恐怖・対人恐怖・社会不安障害などで苦しんでいる人は、毎日が回避ばかりを考えていると思います。
これはいけないことじゃないと思う。
逃げていてはダメだと一番本人が知っているけれど、目の前の不安と恐怖からいかに回避するかは、人間ならだれだってやることです。
動物だってそうなのだから。

ただし、それをずっとやっていても、埒があかないし、貴重な時間を失うはめに陥ります。
そうなると、自信のない存在でも、勇気を持って踏み出すことが必要になってきます。
いつやるか?
それは今でしょ! という言葉があるけれど、時間がどんどんたって、常に怯えて回避ばかりの人生を送ると、ますます勇気を持って踏み出すそのエネルギーがどんどん必要になってきます。
ついには諦めると、社会的に廃人に近い存在になっていき、もう浮上しようがなくなっちゃう。

生きるって本当にきついことだけど、神経症の人はその100倍はきつい!
普通の人が、ちょっとした勇気が必要なことでも、神経症の人は100倍勇気と決心を必要とします。
だから、イバラの道です。
でも悩んでいることのほうが地獄なわけで、どっちがマシか、と言われると、やっぱり勇気を持って神経症に立ち向かうことがいいに決まってます。

ではどこに勇気をもって立ち向かっていけばいいでしょうか?
神経症を治すためにありったけの気力を費やすことはやめたほうがいいです。
なぜならそれで克服できた人は殆ど無いと思います。
ますます神経症を悪化させてしまいます。
やり方を間違えるとがんじがらめになるのが神経症の怖さです。

まずは神経症を克服するためのプログラムを受けることとは別に、自分自身で冒険することをおすすめします。
その時、自分は神経症だからできない、治ってからやる、と言ってはダメ。
その考えは一生自分を苦しませてしまう思考です。
神経症があろうがなかろうが、関係ない所で、冒険をしてください。
習い事でもいいし、いままでやりたかったけれど神経症があるから中断していたことをやってもいいと思う。

何をするにしても、絶対踏み出す勇気が必要になります。
非常に不安で億劫でやりたくないと思うでしょう。
でも、そこで回避していたら、自分自身に不信を抱くでしょう。
あえて踏み出してください。
考えないで、自分を守ろうとしないで。

そしてもしなにか失敗やショックなことがあったとしても、こう思ってください。
他の人の何倍も勇気が必要なことを、私は踏み出す勇気があった、と。
物事全ては捉え方一つで、幸せにも不幸せにもなります。
失敗して駄目だ、と自信喪失になる人、僕が今書いたほうな思考でさらに動いていく人、後者が神経症克服できる人です。

ハンデはものすごくある中で生きていかなくてはいけない。
でも、その中で冒険しようと一歩踏み出した事自体、もうすごいことです!
自分に自信を持ってください。
いつも逃げてばっかりの自分に光は差してくれません。

これから生きていく上で、神経症にかぎらず、どんな場面でも勇気が必要になります。
岩波先生のプログラムに通うことだって勇気が必要です。
例えば僕の場合、人の眼が見られない(正視恐怖症)だったけれど、人の眼を見て話すことも非常に勇気が必要でした。
他のその悩みがない人は、なぜそこまで? とバカバカしく思うことでも、僕は本当に勇気を振り絞って目を見て話しました。
最初は落ち着かなくてどぎまぎして、人に迷惑をかけたらどうしようとばっかり思っていましたが、その勇気がなくて下を向いて話していただけなら、今の自分はありません。

これは一例ですが、どんな状況でも、一つ一つ勇気が試される時がきています。
いまも勇気を試されているはず!
頑張ってください!

勇気がないままの人は、生き地獄の罠から抜け出せないまま、無意味な時間が過ぎていくだけかもしれません。

コメント (1)

現在の岩波心理・脳内プログラムについて変更点

2013-01-22 | 岩波先生の神経症克服プログラムの感想

僕のこのブログは昔から書いているので、現在の岩波先生のプログラムのやり方とは違っていることを書いています。
なので、現在のプログラムの内容について変更点を書いていきたいと思います。

・強い呼吸法、止める呼吸法は、家ではやらないこと。
雑念や短期的な呼吸法の効果の実感が得られますが、中期的には体を固くし、変性意識の深まりもストップさせてしまうため、現在では弱いゆっくりの呼吸をやるそうです。

・首や肩甲骨のストレッチをしっかりやること。
まずは肉体的に体を柔らかくしたほうが、より深くトランス状態に入ることができるため、ストレッチを呼吸法の前にしっかりをやって来ることが求められてます。

・ルーツ分析・整理作業は、一人ではあまりやらない。
昔のトラウマを一人で家でやっていると、皆が皆ではないですが、抑うつ状態がひどくなってしまうため、通った時に、トランス状態の余韻の中で思い浮かべて、執着を減らして、トラウマ処理をしていきます。ルーツ整理は確かにやればやるほど心がほっとしますが、それは山を乗り越えた人だけがそうなるだけで、底に至るまでは、コンディションが悪化する恐れが強いです。

・プラス暗示の入れ込みよりも、マイナスの障害となっているものの処理を優先。
プラス暗示をまだマイナスの処理、トラウマ解放させていない状態でやると、短期的に暗示が入っても、長く続かないためだそうです。
そこで、先生の誘導するトランス状態のあとの余韻の中で、過去のルーツや現在の最悪の状況を思い浮かべて、処理していくことを優先しています。土台からしっかりさせる、というかな。いびつなプラス暗示が入るよりは、バランスよくやっていったほうが僕もいいと思う。

昔よりもどんどん技術的に進化しているため、まだ回数が浅い人でも、感情の世界で抑圧処理ができているので、家での訓練をがんばってください。
先生の技術が上がっているからといって(昔からすごかったけど)、何にも家での課題をやらないで通うだけだと、もったいないです。

せっかくすごい技術とノウハウが東京と大阪で受けられるのだから、最大の効果を上げて、悩みに強い人間になったほうが絶対いいと思います。せっかくの安くないお金を払うのだから、それ以上の効果を回収しましょう!

あと当然ですが、先生も僕が受けた時よりも歳を重ねています。いつまでも受けられるものでもないですし、岩波先生が引退されたら、神経症を克服する術を僕らは失うことを意味します。ずっと神経症で辛苦を重ねて生きていかなくてはいけなくなることになります。今この貴重な時間を大事にしてください。神経症克服は時間との勝負だと僕は思います。

コメント

強い呼吸法と弱い呼吸法、コツと大事なこと

2012-06-18 | 岩波先生の神経症克服プログラムの感想

最近、家で岩波先生は強い呼吸法をさせていないみたいですね。
理由は体が硬くなるから、ということのようです。
確かにまだ体が硬い人が無理に強い呼吸法をやったら、余計体に負担がかかるかもしれません。

ただし、僕のようにある程度呼吸法が上達した人なら(まだまだ未熟者だけど)、強い呼吸でも体が、強い呼吸をやめた後の開放感から、みるみる緩みが出てくる実感があります。
これは、おそらく強い緊張状態から、開放感へのギャップが脳にインプットされて、僕の脳が緩む指令を体全体に出してくれるからだと思っています。

それはさておいて、呼吸法は知恵でやるものではなく、感覚でやるものということを今回は書いていきたいですね。
もし知恵で呼吸を上達させようとしている人(結構、みんな無意識的にやってしまってる)がいたら、いますぐその考えや小細工をやめたほうがいいです。
それで得るものはありません。
たぶん疲労感と焦りと雑念がますだけです。
それをよくわかっている人は、強い呼吸に頼っちゃいます。
なぜなら、雑念や知恵を外しやすい呼吸法だからです。
だけど、前述のように体が固まるだけになってしまいます。

結局近道はない、あるとしたら知恵を使わないで、見返りも求めないでただやるのみ、それだけだと思います。
そこで、もし想像力が豊かな人は、弱い息を吐く時に「自分は緩んでるんだ~」「きもちいい~」「ふわーとする~」「もうどうにでもなってくれ~」「どうだっていい、ばからしい」と想像しながらやると、深い意識の世界への強力なアシストになると思う。
だけど、絶対知恵を使ってやろうとしちゃダメ!
ある意味、諦めが肝心です。
目的はより不快潜在意識への働きかけなわけだけど、そればっかり追求すると、人は知恵を使っちゃう。
その目的はあるけれど、それを一旦捨てて、見返りを求めないで、ただやってみてくだされ。

毎回うまく行かないけれど、あるときうまく行ったりします。
その時の感覚は、脳みそは絶対覚えてます。
ついでに言うと、岩波先生が作り出す圧倒的なトランス体感も、絶対脳みそは覚えています。
なので、やっていることの成果が、マイナスに行くことはないし、プラスが積み重なっていくだけです。
それを引き出すのは、知恵の力じゃなくて、感覚と想像だけ、あるいは何も求めない心だけなんですよ。

あと重要な成果がある。
それは知恵を使わないほうが、生きやすいし呼吸法も暗示もルーツ処理もすべてうまくいくという実感が持てるということ。
どんだけ知恵を振り絞っても、自分の脳味噌奥深くに住みついた悩みの種は処理できないけど、知恵を使わない威力こそが、その難題を解決してくれるということが学べるわけです。
知恵ってちっぽけで糞だな~、なんの価値もないな~、と思えると、これからは生きやすい自信が持ちやすい割り切りができる思考になるし、認知力の歪みも治ってくれます。

あ、知恵が何の価値もないということはないな。
よりプラスにのみ使える知恵を発揮できるようになる、ということなので語弊なきように。
実感として僕自身そう感じたこと、という意味です。

呼吸法のやり方は、結局そういう根本のところが大きいです。
あとは、見返りが出なくても、やり続けることの積み重ねとその気持ちが、あなたの潜在意識の悩みの種を必ず破壊してくれることになります、頑張ってください!!

コメント (2)

正視恐怖症(視線恐怖症)の場合の、視線の置きどころ

2011-12-06 | 正視恐怖症が治った理由

正視恐怖症は、人の目を見ることが怖い!
自分の視線が相手の外を与えて、不快感を与えているのではないかと恐怖を持つ症状だから、会話が成り立ちません。

もともと話好きでも(僕がそうでした...)、人の目が見ることが怖いばっかりに会話もまともにできなかい人も多いと思います。
視線恐怖症は、普通に見られるようにあらゆる努力をするけど、正視恐怖症ばっかりはなかなか普通にできない。
人の目を見られないということだけで、もう相手から変に思われてしまうから。

だから、ものすごくきついです。
自分の存在そのものが「迷惑」につながってしまうことは、もう自分の生きている価値ももてなくなっちゃいます。

で、正視恐怖症の人でも、とりあえず、相手から「自分の目を見ている」と思わせるポイントがあります。
よく面接で言うのが、相手のネクタイを見て話すのがいい、というものがあります。
これはある程度距離が離れているからできることなので、近い距離の時はやめましょう。
ネクタイではなくても、離れた距離では首あたりを見てもいいということですね。

もう一つ、眉間を見て話すといいとも言います。
相手から見たら、目を見て話している、と思うけれど、こちらは眉間を見ているわけだから、とりあえず正視恐怖症の人でも可能かと思います。

「人の目を見て話さなくちゃ! 人の目を見て会話を聞かなくては!」と思いつめて、ますます視線恐怖症が悪化するならば、こういう方法でとりあえずしのぎましょう。
あとは、挙動不審に見られないように、視線を大きく泳がせないほうがいいです。
眉間を見ているなら、堂々と見てやりましょう!

ちなみに視線恐怖症になると、どれくらいの頻度で相手の目を見ていいのかわからなくなりますよね(正視恐怖症の人は眉間、距離が離れていたら首あたり)。
話すときは、基本的に相手に威圧感を与えないように、時々視線を外すといいと言われています。
聞き手のときは、しっかり話を聞いていますよ、ということを相手に示すために、しっかり目を見るといいといいます(何度も言うけど、精子恐怖症の人は眉間を)。

日本人なので、じっと目を見て話す文化でもないので、じっと執拗に見る必要はないです。
僕の知っている以外でも、人のここを見れば、相手から目を見て話していると思う箇所があるかもしれないです。
悩みの悪循環に陥るよりも、堂々と相手の目以外を見て、話してやりましょう!
最初はそれでも怖いです。

でも、なんでも勇気なくして克服はありえません!
楽して視線恐怖や正視恐怖を治そうという考えがあるととっても治りが悪くなります。
勇気をだして、苦手なことにチャレンジしていきましょう!

良くなっている人は僕の知る限り勇気をもった人です。
勇気(あるいは覚悟)をなくして、良くなった人は居ないと思っていいです。

とはいえ、しっかり人の目を見て話せるようにならないかぎり、いくらごまかせても視線恐怖症は克服したことにはなりません。
一時しのぎで使いながら、もっと根本的な視線恐怖症、対人恐怖症の根っこを壊していきましょう。

いくら正視恐怖症をなんとか避けられたと入っても、もともとの対人恐怖症はあるし、それで悩みまくることに変わりはないからです。
幸せな人生には到底程遠い状態です。
一番大事なのは根本的解決です。
対人恐怖症の根っこを壊すことができなければ、別の視線恐怖、対人恐怖の症状が出てきてしまいます。

 

コメント (1)

人の眼を見て話せない 正視恐怖症のままだと普通に生きていけない

2011-11-26 | 正視恐怖症が治った理由

人の目を見て話せないことは、僕の大きな大きな悩みでした。
視線恐怖にもいろいろあるけれど、人の目が見られないってことは、会話に、コミュニケーションに大きな障害になりました。

本当に口惜しかったですは。人と話したいのに、変に思われたらどうしよう、目を見たら迷惑がかかる、不快感を与える、相手がぎこちなくなる、次から避けられる、キョドっていることを悟られると思っていました。
いまは全くそんなことはなくなったけど、正視恐怖症が治っただけでも、遥かに楽になりました。

正視恐怖症の辛さを誰よりも知っている人間だと思っているので、少しでも、同じ症状で苦しんでいる人の力になれればと思い、更新しました。
まず人に不快感を与えているというのは、結果的に幻想です。つねに相手のことをチェックするから、なんでもないことで自分のせいと思ってしまうだけ。
逆に俺の目力をくらえと思って主体的に話して下さい。
案外不快に相手は感じていませんよ。
白人と話してみればわかるけど、じっと眼を見て話してますよね。
まずは練習と思って、彼らと話そう!
どんなに凝視しても何にも感じてないから、不快とか、迷惑とか。

どちらかというと、こちらの眼をみて話してはまずいかなオーラが、相手がこの人は話しかけられるのが迷惑なんだなと判断されて、お互いエンドレスで気を使いすぎてギクシャクするだけです。
どんどん眼をみて話しても大丈夫。
あなたの正視への不快感で距離をおいているわけじゃない。
あなたの遠慮から、気をつかわれているだけ。
岩波先生の言葉集にも書いています〕

ただし凝視は失礼なので、適度に視線を外すとか、苦手なら眼を見なくても、あるところを見ることで相手からは眼を見られていると感じるポイントがあるとか、まあ色々なやり方がありますが、次の更新で書いて行きたいと思います。
相手は不快に感じていませんよ。
こちらの心持ちです。考えすぎ。
まあ悩めばそうなるけれどね。

あとは人を避けてばかりではいけないというところ。
練習する機会を設けよう。
最初は勇気がいります。
でも勇気なくして、視線正視恐怖症は治りません。
あなたは人の眼をみて話しても大丈夫な人です。
自己嫌悪に陥らず、自己肯定しよう!
僕も正視恐怖症を克服出来たから、みんなも出来ます、必ず。

コメント (2)

トランス呼吸法を教えてくれるサイトやブログ紹介

2011-08-17 | 岩波先生の神経症克服プログラムの感想

トランス呼吸法(岩波先生)のやり方について、僕もブログで体験記ややり方を書いていますが、人それぞれやり方やコツ、トランス体験(変性意識)が違うんで、それを紹介していきたいです。

超瞑想体験の劇的効果体験ブログ

シュウさんという方が、主に瞑想体験(いわゆるトランス状態ですね)の体験記をブログで発表しています。
トランス呼吸法も瞑想状態とは密接なので、呼吸法のやり方も書いてあります。
ある意味、悩みとか症状とかよりも、体験・体感メインなので、邪魔なものがない分、いいかもしれない。

神経症克服プログラムの経験談

とてもお世話になっているメンタルマンさんのサイト。呼吸法などプログラムについて、やり方を書いてくれています

カリスマ鬼才岩波先生のこと

SOMATAさんのブログ。舌鋒鋭く、呼吸法や家での訓練、気持の高め方など書いてくれています

神経症克服征服きょーかい

マッタケさんのホームページ。トランス呼吸法だけじゃなく、ルーツ分析整理の方法も書いています。老舗サイトですね。

岩波先生心理・脳内プログラムWIKI

コミュニティサイトになっています。掲示板には経験者や通っている人がたくさん書き込んでいるので、やり方も多く書かれてあります。僕も時々お邪魔しようかなと思います。

僕が見つけたのはこんな所ですが、体験記の中に呼吸法や家での訓練のやり方もたくさん書かれてあるので、このブログの左側リンク先からも飛んで、見つけ出してみてね。

どちらかというと、ホームページよりも、ブログのほうがやり方が書かれてあるような気がする。
更新しやすいからなぁ

コメント

everyman

<script src="//accaii.com/everyman/script.js" async></script><noscript></noscript>