枯れないお花クレイフラワー専門店|フラワーショップ ラカンパネラ

クレイ粘土で、お花に関わるものを、制作・販売をしております。
(アクセサリー・アレンジメント・ラッピング素材等)

樹脂粘土って何を作るのに向いてるんですか。

2018年04月27日 | 材料

 フラワーショップ ラ カンパネラ  

クレイフラワーを作っています。

お花のアレンジメントを主に、アクセサリーやラッピング素材等 

のデザイン・作成をしています。

 

クレイフラワーは、作品によって使う粘土を選べるようになりました。

作品に合わせて使う粘土を選べるのは楽しいですね。

樹脂粘土は材料に、穀粉に酢酸ビニル樹脂エマルジョンが使われているそうです。

 

 

樹脂粘土は、

弾力性がある

弾力性がない

薄く伸ばせる

発色がよい

色が作りやすい

耐水性がある

耐水性が無い

形成後は、自然乾燥でOKです。

乾燥後に更に着色したり、ニスを塗ることも出来ます。

樹脂粘土は繊細な花等を作るのに向いていると思います。

 

 

私には、クレイフラワーを作ってる時って無心で楽しい時間です。

樹脂粘土のファンの方が増えて作品を作ったり、身近に置き楽しんでもらえると

とても嬉しいなぁと思います。

 

.。:*☆.。:*☆.。:*☆.。:*☆。:*☆.。:*☆

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クレイフラワーって何ですか?

2018年04月26日 | 材料

 フラワーショップ ラ カンパネラ  

クレイフラワーを作っています。

お花のアレンジメントを主に、アクセサリーやラッピング素材等 

のデザイン・作成をしています。

 

クレイフラワーとは粘土+お花のことです。

樹脂粘土という特殊な粘土で作られたお花の事を、クレイフラワーと呼んでいます。

では樹脂粘土って何でしょうか?

 

 

樹脂とコーンスターチなどの粉で作った粘土が樹脂粘土といいます。

小麦粉をベースに作った粘土をパン粘土といいます。 

 

自然乾燥で硬まる粘土と、オーブンで焼成をするオーブン粘土は分けられています。

 

 

厳密にはこれらの粘土には樹脂が含まれていますが、

形成後の乾燥の方法や粘土のベースで分けられているようですね。

粘土によって仕上がり感が違うので、粘土を変えて作ってみるのも楽しそうです。

 

 

.。:*☆.。:*☆.。:*☆.。:*☆。:*☆.。:*☆

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クレイフラワーの材料は、元々パンだってご存知ですか?

2018年04月25日 | 材料

 フラワーショップ ラ カンパネラ  

クレイフラワーを作っています。

お花のアレンジメントを主に、アクセサリーやラッピング素材等 

のデザイン・作成をしています。

 

クレイフラワーは、 「樹脂粘土」という特殊な粘土を使ってお花作っています。

クレイフラワーの始まりがパンフラワーです。

昔、メキシコの家庭ではパンの外側のみ食べるパンがあり、残ったパンの中身で花等を作っていました。

半世紀以上前に、ある日本人女性がそれを学び日本に持ち帰って広まったようです。

 

パンフラワーの材料は、小麦粉ベースに接着剤です。

これがパンフラワーを作るパン粘土」です。

当時と比べると格段にパン粘土の質が上り、それに伴って完成度の高い作品になっています。

 

 

現在では、材料の違い等から、様々な粘土」がありますね。

弾力性があり、薄く仕上がり、耐水性のある粘土」も発売されています

目的にあった作品に合う粘土を、選べるようになった環境はとてもうれしいです。

先人に感謝しながら、お花を作っていきたいなぁと思っています。

 

.。:*☆.。:*☆.。:*☆.。:*☆。:*☆.。:*☆

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

端午の節句に柏餅を食べる理由とは

2018年04月23日 | イベント

 フラワーショップ ラ カンパネラ  

クレイフラワーを作っています。

お花のアレンジメントを主に、アクセサリーやラッピング素材等 

のデザイン・作成をしています。

 

端午の節句には、粽(ちまき)と柏餅がおなじみですね。

粽は中国から、柏餅は江戸時代に江戸で生まれた日本独自のものです。

柏は昔から神聖な木とされていて、古い葉は新芽が出ないと落ちないのです。

「子供が生まれるまで親が死なない」

「跡継ぎが絶えない」

「子孫繁栄」

となったようです。

 このような理由から柏餅は縁起の良い食べ物になったんですね。

伝統を重んじる京文化圏では粽が伝承され、江戸文化を反映した柏餅は全国に広がりました。

皆さんは、粽派?柏餅派?どちらですか。

 

.。:*☆.。:*☆.。:*☆.。:*☆。:*☆.。:*☆

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供の日には”菖蒲”の理由とは

2018年04月19日 | イベント

 フラワーショップ ラ カンパネラ  

クレイフラワーを作っています。

お花のアレンジメントを主に、アクセサリーやラッピング素材等 

のデザイン・作成をしています。

 

子供の日がもうすぐですね。

5月5日は五節句のひとつ端午の節句でもありますね。

男の子の健康と成長を祈願する日。

 

元々、中国の風習が伝わったものらしいですが、平安時代にはすでに菖蒲を使った儀式があったようです。

菖蒲には、薬草の効能があり、5月の季節の変わり目に体調不良になることが多かったため定着したようです。

武家社会では、”菖蒲”と武道を重んじるという”尚武”が同じ読み方で

葉の形が剣を連想させることから男の子の節句として定着したようですね。

 

 

庶民の間には江戸時代になって広まり、菖蒲湯、菖蒲酒、菖蒲刀など菖蒲を使って体調に気をつけていたようです。

現代ではミニチュア化されてきてはいますが、五月人形を飾り、

お人形が男の子の身代わりとして災いを担ってくれるという言い伝えがあるそうです。

 

 

菖蒲を飾ったり、柏餅を食べたり子供中心の一日です。

子供の健康と成長を祈願してお祝いをする。

いつまでも続いてほしいなぁと思う節句のひとつです。

 

.。:*☆.。:*☆.。:*☆.。:*☆。:*☆.。:*☆

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加